「やる夫と学ぶ教科書(略)」5つの補完ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




   / ̄ ̄\
 / ノ  ⌒ \
 |  (●)(●) |   「名画座まいり」
. |  (__人__)  |   第4話 後篇だ。
  |   ` ⌒´  ノ      
.  |         }      
.  ヽ        }       
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

















              / ̄ ̄\
            / ノ  \ \
            |  (●)(●) |  「立教ヌーヴェルヴァーグ」は
            |  (__人__)  |  当時同大学で講義を行なっていたフランス文学者で
            .|   ` ⌒´  .}  後に東京大学総長も務めた人物の絶大な影響を受けている。
            .|        .}    
             ヽ     .  }   その人物は現在、日本の映画批評で最高峰とも言うべき権威を誇っているが、
      ___._,r、   Yヽ     ノトj   非常に衒学的、難解な批評で有名であり、その上に独断と偏見も散見され
    /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、    高圧的な物言いが批判者も多く生んでいるがまぁ俺がどっちかっていうと、そりゃ
     ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、  何で映画観るのに一々権威付けとかインテリジェンスとか意識しなきゃいけねえんだよ
  /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_  大体21世紀にもなっていつまでニューアカごっこやってんだ
 r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ   早く大人になれよおまえらいいか映画ってのはな、
/ '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',   心の眼で観るもんなんだよ! 分かったらあらゆるレトロスペクティブに
,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ   出しゃばんじゃねーぞおまえは小津だけ語ってりゃいいんだコラ
i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
|   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l








 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ア_
/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:i.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
:.:.:.:.:.:.:i|:.:./ |:.:li、:.:.∧:.:.:.:.ト、.i
:.:.:.l.:.:.:l.|/--l/ |ナ .l:.:.:.:.l l|
:.:.:|:.:.:.:| ‐‐   ‐- l:.:.l/   つまり
:(`!.:.:.l    |    l.:.:.|   
゙、ヾ!.:.:|       ,i:.:.:l   「俺は蓮實重彦が嫌いなんだよゴルァ」
 .゙l l:.:! 、  ‐‐  ノ.|::./   
 /-ヽ|=ニ''.-r''   l;/      って言いたいんですね。分かります。
/     `''ナ-、
      / /:.ヽ
      / /: : :.ヽ
     / /: : : : :l
ー-  _/ / : : : : :.l
ー-:.:..,,,,_/: : : : : : :l
: : : : : : : : : : : : : : : :|










    / ̄ ̄ ̄\
  /         \
  /           ヽ
  |             |
  |               |
  |              l  人がせっかく、
  |          /   一生懸命遠まわしにしてたのに……。
  |        〃/
  \、__     (
     _)_ ===\   
    /          \
   /            ヽ
   |    ,        i
   |     |        l.|
   |     l         | |
   |     |.        |. l
   l    |       |.│
  /    ノ        | |
  /     /        l /
 (ヽ、__,/____  __,У
  ヽ_ィ  __ __ ̄ ̄_ ̄_,|
      j l   |







      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \   やる夫には何のことやら分からんけどお、
   /  (●)  (●)  \.   どちらさんなんだお?
   | し  (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /   
   /              \








             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \  蓮實重彦は元はフランス文学者だった人にょろ。
         //, '/     ヽハ  、 ヽ   そして1980年代前半、「ニューアカ」ムーブメントの
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|  代表的知識人として活躍したにょろ。
         レ!小l●    ● 从 |、i| 
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  その後は、東大総長職を経て映画評論家として
        ', ̄ ̄ ̄``'‐、_、,.、-―‐'―‐┐   活動しているにょろ。
       ,:'ヽ、   力  |  構    ノヽ、
       〉 -、)      |  造   (,、- i
       ヽ -、)     |  と   (,.、- ノ







  |┃           ____
  |┃ 三      /u     \
  |┃        /   \, 、/  \   今度はその「ニューアカ」って何なんだお!
  |┃ .      /  ( ●)  (● ) \
  |┃ 三   |   '" (__人__)"' u |  話がどこまで逸れるんだお!!
  |┃       \    ` ⌒ ´    /
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.
  |┃ 三   /              \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃三        |              |ヾ___ソ








          ,, r一-- 、 ,,
        /´         ``ヽ、
      /'               \
     ,;'                  ヽ
.    ノ ,  i      /    ,,   / |ヽ ゙ヽ
    イ i  |   i ,'`メ //  /i  .ト ヽ ヽ
    レ| {   i   |//'´ `メ / / /|  } ト 1
     ',イ   i   r+テ=ミメイ   //'"|´/ / ハ|
      `、ヽ r'メ,  {。;;;;'ソ `   ' ,rz;,y'ノi〃イ .'  ニューアカ(ニュー・アカデミズム)は
       `ハヾ ヘ   i'ー''-    /。シ゚ク /'"    1980年代初頭に登場した思想潮流。
         レ',`'';  i     , `'' / /     
          ' i∧ト i,   -   ,イ{ ./      1983年、京都大学人文科学研究所の助手だった
.          ,y}`ヽ |ゝ, _, r '´ リ |/      浅田彰が発表した「構造と力」、
         ,ノ.:.:.ヽ `', {;;ヽ、.   |i     続いて同年に東京大学大学院人文科学研究所出身の
       ,;<、.:.:.:.:.:.:.`v'" ^,ヽミ、,        中沢新一が発表した「チベットのモーツァルト」によって、
.      /,ニヾ`ヽ.:.:.:.:.:.`彡=ヾ}:||i、       日本の人文科学を一気に席巻した。
..     //  ` `\\.:.:.:.ヘ  i|:||i丶
     ,' f     ヽ \\:.:.:i  i|.||i ',
    イ i      /' \ヽ.:i_,,_|:ii .{     _ ,,r'''i ┐
.    ,' ヘ      、   ハヾ',|ソ,'/i ヽ ノ,ゝ;;=、ミヾ、 i;;|
    '' ̄',      ',   i ヾ`,〃 》 ,イ、  ̄`ヽミヽヽ,i;;|
       ',  \  ',  :i _,,∨,,,_∠、 ヽ   r- ' ヾ、;;;|
       ',    ヽ、', ,ゝr'     ヽ :} 」´,n`ヽメ'ト、>








     _____       .
  .:/ーニ三─:u:ヾ:       
 : ツ(○)三(○ )|il:\  な、な、な、何なんだお……。
 .:|i ((__人__):::u:::i||::::|: 学問の話なんかされても、難しくて
  :.\ |r┬-| :::::U:::;:ツ    やる夫には理解できんお……。
  : ツ `ー'´  :::::::::::\ 








             
   / ̄ ̄\     
 /   _ノ  \  
 |    ( >)(<)  どんな学問も難解に違いないだろうけどな、
. | ι  (__人__)   ニューアカは殊更にテクニカル・ターム(専門用語)を
  |     ` ⌒´ノ   乱発した、重層的でくだくだしい言説で知られる。
.  |         } 
 (⌒)     (⌒)
 / iヽ    ノi ヽ
..l___ノ|      .|ヽ___i       
   |      .|\\     
   |      .|  \\   








┌┴┐┌┴┐┌┴┐ -┼-  ̄Tフ ̄Tフ __ / /
  _ノ   _ノ   _ノ ヽ/|    ノ    ノ       。。
   ___    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
   \ ):i |  / /" `ヽ ヽ  \
    |( :i ┼ //, '/     ヽハ  、 ヽ
    | ):i | 〃 {_{\    /リ| l │ i|  ニューアカの著作はめがっさ難解にょろ!
    |( :i | レ!小l○:::::::::::::○ 从 |、i|   ぶっちゃけ、何言ってるか分からんにょろ!!
   └‐rt′ ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    
     /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !  けどそれが、当時はナウなヤングにバカウケだったにょろ!
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
      /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
      `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |






━┓
┏┛    ⌒
・    .___ ⌒  ___   ━┓
   / ―\ / ―  \  ┏┛
 /ノ  (● X  (●)  \ヽ ・.   よく分からんけどお、ニューアカってのは
| (●)  /_  (⌒  (●) /.    学問のことだお? やる夫には分からんでも、
|   (__/      ̄ヽ__) /    学者さんやインテリさんにはさすがに
 \  /´    ___/      理解できるんじゃないのかお?
   \|        \       
   /|´        |







            / ̄ ̄\
          _ノ  ヽ、  \
        (●)(ー )   |  ところが、ニューアカは
.       (__人__)   u  .|  当時の学生はもちろん、
.        ヽ`⌒ ´    |   学者たちの間からも難解だという
        {       /   批判が続出した。
        lヽ、  ,ィ'.) ./   
        j .}ン// ヽ
        ノ '"´  ̄〉  |
.        {     勹.. |
         ヽ 、__,,ノ . |








「実際、金は自らのうちに過剰な価値を集積した何ほどか彼岸的な存在であり、
それゆえにこそ、人々は金を壺に入れて棚の上に退蔵するかと思えば
祝祭の場で惜しげもなくバラまいてみせたのである。ところが、
近代資本制の貨幣は超越的な位置に休らうことを知らない。
静止した退蔵貨幣は資本としては死んでいるのであり、それが生命をもつためには、
絶えず再投下され、価値増植の運動を続けなばならないのである。
いったん超越性へと投げ出された貨幣が再び商品世界の内在性の只中に投下されること。
ひとたびメタ・レベルに排除されていた筈の中心がいつの間にか何くわぬ顔で
オブジェクト・レベルに戻ってきていること。これこそ近代資本制における
脱コード化の運動の基本形である」

浅田彰「構造と力」より








       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      / ⌒  ー、  :::::::::::U::\ 日本語でおk。
     /( ○)}liil{( ○)   ::::::::::::::|  
     |U⌒(__人__) ⌒   ::::::U:::|   
     |   |r┬-| U...:::::::::::::::::::/
     ヽ   `⌒´.....::::::::::::::::::::::<
  / ̄ ̄      :::::::::::::::::::::::::|
  |           :::::::::::::::::::::::|
  \___      ::::::






      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)   「金は天下の回り物」
   . |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ   って言ってるだけなんだけどな、要は。
.     |         }
   .  ヽ        }
   _/⌒ヽ     ィ
 i'⌒゙l |   l`ー-一´\
 |  |. |   |       ト \
 |  | ( " ̄⌒ヽ、 |_" ̄ ̄⌒ヽ、
 |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソ,),) ̄`ヽ ̄⌒ヽ|,),)ソ
 |        l  .| y  |_ィ   |  .|
 |        |  .|.|   |  |  |   |
 |        |   |___|  |__|  |
 |_______.|___(__゙)__{___゙)_|











「彼女がここで「別の笑い」と呼んでいるものは、意味の構築性や構造性と
文字通り結びついている笑いである。それは記号という不在の場所に
送り返されることによって生ずる反作用的(ルサンチマン)な笑いではなく、
意味の構築力がおこるまさにその地点で即座にはじけとぶ、
パラドックスを肯定するような明晰な笑いなのである。
つまり、ラブレー的哄笑にみられるように、ポジションをしっかり定めた
「人間」がすでに構築ずみの体系を笑いとばす批判の笑いとちがって、
この「別の笑い」はポジションというものがきめられたとたんに
ふきだしてしまうのである。おまけにそこには、スウィフト的嘲笑のように
意味が構築されるために体系ののずっと下の方で抑圧やら隠蔽やらが
おこなわれなくてはならないという事実を暴いて、嘲笑してみせるような不健全なところがない」

中沢新一「チベットのモーツァルト」より








             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \  日本語でおk。
        |      (__人__)     |
         \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |







           *
    / ̄|  +   / ̄ ̄\     +
    | ::|   /   ⌒   \
    | ::|x  ( へ)( へ)  |  「理屈抜きに笑えることもあるよね」
  ,―    \  .(__人__)      |     ´
 | ___)  ::| . l` ⌒´    .|  って言ってるだけだ。
 | ___)  ::|+{          .| 
 | ___)  ::|  {       _ |
 ヽ__)_/   ヽ、ヽ   /  )|
            ``ー―‐'| ..ヽ|
                 ヽ ノ






___,ノ: : : : : : : : : : : : : : : : \
`ーァ: : : : : : /: : : : : /: : : : : : : \._
 /:/: : : : :.リ: : : : :|/: : :/:イ: : : |ー'´  
 l/{: : : : :.ム|:.l: : :斤ァ</|/:./:}:.|  
 い: : { 6|:.l: :.|テfミ  /:_/:/,ィ|
   V: :.>リ:.l: :.| ヒソ /ィf':/:/ リ   ニューアカと難解さは
    |人{ |:.l: :.|   rタイ:人  不即不離の関係で、
   ,f¨¨ヽ ?:.リ  ‐ イ|: :「   賛同者は「だがそれがいい」、
   ノ     \|:[_¨´ ||.:/    批判者は「日本語でおk」といった議論で
  /===ヽ  辷ト、_/リ´     完全に平行線を辿っていた。
//´⌒ヽ\ ?| 寸 






       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ
   〃 {_{       リ| l.│ i|  要するに
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  「難しけりゃ難しいほどカッコいい」って人と
    ヽ|l ●   ●  | .|ノ│    「そんなもん学問じゃねぇよ」って人との
    |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   永遠に交わらないケンカが頻発したんだにょろ。
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |






              __
            .-´   ``ヽ
           / ⌒      `ヽ
         /        `ヽ  ヽ   やる夫には全く無縁だがお、
    ((   / (●)          ヽ   大学生がそういう難解な思想に
        |::⌒(__   (● )     |   興味を示すのは、悪いことじゃないんじゃないかお?
        ヽ   人__) ⌒::::      |  
          ヽ(__ン          |
         人           /  | | 
        /          _ノ  ノノ 
                    |






                                       _, -‐  ̄ ‐=ニ=-
              / ̄ ̄ ̄\           _, -‐  ̄‐=ニ二ニ=- _, -‐  ̄
             /         ヽ        ,?'_, -‐  ̄`ー-----― '
            /         丶    _,?'_ッ'-
            |     _ノ  ( ●)  .厂
            i     ( ●)  !  .⊃
             |       (__人_) /〉   
           /∧     ,.<))/´二//⊃    難解さの先に
         / : | ヽ  / /  '‐、二ニ⊃`   宏遠な思想があれば、の話だがな……。
     , -‐'´: : : : :l   丶l    ´ヽ〉: : : : \
    /: : : : : : : : :|  /_/    __人〉|: : : : :|
   「ヾ: : : : : : : : : :l_/:_/ヽ.   /´     | : : : : :|
  〈\ : : : : : : : :,、: :/´∨/`ー'〉 |_| |: : : : :|
   !: : :ミヽ: : :/ `y′.: ',ゝ、_/     l: : : : : :|
   ! ⌒ヽ: : : :.ヾ/: ://: : : :|      l: : : : : :|






    _/                 \ 
ー=ニ ァ    /   /, /   、   `ヽ.  \
   / ,   〃 /  /' │   :lヽ    ハ   \
  / /  // /  /  │   :| !    i|  l   ヽ 
 / イ   l | │ j  ∧     l |\  i| │   \  
 l/ |   | l ∧ ハ  l  '.   ハ j  ヽ i| │   } ̄ 
││  l|│ナ下/-ヽ |  ヾ /_ム'― 弋| │  ! j
 j. │  |i V ,ィテ圷、ヽ   ∨ ィチ示k l:  ト  ?    そして、彼ら気鋭の学者を
   ヽ  |  ハ` Vf:::::i}       Vf:::::i} Y|  ム N   蓮實重彦、柄谷行人、吉本隆明ら先人が
    ヽ |ヘ i l  ゝー'       `ー'' ハ! ,) }i|   後押しすることで、ニューアカはさらに巨大な
      `l ヽム        '         /:/ ルイN   ムーブメントとなった。
       ',   |ヘ、     ‐       ィ' / / il
      ヽ lヽ >,、       イ/7 / 
      \! V厶|>ー <レ_'/ //
          >'´/ノ       L、ヽ
       j-'   | ____   |  \
     ノ¨´     |´  _`ー<|    \








            ⌒ ⌒ ⌒
            ⌒ ⌒ ⌒
.        /:::::::::/     ヽ ヽ:::::::\  浅田、中沢に加えて丸山圭三郎、栗本慎一郎、岸田秀といった
        l:::::::{:::l ,     ー-j从:ヽ::::::ヽ  「インテリアイドル」が次から次に生まれたにょろ!
        | ::i::ル{/     ●  !:: ト、::::::ヽ
        l ::l::ハ ●   ,、_, ⊂⊃|ノ::::::::|  この現象は「知性のサブカル化」と言われたにょろ。
         ヽ::Viヘ⊃  ヘ _)  |:: |::::::::::::|
       .___|l: :::ゝv-、_〕l_,.イ<|:: |_:::::::::::|______
     /:::::::::::::|l:::: i/  lフヘ_____j|:: |/ス、:::| ::::::::::::::::/
    ./::::::::::::::::|l:::: |  l:::::::::V==|:://  ゝ:|:::::::::::::::/  チャラッチャラッチャーン♪ミヨヨヨーン…
   . /::::::::::::::::::|:!::: fk__,仏\ヽ l/人/::::ノ:::::::::::::/
   /::::::::::::::::::::|::l:: 下ミ彡\ヽV/  ヾ/:::::::::::::::/
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





             / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |  
           (__人__)      |  エヴァを哲学で語ってる奴とかいただろ?
            l` ⌒´    |  あぁいう「インテリごっこ」を本気でやり出したのは
           {         |   ニューアカ辺りからだ。
           {       /
       _. -: ´Λ     _.へ` 、
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -?-?―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄







        ____     
 r、r.rヽ  /  ⌒  ⌒ヽ
r |_,|_,|_,|/  (● ) (― )ヽ  yarukyo先生もエヴァ世代なので、
|_,|_,|_,|_,|  :::::⌒(_人_)⌒::ゝ   それはそれは薄ら寒いインテリもどきを
|_,|_,|_人 (^ i    ー    |   多数目撃してまいりましたお。
| )   ヽノ |       /
|  `".`´  ノ
   入_ノ
 \_/








          , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \   
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ  ニューアカの代表的人物と著作
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ  
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j  浅田彰「構造と力」(1983)、「逃走論 スキゾ・キッズの冒険」(1984)
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{   中沢新一「チベットのモーツァルト」(1983)、「虹の理論」(1987)
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ  栗本慎一郎「鉄の処女」(1985)
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\    丸山圭三郎「欲望のウロボロス」(1985)
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,  蓮實重彦「表層批評宣言」(文庫版1985)
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/  柄谷行人「批評とポストモダン」(1984)
       r=<    V三|:::::::::| |/:/  岸田秀「ものぐさ精神分析」(1978)
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /      など
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ
       `、   ヽ \.>j    ハ│












「たとえば「批評」をめぐって書きつがれようとしながらいまだ言葉たることができず、
ほの暗く湿った欲望としての自分を持てあましていただけのものが、
その環境としてある湿原一帯にみなぎる前言語的地熱の高揚を共有しつつ
ようやくおのれを外気にさらす覚悟をきめ、すでに書かれてしまったおびただしい数の言葉たちが
境を接しあって揺れている「文学」と呼ばれる圏域に自分をまぎれこまそうと決意する瞬間、
あらかじめ捏造されてあるあてがいぶちの疑問符がいくつもわれがちに立ち騒いで
その行く手をはばみ、そればかりか、いままさに言葉たろうとしているものの
まだ乾ききってもいない表層に重くまつわりついて垂れさがってしまうので、
だから声として響く以前に人目に触れる契機を奪われてしまうその生まれたての言葉たちは、
つい先刻まで、自分が言葉とは無縁の領域に住まっていたという事態を途方もない虚構として忘却し、
すでに醜く乾涸びたおのれの姿をもはや郷愁すら宿ってはいない視線で撫でてみるのがせいぜいなのだが、
そんなできごとが何の驚きもなく反復されているいま、言葉たるために耐えねばならぬ
屈辱的な試練の嘆かわしい蔓延ぶりにもかかわらず、なお「批評」をめぐって
書きつがれる言葉でありたいと願う湿った欲望を欲望たらしめているものが、言葉そのものの孕む
不条理な夢の磁力といったものであり、しかも、その夢の目指すところのものが、
言葉自身による「批評」の廃棄というか、「批評」からそれが批評たりうる条件を
ことごとく奪いつくすことで「批評」を抹殺し、無効とされた「批評」が自分自身を支えきれずに
崩壊しようとするとき、かりに一瞬であるにせよ、どことも知れぬ暗闇の一劃に、
人があっさり「文学」と呼んでしまいながら究めたこともないものの限界、
つまりはその境界線を投影し、かくして「批評」の消滅と「文学」の瞬間的な自己顕示とが
同時的に進行すべく言葉を鍛えておきたいという書くことの背理の確認であるとすれば、
誰しも、おのれ自身の言葉の幾重にも奪われているさまに改めて目覚め、書き、そして読むことの
不条理に意気阻喪するのもまた当然といわねばならぬ。」

蓮實重彦「表層批評宣言」より















             ,ノ        ,,   -‐
           /     _  -‐        /. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        ,/    ,  '´           ./:               \
       /   ,/             /: :                \  日本語でおk。
      /  /             ./: : : :                   \
      /  /.       __     ./: : : : : : .._         _      \
      l  ノ.       / .ヽ   l ; : : : : : :´⌒\,, ;、、、/⌒`        l    
     / /        l.   ',   |: : : : : ;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::     |
    ./ /     .,-‐、 l _ _ }   .l: : : : : : ´"''",      "''"´        l
    ; /     ∠,,,,,.」 -‐、  !   \ : : : : . . (    j    )、      ,<´    _......-―--..、
     !;_,, -‐''"", .-‐'⌒ヽT  l     \ : : : : :`ー-‐'´`ー-‐'′    /:::ヽ-‐'::´::::::::::::::::::::::::::::l::`:...
     ゞ-‐''"/   __ノ l   !     ./ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : ::,イ:::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::
       γ   / !      ',   /::::::::::`\: ``ー- -‐'"´   //::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::
       ヽ   ´L_⊥ -―---' -<::::::::::::::::::::::ハ:\ : : :  _//´ ,'::::::::::::_::-‐:、\:::::::::::::::::::::::::::l:::::::
        l       i      ,)::::::::::::::::λ `‐-、_∠    l:::::::/::::::::::::::`:\:::::::::::::::::::::/:::::::
        ゝ   , -― ' ´ ̄ ̄ ̄ヽ:::::::::::::::/.ヽ   /:.:.:.:.λ   ィ::::::/:::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::::::::/:::::::::
         ノl         _ ,イ:\:::::::::/! ヽ  .∧:.:.:./ ヽ ./l:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::
       /:::::!l、  _ -‐' ´ !:::::::::::::::::ヽ:::,' !  \!..〉‐〈  ∨/l:::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;,':::::::::::::
       /::::::l l \.´  !    j::::::::::::::::::::l:::l ',    /:.:.:.',   / !::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::
      /::::::::! l        ノ:::::::::::::::::::::::l:l.  ',  ./:.:.:.:.:.',  / λ:::::::::>::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::






                  / ̄ ̄\
                / _ノ  .ヽ、\  「はい、じゃ今から批評しま~す」 
                |  (●)(●) |      
.                |  (__人__) .|   だと。
                 |   ` ⌒´  ノ
.           r─一'´ ̄`<ヽ      }
.          `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
           ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).
.            /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
           (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
             / // / /         . . \_\_)、_)
            ー' {_/ノ 








        ____
      /     \
    /    ;   _ノ′  こ、こんな調子の文章が
   /     ∪ :::(●     本当に流行したのかお……?
   |         "`(__)    
   \、          /´ヽ
     )       ィ ("_ノ   
      / /⌒ヽ    ヽ ) |    
      i l   |     |  |
      | |   |      |-‐'








          , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ   ニューアカは既存の学閥からの
    <ノ .∧ l  ム  _`  _ ルレ′j  激しい毀誉褒貶に晒されたけど、1988年に
      / イ Vヘ. ヽ    l  ムイ{  中沢新一の東大助教授招聘を巡って議論が紛糾、
     ´ W^{ゝヘ ハ.   _  /〈リヽ  推薦者の西部邁が教授職を辞任する騒動が勃発した。
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,   これを「中沢事件」、「東大駒場騒動」という。
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/
       r=<    V三|:::::::::| |/:/
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ
       `、   ヽ \.>j    ハ│
        {     ∨  `ヽ、_,/∧|
        lヽ  勹'´      // l !
        |∧ 〃     /Y」_│',
           } \    /}<ム>∧.ヘ
         {   ヽ、___/ l丁{{ |}}  〉ハ









  ?             ?
?    , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、   ?
    /:::::/" `ヽ ヽ:::::::\
    /:::::::::/     ヽ ヽ:::::::::ヽ
   l:::::::{:::l ,    ー-j从:ヽ::::.ヽ  実際のところ、ニューアカは難解なレトリックが
  | ::i::ル{レ'     ●` li!: ト、:::.', 早々に飽きられてしまい、割と短期間で
  /⌒)i"●    ⊂⊃: |ノ::::. l   衰退していったにょろ。
 /   yi ヘ⊃   ,__,   l|:: |:::::::::.l
(  /ス、,ゝ、_ `´   ィ<|:: |_:::::::.l
'</ |l:::: i "Tーイ'^ァレ'l_::::::.l
   \,,t|l:::: l'ヾ::|三/:://l/ ヽ、'i
    |::|l:::: l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, | :ji








                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ
.   l              l 弋心 l
.    l              冫.ー く  
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'   中沢はその後オウム真理教を積極的に弁護していたが、
   l                  ノ'  同団体の凶悪犯罪が次々と露見するに及んで
   !                     /  厳しく批判を受け、完全に権威を失った。
   ,'                   /  
 ̄ `ー -               /
        `  、        /   「ニューアカは難解を装った、中身のないハリボテ」
:.:.:.:.:.:...        、      /    という批判を決定付けた事件だった。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  








       ___
      /     \
    /  一'  `ー\  えっ!?
   /   ( ○)  (○)\  チベット仏教を研究していた学者さんが、
   i       (__人__)   i  オウムの危険性を見抜けなかったのかお?
   ヽ、    |r┬-|  / 
     /    `ー'´  く  
     i   丶 ヽ   ヽ   
     r     ヽ、__) (_丿 ガシャ   , -っ ゚
     ヽ、___   ヽ ヽ  r. ― ┐ ー ュ '
     と_____ノ_ノ   | 茶. | 。, つ o
                    ` ー‐┘‐- ´。








     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 
  / /" `ヽ ヽ  \ 
 //, '/     ヽハ  、 ヽ  
〃 {_{. -‐'' `‐- リ| l.│ i| 中沢だけを批判するのはお気の毒にょろが、
レ!小l.-- ,  ,.-‐‐,从 |、i|   ニューアカの学者は知性は高くても
 ヽ|l`‐-‐'  `‐-‐'.| .|ノ│  世間知に疎い局面がめがっさ見られたにょろ。
  |ヘ.  r‐-、 |||! j  | , | 
  | /⌒l`ニ`, イァト |/ |  
  | /  /::|三/:://  ヽ |
  | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |







___,ノ: : : : : : : : : : : : : : : : \
`ーァ: : : : : : /: : : : : /: : : : : : : \._
 /:/: : : : :.リ: : : : :|/: : :/:イ: : : |ー'´  
 l/{: : : : :.ム|:.l: : :斤ァ</|/:./:}:.|  
 い: : { 6|:.l: :.|テfミ  /:_/:/,ィ|   よくいるでしょ……。
   V: :.>リ:.l: :.| ヒソ /ィf':/:/ リ
    |人{ |:.l: :.|   rタイ:人  口ばかり達者なくせに、
   ,f¨¨ヽ ?:.リ  ‐ イ|: :「   行動がまるで非常識な人……。
   ノ     \|:[_¨´ ||.:/    学者らしいといえば、そうかもしれないけど。
  /===ヽ  辷ト、_/リ´ 
//´⌒ヽ\ ?| 寸 











                 _,,.. -‐-.,, -─- .、.._.
             ,. ‐''"´_,.-    - 、  、``'‐.、
           ,.‐´_,.- '" ,       `ヽ `ヽ  `‐、
          /_,.-'    /         , ` `ヽ  \
         ,i´  /   / :.     . .   ::.    . .:. `:、  「ではデータなしにどのような科学があり得るのか。
        //  / /  / .:::.  :. ::. .::. ::.  :::::. ::. :.ヽ:::.  ヽ.   恥ずかしながらおれの科学というものへの認識はやはり
         ,'/ i / /  / .i::::. : ::: ::::;:::::. ::::.ヽ :::::::i:::::. ::i::::::. ,i、  『データの積み重ね』であるし、梅棹忠夫氏はじめ
       .i  l i  i  /i .:l::::::::|::l ::::i::;::::::::::i:::ヽ::i:::|:::::::::::|::i::::::::i.  京大人文研の先生がたから学んだところはやはり
       i.| ::l ::l .: l i/i::|:l:|:;::i:::l::|:::::;::i:::i:::::::|::i::::::|:::l:i::::::::l:::|::::i:::l  『文化人類学というのは一にもデータ、二にもデータ、
       |.! :| ::| :::|:l::/l::l l:i l:|::i::l::::::i::|::l:::::::l:::|:i:::l::::|:l:::::::|:::l::::|:::|.  何はともあれ基礎はデータ』であり、『だいたいニューアカの人は
        !|::l ::l :i::l:l:!=!:!=!:!=:!:|:::i:|::l:::|-!=!=!=!::l-!::i:::l:::|::::l:::|  基礎をやっていない』とも聞かされた。
        !::i:::|::l::l:l==!;!==!;!=!=、!l::l::|:,.===!;!==!;!==!:!::::/_i::::/
        !::l:::l:::|| ! 〈 ');;;;;;i`i,. ||ニニ|| !:!  ');;;;;;i`〉 ! ||/-、::/    (中略)
         !:|::|:::||  _i'''oノ_  ||  ||   _i'''oノ,.  || / ノ/
         .|:l::l::lヾ_____〃 i  ヾ______〃i)/:/  アカデミズム批判というのは誰にでもできる。
          ヽ_i ヽ ̄ ̄ ̄ ̄  .:ト    ̄ ̄ ̄ ̄ /_/:/   それこそ本当に、梅棹さんに言わせれば『馬鹿にでもできます』。
            !::::',                 /::::/     問題は批判のレベルだ」
            !::::ヽ     -‐‐‐-      /:::!/
             !::::`..、     ''      /i:::i::/      
              ヾ::::\        /  |::/
                <,j. ' .、    ,. '"  _,.=i'|
                i_`== ` '" ,,==="  |_,.、
            _,. -''"\  `=i i==''     /  `ー 、_
         _,. -''"     \____| |_     /       `ー 、 _
      _,.- '"          i                    ` ー 、_










           _,,.. -──‐‐‐- .、.._.
        ,. ‐''"´: ::::  : :::::: :::::: :: :::.``'‐.、
      ,.‐´::;; ,::;:: ;::  ; ;::::: ::::::; ;:: : : ::: : :.`‐.、
.    /::::::;; ;; /:/ /:: / /::::: .::://:l::: : .i.i::. :  .:.,ヽ,
   /::::;;;; ;;; /:/ ./;:: / /::;;:: .:://::::l:::: : .i.:l::. :.  .i, :ヽ,
   /:::;;;; ;;; /:/ ./;:: / /:;;;;:: :://:::::::l::::: : :.l.|::i:. :  .i, : .i,
  /:;;;;;;;;;;;;/:/ ./;:: / /:;;;;;: .://;::::::/l;:::: : l |::l:. : . .i, :: i,   「例に出てくる歴史学者の考察がどの部分までで、
.  i:::;;;;;;;;;/:/: ./;;:: /. /;;;;;:::.:://;;:::::/::l;;::: : :l |:::l:. : :. i : : i,   どこから先が著者の思考か判然とせぬところがある。
  l::::;;;;;;;/;:i;: :/;;:::/: /;;;.:::::://i::::::/i::/;;;::.::: :i:l;;:::l;;: ;;::. ;;, ;:..i,
. |::::;;;;;;|;;;:|;;:::l:;;:::|;::|;;;:-===-;;;/ !/;;;:::;:: /::;;:/i;:: ;;;::::.;;;; ;:::l    (中略)
. l::::;:'ヾl;;i;;;;;::|;::-l'"i/i:::;;//-/;/ヽ_,.!;;;;;:;:::/;::-=ヽi;;:;;::::;;;;;;:il;:i
  !:::l/,.!:i.l;;;;;;:l;::;;/!;/!;.-/==<` //;;;:;::://;;/=、/i;;;::;;;;;;;;/i;/  演繹不足、帰納抜きの部分が多い。
  !:::l/ .| !.|;;;;;|;;;/ !,.'"-;;;(_,./`   /i;;;;//;/;:(,`/;;:::;;;;;;/ /
  !:::lヽ_ ! l;;;li;;へ i o___ノ_______///  クo/ /;;;:;;;;;;/ /   (中略)
  !:::\___ ヾヽ\ヽ' ,.-‐‐‐‐‐-、`ー--'ニニニニヾ;:/ /
  リ::/  ヽ    `i i'      //ー-/   /;;;;//     つまりは押さえるべきところは押さえてほしいということだ。
  .!/  i `、   i !_     //  丶  / //     中沢新一の著書は宗教書である。だからこそ若い支持者が
/  \ !  \   `ーニニニニニ'   /ニニニニ '      多いのであり、凄みは認めるからそのあたりは納得できる。
      \!   ヽ      <ニ=一   /         しかし科学書ではないし、したがって文学としては
      ヽ,   ` 、    ''   ,. ‐ ´           スペキュレーティヴ・フィクションとしてのSFに劣ると言わざるを得ない。
\      ヽ、_____/` 、_ ,. ‐''"             創造的破壊には相手以上の基礎的な力が必要なのだ」
  \       /`i`|\
   \    / 0i l  \             (筒井康隆「中沢新一助教授招聘騒動のつまらなさ」より)※「笑犬樓よりの眺望」所収
     \   /   .リ    ヽ    















                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|   
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l    
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!      
      |         }/  .::::::::::::::::::::/        
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/   要するにニューアカってのは
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/          
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/           
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|       イ  ン  テ  リ  中  二  病:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i    だった、ってこった。
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''








       ____
    //   \\
   /( ●)  (●) \ あらまぁ……。
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \ 
 |     'ー三-'     |
 \              /








     _,. --─- ,_
   -''テ''´  _     ヽ   
  ,r'ァ' ,r// , ,     `!   
´ ' /,'/_ィ,イ ! |   |  ヽ  ニューアカ関係者のうち、蓮實は
  l1,l ハ.、`|/| /トィ._|   |  ブームの退潮と共に映画批評に軸足を移し、
  〃 l lュ}  ', -、.V/ / |   現在も様々な回顧上映に携わっている。
  l| l  '   5iツ  ノ ハ|  
  ヽトlヽ`   /,.-シイ″  
      `¨仁'-'ユ、       
      ,r=ニ.ヽ、  l
 _,.. イ   ヽ`、 ヽ









        -― ― - 、
.     /:::::::::::::::_:::::::::::ヽヽ:
.    /:::::::::::::/〃  ̄ ヽ::::ハ  _
    l:::::::::::l::::!l:|,     !:!:::|` / Z z …
    |:::::_j:::ヽ爪   `ヽリl:::j    ̄
    |: ( |:::::| ー   ー トイ  蓮實の批評は熱狂的な支持者もいて、
    |::: `|:::⊂⊃ 、_,_, ⊂ノ::|!   彼らは「ハスミスト」と呼ばれるにょろ。
    |:::::::|::::::|>, -、|j<::l:::|l   蓮實本人は、批判派からは「ハスミン」と
    |::i:::::!:::::|、/   }`/∧!::|:!   侮蔑的に呼ばれているにょろ。
    |::l:::::|l::::レ′ ,イ// i__>j::l 








      ____
    /      \
   / ─    ─ \   何にせよ、ファンもアンチも含めて
 /  ( ●)  (●)  \  存在感のある評論家、ってことかお。
 |      (__人__)     | 
 \     ` ⌒´    /
,,.....イ.  、ニ__ ーーノ゙-、.
:  ┃   ◆・◆ ┃  i
   ┃        .┃ |
   .┃   ><  ┃ |







    / ̄ ̄ ̄\
  /         \
  /           ヽ
  |             |
  |               |
  |              l   それはまぁ否定しないが、
  |          /   とにかくあらゆる回顧上映に口を挟んでは
  |        〃/    「俺の宣伝のおかげで客が増えた」とか言うから、
  \、__     (     余計嫌われるんだよ……。
     _)_ ===\   
    /          \  ま、彼を越える評論家が出てこないのが
   /            ヽ  日本の映画ジャーナリズム最大の問題点かもしれんがな。
   |    ,        i
   |     |        l.|
   |     l         | |
   |     |.        |. l
   l    |       |.│
  /    ノ        | |
  /     /        l /
 (ヽ、__,/____  __,У
  ヽ_ィ  __ __ ̄ ̄_ ̄_,|
      j l   |











     ____       ヽ v /
   /⌒  ⌒\     -(m)-
  //・\ ./・\\       ≡
/::::::⌒(__人__)⌒:::::\  そういえば今思い出したけどお、
|      `ー'´     |  これ映画の話じゃなかったかお?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /








    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
  / /" `ヽ ヽ  \
 //, '/     ヽハ  、 ヽ
〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|  ニューアカの説明が
レ!小==   ===从 |、 i|  めがっさ長くなったんで、
  ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  どっか飛んじゃってたにょろ。
  /⌒ヽ  _U  /⌒i   .!
 ( ヽ> 、 __, /   ) ..| 
  |``  ヾ:::|三/:   ヽ│  
  ゝ ノ ヾ∨::: ヽ  ノ..│
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄







   /:::/::::/::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l  
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ    
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙   
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/   嫌いなものでも極力調べた上で難癖つける、
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/   yarukyo先生の悪い癖が出てしまったみたいね……。
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;







          _______
        /          \
      __/             \
    /.            、    |
    |.         ,(⌒(○)ヽ    |  ……で、映画の話って
    l  lヽ      )>       /  どこまで行ったんだっけ?
   /    ヽ\   `(__,(○) / /
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   |     |ヽ、二⌒)、          \








        _ - ───----- ,フ
      / r: : : : : : : : : : : : : . \
     ,.-′´`: : : : : : : : 、: :ヽ  . :ヽ
     /: :/: : : : : :./:   . .ヽ. :ヽ: : ヽ:ヽ
   /: : .l. . . . ..!./: :.l!: :l、: : l、: :ト:ヽ: ト. |   「パロディアス・ユニティ」は1970年代後半、
    j:l: : :|: l: : |:l/: :/ !: ハ: .ハ孑、ト. :!ヽ   立教大学の自主映画製作サークルとして結成された。
  /:_!: : :t: l: : !l: :./-∀‐ レ  ,ィホT、!|
  .'´ .! l: : ヘ!: :l:ト/,夂〒`ヽr-{ ヒツlノ:ト  主なメンバーは黒沢清、万田邦敏、森達也、塩田昭彦、青山真治で、
.     〉!ハ: {ヽ: T-弌ニツ ノ 、 ーj´:/   彼らは1990年代以降、多様な映画でそれぞれが一世を風靡した。
    '´ ヽ!=ヘ ヘ   ` ´´  - .イ /
         ヽ:`T - .. _ / レ
         j \‐ - 、_!、__
         /      ヽ.jヽ     , 、
           l    _r ニ=、、 ヘ.',  __/  `ヽ、
           |  , 〃/ ̄`ヾミ.トr´r '       >- ' ¨ ´ `>、
.           ト, // /:::::::::::::::::ヽ::::Y     /      / /
        ∨/./::::::::::::::::::::::::l:::::l    /      / /
         ト、/!::::::::::::::::::::::::::l:::::ト、、/   _/、  ソ
            !::::::l::::::::::::::::::::::::::l:::::|  Y--ヘ´/::::::::}-







 -、
(  ヽ
 ヽ,_ \
 /゙i、`゙""゙ヽ           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/   `'i   ゙、       / /" `ヽ ヽ  \
l,  _/ヽ  .入      //, '/     ヽハ  、 ヽ  「パロディアス・ユニティ」に、
 ヾ、   / .ノ      〃 {_{\    /リ| l │ i|  メンバーと親交のあった周防正行などを加えて、
   `ー'く /.\.     レ!小l●    ● 从 |、i| 
         \\_. ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃  |ノ│   「立教ヌーヴェルヴァーグ
            ( __ノヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
.             \\::| l>,、 __, イァ/  / │   と呼ぶにょろ!
              /\\ | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧. |
.             `ヽ<\\  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |









          ___
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、じゃ、誰もここまで読んでないと思うけどお、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\   「立教ヌーヴェルヴァーグ」から続けるお。
    |      |r┬-|    |  
    \       `ー'´  / 
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ












         / , /,  、   \. ヽ、
        /// / / |  \  .} lヽ、
      ノ // / /、 | '、\  ヾ. | l lへ、
       /j/{ |/ノ_.lル' `_≧_ヽ}ル',、ヽr'ー`
       ' !ィ|Y{ ィ五`  ´ r‐ァ| /_ハ,lYゝ  「立教ヌーヴェルヴァーグ」は
         リヽヘ匕!   匕メ/,ノ)/リ  フランスの本家ヌーヴェルヴァーグや
          }、!、 '_   //ll//  日本の松竹ヌーヴェルヴァーグと同様、個々の監督に
          ,、    レ l>ェ .ィレリ人l   作風面での共通性は非常に薄い。
    f冫^ソ/ ,-'T ̄∠' __,/`!、
    /   / /.| ll ヒニ二コ/   へ.._    別にインテリ気取りの知的ゲームもどき催眠映画ばかりでもないので安心して……。
  ,,ェl   / ./ ::| ll |イ⌒ヘ/    〃7、
  Y::`' ̄丿|::::::|.ll |  l /   //l }
  /:::::::::::::゙iノ::::/|ll | ,n、.レ′ //:::::|_⊥
  ゝ;:::::::::::::l:::::|::::lll.| |jl./  //::::::::::/
   |:::::::::::::ヾ丿::::lll| /イ</:::::::::::::/
    l:::::::::::::::ヾ::::::ヾllイ::::::::/_::::::::::::::|
   |::::::::::::::/::≧Z厶}カ-弋ヽ :::::::::|
   ヽ,r冖ナ´:::::::::::::::::|.|::::::::::::::::::::r'′
    r'  ( :::::::::::::::::::::?:::::::::::::;:/









       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
  。   / /" `ヽ ヽ  \
o  //, '/     ヽハ  、 ヽ  けど彼らは前に触れたように
  〃 {_{-‐    ‐-リ| l │ i|  「映画美学校」の講師が多いので、
    レ!小l三    三 从 |、i|  アテネ・フランセ文化センターの上映作品も
    ヽ|l/// 、_,、_, ///  |ノ│  プッ  そうした傾向が反映されてるにょろ。
/⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i !
\ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
  /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
 `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |








           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ○)(○
.         |      (__人__) 映画美学校の音楽講師を務める菊地成孔は、
           |,      ` ⌒´ノ  かつて率いていたDATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDENという
          │         }  ジャズバンドで、「Structure Et Force」(2003)という
           ヽ、      ソ  アルバムを発表している。これはフランス語で「構造と力」の意味だ。
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}








          _,. ─ 、. -- ._
         /          `ヽ
      /       、  、   \
     /,.  ,. /    l.  | ヽ ヽ ヽ. ヽ
    / / i'/ /  ,|  |  ,!  |  ',. !  ',
  ∠-7 j |.|  | ./| ,1 ハ. ハ |   |l. l |
      | | |l.',. } ナTァ-| ./ l./'''Tナ{. ,リ  |1
     l!Mヽ.{<ィテtト !'   ' t5モト,.レ!' ,1 ,!   菊地は音楽活動の傍ら、
      1',l.| ゙ト 'ぅり  ,  2tタ /  /,!'  旺盛な文筆活動でも知られていて、
      `| l. 「ヽ    __    /! イ/   ニューアカの影響があることは自認している。
       l.ト. |l. ヽ、     _,.ノイ/ |!  
       ` ヽl ヘゝl` - ´lル ′    
           /.ノ    ヾヽ、
       _.. - ´  L._,. -- .._...|   ` ‐ 、._    ちなみに「魔界都市シリーズ」で知られる
     ,f´l. |    「 _, - 、._j    / / ス   作家の菊地秀行は、彼の実兄。
   / l. ', ',     「_,. -- ..」    / / / ',
   !  ヽヽ ヽ    |    |   / / /  l











      ,,  、、 ,
  、、 ゛ ____  ' ,   
  ,'  /⌒ 三⌒\  丶    ニューアカ……、
 ;  /(@)三(@ )\  ;   ヌーヴェルヴァーグ……、
 ; /:::::⌒(__人__)⌒::::::\ ;   おフランス……、
 ; |  u  |r┬-|   u  |  
; /´ ̄``゛'- ._‐´ u  /   何かもやる夫には無縁の存在だお……。
,' |   ___)    \   
;  |                \  '、, 
;  |                 ̄) 、
; |               | ̄ ̄ ̄   ;








               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\ フランスはミシェル・フーコーや 
             |  (●)(●) |  ジャン=ポール・サルトルと
             / ̄ ̄ ̄ 丶人__). |  シモーヌ・ド・ボーヴォワールなどの存在で、
         /        \ ._|_____   世界の哲学をリードしていたんだ。
       , --'、             /         `〉
        / ⌒ )        /         /   
       ,′  ノ          /           /
       l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ  
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
         `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ








         _ .. --==ニ¨ `ヽ- ―- 、
       .._ニ-‐ァ―――-   :.‐'´   ..  \
     /´  /:ィ/:_. - ´  .:/  ヽ:  \:.. {:. ヽ
    { \/∠ -'_二  :// .:/ ヽ:  lヽ:.  ヽ:.\:|
      /´ フ´  .:// / :/  | }  |:. ト:.  l:.  \_
     / / .:ィ :/ /ノ :/ | / { :|:. ∧ :!|:.  l:. `ヽ ̄´
      //i :/ /  ィ /{ .:!:ハォ:7 丁「「:. }:. | l ! トヽ
        /  | ..:!/イ7´丁ミヽト{ /'ァz=≠トv .ト: | | |
        | /| ../|{ fr筰ミト  ´ ´ヤぅ刈イ:  ト.}: :|!|  フランスのヌーヴェルヴァーグ自体
        ∧! !:/ 小.`辷:リ     `フ7′/.:レ } ハ   サルトルの実存主義に影響を受けており、
          /{イ:/ハ    '_  /´/:.   /l: /′    そうした最先端哲学はニューアカにおいても
         / ´ |l j .:.\   ‘ニ’  /: ,.. ノ}//      好んで取り入れられた。
        ハ ̄ ̄ ̄`ヽl>ュ.. _ イ:イイムハ{ _ノ{_   
       ノ ̄ ̄ ̄  ‐- 、 ヽ/}  |/_j_.ゝ┴‐´三弐
     ≦三三三-_ _  \ト/´__.. -==―――`i、
      l!        ̄`ヽzzzzf´ ̄         lト}
     rヘ          |  _ |           l| {
     ノ、__i!        fヽ ! | ハ           |ハ
      { __,、!        _| {| ! |     __     |  !
     ヽ ノ{_l!      }ハ、 ヽハ. ヽ  /´'/     lト.、|
      ト、 _,l!___ {. l\ ` ー  \j  {    __j-:、:\
      レ|   {ト:ヽヽ:`ヽ._ ̄`        |-‐ニ-――-、::ヽ|
     _ 上L._  ヽ\\ヽ:ト.二、      {´_: -‐  ̄ `ト、:ヽ{
  /´:.:.:.:.:.:_`ヽ }/ >`-/7く_> 、     ` ー‐- 、 ! ヽ:}
 ⌒ヽ- ´{  `ヽ:\{:.:,.孑{zトミ:.:`ヽミヽ、         ├‐ ´
       \   ノ7ァニj彳_/:{`ヽ〉_/`j┬ \       j
         ̄ /:リ: : : : /:.:.| ̄  ̄` Lト、  ト、      /
        /:/ : : : / : :j : : : : : : : | : :  ̄:} ` ー‐'








             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
             /:::/ ̄`ヽ::::::::::::::\   端的に言うと
         ////      ∨::、::::::::::::、 
         ,'/:l、{\    / |::|:::::|:::::::::l   「フランス=オシャレでインテリ」
         レ|、l ●   ● ハl::::::|::::|::::| 
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃::|::::|::::|   なイメージが、背伸びしたいニューアカ信奉者に
        /⌒ヽ__|ヽ   ヽ._)  |:::::|::::|/⌒ヽ  愛されたんだにょろ。
      \ /:::::|::::l>,、___,. イ:::::|/   / 
.        /:::::/|::::| 〈::l三/::::/ |::::::ト、_∠ 
       `ヽ{.|::| ヽ∨:/ .|::::::|::::::::::ノ













         ____
       /     \
.    /       \ う~~ん、
.  / /) ノ '  ヽ、 \   ってことはつまりだお……。
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  / 
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ








          _____
         /       \
       i,-'´}        ヽ
      .,-' ,‐i" _ノ  ヽ、_   i
     ./ //´l (ー) (ー)   i  アテネ・フランセ文化センターと映画美学校は、言っちまえば
    .l  '- ' , l (__人___)    i
    l   ,〈,'   `⌒ ´    i  
    l   i i          ,i   「  ニ  ュ  ー  ア  カ  の  残  骸  」    /   / iヽ,        /  
  .,、 i   .' /,‐'.l\     /l )),  
  .l \  .i、 ム `‐、_` ̄ ̄´-‐'´ .ヽ   ってことだな。
  .l   `‐-'i _.-ヽ .,-、i  i,‐、 . /  .`‐、_
  .l     .i   l l  l  l  l /     `‐、_
  .l     .l   .l/  ヽ ,'  .l/     ,  , `‐、_
 /l     .l      /‐-l  .     .,.' .,'  ,-‐`i
. i.,'     .l 、     l;;;;;;;;l  '    , '  ,.'  .,.'   .i
. /     .l  、    l;;;;;;;;l    , .'   i  ,.'    i


         











                          , -‐ '  ̄ ̄ ` - 、
                               , - ´           ゝ‐- 、
                            _, -´         ヽソー       \
                         _ , -'                       ヽ
                     ー=二-7 ,                    ヽ    ヽ
                        / /  /                   ヽ    '.,
                           / /   / / ,l ! i  |        ヽ    i       '
                       / ,イ l  ,' ,'  イ /! l   !      ',   ',   !       i
    そんなこと言いながら、   ,'./,' !  i  i / ! ハ l  !i  ', ',   ',    i   !     l
    yarukyo先生は、       .!/. l  ! l _l__'__i ! ', |、  !ヽ  トヽ、 ヘ   l i   |      i
    同所で上映される作品は  |'  ! !  i  } ! .!i`ヽj_!ヽ ! ヽ i  ヽ  !   | l  l       l
    割と好きです。           | .ハ  ! |l' ,r≠、 \ \! ゝヘー--、_l、  ト、! l       !
                        l .! ヽ |、 i! 彳!゜゙ミ、      `\  .\!ト-!', ! l    | ト .|
                          !|  ',.|ソ,l.! !i:;:::;:}       _,ry=≠ミ、 !ヽ|.レ !   l ハ !ヽ',
                        |   X ト'! !z-:ノ       , {:::::::::::::k》   / fニ 、 .イ.ハ| ヽ
                               l l ::::` ´  ,      ,io、;;;:ノソ   / /_ ).}./.!'
                              | ヽ ゙.   '        `ー-'/ィ / /_ノ,.イ/
                             |.イ!ヽ、   _    :.:.:.:.:.:〆/ //--, ´ l'
               l \     .r- 、、    |' l'   ヽ   `     _ ,´-' ./'、ソ.ヽ:ヽ
              r┴--ヽニ_‐<_  \----、     ` ー┐‐ ´ /, 'l/ l \:ヽ';::ヽ
               `t-、   `   ヘ .r--'-!-  \  ,r-‐_ニニノ--‐'7 ' _,    ',::l ',:::!
                 \  , -─‐ 、! `ー-、__  /フ--≦、      ´     }::l |:;!
          , -‐,-y‐ ´ .{, /:::, _:::::::-、::l    ヽー!r-"´`ヽ、ヾヽ           l::| j'
         /,.‐'        Y:/::::::::::::::.::ヽ   /-、:::::::::::::::::', ';::',           !:i i
       /,<        ,f:::,:::::::::::::::::::::j'   /:::::::::::\::::::::::::| .!::!          !:i i










     / ̄ ̄ ̄ \  ホジホジ
   / ―   ― \
  /   (●)  (●)  \ 悔しいけれど感じちゃう(ry
  |     (__人__)      |  ってことですね、分かりますお。
  \   mj |⌒´     /
     〈__ノ
    ノ   ノ









   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー) ひょっとしたら、素直に好きと言えない 
. |     (__人__)   ツンデレかもしれん。
  | u   ` ⌒´ノ   
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ  
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \









             ,. -───- 、
              /'´       `ヽ、
              シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、
          //, '/     ヽハ  、_Vヽ   とってつけたフォローに聞こえるにょろが、
          〃 {_{`ヽ   ノ リ| l |、,i|  yarukyo先生はジャンルで映画を観ないんだにょろ!
          レ!小l●    ● 从 | } i|  
   _l      ヽ|l⊃ r─ォ   ⊂⊃jノ}j|   良いものは良いんだにょろ!!
   \ r‐‐-、__|ヘ  '、_ノ   /|  ! |  
   < { (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  ||
   /  "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ||
           ヽ< | |  ヾ∨_:/ // ハ||










            ´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄く
        / : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
.      /   : : : : : : : : : : : :     . . .\
 、__//. /. . . . . . .    . . . . : : ! : : : : ヽ
   ̄/. : /. : : : :/ : : : : : : : : : : : \l: : : : : : :ヽ
.    l : : l : / : /. :/ : : ヽ、: : : `ヽ : !: :l: : : : : ヽ、  
   l :/ l : l: : :l :∧: :ト、: lヽ、: : : :ヽ!: :l: :l: : : l  ̄  「人を憎んで映画憎まず」、
   l/!: ! : l: :/l/‐-ヽ! ヽ !  _ヽ-―!‐ !: :l: : : !   
    ヽ! : l : ! rfチミ、  ヽ´ fr旡ミ! : ト、l : : ′    だって……。
.      ヽ !: :l  rっソ     匕り !: : !丿/j/  
.       j∧ :ト、 `¨   .      l l :l j/  
         V: :lヽ、   _     /j/!/
          ヽ: ! >   __.. ィ













     _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
   ,r'        \
   / ⌒         ヽ,   「ヤクザ映画は問答無用で全部傑作」
  ( ●)    ⌒     ..i 
  i.     ( ●)    .|    とか言ってるクセに、
 . \(_入_ノ      /     どっちが中二病だお……。
    \______/   
    ./ゝ/ノ:::::::::::::::::\
    |ノ//::::::::::ヽ,::::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|











                                     、 --────-- ,   
                                    /           \ 
         あぁ、それは                 /              \
                                 /     l             \
                               /.::::::::::::::::::::::!、             \.
          別   腹              / ::::::;;;;;;;;;;;;;;:::::::`'- ,_             |
                            // ̄\\:;;;;;;:// ̄\ \          |
                            | |.○  .| |::;;;;:|, |.○  .| |         |
            ですから。          \\_//::;;;;::\ \_/ /         |
                              /     ::|::   \,             . |.
                             |      |       |               |
  ̄二=二=                          |     |     |              |
ニニ_二=-         .,-,_  _;-.,         |\__/\__/              |.
     ̄_ニ=-      (,ヽヽj > ヽ         |  イエエエエエト                |
=二_ニ__         ヽ  ヽ,i" |,__      iヽ {    l:    }.'                   |.
     ̄ ̄`';;゙i^゙i ̄ ̄ ̄ ̄ヽ ̄}__ ヽ ヽヽ     ( ヽ {   l:   }.                   |
        ';:ッ_i______i_ ヽ ヽ_、ッ     l  {        }.                   / 
                ヽ_,  ゛j=- ヽ,       ( '  一一ー`、                 /   
                 ヽ  ヽ   ヽ    、--ヽ     u                  /.    
                / ヽ  {_    !、  / ,r'{  \                /    












       ____
     /      \   
   / ─    ─ \  それにしても、一体ここは 
  / -=・=-   -=・=- \  何のブログなんだお?
  |      (__人__)  U |
  \     ` ⌒´     /









                 / ̄ ̄\
               / _ノ    .\      _,,
               | ( ●) (●) |.     l;l   もちろん、今は
              . |   (__人__)  |  _,_,|,|_,
                |   ` ⌒´  |, ト-=y  丶   「やる夫と学ぶ教科書に載ってない新左翼の歴史」              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i,   補完ブログだ。大事なことなんで2回言っとくぞ。
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i,
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,?    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l
 v=4⌒ヽ、 j  --,,,if   /iii|       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|








         ____
   .    / ノ  \\
  .   / (●)  (●)\  いやあの、新左翼の「し」の字も
   / ∪  (__人__)   \  出てないんですけどお……。
   |      ` ⌒´    |
    \             /    
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ  
  \ ヽ  /         ヽ /   
   \_,,ノ      |、_ノ













  .ト│|、                                |
. {、l 、ト! \            /     ,ヘ                 |
  i. ゙、 iヽ          /  /  / ヽ            │
.  lヽミ ゝ`‐、_   __,. ‐´  /  ,.イ   \ ヽ            |
  `‐、ヽ.ゝ、_    _,,.. ‐'´  //l , ‐'´, ‐'`‐、\        |
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト、
            ヽ     、__,,..             /:;;:   .!; \
             ヽ      :::::::::::           /:::;;::  / 
どうやら俺たちは勘違いしていたようだ。
「過疎ってるからってヤケ起こしてんじゃねーの?」
なんて思っていたが、ここの作者は当初の目的を
見失ってなんかいないんだ。いいか良く考えろ、
今のテーマは「新左翼」、そして今日の話題は「ニューアカ」、
この「ニューアカ」という言葉に注目するんだ。
そこに作者の真の主張が込められている……。
そう、ニュー=新、アカ=左翼……、

























      ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ.            ,ヘ
    N│ ヽ. `                 ヽ         /ヽ /  ∨
   N.ヽ.ヽ、            ,        }    l\/  `′
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |   _|   つまり
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |  \   
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ   >   「ニューアカは新左翼の陰謀」
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./ ∠__  
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'    /   だったんだよ!!
       l   `___,.、     u ./│    /_ 
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        |  ,、
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ     l/ ヽ   ,ヘ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、       \/ ヽ/
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i   
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」 ))
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
.      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
.       l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../ 












    、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
    _)                                                (_
    _)  ナ ゝ        ナ ゝ  /   ナ_``  -─;ァ              l7 l7   (_
    _)   ⊂ナヽ °°°° ⊂ナヽ /'^し / 、_ つ (__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ o o    (_
    )                                                (
    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
ミミ:::;,!      u       `゙"~´   ヾ彡::l/VvVw、 ,yvヾNヽ  ゞヾ  ,. ,. ,. 、、ヾゝヽr=ヾ
ミ::::;/   ゙̄`ー-.、     u  ;,,;   j   ヾk'! ' l / 'レ ^ヽヘ\   ,r゙ゞ゙-"、ノ / l! !ヽ 、、 |
ミ/    J   ゙`ー、   " ;, ;;; ,;; ゙  u ヾi    ,,./ , ,、ヾヾ   | '-- 、..,,ヽ  j  ! | Nヾ|
'"       _,,.. -─ゝ.、   ;, " ;;   _,,..._ゞイ__//〃 i.! ilヾゞヽ  | 、  .r. ヾ-、;;ノ,.:-一'"i
  j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<  //_,,\' "' !| :l ゙i !_,,ヽ.l `ー─--  エィ' (. 7 /
      :    ' ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /イ´ r. `ー-'メ ,.-´、  i     u  ヾ``ー' イ
       \_    _,,......::   ´゙i、 `¨ / i ヽ.__,,... '  u ゙l´.i・j.冫,イ゙l  / ``-、..- ノ :u l
   u      ̄ ̄  彡"   、ヾ ̄``ミ::.l  u   j  i、`ー' .i / /、._    `'y   /
              u      `ヽ  ゙:l   ,.::- 、,, ,. ノ ゙ u ! /_   ̄ ー/ u /
           _,,..,,_    ,.ィ、  /   |  /__   ``- 、_    l l  ``ーt、_ /  /
  ゙   u  ,./´ "  ``- 、_J r'´  u 丿 .l,... `ー一''/   ノ  ト 、,,_____ ゙/ /
        ./__        ー7    /、 l   '゙ ヽ/  ,. '"  \`ー--- ",.::く、
       /;;;''"  ̄ ̄ ───/  ゙  ,::'  \ヾニ==='"/ `- 、   ゙ー┬ '´ / \..,,__
、      .i:⌒`─-、_,....    l   /     `ー┬一'      ヽ    :l  /  , ' `ソヽ
ヾヽ     l      `  `ヽ、 l  ./  ヽ      l         )  ,; /   ,'    '^i














                 __
                 ´: : : : : : : ̄ ̄  、
             / : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
.           /   : : : : : : : : : : : :     . . .\
      、__//. /. . . . . . .    . . . . : : ! : : : : ヽ
        ̄/. : /. : : : :/ : : : : : : : : : : : \l: : : : : : :ヽ
.         l : : l : / : /. :/ : : ヽ、: : : `ヽ : !: :l: : : : : ヽ、
        l :/ l : l: : :l :∧: :ト、: lヽ、: : : :ヽ!: :l: :l: : : l  ̄
        l/!: ! : l: :/l/‐-ヽ! ヽ !  _ヽ-―!‐ !: :l: : : !
         ヽ! : l : !     ヽ ヽ´     ! : ト、l : : ′
.           ヽ !: :l -=・=-    -=・=- !: : !丿/j/      ……言うまでもないと思うけど、
.            j∧ :ト、     .      l l :l j/
              V: :lヽ、  _,   /j/!/     冗談だから……。
               ヽ: ! >   __.. ィ ト、〃
                ヽ!  //j     ト!/\
                 _/ :/-―――-l : : : :ヽ、__
               /|::|: : : :! -―――-! : : : : : :/∧
  _____    /! !::!: : : :! ̄  ̄ ̄/. : : : : :/://:!
  ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧   /. : : : : :/://.:::l
.   ∨                ∧ /. : : : : :/://.::::::l










      |
      |
      |-‐ ̄ ̄`' ‐-,,
      |: /´ ゛ヽ::::::::::\
      |/      ヽ::: i:::ヽ
      | -ー     l::: }::::: l  けど後々紹介すると思うにょろが、
      |●     ヽレルi:::: |   新左翼各派、特に革マル派のあの
      |⊃    ●゛i(⌒\  くだくだしくて重畳的でタームばっかりで
      |  ,__,   ⊂ヘ iy   ゙i  中身のない言説はニューアカそっくり、
      h   `´ _、ゝ,、ス\  )  と思ってるのはガチにょろ。
      ミ}ーT゛ i ::::l| \>'
      |):゙i三|::ッ'l ::::l|t,,/
      |i:::∨ッ  l ::::l|::|











      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \  っていうか、じゃあこのブログに
 /  (●)  (●)  \ どんな中身があるんだお。
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /













        / ̄ ̄\.             
      /      \.........:::::::::::...       | 
      |::::::: :      | .... .........::::::::::...r‐ ' ノ.
     . |:::::::::::::     | .... .........::::::::_ ) (_  
       |:::::::::::::      |.. ..... ......:::(⊂ニニ⊃)   
     .  |:::::::::::::::     }  ..... ......: ::::`二⊃ノ. 
     .  ヽ____    }  ..... ......: :::: ((  ̄
        r'ニニヽ._\. ノ.. ..... ......: ::::::  ;;.    
      r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.   今日の名言
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ   
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ     「人の振り見て我が振り直せ」
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
 .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉
    |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/















というわけで本日はここまでです。
「前以上に話広がりすぎで意味分かんねーよ」って
ツッコミは間に合ってます。












            , --v‐‐- 、    
          /         ヽ, 
         /     .       ヽ
        /   ,  /  ,  .j  ヽ   ヽ
         7  i| l  /.i /l .,ト、 l i ト、l
        ./ィ ,l| .レ'‐-|/ .j∠+‐N ハ. `
          |/〔| |ィfZr  ,ィ'Zト |ヘj
           l/| |.''ー'    'ー' ,l/l`
           .l .ト、.  -  ,,イ./         i´ ヽ.
          ,ィ'''l|´.|l,.` ーイヽlZ_         | ー-ヘ
        ., イi::|   | `ー'゙ }   l:|lヽ.        |  ⌒ヽ
        /::::l l::|   l~~'ー''~l.  l:||:::|        |     \
  ,.へ.   _l::::/¨''ーァ  |  | ̄ ̄ ̄ ̄|r──────────‐ ┐、    r────────‐、         /`''ーァ 「 ̄了
 く   ヽ//:::/  / ̄`li. |      .||  ___________   | `'⌒ヾ|____  __     >       /   'ー┘ .└──‐.┐
  ヽ、 ./ l:::/     ̄ ̄ ̄ ̄`ヽn.  ||  |      ヽ      |  .|       ヽ、/  ヽ/   /        /        ._____|
       | レ .,ィ‐+==,─ッ  ./ ゝ-, ||  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  .|    _,,, ─`ヽ、     <        く   / ̄ ̄|   |
      |.>、 /(. '|   | ./  /` イ:::: |  | |  ┌─ ┐   | |  .| /,,.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ヽ   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    /ヽ!:::::::::::::`|   |! l`ーy':::::ヽ、;;;,.|  | |   | .....ノ|   | |  .|// |______    __.     /  .|____________|
    /  .>、;;;;//   ヽ|:| |:| .|:::::::: 、.{..|  | |     ̄ ̄    | |  .|           |   |  /   /- 、    ┌────────┐
   /  /i | 〉/  ハ.   \::jニ|:::::::i::ヾ |  | |___r──i___.| |  .|::..           |   | く   /    `''ー-、|   _____   |
  ./  / .|/   ./:::lヽ   \!;;:::::|::::::..|  | /         |  .|:.:.:...           |   |  ヽ, '           .|   |       .|  .|
 く  /<   /:::::::| \   >::ヽ;.:..|   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ...|:.:.:.:....     ヽ ̄   .|                 |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |
  ヽ/   lヽ_/:::::;;;;ノ_   \/ヾ:::::::ヽ |__r─────‐、 ‐─i__,,|:.:.:.:.:.:..      ヽ___ノ               |__r──、.──i_,,,|
      .| /:::::://  `'''-、‐'''⌒ヽ:::::l. |           `ー=/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..                           ̄'''‐-`ー- 、 _
      .|ヽ;;;;ノ_ノ      |    .|`〈| |              l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...                                  `ヽ
      .| /   \     |   .|.  |             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
      .| |`===.〉    l   l=i彳             ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...
      .| |     /    /i   .| ||.|              \.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....














       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
    / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ
   〃 {_{`ヽ    ノリ| l │ i|  次回のテーマは
   レ!小l\    \ 从 |、i|
    ヽ|l⊃ r‐‐v ⊂⊃ |ノ│  「名画座まいり」第5話
/⌒ヽ__|ヘ  ヽ ノ   j /⌒i !
\ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   にょろ! セレブの街、銀座へまいるにょろ!
  /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
 `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |













        / ̄ ̄\   
      /    u  \      .____
      |::::::      u |   ./      \  
     . |:::::::::::     |  / ⌒   ⌒  \  神田食べ歩きがしたいのか
       |:::::::::::u:    |/  (●) (●)   \  フランス映画語りたいのか
     .  |::::::::::::::  u  } |    (__人__)     |  ニューアカ批判したいのか
     .  ヽ::::::::::::::    } \   ` ⌒´     _/    何が言いたいんだお。
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――  
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)
く、くたばれハスミスト……。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。