「やる夫と学ぶ教科書(略)」5つの補完ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




                 ◯                  ____/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 //           ____/                  \___
                // |\_____/                             /
                // │                                      /
               // │                                    (
               //  │                                       )
              //  │   「やる夫と学ぶ教科書に載ってない新左翼の歴史」  /
              //   │                                    /
             //   /                                   /
             //   /                                   /
            //   /     「日本共産党篇・第5話                 │
            //   /         民主集中制(続)」                /
           //  /                                    /
           // /                                     (
          //<                        __/ ̄ ̄ ̄ ̄\_ \
          //  \__            ______/                ̄
         //       \________/
         //
        //  
    __ //
  γ____ヽ//
 ( ・∀・)//
 (    つ
  人  Y
 (_(__)












   / ̄ ̄\
 / ノ  ⌒ \
 |  (●)(●) |   マルクス主義においては、
. |  (__人__)  |  共産主義実現のためには   
  |   ` ⌒´  ノ    3つのステップがある。   
.  |         }      
.  ヽ        }       
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \













   | i                 //      __ 
   | |             //    /二つ_つ             
   | |             //   /二つ./ ) /⌒)_ ._   _ノ
   | |            // /二つ (ノ / / (__)(_)、  ノ        
   | |            // /   i     / /   Y (_)() く          
   | |           //  i  ノ _ノ / _ _ノ ノ    )  1.資本主義を高度に発達させる   
   | |           //  /   /  .i (  /   ∠
   | |          //  /  /    /i   ゙-、(      ヽ
   | |          //  / /∧  ./ i    i   n   ⌒ヽ'⌒      
   | |         //  / / ´Д`) /  .ヽ___ノ _ノ/-っ  
   | |         //  /.    ⌒/   /二二_づー'
   | |        //  /       /  ./ 
   | |        //  /     /  /   //
   | |       //  /    /  /   //
   | |       //  /      /   //       
   | |      //  /    __/   // 
   | |      //  /   /     //       ,,,-''
   | |     //  /   /     .//      ,,,-''
   | |     /  /  ./   //     ,,,-''
   | |    ./  /  /   //    ,,,-''
     !     _ノ ノ  .//   ,,,-''
         / / //  ,,,-'''
        ./ / // ,,,-'''         _,,,,―'''' ̄
       // // -'''    _,,,,―'''' ̄      
    _ノ⌒/ /   _,,,,―'''' ̄     
  ⊂_/      '''' _____________   
   _人__       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      て    
      (  タンッ! 










      ( ト、ト^  .:.  □□  .:.:从. _ .:.:从ト、イ
    (  )ノミ. く\/ >  .....::、(::.  | |_     ′.ノ
  `ヽミ/| ミ::.  >  く   ..:ミVノ:.:. 匚 / ´ ̄\ .:({ノ
  ⌒メ、| {三  // > .〕  .:.:.{ {::..  / / ̄ヽ } Ooo
   (ト、乂::. く/ // xヘ .::}ノ.:. / |   / /   .:.ノ!
=≡ヽミト、:.:.:.   { (_/ / ノ/{:.. VL」   く/ .:}レ彡イ
≦三三ミヽ三ヽ `─‐ ´ /// |ノ彡.:.. . . :.:.. .:,ィ彡'彡' ./{⌒
≧≦三弋.三三ミ/ ̄ ̄`ヽ廴{_ノイ´ ̄ ̄`Y彡イ三三彡イ/
`ヽミヽ三ミヽミミ| ,x┐ 、ヽ      ト、_ .{彡彡'≦三彡イ
三ミ/ 爪〈ヽミミノ≦-、\ ) }  // /,.-≧.Yノ)三≧辷ノノ
三./ /j .))爪 / ´    \\!  .{//   八 |彡イ彡三≡=   「生産力の発展は(共産主義の)絶対に不可欠な
⌒∨/ミ三ヾ| 、__,x=ミ.\〉.| {_,/ ,x=ミ_,^ .|三 川三彡′  実践的前提であるが、それはさらに、それがなければ
  { {.ミ三三|.   >、○」_ ヘ」Lノ l_○_.ノノ  ヒ彡イ彡'三≡  貧困が一般化され、かつ貧困とともに再び必需品のための
三≧、三(⌒∧   `ー'⌒ヽ /⌒ー<   .∧ ノ三彡'⌒ヽ   たたかいがはじまるにちがいなく、かくて以前のごたごたの
ミヽ弋三.ハ. ∨\.    , r‐、  -、     /.} |彡イ川ノ  全体がよみがえるにちがいないという理由によるのである」
⌒ヾミ三彡{ {ヽ.ハ ./ ゝ(  )-'    / )/}_」≦彡イ⌒  
  乂_ノノ >'\ヽ∧   r'⌒ こ=、   ./`ヽ/∧三彡'    マルクス 1846年
     ̄フ/   `{  ',  }_[_,`ニユ]_  ′ ノ   ∧彡′
 `ー‐'´ .′   \  '⌒ー-─、__ノ^ /      |
.      |        `ヽ /´  ̄`ヽ /´     |
.     ,x|         ∧      ノ/       ト、__
_,.イ .|           `ー--‐ ´ /       ∧ \ >、_      ※トロツキー「裏切られた革命」より孫引き
::::::::::::| ∧       |     /       / ヽ }:::::::::::








     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \    ん? 共産主義者が
|  ∪   (__人__)    |  金儲けを肯定するのかお?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /








               _. -?- ._
.         ,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:\
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:トゝ
.   |:.:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N
.   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|
    V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!  ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ  それはしょうがない……。
      リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ     ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′   マルクスの言うように、貧困社会で
        ヽN:.:.:.:| ー‐'     ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ   富を再分配しても……、
        l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′
           \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧











                    ., -ー-, _i ̄Z,
                 ._, 、し,ニ>ノ_!-, ,='=, .,-、 _
                 / i',,,ノ .) l/ .l=ニニ,./ _/_/ /-、__
               /  / _, -'--'--'' ''''ー''Z,__ノ  /=`'V> (⌒⌒)
               `'ー''~ ̄      /~ ヽ, . - 、`~`''~'-ニ、,<./)/
              /~ ̄ ̄`>    .l r-、, -、  }       \)
             ./       ̄ ̄ ̄`l l  / _ノ_, --、        _
             l            .l ~ /  /    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,/
             .\           レ'~ ./  {____    ./
               `ー-、,,,,,,,, -,      /       _/    /
                     /      /      l ̄    _ノ
              , -ー-、 ./     /      /   r-''~
             ./   (_ノ     ,/_,,,,,、-ー''''''''~   /
             .l        , -' ~/* P O O R +,,,/
             ..ヽ、_   _, -''~ ./    _,,,,、-一'''~
                ~ ̄   ./_,, -ー''''~
                   ./-~                    |
       /\___/ヽ                           l
      /:::::::       \                  /\___/ヽ
     .|:::.   ''''''   ''''''  |                 /       :::::::\
      |::::.,(一),   、(一)|                |  ''''''   ''''''   .:::|
     .|::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |               |(●),   、(●)、.::::|
      \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /                |  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::::::|
     /   `一`ニニ´-,ー´                  \ `-=ニ=- ' .:::::/
     /  | |   / |                       `ー`ニニ´-一´ヽ、
    /   | |  / | |                      /    _    l
    /   l | /  | |                     /  ̄`Y´   ヾ;/  |    ※イメージ画像
__/    | ⊥_ーー | ⊥_ _____________,|    |    |´  ハ
   |  `ーヽl_l_l.} ヽl_l_l.}                       |    |    |-‐'i′l
  (、`ーー、ィ   } ̄`   ノ                       |__ |   _|   7'′
    `ー、、___/`"''?‐"       ?            (   (  ̄ノ `ー-'′\
                     ? ?            ̄   ̄          \








     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 
  / /" `ヽ ヽ  \ 
 //, '/     ヽハ  、 ヽ  
〃 {_{. -‐'' `‐- リ| l.│ i| 
レ!小l.-- ,  ,.-‐‐,从 |、i|  みんなで貧乏を分かち合う、  
 ヽ|l`‐-‐'  `‐-‐'.| .|ノ│   悪平等社会になるだけにょろ!
  |ヘ.  r‐-、 |||! j  | , | 
  | /⌒l`ニ`, イァト |/ |  
  | /  /::|三/:://  ヽ |
  | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |









    /  ̄ ̄\
  /      ノ ヽ
  |::::::     (● )    
.  |:::::::::::   (__人)  要するにまずはお金を沢山稼いで、
   |::::::::::::::   ⌒ノ    分配できるだけの富を蓄えよう、ってことだ。  
.   |:::::::::::::: u   }
.   ヽ::::::::::::::    }    この段階でブルジョアジーが発生することは、
    ヽ::::::::::  ノ      やむを得ないと考えられている。
    /:::::::::::: く
    |::::::::::::::  |
     |:::::::::::::::| |









___,ノ: : : : : : : : : : : : : : : : \
`ーァ: : : : : : /: : : : : /: : : : : : : \._
 /:/: : : : :.リ: : : : :|/: : :/:イ: : : |ー'´  
 l/{: : : : :.ム|:.l: : :斤ァ</|/:./:}:.|  
 い: : { 6|:.l: :.|テfミ  /:_/:/,ィ|
   V: :.>リ:.l: :.| ヒソ /ィf':/:/ リ
    |人{ |:.l: :.|   rタイ:人   この理論は後に、中華人民共和国の最高指導者となった
   ,f¨¨ヽ ?:.リ  ‐ イ|: :「     鄧小平による政策の基本原則となった。
   ノ     \|:[_¨´ ||.:/         
  /===ヽ  辷ト、_/リ´       彼は「豊かになれる者から豊かになれ(そして貧しい者を助けよ)」 
//´⌒ヽ\ ?| 寸         と提唱する。これを「先富論」という。










          ______                    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        /壱 / /万:/|                    / /" `ヽ ヽ  \
      _|≡≡|__|≡≡|  |_____         //, '/     ヽハ  、 ヽ
   / ̄//|≡≡|__|≡≡|/壱//万 :/|         〃 {_{`ヽ    ノリ| l │ i|
  / ≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|         レ!小l元    元 从 |、i|   鄧小平はこの「先富論」を基に「改革・開放」路線を実施、
  |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|          ヽ|l⊃ r‐‐v ⊂⊃ |ノ│  現在まで続く経済発展の礎を築いたにょろ。
  |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|        /⌒ヽ__|ヘ  ヽ ノ   j /⌒i !
  |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|/      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.                                 /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
                                `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |










      ____
    /     \
   /         \    けどみんなが平等にお金持ちにはなれないお。
 /    _ノ   ヽ_   \   当然そこには経済格差というものが
 |    (●) (●)    |   生まれるハズだお。
 \ :::::⌒(__人__)⌒:::::/ 









     / ̄ ̄\     
   / ⌒   ⌒\    
   | (⌒) (⌒) |   
   |   (__人__) |   そう、そこで次のステップになる。
   |   `i  i´  |
   |   . `⌒   }  
   ヽ       }   
    ヽ     ノ    
   /      ヽ   
  /         ヽ
  /  /      }  |
 .|  .{.      .|  |
 .|  .|.      .|  |











:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ○    ___________
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::          //\  /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       _.//  | | 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       / .//  .|. |  2.社会主義を実現する
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       __/  //   |. | 
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         __/      //    | \   __________
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         /        .//\   |.   ̄|/    
::::::::::::::::::::::              \       (∃i  ヽ___ |         /| 
    /|                |      //\ \   ).∧ ∧    // /9 
.   //´                |     //  \ \/(∀`  )   // (∃i  オー
   // ___     ヘ       /     ` __/ ̄\  \.〉  (_  /==o./ /⌒ヽ
.  //∧__\ _/  \      | _/ ̄ ̄     \      \. /// /――‐⊃
 //( ´A` )/. ∧__/      |/            |      | |/ // |´∀`)_
|⌒j/     ̄\( ´Д`) ̄ /9                〉    / ./ / |      \
| |      |\ /    \//                /     \E ) \    |ヽ \_
| | |     |. /    __ //i                 |   _   \.   |    | \| \
\_/|.    |.(  (  ( \ノ ノ      .∧_∧.       |   / \   \ ../  ) /  (E\.\







   / ̄ ̄\ 
 /   _ノ  \   
 |    ( ー)(ー)  高度資本主義によって国力は富んだが、
. | u.   (__人__)  ここで発生したブルジョアジーは
  |     ` ⌒´ノ  プロレタリアートに対して、過酷な弾圧を加えることになる。
.  |         }
.  ヽ        } 
   ヽ     ノ     
    i⌒\ ,__(‐- 、 
    l \ 巛ー─;\ 
    | `ヽ-‐ーく_) 
.    |      l 









                         ,,、ー '""~~~~~~~ ~'''-、
                       ,-'".. /'  レ "  //<<    い あ 困 さ
    な 大 .き           / ::::: /ri'ノii "  (~ヽr''')    .う  っ っ っ
    ん 事 み.          /  ::::::: r"ツ人ン    ヽ,/    .と. た た. 続
    だ な  た         /  ,,,、、、、;;;;ij,//~ 彡,,、-- 、,     い .ら こ け
       労 ち         r"r'"::、、、  '""ヽツ"     ,,、    い    と な
       働 は.       rニti 、,,,ー'''''ヽツ(,,--、 'tr''ニ"ニ彡       な が さ
       力         リ, '    ̄~)::)r"   ミ":::'"          ん    い
                //    ;;ッ''"(,」⌒'',"~'' ,,:::::、、、,        で
                r'ii    r"/,、 ヽ-z⌒",, ヽヽ'~        も
              A tii    `/;;"ヽ`'=zz三zz'7" 't;;|i
 r"ヽ  ,,、       /:::::|  i     |;i ii,,ゝ、_,、-''" ,ii  |;;i       ii
. |   ヽi;::ヽ     /::::::::|  t    i;| ~'' 、,,""",、-''"  jリ       ii'-、  ※社会主義者によるブルジョアジーのイメージ画像
. t    ヽ;:ヽ,,,,,,、、-'ーz=-t、r"t    i|,    ~~~    ノ/       ノ  ~' 、      
 ヽ、,,   ~' 、 ::::''";;;/~''i", ヽ;;;  j |ii       ,,,iij| /      ,、 '     ~'''''ー 、ー< ̄~
ーー ゝ、-―  ~''ー"、,'   | iii  ヽ、;;; t、wwwwwwiij"" "     '"           ~'i::'i
  ,r  ヽ、,,,、-'    i|   ヽi||;ii   ~' 、iiiiii、、,,,、、jjiiiii}iiiiii从ii        ,、-''"      |:::|
ー 、、,,,,z''   ,,、 '" Aヽ、  |t~' 、;;;;;;  ~'''ーー------ー'''"      ,,、-''"        i::::i:::::
   )  ''フ"" r" ii ヽ、、  ti  ~''-''、、;;;;;;;;;;;;::::    ,,,,,,,、 -ー ''''"            リ:::リ :::
,,,、-"-ー''"   i;;  ヽ,     リヽ      ~~~ """""                   リ:::リ:::::
、    /::   t;;;  `'   ノ  t                              /:::/ :::::
.リ  r":::::::   'ー、;;;;;;;;;;;;/   t.                            /:::/:::
" ,,、" ::::''"      ~"      i|                            /::::/:::::::::
~~        〃 。









                    ____  __
                , -‐ '::::::::::::::::::::`´:::::::::::::` ー- 、
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ   低賃金や劣悪な環境での労働の強制、
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  .:ハ  強引な馘首や給与削減、
            / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::.:.: i.:.::;;;;;::::::ヽ、  そして更なる経済格差の拡大……。
        __,. イイ  .:.:.:.:;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ヽ:::::::::::::::::;i:::i::::;;;;;::::::ハ ̄
            /:   /       .、.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::;ハ::::::::::::::;;i:::i::::;;;;;;;;:l::ハ
           ,':::::::..:.:;'.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.ヽ;;:::::::::::::ヽ:::;;;i::::::::::::::;;i:::i:::;;;;;;;;;;|ヽ!
.         |::::::::::::i::::::::::i:::::i:::::ハ::::::::ヘ;;;;ヽ:::::::::ヽ:;;i:::::::::::::;;;i:::i;;;;;;;;;;;;| !  /  ./  ./  /
           |::i:::::::::i::::::::::i:::ハ::::::ヽ:::::::ヘ、;;;ヘ;;;;::::ヘ:i::::::::::::;;;;i,-、;;;;;;;;;|   / / / / / / /
.          !ハ:::::;;;!:::: 十ト-ト、:::::ト、:::_ヘ斗tー、:::::+:::::::::::;;;;|-、};;;;ハ;|  / / / / / / /
.          ! V::;;ヘ:.:.::::ト;|z弍 \! \::ヘ壬ヘ_ヘ;|_:::::::::;;;リ , ノ;/ リ  / / / / / / / /
.             ヾ:::;;ヘ::.::〈 ヾz;:}  ヽ  `` {z;:;:ブ|:::;::;::::://レ'    / / / / / / / /
.            \ト:ヘ:ヘ  ̄  ,       ̄  | ;;:;;:;;/ァ '  ̄ ̄`ヽ / / / / / / / /
                /|;;iヘ     __       |:;;;;;;//       V / / / / / /
             /   !;!、;>、            ,イ;;;;//           V / / / / / /
               /   i! \;;|介 : 、__, . イ´ /;;;イ. |            V / / / / /
           /      / | ヽ      // | .|           V / / / / /
           ,'     ヽ /  .|   ヽ   , '    / !            V / / / / /
            /        |   .|     `     /  ,'           V / / / /
.           /       ._|_ ヽ_    _./  /               }./ / / / /
        , '     /    `ヽ / ̄ ̄ `ヽ、. /         /  ∧/ / / /
          /   _./       /         /         /.   / l / / / /
       //´ ̄  ` 、.      /          /         /  /   ! ./ / / /
.      /         `ー-、./_____    /         /、_/    |./ / / /
      /                    ̄ ̄ ̄ヽ      /.        l ./ / / /
.     {                          \    /          |/ / / /








    , '´ ̄ ̄` ー-、
  /   〃" `ヽ、 \
/ /  ハ/     \ハヘ
|i │ l |リ       }_}ハ
|i | 从 ノ    \l小N
|i (|  i ●    ● li|ノ  何となくごく最近のどっかの国でも
|  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|   聞き覚えのある状況にょろ……。
|  l  x>、 __, イl |
|  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ
|  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )







       ____
     /      \
   /  _ノ 三 ヽ_ \    うぅ……。
  /   (─)三(─)  \  そうやっていつも、
  |  ∪  (__人__)    |   泣きを見るのは労働者だお……。
  \     ` ⌒´  u ./










                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ
.   l              l 弋心 l
.    l              冫.ー く    二次元の世界なら、
   l               l    ノ!   ここで救世主が登場するんだがな……。
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /  
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ 。










  _ _   ___   
 / ) ) )/ \  /\  
 {   ⊂)(●)  (●) \  二次元じゃなくても、
 |   / ///(__人__)/// \  ヤクザ映画なら鶴さんや健さんが
 !   !    `Y⌒y'´    |  助けてくれるお!
 |   l      ゙ー ′  ,/
 |   ヽ   ー‐    ィ 
 |          /  |
 |         〆ヽ/
 |         ヾ_ノ










   / ̄ ̄\   
 /       \  
 |::::::        |
. |:::::::::::     |  それも二次元みてーなもんだろうが……。
  |::::::::::::::    |
.  |::::::::::::::    }
.  ヽ::::::::::::::    } 
   ヽ::::::::::  ノ 
   /:::::::::::: く 
 ―|:::::::::::::::: \-―










__________/ ̄!
――――――‐l   `TY^`?‐ァ‐ァ‐ァ‐ァ‐ァ‐ァ‐ァ7⌒ヽ
ニニニニ二二二二|   ,┴{ r/厂 ̄〕冖冖冖冖冖弌,__ソ
          \_!   ?.:/: : : \
                  `v'.: : : : : : \-?- ._
                 ∨/,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
                 〉'´ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヘ
                ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:. : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヽ:.:.:',:.:.:ヽ:.:.:.:.:.: \
                  /:./:.:.:.:.:.:.:.:.: !:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:i:.:.: ハ:.:.:.:.:.ト-ゝ   けど残念ながら、現実には
              |:.:':.:.:.:.:.:.: i:.:.:l:.:.:.:.:. l:.:.:.:i.、:.:.:|',. |.::.:.:.:i:.: : :!|` 、ヽ  世紀末救世主も任侠の男も
              l:.:l:.:.:.:|:.:.: |:.:∧.:.:. : |:.:. :l \! ',:l:.:.:.:.:|:.:.:.:八  \\   或いは遠山の金さんや鬼の平蔵もいないので……、
             ノイ|.:.:. ∨: ?z弌 :.:.lヾ:.:| x=弌、.!:.:.:.:.|:.:j/       ヽ ヽ
                 从: :.:.\ト xテ坏、| ヽ,ィ芹沁 }:.:.:.:.レ'く          \\
                   ヽN.:.:}ハ,廴ソ     廴,ソノ/: :;ク′ \_       ヽ ヽ、
                  l∧: : ト、   、     イ.:./    / 入_-―――┘ ,>
                       \| |.> 、 ‐‐  .ィ/|l:/   //: :./`'<´  ̄ ̄´
                      { | l   |辷並彡′j/  //.:. : ; : : : ,.:〉┐
                      ト,\\|====ァ′   ,/イ: : :_,∠: :.=彡: :,ハ
                      ,.|:.辷>{. /  _,ィ彡少'.:>:,: : : : : : : : : : :.\
                     /.:?>-》'-辷==<  / : : : : : \: : : : : : : : : : :ヽ、
                   く, : : : : /入∧:\___/.: : : : : : : :/ \_: : : : : : : : : \
                   >'¨´〃 / : : \ : : : : : : : : : : : /    ` <: : : : : : : : \
                 / ___,/: : : : : : \: : : : : : : /       \: : : : : : : : :\
                  ´ ̄ /: : : : : : : : : : : : : `ー--<            \: : : : : : : : :\
                     /.:. : : : : : : : : : : : : : : : : : .:.:\           \: : : : : : : : :ヽ








 -、
(  ヽ
 ヽ,_ \
 /゙i、`゙""゙ヽ           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/   `'i   ゙、       / /" `ヽ ヽ  \
l,  _/ヽ  .入      //, '/     ヽハ  、 ヽ    代わりに現れるのが、
 ヾ、   / .ノ      〃 {_{\    /リ| l │ i|
   `ー'く /.\.     レ!小l●    ● 从 |、i|   「プロレタリアート(Proletariat)」
         \\_. ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃  |ノ│
            ( __ノヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !  にょろ!
.             \\::| l>,、 __, イァ/  / │
              /\\ | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧. |
.             `ヽ<\\  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |










               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\  
             |  (●)(●) |   ちなみに「プロレタリアート」はドイツ語だが、     
             / ̄ ̄ ̄ 丶人__).  |    元々は王政ローマにおいて……、
         /        \ ._|_____  
       , --'、             /         `〉
        / ⌒ )        /         /   
       ,′  ノ          /           /
       l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ  
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
         `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ








        y)ヽ _
         川Y/|/彳
        |川〃//〃
  ∵  ⌒ヽノノノ彳川≡彳≡
    \ゞミ)彡┃人川彡ノミ))∵   
   (≡\≡彳┃彡彡ノミミy'´
   .〃≡iラワ▽▽ワウヮヽミ))    
    彡彳|. r_e_、l_i r_e_、 |ミ巛/∵ 俺がここで考えたのは
  .∵_/彡_| |;| Y/小〉|;| Y |ゞミゝ    未来に托すローマ魂だ!
  (  frヲ/;;| ;ニ;;ニ; || || ドi ヽ
   ) /!h}/|;;| ir―-i || | l_リヽ  ̄`L_ 栄光のローマ軍団を作るぞ!!
  ノ/ |`¨|',|;;| `ニニ´|;;||/|ゞミ  ̄ ̄ヽ!
   ∵|  | ヽ;| .,_,. |;;/; |川
     |  | |;|;\;;;;;;;/;;;; |//
  r;-‐/ / |;||;| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ/ ̄ヘ   第6代ローマ王
_」 ハ |( \ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ---`フ / l.L    セルウィウス・トゥッリウス
-U; ヽニ\ミ `ミ'ー- -‐彡 / /'/ニ|」  (在位B.C.578?B.C.535)※伝説上の人物とされる。
ヽ-‐ ` T\ヽ ミ―-- ..,,_/ )`¨''ヽ,










     *      *
  *         +
     n r'爪三ミ n  けど軍団って、
 + (ヨ(ミ{ ´∀`)E)  何人いるんですか?
      Y ヽ::ヲ゚kツY    *








              __... ̄- 二ニ ‐ -- ニ二、 `ヽ  \\ ヽ ', l i / ,r' ノ_/
          __.. 二ニ=―  二  ‐― -- 、 `ヽ__\ \ヽ ', }リ/ ,r'' ニ、\
        ≦-__.. ̄-‐ 二 ̄  -‐ ニ 二 \`/,rm、 ヽ )}ノ ノ //,r=、ヽヽ\`
      ,r=ニ  __..  -‐ __.. / //____.....//犬ラワ▽▽ワウヮ(@)=ニ \ヽ、_
      /,、‐'"/ ,、‐'"/ // / ,仏△厶/ /-''"´ ̄___ ̄ミニ ̄ー ̄- =ニヽ\
     // / /  / /,//,/ /{ッ==、 {{{::}リr'ニ゙-''¨¨¨¨ヽ`ミ二ニ-‐ ̄- = ニ ``
        ///  / ,イ / // / ハ、 _,,`ヽリ    r='弋9ラ≦ `ミニー 二-=ニ ̄
       / /  //,/ / ,/ /!  ,イ  iッ弋゙6リ ::  ヾミ ̄¨"- ‐っ ゙ニシ⌒'rニニ=‐
      / /  /// / // l  |{ { |L¨"´/ ::    `::::: : ` ー''′ 彡' イ{) }ニ=‐  そりゃおまえ、青年男子のうち
       レ'  / /  / /   |l | ヽヽ|l...) /      ::: : :       ノ/ /二ニ=‐  いつ死んでもいいような
         /イ'  / /   l| |  ヽリl (..___....._             ど..ノヽヽ`\ 生活力のある人間じゃないとだめだから……。
           / /    |l |     l  ヾ三:::ノ           |リ ヾミヽニ=-
     _    / /     ヾ|     l  `"´              |!    ',ヾ ̄´
    /´  ヽ  ({{             l { `,=ニ._‐_、.._         |     ',ヽヽ\
   {      }               ', k'_/∠..¨ブ        /      ,ヽヽ\
    ヽ、___ ノ    ○   _       '//::::::::::: : .     /::      ',\ヾ
        ,r'"⌒ヽ    /r=、`ニ乞  r‐く/::        _.、=ニ::::         'ヽ\`
  r'⌒ヽ ,r‐{-、  r'⌒(Y))O)ニ}こ}((_9)゙{::::..     _.、=ニ=::::::::       ',
 {   }{  ヽ }.__乂__ノ `ーt=ぐヲ´/  ヽ、__.、=三ニ=::::::::::          ',
  `ー'´ヽ、__ ノ     ○  `¨古/        |=::::. ̄ ̄::::::::::::::        ',
                               |ニ=:::..                ',








                ∩
   +        *   ( ⌒)      ∩_ _   *
               /,. ノ      i .,,E)
       *     ./ /"   +  / /"  じゃ、そいつらが何人いるか
   _n          ./ /三ミ   / ノ'  正確に調べときますね。
  ( l   ヽ ゚品゚ // / ´∀`)/ /=:o:ミ
   \ \ (´∀` )(  ヽ::ヲ゚kツ/( ´∀`)  *    n
*   ヽ___ ̄ ̄ ノ ヽ     |  ̄ ≫ ≪\    ( E)
       /    /   \   ヽフ    / ヽ ヽ_//








      / ̄ ̄\
    /    _ノ \
    |    ( ●)(●)
    |     (__人__)   ということで、古代ローマでは
     |      |r┬| .}   国力や人口を把握するため、定期的に
     |       | | | }   国勢調査(ケンスス)が行われていた。
   ,..-'ヽ     `ニニ }
  ./::"::::`ヽ、.,__ __ノ ゙
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ








        _ - ───----- ,フ
      / r: : : : : : : : : : : : : . \
     ,.-′´`: : : : : : : : 、: :ヽ  . :ヽ
     /: :/: : : : : :./:   . .ヽ. :ヽ: : ヽ:ヽ
   /: : .l. . . . ..!./: :.l!: :l、: : l、: :ト:ヽ: ト. |
    j:l: : :|: l: : |:l/: :/ !: ハ: .ハ孑、ト. :!ヽ
  /:_!: : :t: l: : !l: :./-∀‐ レ  ,ィホT、!|  そして年齢は満たしていながら、
  .'´ .! l: : ヘ!: :l:ト/,夂〒`ヽr-{ ヒツlノ:ト  「自分の子供以外に富を持たない」
.     〉!ハ: {ヽ: T-弌ニツ ノ 、 ーj´:/   無産階級は、兵役を免除されていた。
    '´ ヽ!=ヘ ヘ   ` ´´  - .イ /
         ヽ:`T - .. _ / レ
         j \‐ - 、_!、__
         /      ヽ.jヽ     , 、
           l    _r ニ=、、 ヘ.',  __/  `ヽ、
           |  , 〃/ ̄`ヾミ.トr´r '       >- ' ¨ ´ `>、
.           ト, // /:::::::::::::::::ヽ::::Y     /      / /
        ∨/./::::::::::::::::::::::::l:::::l    /      / /
         ト、/!::::::::::::::::::::::::::l:::::ト、、/   _/、  ソ
            !::::::l::::::::::::::::::::::::::l:::::|  Y--ヘ´/::::::::}- ′








             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|  その「無産階級」を表す言葉こそ
         レ!小l●    ● 从 |、i|   「プロレターリ」、つまり
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   「プロレタリア」の語源にょろ!
        ', ̄ ̄ ̄``'‐、_、,.、-―‐'―‐┐
       ,:'ヽ、   週  |  ロ    ノヽ、
       〉 -、)  刊  .|  |   (,、- i
       ヽ -、)     |  マ   (,.、- ノ








         |   
    / ̄ ̄\
   /   _ノ  \      同じような社会の底辺層ということで、
   |    ( ●)(●).   産業革命以後の社会では
.   |  ::::::⌒(__人__)   
   |     ` ⌒´ノ      「低賃金労働者」
.   |         }.    。
.   ヽ        }    /  というように意味が変化し、
    ヽ     ノ   ./     マルクスとエンゲルスによって
     / lヽ介/lヽ、 ,rE)    世界中に知られるようになったわけだ。
.     | | ~ヾ/~ |. ソ◇'
    | |  ゚|  |\/____E[]ヨ___________
  _ | |  ゚|  |__
  |\  ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ \
  |\\  ⌒  ⌒ 甘 \
  |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|












      ( ト、ト^  .:.  □□  .:.:从. _ .:.:从ト、イ
    (  )ノミ. く\/ >  .....::、(::.  | |_     ′.ノ
  `ヽミ/| ミ::.  >  く   ..:ミVノ:.:. 匚 / ´ ̄\ .:({ノ
  ⌒メ、| {三  // > .〕  .:.:.{ {::..  / / ̄ヽ } Ooo
   (ト、乂::. く/ // xヘ .::}ノ.:. / |   / /   .:.ノ!
=≡ヽミト、:.:.:.   { (_/ / ノ/{:.. VL」   く/ .:}レ彡イ
≦三三ミヽ三ヽ `─‐ ´ /// |ノ彡.:.. . . :.:.. .:,ィ彡'彡' ./{⌒
≧≦三弋.三三ミ/ ̄ ̄`ヽ廴{_ノイ´ ̄ ̄`Y彡イ三三彡イ/
`ヽミヽ三ミヽミミ| ,x┐ 、ヽ      ト、_ .{彡彡'≦三彡イ
三ミ/ 爪〈ヽミミノ≦-、\ ) }  // /,.-≧.Yノ)三≧辷ノノ
三./ /j .))爪 / ´    \\!  .{//   八 |彡イ彡三≡=   
⌒∨/ミ三ヾ| 、__,x=ミ.\〉.| {_,/ ,x=ミ_,^ .|三 川三彡′
  { {.ミ三三|.   >、○」_ ヘ」Lノ l_○_.ノノ  ヒ彡イ彡'三≡ 
三≧、三(⌒∧   `ー'⌒ヽ /⌒ー<   .∧ ノ三彡'⌒ヽ  
ミヽ弋三.ハ. ∨\.    , r‐、  -、     /.} |彡イ川ノ    だが奴らはいつまでも負け組ではない!! 
⌒ヾミ三彡{ {ヽ.ハ ./ ゝ(  )-'    / )/}_」≦彡イ⌒
  乂_ノノ >'\ヽ∧   r'⌒ こ=、   ./`ヽ/∧三彡'
     ̄フ/   `{  ',  }_[_,`ニユ]_  ′ ノ   ∧彡′     虐げられしプロレタリアよ……、
 `ー‐'´ .′   \  '⌒ー-─、__ノ^ /      |
.      |        `ヽ /´  ̄`ヽ /´     |
.     ,x|         ∧      ノ/       ト、__
_,.イ .|           `ー--‐ ´ /       ∧ \ >、_
::::::::::::| ∧       |     /       / ヽ }:::::::::::









         、、)iリ,._,
        ヽミミ川彡;'
       ー彡|'光'|ミミ‐       強くなりたくば喰らえ!!
     , --/ハロハ\-- 、
    /::::::::::::\ーr‐/::::::::::::ヽ   朝も昼も夜もなく喰らえッッッッ
    ハ.二.7::::::::ヽ/::::::::::ぐ二.ハ
   ハ / .人:::::::::::::::::::::::::人 } ハ、  食前食後に喰らえッッ
   ノ‐〈_ノ  ヽ::::::::::::::::ノ   八. !|
  / ソ|   r'::::::::::::ヽ   l、i : |     飽くまで喰らえッッ
  ,| / ノ   /:::::::::::::::::::l、  |.i イ
  | /_   /:::::::::::::::::::::::::l、  |_ |   飽き果てるまで喰らえッッ
 〈 '゙,rイ  ,|::::::::::::::::::::::::::::::| 厶_, 〉
  `‐'"  |::::::::::::::::::::::::::::::::|. └''"  喰って喰って喰り尽くせッッ
      |::::::::::::::::!::::::::::::::::::|
      ,|::::::::::::::::||:::::::::::::::::::|    
     |::::::::::::::::/ ヽ:::::::::::::::::|
    |::::::::::::::::|   |:::::::::::::::::|   さすれば、ついに立ち上がるときが来るッッ!! 
    |::::::::::::::::ノ   |:::::::::::::::::|
   ,l:::::::::::::::|     |::::::::::::::::|   
    j:::::::::::::〈     ヽ::::::::::::::\
  く::::::::::/       L:::::::::::/
 r‐''"⌒〈         〉 ⌒`ー 、
  ̄ ̄ ̄          ̄ ̄ ̄









            / ̄ ̄\
          /  _ノ ヽ、.\
          |  (●)(●) |  とマルクスは考えたわけだ。
          |   (__人/,〉.|  
          {   ´フ´ ./._ }   「プロレタリア革命」だな。
          ヽ  ./,二ニソ}
          _ヽ/  ,-― 、}ノ
         /:;:{'   ノーヘJ:;:;ヽ
        /:;:;:;:;:;|  _,イ{:;::;:;:;:;l:;:;}
      /:;:;:;:;:;:;:;:;:\_/:;:;:;::;:;i:;/\
       {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;〈:;:;:;:;:\
      ヘ:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:\:;/ヘ、
           ̄ ̄7:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:;::;ゝ、`ーj
             /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l:;:;:;:;:;:\~
         /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|ヾ:;:;:;/








      ,,  、、 ,
  、、 ゛ ____  ' ,   
  ,'  /⌒ 三⌒\  丶  
 ;  /(@)三(@ )\  ;    や、やっぱり、現実は自分の手で
 ; /:::::⌒(__人__)⌒::::::\ ;  変えないといかんのかお……。
 ; |  u  |r┬-|   u  |  
; /´ ̄``゛'- ._‐´ u  /  
,' |   ___)    \   
;  |                \  '、, 
;  |                 ̄) 、
; |               | ̄ ̄ ̄   ;










                        从⌒゙ヽ,
                 ,; |i 、、)iリ,._,⌒ヾ, |!
                   ヽミミ川彡;';、人 l!
                  .从~彡|'光'|ミミ ,〉 k   「プロレタリア革命」によって
                 γ゙    ハロハ/ 〈,k_ノ    ブルジョアジーを排除し、
                 (    ハ.,_,ノ~r      労働者による政権が確立されねばならないッッッ!!
                )'‐-‐'l   γ´⌒゙ヽ、
             ,、-ー''(    |!?、,il      ゝ、
  _ミ`ー‐、      γ    |!   〈   ヽ ミ、    丿
  `⌒丶、'ー-、 ゝ (     |  ノ  _,,,..、,,ゝ、 _,.イ
     ̄\―ヽ._ γ゙ヽ.,_  ) ゙|! ̄    ̄~゙il γ⌒ヽ
       \   \ .,__゙゙'k{  ヾ /      !、,___ )_,r'⌒ヽー、
        ̄\ ̄ \ > ゝ-ー'゙ <__..ニ -―― ´ ̄ __... -―一┘
  +  ニニ ー--\   ⌒Y´ ̄ `丶     __,. -‐二´  ̄ ―     +
           ̄\    !   =,. -‐ 二   
          _   ヽ.._     ノ    ←ブルジョアジー
           ̄   〉   ー- ノ三二   +
    十       ̄―/  ,'   /二  ̄ _
        ニー/⌒∨  /  二/ /⌒'l    ̄
      _   / l /二    /  ,イ  |二_
        / /| / .ノ 〈. ′ / | _|__     ╋
      ̄_/ _/_ヽ_,   .__,/  |  |_
     彡ニ ,ノΣ_(     )_   〈__ 三ミ      +










             (,、i;!|、.,i.l|リjィ!rグ(‐!,.il/ |ッ,i,ミミソソ
             ''vノノ..i,,/"ヽ'二./ :::::j゙".、.'゙/"ノノミ
              .|l' /   'ヽ..!l二リ,二.,゙"゙',,,,/ノノノ
              |.l/      ,;'!'!'jlll!゙!'".くl=セノ
              :/         ''''''ノノ""ヽミ'ミ
             ./||li          ((    kミ
            ノ _:::::'i|:/         ヽ
            |  {''ヽL  __ノ
  ,_ ---- ー、   ゛/  ト,o:|::;:_ii,,,,,,,,_ _,,,,,,,,,
/      _ \  i    /'"  !;;''' 'ニ_ _:''ヽ
       \_ヽ /| ,_,,,ノ     ノo_ フ:::: '    これが「プロレタリア独裁」で、
   ,ー‐、   | ヽ| ! 、                彼らの指導によって社会主義が実現するッッ!!
.__     ヽ  |/ .| ノv、
   :''-、   i ト__ノ| }ト, ヽ                
   ノゝ  | ヽ 、 ト ヒ _ニ=‐‐ ′     /::
トーゝ  |、__ト-′.. ノ ー‐          ,/::
 ニ_'ー´  .    !      _ _,.,,.... -・';/::::










| |                   _,. -―- .、
| |                  /: : :::::: : : : : : : :.`丶
| |                / ::::::::::::: : : : : : : : : : : : \
| l               /:::::::::::::::; :' :/: : : : : : : : : : :'
| |.           ー‐ァ:::::::::::::::/:/:::::/; ' : : :/: : i: : ',
| |           i:::::::::::::::/:/:::::::/:::/::::///::::,'::!:!:',
| |           |'|::::::::::/:/:::::::/:_///:::,'/:::.!:!::l
| |              !:::;::::r/::::// ァ=ミ/ヾ::/,rト ノ |i}  ちなみに「独裁」はドイツ語で
| |            ハ;}::://:::/.| {:::リ/ ' ,イソ/'!/ノ    「ディクタトゥーラ(Diktatur)」だけど、
| |                 ハN:|i::::::::i| `¨   ‘,〃::/,/   この言葉も共和政ローマで強大な権限を持った
| l                 _八!|:::::i|     - ィ}}/ ′    「独裁官(ディクタトル: Dittatore)」に由来する。
| |           _/:::ヽ  !ヽ|´丶r≦::/ノ 
| └――――――/ー- 、: \ ':!ヽ\j/―――――――――――
..=============// ̄`丶\\\-―‐|lヽ========================
          |{    ヽ:::ヽヽ::Yニニ!|!ト、
           {   \  ヽ ヽヽi: : : |.|!| i
_______.( !    \.ハ::ヽ::i:.:. :|.|:l__i_ ___________
','////////////∧ .! , -‐'´ ̄`iヽヽ:iλi|.!==i、//////////__/////////
',','////////////∧.>':.,x====ヽヽヽ !|! !イフ//////,','/ヽ三`丶、./ヽ,
,','/////////////∧Y/ / ̄ マ’ ヽヽ! ヽ i//////,'/ /  `丶_{_/
,'///////////////,' ゝ--!    ヽ、 ハ::)ヽ/\//,',/ /    ///// 。








             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{\    /リ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|  けど共和政ローマの独裁官は、
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  基本的に「臨時職」にょろ。
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i ! 
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| |\ロ 、/::{ヘ、__∧ |    「独裁」の概念と意義は、
       `ヽ< | |  \|\/ヾ::彡' |   マルクスとドイツのあの人の影響で
          | |  <.\マ\ .|   |   めがっさ変わってることに留意してほしいにょろ。
          | jヽ、__\党\.  |
          レV、. /   l  l .\ヾ!
          く  /    .l  l _>
           ヽイ`丶_ ィ´ Y´
             |  | l  |
             |__| .l__|
             }__j  !__!
            └?┘ └?┘









                 / ̄ ̄\
               / _ノ    .\      _,,     その影響を受けて、後年の日本共産党は
               | ( ●) (●) |.     l;l    「(プロレタリア)独裁」に代わって
              . |   (__人__)  |  _,_,|,|_,   「(プロレタリア)執権」の語を用いており、
                |   ` ⌒´  |, ト-=y  丶     2004年以降は概念自体を使用しなくなった。
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i,
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i,
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,?    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l
 v=4⌒ヽ、 j  --,,,if   /iii|       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|








       ___
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \  「言葉変えたからって何がどう違うんだよ」
  |    (●)  (●)  | ってのは、きっと突っ込んだら負けなんだお。
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ











          ,, r一-- 、 ,,
        /´         ``ヽ、
      /'               \
     ,;'                  ヽ
.    ノ ,  i      /    ,,   / |ヽ ゙ヽ
    イ i  |   i ,'`メ //  /i  .ト ヽ ヽ
    レ| {   i   |//'´ `メ / / /|  } ト 1
     ',イ   i   r+テ=ミメイ   //'"|´/ / ハ|  ちなみに、他に古代ローマ由来の言葉としては
      `、ヽ r'メ,  {。;;;;'ソ `   ' ,rz;,y'ノi〃イ .'
       `ハヾ ヘ   i'ー''-    /。シ゚ク /'"     インペリウム(帝国=Imperial、皇帝=Emperorの語源)、
         レ',`'';  i     , `'' / /  カエサル(皇帝=Kaiser の語源)、
          ' i∧ト i,   -   ,イ{ ./   ナチス式敬礼、
.          ,y}`ヽ |ゝ, _, r '´ リ |/     ノーメンクラトゥーラ、
         ,ノ.:.:.ヽ `', {;;ヽ、.   |i   ファスケス(ファシズム=Fascismの語源)、
       ,;<、.:.:.:.:.:.:.`v'" ^,ヽミ、,
.      /,ニヾ`ヽ.:.:.:.:.:.`彡=ヾ}:||i、
..     //  ` `\\.:.:.:.ヘ  i|:||i丶
     ,' f     ヽ \\:.:.:i  i|.||i ',
    イ i      /' \ヽ.:i_,,_|:ii .{     _ ,,r'''i ┐
.    ,' ヘ      、   ハヾ',|ソ,'/i ヽ ノ,ゝ;;=、ミヾ、 i;;|
    '' ̄',      ',   i ヾ`,〃 》 ,イ、  ̄`ヽミヽヽ,i;;|
       ',  \  ',  :i _,,∨,,,_∠、 ヽ   r- ' ヾ、;;;|
       ',    ヽ、', ,ゝr'     ヽ :} 」´,n`ヽメ'ト、>











             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \     政治用語以外では
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|  ケンスス(国勢調査=Censusの語源)、
         レ!小l●    ● 从 |、i|  セクリタス(警備=Securityの語源)、
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   マンショネス(マンション=Mansion の語源)、
        ', ̄ ̄ ̄``'‐、_、,.、-―‐'―‐┐  パトロヌス(パトロン=Patron の語源)、
       ,:'ヽ、   週  |  ロ    ノヽ、   クリエンテス(クライアント=Client の語源)、
       〉 -、)  刊  .|  |   (,、- i
       ヽ -、)     |  マ   (,.、- ノ    ……などがあるにょろ。















            ____
.           / ノ '' ⌒\       
          / ( ● ) (● )\      それにしてもさっきからローマ、ローマって、
        / :::::⌒,   ゝ⌒:::::\ まさかこいつ今頃になって
        |      `ー=-'     |   塩野七生さん読んだんじゃ……、
         \  ⊂、ヽ、_∩   /
.     , -‐  ´  \  '、   ヽ  ! ` ー-、
    /  __    ヽ   ー、  \ |   ∧
.    〃 ,. --ミヽ    ヽ   \  ヽ |/ハ
   ji/    ̄` `    ヽ
.   {{      '









             ___
            / ヽ '' ノ\  
          / ( ● ) (● )\ 
        / :::::⌒ 、_ ゝ⌒:::::\    (⌒)     そう思ってるだろっ?
        |       -      |   ノ ~.レ-r┐、
        \            /  ノ_  | .| | 
.     ,-‐ ,´ ,´\      ̄     ノ` 〈 ̄ `-Lλ_レレ
    /  _  ̄フ \― 、  ,?/_|  ̄`ー‐---‐‐´
.    〃 ,. --ミ  \  \     /ヽ 









                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /_ノ '' ⌒\           i   }
 |   i         /( ● ) (● )\        {、  λ
 ト?┤.      /:::::::⌒,   ゝ⌒::::: \     ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     `ー=-'      | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\           / " \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |       図   星        │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ










          ___
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、    学のない奴ほど、昨日仕入れた知識を  
    /::::::::⌒(__人__)⌒\   得意げにひけらかすもんだお……。  
    |      |r┬-|    |  
    \       `ー'´  / 
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ   「ちなみに」「ちなみに」うるせーお。
  \ ヽ  /         ヽ /    某頭の固い百科事典なら削除対象だお。
   \_,,ノ      |、_ノ









          _____
         /       \
       i,-'´}        ヽ
      .,-' ,‐i" _ノ  ヽ、_   i  で、みんなとっくに知ってて赤っ恥、
     ./ //´l (ー) (ー)   i     よくある光景だよな……。
    .l  '- ' , l (__人___)    i
    l   ,〈,'   `⌒ ´    i  
    l   i i          ,i
    /   / iヽ,        /  
  .,、 i   .' /,‐'.l\     /l )),
  .l \  .i、 ム `‐、_` ̄ ̄´-‐'´ .ヽ
  .l   `‐-'i _.-ヽ .,-、i  i,‐、 . /  .`‐、_
  .l     .i   l l  l  l  l /     `‐、_
  .l     .l   .l/  ヽ ,'  .l/     ,  , `‐、_
 /l     .l      /‐-l  .     .,.' .,'  ,-‐`i
. i.,'     .l 、     l;;;;;;;;l  '    , '  ,.'  .,.'   .i
. /     .l  、    l;;;;;;;;l    , .'   i  ,.'    i

















       / ̄ ̄\  
      /    _ノ  \   ここで「インターミッション」だ。
      |    ( ⌒)(⌒)                   ____  
      |     (__人__)                 /       \
     |      `。⌒ソミヾ ゚            /  ⌒   ⌒ \   長すぎる映画に良くある
       |       イリ ),丿 ;    ∫    /   (⌒)   (⌒) \   「途中休憩」だお。
       )      。} )ノ。             |    ⌒(__人__)"⌒ |   
    /⌒ヽ、    ノ'゜(    ∫       \、    ` ー゚´  ,/          
___|   | \_Y´  丶  ゚      __/" \、 ; ー゚ "。  \ ∫   ∬     
| |   |    |   Y`⌒ヽ、 ; ゜  ∬   | | /  ,r'うi=ョ=ョ=ョ=と)\          
| |   |    | /゙\,ィ゙i=ョ=ョ=ョ=ョ  | | / _/ ⌒ノ\ ____ ,⊂ノ゙、ヽ  i= 
| |    |   〆   /"  \ ____ /  .| | |   ゙/~  └‐─‐‐とソ   ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  └─‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└─‐┘




後篇はこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。