「やる夫と学ぶ教科書(略)」5つの補完ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





   / ̄ ̄\
 / ノ  ⌒ \
 |  (●)(●) |  「新左翼の歴史・日本共産党篇」
. |  (__人__)  |  第5話 後篇だ。
  |   ` ⌒´  ノ      
.  |         }      
.  ヽ        }       
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \















      ?      ○   ∇ 、,、´`゙;~、  ';冫 ☆ 
          ┏  ━ゝイヽ''人∧━∧从━〆A!゚━━┓。
  ━   ┏┓  < ゝ\',<ゝ -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、へ__△│´' ゝ'┃.....   ●┃    けどマルクス曰く、「社会主義」は
  ━━ ョ .┗┛━━━━// /" `ヽ ヽ  <::::::/━━━━━.   ━┛     ゴールではないにょろ。
      ∇   ┃   レ//, '/     ヽハ  、 ヽ>   ,┃
     。冫▽ ┃< 〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i||  乙  ≧   ▽    彼はあくまで、
      ┃  Σ    レ!小l●    ● 从 |、i|| て く  ∇
        。 ┃    ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ| |┼ ァ ┨   ミo'’`    「社会主義は資本主義から共産主義への発展段階」
          , /⌒ヽ|_|ヘ   ゝ._)   j /⌒i | ;,o┃
    。、゚`。、   \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /| | レ' o。了 、    と考えていたにょろ。
           ┠ /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、_∧ |  | ;`,┃
      。冫▽┃ `ヽ< V   ヾ∨:::/ヾ:::彡'|  | レ' o     て く
       ○  ┃   `、,~´+√ ▽   ',!ヽ◇;    :て┃
           ┗〆━┷ Z,.' /┷━''o ヾo┷+\━┛,゛;
     ’、´    Σ   (⌒ゞ ,l, ’  │  。、゚`。、 o。了 、'











            ヽ.
            .〉 __  _
      , ' ´:Y^´:.:.`ヽ`ヽ`ヽ.
      /.:.::: : .:i .:.::、:.  :.  :.  ヽ
.   / ,'.:.:.: . .:.:i .:.::::i:. i:. :i:. : :: :.:ヘ
  / /.:.; ,':.,':. :.!、:.:.::ハ:ハ:.:i:.:.i:.:::.:. ..:.:、
   /.:./ .{.:.!.:.:.i{ ヽ:.::i、i__ハ:ノi:.!:. :.::.;:ヽ
    j /.:.:.:i.::!ハ人  )' >"_`ヽj:!:.: :. ト:.:}    さらにマルクスは、「プロレタリア独裁」も
  ノ/i .: .:ミメ,ニニミr={{ `''⌒゚`} !:.: ::. !从   資本主義から社会主義への過渡期に、
   ! )人.::Y ,ィT) i 、 ー‐‐ " ノ:ノ:.:::!    「一時的に」生まれる政権だと考えていた。
        ).ト゚-‐."/i^i\~゙゙ ,.'::,イ:ノ
.        从`゙゙/  | .!  \ノイノ
        /   | :!   \′
      ___| :.:. :.:./V´}  i::::.::| ____
     ,.'´::ヽ:| ::.:.::/ / /、  i:.:.:.:|´.:.:.:://`ヽ
    /.::.::::::::::!,,彡i .′'r ):ミト、:::i.:.:.:.://:::::::::i











              ミ三三三≧ニ三彡ミミミミミミ/ .:ィ{.:.:.}.:.:.:/.://.:.::/,ァ、____.:.:.: : : :: ヾ
        ー=ニ三ミミミミミ三三圭圭圭ij/,彡i{{ノ !:.!/ .:{ {{__ノノ三三三ミミヽ:.:.:
          ー=ニ三三ミニ彡三ミミミミミiij三三ii、{ .:! .::jiv亥彡''''¨´ ̄`゙`ヾハ.:.:
       ⌒ ー=三≫ニ ━┛ 三三ミミハY´⌒ヾ圭}.::i .::挂彡'.:/.:  :.:.:.:.:::::::::::}}.:.
           ´ 乂三 ━┛ 彡'三圭ハー、-‐ヾi! } .:::`゙.:.:.:::.:.: ー'ニ二ニ<``..    「資本主義社会と共産主義社会とのあいだには、
   __  ___ ⌒>=ニ≦ ━┛三彡≪/,,´´ ̄`ノj .:.::.::.:: :.:.   `ー=‐ ´ ̄`: :   前者から後者への革命的転化の時期がある。
`ヾY´⌒`ヽ'⌒\  ー=ニ三ミ 彡三三ニ} ー≠''__ノ .:.:::::ー-=、: . : . .  .:. : : : : :  この時期に照応してまた政治上の過渡期がある。
´⌒∨/ __ V´⌒ヽ.   '⌒ ┃ ┃≫三ヲ'´ ,ィ´'i´ `ヽ:.:..、__`ヾ:.:.:.:..: : : : .: : : : : : この時期の国家は、プロレタリアートの革命的独裁以外の
 r=、 ´ ̄j Y⌒{    ー‐ ┛ ┃=ニヲ'  .:.:.:::.:.Yr-‐'ヾ:.:.::)`  : : : \: : : : : :.:.彡  なにものでもありえない」
 ゝ-‐'}'⌒Yハ ヽ- ).        ┃ ノ,′.:.:::::r‐-''-:、:::::::.:.:.: : : .  : : :.:ヽ、__ノ´
`?''〔 ゝ-/ミ、`?´.:}!      ┛ i! .:.:.:.:::} >rr‐、`V::.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : ヾ{´ ̄   (カール・マルクス「ゴータ綱領批判」より)
      ̄;!三ミ二ニ=ー――-- ・ ―r――=='}}YY>‐ 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : :ji!Y´
に く   j!{{{(´.:.:::::::::{!      ・ .八 ::.::.:.:.(´´_.:_.r≦ヽ:.:.:.:.:.: : : : : .:.: ://'.:.:.:.:.:ノ
     j{{{ハ{:.:.:::::::.::ミ       ・    ヽ ::.:.彡三三三ミヽ :.::.:.:.:.:: :   /`ヾr‐ァf
     巛巛ミ:.:.:::::.:《、____  ___・ r''ハ、 \ ヽ /´⌒`ヾ、:.:乂::.:.::.::: : .::.::///.:: i !
      ミミミ三ニ:.:.::.:彡ミミミミ三ミ.:.:::ミヲ}≫{! .:.Y⌒)__ `ヽ: :.:.:. . ._...イ彡|!: : i j
       `ヾ三彡从巛巛ミミミ三ミ}}}}}}}}/从 {.:.:)ー{⌒.:.:ノ.:.:,r‐ァ‐'ア´.:. |:.:.:.:! ヽ
         `ヾ三三三三彡ijijiミ三彡':./:.:.乂______.>ァ<{:.:/.:.:/.:.:.:.:.:|.:.::!  :.:\









   / ̄ ̄\
 / ノ  ⌒ \
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |    つまり   
  |   ` ⌒´  ノ      
.  |         }      
.  ヽ        }       
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \













         / ̄ ̄ ̄フ\               _       ノ^)
       // ̄フ /   \            .//\     ./ /
      //  ∠/  ___\___  __//   \   / (___
    // ̄ ̄ ̄フ /_ .//_  //_  /      \./ (_(__)
   // ̄フ / ̄////////////         |  (_(__)    高度資本主義
 /∠_/./ ./∠///∠///∠//      ∧ ∧ /) (_(__)
∠___,,,__/ .∠__/∠__/∠__/       (´∀` ( ( (_(___)
\    \ \/ ̄ ̄ ̄フ\ \ \_ \  _   /⌒ `´  人___ソ
  \    \ \フ / ̄\ \ .//\  //\ / 人 l  彡ノ     \
   \ _  \//___\/∠_  //   < Y ヽ ヽ (.       \
    //\///_  //_  ///     人├'"    ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     (お金がたくさん貯まったよ!)
   //  //.////////∠/      ヽ-i ヽ__  ヽ
 /∠_//./∠///∠// .\\       `リノ ヽ |\  ヽ
∠____/.∠__/∠__/∠フ\.\\      c;_,;....ノ ヾノヽ__ノ
        ______
       /壱 / /万:/| 
       |≡≡|__|≡≡|彡|__ __
 / ̄//|≡≡|__|≡≡|/壱//万 :/|
/ ≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
|≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡| 
|≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
|≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|/   





                  





:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ○    ___________
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::          //\  /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       _.//  | | プロレタリア革命
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       / .//  .|. | 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       __/  //   |. | (立ちあがれプロレタリア!)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         __/      //    | \   __________
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         /        .//\   |.   ̄|/    
::::::::::::::::::::::              \       (∃i  ヽ___ |         /| 
    /|                |      //\ \   ).∧ ∧    // /9 
.   //´                |     //  \ \/(∀`  )   // (∃i  オー
   // ___     ヘ       /     ` __/ ̄\  \.〉  (_  /==o./ /⌒ヽ
.  //∧__\ _/  \      | _/ ̄ ̄     \      \. /// /――‐⊃
 //( ´A` )/. ∧__/      |/            |      | |/ // |´∀`)_
|⌒j/     ̄\( ´Д`) ̄ /9                〉    / ./ / |      \
| |      |\ /    \//                /     \E ) \    |ヽ \_
| | |     |. /    __ //i                 |   _   \.   |    | \| \
\_/|.    |.(  (  ( \ノ ノ      .∧_∧.       |   / \   \ ../  ) /  (E\.\





                  






     ∧_∧
     ( ´Д`)
    /    \
    | l    l |
    | |    | _|。_.=゜。-. :゚ : ゜。       プロレタリア独裁
    ヽ \_ .。'゚/   `。、`;゜ 。 。、`;゜
     /\_ン∩ソ\     ゚。  。 ゜   `;゜
     /  /`ー'ー'\ \      。  。”、`   ; ゜
   〈  く     / /   。、`゚ 。   ゜      。;゜    (ブルジョワを打倒したよ!)
     \ L   / /\      ゜ 。 。   ゜ 。 。、`、`
      〉 )  ( く,_  \      ゜ 。 。   ゜ 。 。、`、
     (_,ノ    `ー'   \゜ 。 。   ゜ 。 。、`、
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     "、`   ;
                 |゜        。 。   ゜ 。 。、`、
                 |`;゜ 。 。
                 |"、`   ;`;゜ 。 。
                 |
                 |  ∧_∧         ∧_∧
            ∧_∧. |  (´∀` ) ∧_∧  ( ´_ゝ`)
            ( ・∀・) ∧_∧  ) (´Д` )  (    )
               ( つ つ(∀`  ) | ⊂ ∩ )  | | |
             人  Y  (    )__) ( (  (   (__)_)
            し'(_)  | | |    (_(_)
                 (_(__)





                  





                        ∧_∧     ,,,,.-‐''"´ ノ
     ∧ ∧              ( ´Д` )    ヽ,_,,,;;/
      (. ´Д).             / ∬∬\     (Д`  )       社会主義
    /   ヽ       ∧_∧  | ┌──┐|     /    ヽ
    /  、 . |   /´ ̄(    ) ̄ ̄ヽ ._ ノ ̄ ̄\  |   ,  |
    |  | | !、 /(:::)   /     ヽ            \,!  | | |
    |  ヽ \/     l        l.            \/.ノ..|     (経済格差をなくしたよ!)
 l三l |  `ゝ |二二二二l        l 二二二二二二二二二|/  |
./?ヽ . ___| ||ヽ   |.       |  ヽ_人_ノ   /|| |___人
.|PON|...   _| ||ノ    .|      |           !、_|| |__ つ
.|オレソ.|  ̄  ̄ | ||    ヽ_○__.丿,,.-‐''"'‐-=、、、.    || | /二二二ヽ
. ̄ ̄                 ン゚l==   三>(    |(:::)すだち|
                    `'‐-=、三,_.,,.-''"





                  





        ┏┓                ┏┓         巛 ヽ.                     ┏┓      ┏┳┓
┏━━━┛┃┏┓        ┏━┛┗━┓  ┏┓ + 〒ー|    ┏┓    ┏┓┏━━┛┗┓┏┓┃┃┃
┗━┓┏━╋┛┗━┳┳┳╋━┓┏━╋━┛┗┳━|  |┳━┛┗┳━┛┗╋━┓  ┏┻┛┗┫┃┃
    ┃┃  ┗┓┏┓┃┃┃┣┓┃┃┏╋┓  +┻ +/ /┻┓  ┏┻┓  ┏┛  ┃┃┃┏━┓┃┃┃        共産主義
    ┃┃    ┃┃┗╋┻┛┃┃┃┃┃┣┛ ∧_∧/ / .┏┛┃┃┏┛┃┃┏━┛┃┣╋━┛┣╋┫
    ┗/´》〉  ┗┛  ┗━━┻┛┗┛┗┻━(´∀`_/ /  ┗━┻┛┗━┻┛┗━━┻┛┗巛 ヽ┻┻┛
  * | 〒  /⌒ヽ | 〒  ||| ,.へ´_|_ヽ  ,-r、,r/」  f  |||  ∧ ∧,.へ,    〒 ! /⌒ヽ 〒 !
     |  |  ( ´∀`)  |   人l ァ'`・ω・)〉/_ュヘ〈|7  | *   (゚∀゚ `ァ ノ +   |  | ( 个  ) |  |
 +  |  {  |   .|   {  .(__)、   ○〈_}ノ :   |  +  O    /:-一;:、 / /. |    | ./ /*
    ヽ ヽ |   .|.ヽ ヽ (___)  、 〈   く/ ヽ__,」 +    )   ミ;;★:;:;:;ミ/ /   |    |/ /
     ヽ  ヽ,, ´∀`) ヽ  ヽ ´∀`)__ノ ヽ__) /  ,ヘ   | __,, '´ ̄`ヽ__ (・ω・´/ /  (・∀・ / /   (もう国家すらなくしたよ!)
 ,.へ ■ヽ ヽ     ー、 ヽ     ー、     /  / |.  | ★((ハヾヽ,.べ, ミ三彡 f  ,-     f+
 l ァ'^▽^) i     ,rュ ', i     rュ ', |||  (   〈  .|  .|  ハ^ω^*`ァノュヘ    |  / ュヘ    |
 ヽ    ○.|    /{_〉,.へ∧ ∧{_〉  << \ ヽ .|  .|   O☆゙ _ノ_,} )   | 〈_} )   |
  |  、 〈 |    〈   l ァ';・∀・)        \ノ |_,,|   ノ´ ̄ゞ⌒'ーァ    ! |||  /    ! |||
||| l__ノ ヽ__)|   ,ヘ. ヽ  ヽ    ○ヽ  +    |__ノ|  )  `7゙(´〈`ー''´     |   /  ,ヘ  |   ガタタタン!!!!












.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::! 
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |  
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_       
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ      ……という風に発展していくと、
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´    マルクスは考えたわけ。
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '      
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、










━┓
┏┛    ⌒
・    .___ ⌒  ___   ━┓
   / ―\ / ―  \  ┏┛
 /ノ  (● X  (●)  \ヽ ・.   あれ?
| (●)  /_  (⌒  (●) /.   じゃ、社会主義者ってのは、
|   (__/      ̄ヽ__) /       その「過渡期」を目指す人なのかお?
 \  /´    ___/      何でゴールまで目指さないんだお?
   \|        \       
   /|´        |









            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)  実はマルクス主義における
          |     (__人__)   「プロレタリア独裁」や「社会主義」は、  
             |     ` ⌒´ノ   様々な異論を呼んだ。  
              |         }    
              ヽ        }     
            ヽ、.,__ __ノ     
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、    
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_ 
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::








          , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \   
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ    
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j   「共産主義者」と区別しての 
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{     「社会主義者」と呼ばれる人たちは、
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ   基本的にマルクスと意見を異にする人たち。
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\    
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/  
       r=<    V三|:::::::::| |/:/  
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ
       `、   ヽ \.>j    ハ│










            ,. -───- 、
             /'´       `ヽ、
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ
         〃 {_{`ヽ   ノ リ| l |、,i|   彼らの考え方については、
         レ!小l●    ● 从 | } i|    「日本社会党」篇などで
         ヽ|l⊃ r─ォ   ⊂⊃jノ}j|    取り上げる予定にょろ!
     r‐‐-、__|ヘ  '、_ノ   /|  ! |
     { (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  ||
      "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ||
           ヽ< | |  ヾ∨_:/ // ハ||










/ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽミミ《ii(!!!/ヽ、/ヾ彡彡'三ミミヽノヽ
|  フンッ   |iッ、ヾ!i川( メ彡ミ彡'´,==ヾ巛彡
ゝ、____ノ  `゙''‐=ミヽ/=ヽi|//彡》ミ)、ヾ、メノ
ミミミミミミミミi       ヽ ヾミツ''' ヘ彡ヽ リ/
ミミミ/ ̄ヾツ     ヽ  ヽ   )  |三キ´((ミ、_ノ
ミミ/::::::::::          \ i  |    |、 ヾヽ
ミ/:::::::  ,ァェ三ミミミャ、  ヽ .i l / ri》ミニミャ、、
゙::::::::   '     ヾミッ、,, 丿i::i i ./,ッ彡ノ‐-─、ヽヽ、
::::::::::::    ‐-、__、ヽヾミミ彡ノノ彡'_ノミミミヽ-彡ヾ、
ヽ:::::::::.    ` `‐-',‐`ゝ、゙' /-‐'´)ミミミ=-`´ヽ  ヽ
:::::i-、:::::       ̄ノ  ..:ヽ !ヽ  |  ヾミミヽ  マルクス主義の立場に立てば、
::: |:::::ヽ :::   /´/ ..:::::::_i i ::/ミ==-   社会主義というのは
:::..ヽ::::__ノ 、       ( `  )/ミヾ))
:ヽ、>´: ! i        ⌒ ''´/ミ<ハ      「プロレタリアが権力を掌握し、
:::::::ヽ:::: ヽ      ,/,二ニ'フ/!i|川  リ    生産手段を共有した(私的所有の禁止)」
::::::::::ヽ:::: )   , =ニ、_'ー-' .i'-‐┴‐-=、_
:::::::::.. ヽ、_ヽ     `ー‐,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、  政治体制を指すッッ!!
`'ヽ‐:::::  ゙ヽ、:: /ヽ、, /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
;;;;;;;;\     ヽ、;::....  ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i










         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \    生産手段を共有して、
  | / .イ '(ー) (ー) u|   私的所有を禁止するってことは……。
.   /,'才.ミ). (__人__)  / 
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ








             / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |     経済の生産物、
           (__人__)      |  個人の所有物は
            l` ⌒´    |   国家が規定するということ。
           {         |
           {       /
       _. -: ´Λ     _.へ` 、
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -?-?―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄








                 __
                 ´: : : : : : : ̄ ̄  、
             / : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
.           /   : : : : : : : : : : : :     . . .\
      、__//. /. . . . . . .    . . . . : : ! : : : : ヽ
        ̄/. : /. : : : :/ : : : : : : : : : : : \l: : : : : : :ヽ
.         l : : l : / : /. :/ : : ヽ、: : : `ヽ : !: :l: : : : : ヽ、
        l :/ l : l: : :l :∧: :ト、: lヽ、: : : :ヽ!: :l: :l: : : l  ̄
        l/!: ! : l: :/l/‐-ヽ! ヽ !  _ヽ-―!‐ !: :l: : : !  この考えはソ連の「第一次五カ年計画」などで
         ヽ! : l : ! rfチミ、  ヽ´ fr旡ミ! : ト、l : : ′   実現が目指された。これを「計画経済」という。
.           ヽ !: :l  rっソ     匕り !: : !丿/j/
.            j∧ :ト、 `¨   .      l l :l j/   一般に「計画経済」は社会主義国で実施された経済体制を指すが、
              V: :lヽ、   _     /j/!/    大日本帝国やナチス・ドイツなど全体主義国家でも採用された。
               ヽ: ! >   __.. ィ ト、〃
                ヽ!  //j     ト!/\
                 _/ :/-―――-l : : : :ヽ、__    なお資本主義国でも類似した政策が行われたケースがあり、
               /|::|: : : :! -―――-! : : : : : :/∧  この場合は「統制経済」と呼ぶ。
  _____    /! !::!: : : :! ̄  ̄ ̄/. : : : : :/://:!
  ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧   /. : : : : :/://.:::l
.   ∨                ∧ /. : : : : :/://.::::::l









          r ̄`-‐ '´ ̄ ̄< ̄,二ヽ
           シ~ /" `ヽ ヽ `'、 //
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ   「統制経済」の代表例は、
         〃 {_{`ヽ     ノリ| l │i|   アメリカの「ニューディール政策」にょろ。
         レ!小l●     ● 从 ! ,| i|
         ヽ|l⊃   .  ⊂⊃,|ノ| i|
          | ,|   、_,、_,,  ノ/',|、 i|    戦後の韓国やマレーシア、インドネシアなど
          | l`ヽ、 ゝ._) ィ-'^i?,i|    「開発独裁」と呼ばれた経済政策も、
     ゚ヽ | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | |ダンッ      「計画経済」の影響下に行われたにょろ。
    。 ゚ _(, _,) 第32代大統領( ,,)_|/ ゚
     ・/ヽ|.  F.ルーズベルト |て ─ ・。 :
    /  .ノ|________.|(  \ ゚ 









      ____
    /  ⌒  ^\        
   /  ( ●)  (●)    「独裁」というと悪いイメージしかないけどお、     
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ  そんなに幅広く取り入れられたからには
 |       |r┬-|   |  何か大きなメリットがあったのかお?
 \_/⌒ヽ  `ー'´  /     
 i'⌒゙l |   l         \__ィ?っ
 |  |. |   |       ト、_"__冫く;'三}
 |  | ( " ̄⌒ヽ、 |____`ー‐"
 |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソノノ ̄`ヽ ̄⌒ヽ.'⌒lソ
 |        l  .| y  |_ィ   |  .||
 |        |  .|.|   |  |  |   ||
 |        |   |___|  |__|  ||
 |_______.|___(__゙)__{___゙)_||









      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)   国家が経済を管理すると、
   . |     (__人__)   資本主義に見られる生産過剰、
      |     ` ⌒´ノ    つまりムダがなくなると考えられるので……
.     |         }
   .  ヽ        }
   _/⌒ヽ     ィ
 i'⌒゙l |   l`ー-一´\
 |  |. |   |       ト \
 |  | ( " ̄⌒ヽ、 |_" ̄ ̄⌒ヽ、
 |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソ,),) ̄`ヽ ̄⌒ヽ|,),)ソ
 |        l  .| y  |_ィ   |  .|
 |        |  .|.|   |  |  |   |
 |        |   |___|  |__|  |
 |_______.|___(__゙)__{___゙)_|












        ∧_∧
       ( ´Д`)  あれも欲しい!
      /    \  これも欲しい!
      | |    | |    
  |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄旦. ̄\
  `l 、\              \
   .| |\|二二二二二二二二二l
   ┘  | |と__)_)    | |
       | |           | |








                        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            //         / もっと欲しい!!
           ∩        <   もっともっと欲しい!!
           | |          \_________
           | |  ∧_∧    ∬∬
           ヽ\( ´Д` )   ____
            \    \   \_/
            /    /ヽ ヽ_//
           /    /  \__/
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
       |  愛媛みかん |/








                   _ _     .'  , .. ∧_∧
          ∧  _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '     (    )
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ /
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/



         / (    ∩ . /  /
        /   \_/ /__/
           /  / / .   | |
              / /    | |
  .        / / /∧   ./ /
            / /´Д`)/ /
          / |      /
            |    /
            |   /⌒l              |    |
             ヽ   | / | |    |    | |
           / | ゙ー'| L |     | | || | | |  |
        /     |  /(_  ヽ|  |  |∧_∧  |     必要なだけ持ってけ!
           /ノ /   || | / ⌒( ´Д`)ヽ |     
         / / ノ     | |/  ノ ___) ノ ||  |  贅沢は敵だ!!
       /  / /     | /  ノゝ/   *~\ |   |  
          / ./       (  ヽ/       \||   |  | | |
     /   ( ヽ       /ヽ/   /  ,ヽ   ヽ |   ||  || |  |
                | |_/ /    |目  目\  \ | ||  || | |
               | / __/     /     ヽ \  ヽ?───⌒\_|  て
           ⊂二二二二/    ノ_(   )二\________つ (
                 / ̄ ) /     ̄ ̄ ̄                へ
                 / / //                       へ
              < |  ∧ |' 7
              )  ( '   |  >
             <   Uし(__)  て
              へ      へ
                 V  V











                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|   
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l    
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!      
      |         }/  .::::::::::::::::::::/        
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/         
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/          
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/    人は「欲しいものを労働に応じて」        
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|      受け取ることができる。      
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i 経済的な平等が実現したわけだ。
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''








               ____
    , ヘー‐- 、    /ヽ  / \
  -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ  なるほど、贅沢はできない代わりに
 ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ   貧困に喘ぐこともなくなるおね!
  //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |  これはこれで一理ある思想だお!!
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /
/    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、
\___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \








         |   
    / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   
   |    ( ●)(●).   つまり「社会主義」とは、
.   |  ::::::⌒(__人__)  経済的平等のための
   |     ` ⌒´ノ  「政治」体制を指すわけだ。
.   |         }.    。
.   ヽ        }    /
    ヽ     ノ   ./
     / lヽ介/lヽ、 ,rE)
.     | | ~ヾ/~ |. ソ◇'
    | |  ゚|  |\/____E[]ヨ___________
  _ | |  ゚|  |__
  |\  ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ \
  |\\  ⌒  ⌒ 甘 \
  |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|










               _. -?- ._
.         ,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:\
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:トゝ
.   |:.:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N
.   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|
    V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!  ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ   まぁ「労働以上に欲しいもの」が
      リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ     ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′   一切手に入らなくなる悪平等でもあって、
        ヽN:.:.:.:| ー‐'     ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ   それが社会主義経済が疲弊した
        l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′   最大の理由なんだけど……。
           \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧









     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 
  / /" `ヽ ヽ  \ 
 //, '/     ヽハ  、 ヽ  
〃 {_{. -‐'' `‐- リ| l.│ i|    また「開発独裁」政策は
レ!小l.-- ,  ,.-‐‐,从 |、i|    「全員いっぺんに金持ちにするのは無理だから
 ヽ|l`‐-‐'  `‐-‐'.| .|ノ│   俺の地元から先に発展させる。他の地域は黙ってろ」
  |ヘ.  r‐-、 |||! j  | , |    というめがっさ強引な政策なので、
  | /⌒l`ニ`, イァト |/ |      汚職と不満の坩堝と化したにょろ。
  | /  /::|三/:://  ヽ |      決して経済的平等を意図した政策ではないにょろ。
  | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |








       ____
     /       \
    /   ─   ― ヽ    うっ……、
  /    ( ○)  ( ○)'   しかも「労働に応じて」ってことは、
  |   u    (__人__)   |   やっぱり労働内容に応じた
  \       ` ⌒´  ,/    収入格差があるんじゃないかお?
  /      ー‐   ヽ









             / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  | だから「過渡期」なんだよ。
           (__人__)      | 全ての国民が求めるものを
            l` ⌒´    | 全て手に入れるほどには、
           {         |  まだ経済力が強くない。
           {       /
       _. -: ´Λ     _.へ` 、
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -?-?―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄








         _,,.-‐''"       ``丶、.
          //             "'- 、  \
      / /          、      、    \
.     /   /   /  l     l   l   ヽヽ   ':,
     /  / / l   |      l   l    l ヽ  ∧
.    ,'.     l   l   |      l  ∧ |V |  ':,  ∧
.    l      l  ∧. |ヽ   / l孑七 ナキ|- 、 l     \
.     l.   l  l / ,ゝ十'''ヽ /  リ  レ'  リ l  l   l  l\
    l    l  l, '|       ∨     , -=ミヾ. ノ li  l\l
    l    l  ハ l _,-==-、       ヤ::;;;;::d }/  lハ l   
   /   l   ハ|イ',:::;;;;:c}  i  |  ヤ:':':ソ ,' |  l ソ
   //l |`i.  ハ ヽ又:':'J  ├‐弋  `´ _ ノ  l   そこで「働かざるもの食うべからず」
      リ  `|.  ハ  `´   ノ    ̄ ̄  /  /   とでも言うような、労働を奨励して
        ':,  ':,`'ー一''"   __,,.    / | /  増産に励む考えが生まれたわけ。
         ':,   ', ヽ         イ  | /
          \ |   ≧ー  - イ |\___
        ,,..――‐''" ヽ|      Lヽ;,;,;,;,;,;,;,;,;| | -、
         /\;,;,;,ヽヽ;,;,;,;,;ヽ   ____|______|_| l \
.       /;:;:;:;:;:;\;,;,ヽヽ;,;,;,;,ヽ |ll| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |;:;:;:\
.        l;:;:ヽ;:;:;:;:;:;',;,;,ヽヽ;,;,;,;,;,;',|ll|              | l;:;:;:;:;:/
.        l;:;:;:;:ヽ;:;:;:;:;',;,;,;ヽヽ;,;,;,;,;,|ll|              |/;:;:;:;:/
.        l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:',;,;,;,;', ',;,;,, -|ll|              |;:;:;:;:;:',
        l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:',;,;,;,;/ |""二二二)  (二二二 \;l
        l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;',/;:;:;:;:l   ―――,   '―――   ト、
      ,';:;:;:;:;:ヽ;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;:l  二二二)    (二二二   l;:;:',
      l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;:;:;:l.7|ll|              |ヽ ,';:;:;:l
        l;:;:;:;:;:;:;:;/;:;:;i;:;:;:;:;:;:;:;', |ll|_______|   ,';:;:;:;ト、
       l;:;:/ ̄;:;:;:;:;:;ヽ;:;:;_人ノ  l   l /// ハ_ノ;:;:;:;:;:l;:;',










      , '´ ̄ ̄` ー-、
     /   〃" `ヽ、 \
    / /  ハ/     \ハヘ_______
    |i │ l |リ'´    `ヽ}_}ハ.         /|   ソ連は「プロパガンダ」を国策として行った
.  /.|i | 从 ⌒    ⌒l小N         ./  |    最初の国家にょろ。ポスターや映画などを通し、
./  .|i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ       /    |  映像と文字で国民の労働意欲や戦意の向上に努めたにょろ。
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|      |
|                              |      |  
|                              |      | これらの作品は現在でも高い評価を受けていて、
|          スモチ風呂           |      |  今もコレクターが少なくないにょろ。
|                              |    ./
|                              |  ./  ポスターの例
|_______________|/











         / ̄ ̄\
       /  .― / \ 
       |  ( ●)(●) |   ソ連映画はセルゲイ・エイゼンシュテイン監督
.       |    (__人__) |  「戦艦ポチョムキン」(1925)を筆頭に、
        |    ` ⌒´ ノ    国際的な評価の高い優れた作品が多い。
.        ∧       .}  
      /\ヽ     /      プロパガンダの是非はさておき、
    ,r―''''''ヽ, \__,ノヽ    観て損する作品じゃないぞ。
 ,r‐' ,、;-‐''''""''ヾ、、,     l
/ ./     r''"ヽ, \,     l`ヽ、
j l ,. /    '    l   ヽ、 ト,   ヽ
.Lj∠、'´   , i,    /     `ヾ、`'ヽゝ
,      / 二'''"    ,;、,     `''ー゙--、
゙ヽ-ッ-‐'´ ./`ト-:rイ「´ ゙l;:`''ト-、,_ ノ'i,








        ____
      /     \
    /    ;   _ノ′
   /     ∪ :::(●       けどそんなに一生懸命働いて、
   |         "`(__)  ちゃんと見返りはあるのかお?
   \、          /´ヽ      資本主義みたいに搾取はされねーのかお?
     )       ィ ("_ノ   
      / /⌒ヽ    ヽ ) |    
      i l   |     |  |
      | |   |      |-‐'










       , '´ ̄ ̄` ー-、
     /   〃" `ヽ、 \
    / /  ハ/     \ハヘ       社会主義の建前としては
    |i │ l |リノ    `ヽ}_}ハ   働けばちゃんとそれに応じた報酬がある、
    |i | 从 ●    ●l小N    という点がプロレタリアを弾圧する
    |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ ●二=?   資本主義社会とは違う、ということになるにょろ。
    | i⌒ヽ j  (_.ノ   ノi|__/⌒i||
    | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ /||
    | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ. ||
    | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''  ||









   / ̄ ̄\
 / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、
 |  ( ●)( /  .\` 、   . // /  
. |  (__人/     \ヽ、,.// ../    まぁ社会主義実現の方法として 
  |. u  ` /       ``77   /   「二段階革命論」と
.  ヽ   /          / /   /    「一段階革命論」との
   ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./    論争が巻き起こることになるんだが、
   /./     r-、 ヽ ∨,ノ /       それはまたおいおい解説しよう。  
   |. \   〈\.\,〉 `,  f
    | . \  (ヽ ヽ `..   |    
    |    .\ \      ノ













                   ______
                   |  (\)/
                   ( ´Д`)   3.共産主義の実現
            (っ)    ,,,,l ` γ l,,,,,
             \ \/~~.... |。  ~~ヽ
               \,,/ |   |。田}}\ \
              _    |   |。  |  ゝつ
             |\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
             |  \               \
             |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|











   / ̄ ̄\
 / ノ  ⌒ \
 |  (●)(●) |   プロレタリア独裁によって
. |  (__人__)  |  経済の平等を獲得した後は、    
  |   ` ⌒´  ノ   その後も計画経済によって    
.  |         }   国力の増強が続くことになる。   
.  ヽ        }       
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \









    _/                 \ 
ー=ニ ァ    /   /, /   、   `ヽ.  \
   / ,   〃 /  /' │   :lヽ    ハ   \
  / /  // /  /  │   :| !    i|  l   ヽ 
 / イ   l | │ j  ∧     l |\  i| │   \  
 l/ |   | l ∧ ハ  l  '.   ハ j  ヽ i| │   } ̄ 
││  l|│ナ下/-ヽ |  ヾ /_ム'― 弋| │  ! j
 j. │  |i V ,ィテ圷、ヽ   ∨ ィチ示k l:  ト  ?     これが社会主義国家全体に
   ヽ  |  ハ` Vf:::::i}       Vf:::::i} Y|  ム N   行き渡ると、やがて人は
    ヽ |ヘ i l  ゝー'       `ー'' ハ! ,) }i|
      `l ヽム        '         /:/ ルイN     「欲しいものを欲しいだけ」
       ',   |ヘ、     ‐       ィ' / / il
      ヽ lヽ >,、       イ/7 /          受け取ることができる。
      \! V厶|>ー <レ_'/ //
          >'´/ノ       L、ヽ
       j-'   | ____   |  \
     ノ¨´     |´  _`ー<|    \









        ∧_∧
       ( ´Д`)  あれも欲しい!
      /    \  これも欲しい!
      | |    | |    
  |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄旦. ̄\
  `l 、\              \
   .| |\|二二二二二二二二二l
   ┘  | |と__)_)    | |
       | |           | |








                        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            //         / もっと欲しい!!
           ∩        <   もっともっと欲しい!!
           | |          \_________
           | |  ∧_∧    ∬∬
           ヽ\( ´Д` )   ____
            \    \   \_/
            /    /ヽ ヽ_//
           /    /  \__/
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
       |  愛媛みかん |/









        ______
       /壱 / /万:/| 
       |≡≡|__|≡≡|彡|____
 / ̄//|≡≡|__|≡≡|/壱//万 :/|
/ ≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
|≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡| 
|≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
|≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|/    

        ______
       /壱 / /万:/| 
       |≡≡|__|≡≡|彡|____
 / ̄//|≡≡|__|≡≡|/壱//万 :/|
/ ≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
|≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡| 
|≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
|≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|/  


        ______
       /壱 / /万:/| 
       |≡≡|__|≡≡|彡|____
 / ̄//|≡≡|__|≡≡|/壱//万 :/|
/ ≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
|≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡| 
|≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
|≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|/  








        ┏┓                ┏┓         巛 ヽ.                     ┏┓      ┏┳┓
┏━━━┛┃┏┓        ┏━┛┗━┓  ┏┓ + 〒ー|    ┏┓    ┏┓┏━━┛┗┓┏┓┃┃┃
┗━┓┏━╋┛┗━┳┳┳╋━┓┏━╋━┛┗┳━|  |┳━┛┗┳━┛┗╋━┓  ┏┻┛┗┫┃┃
    ┃┃  ┗┓┏┓┃┃┃┣┓┃┃┏╋┓  +┻ +/ /┻┓  ┏┻┓  ┏┛  ┃┃┃┏━┓┃┃┃
    ┃┃    ┃┃┗╋┻┛┃┃┃┃┃┣┛ ∧_∧/ / .┏┛┃┃┏┛┃┃┏━┛┃┣╋━┛┣╋┫
    ┗/´》〉  ┗┛  ┗━━┻┛┗┛┗┻━(´∀`_/ /  ┗━┻┛┗━┻┛┗━━┻┛┗巛 ヽ┻┻┛
  * | 〒  /⌒ヽ | 〒  ||| ,.へ´_|_ヽ  ,-r、,r/」  f  |||  ∧ ∧,.へ,    〒 ! /⌒ヽ 〒 !
     |  |  ( ´∀`)  |   人l ァ'`・ω・)〉/_ュヘ〈|7  | *   (゚∀゚ `ァ ノ +   |  | ( 个  ) |  |
 +  |  {  |   .|   {  .(__)、   ○〈_}ノ :   |  +  O    /:-一;:、 / /. |    | ./ /*
    ヽ ヽ |   .|.ヽ ヽ (___)  、 〈   く/ ヽ__,」 +    )   ミ;;★:;:;:;ミ/ /   |    |/ /
     ヽ  ヽ,, ´∀`) ヽ  ヽ ´∀`)__ノ ヽ__) /  ,ヘ   | __,, '´ ̄`ヽ__ (・ω・´/ /  (・∀・ / /
 ,.へ ■ヽ ヽ     ー、 ヽ     ー、     /  / |.  | ★((ハヾヽ,.べ, ミ三彡 f  ,-     f+
 l ァ'^▽^) i     ,rュ ', i     rュ ', |||  (   〈  .|  .|  ハ^ω^*`ァノュヘ    |  / ュヘ    |
 ヽ    ○.|    /{_〉,.へ∧ ∧{_〉  << \ ヽ .|  .|   O☆゙ _ノ_,} )   | 〈_} )   |
  |  、 〈 |    〈   l ァ';・∀・)        \ノ |_,,|   ノ´ ̄ゞ⌒'ーァ    ! |||  /    ! |||
||| l__ノ ヽ__)|   ,ヘ. ヽ  ヽ    ○ヽ  +    |__ノ|  )  `7゙(´〈`ー''´     |   /  ,ヘ  |   ガタタタン!!!!











            ./⌒丶
           / ヽ  ヽ          ,,        
         ( ヽ  ヽ ヽ       /.ヽ    ノ⌒  
        ( ヽ  ヽ  ヽヽ      人   ( >   ノ ノ⌒ 
       ( ヽ  ヽ  ヽ ヽ..      ││      ノ ノ ノヽ        
      ( ヽ   ヽ  ヽ ヽl⌒l.ヽ     ││     ノノ ノ ノ ヽ   
     ( 、ヽ ヽ  ヽ ヽ | |ヽ     ││    ノ ノ ノ ノ ヽ 
     ( 、、ヽ 、ヽ  ヽ│ │ ヽ    ││    (⌒.)ノ ノ ノ ヽ    誰かに金を貸してた気がする!!
     ( 、、 、 、、ヽ .│ │ヽヽ   ノ  ヽ   ノ│ │ノ ノ ノ 丶 
     ( 、、、、、、、、、、\ \ヽ/Λ_Λ.\ノ/ / ノ ノ ノ )    そんなことはもうどうでもいいのだ!!
     (............ \ \( ´Д`) / /ノ ノ ノ ノ  ) 
     ( , , , , , , , , , , ,ヽ      ⌒ /ノ ノ ノ ノ   )  
      (, , , , , , , ・ ・ ・ ・  ノ       イ、ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ)  
      ( , , , , , , ・ ・ ・ ・/     /ヽ丶 ヽ ヽヽヽヽヽ )   
       ( , , , , , , ・ ・・/  / \ \ヽ ヽ  ヽ  ヽ 丿
        ( , , , , ,  ・ /  ん、  \ \ヽ ヽ   ヽ ノ
         (  , , ,  /(__ (    >  )ヽ ヽ ノ         
          (, ,  /     `し'  /  / \/          
           \/         ( ̄ /                
                     彡 )  |                 
                        \_つ  










                   _ ,. '´ ̄ ̄ ̄ ̄ `  、
                     ̄              ヽ
              /    /"  ` ヽ    ヽ     \
             /    /      ヽ         \
             / /  , /         ヽ  ハ       ヽ
               / / ,  /               ノ !    ヽ   ゙
           / /  「 「 /        `ヽ、 l| i  1  |   |
            '   { __{_ノ__         ,__` ノ |  l   !    !
          | ! l ! 、 !.f;;;;;;゙i       .f:;;;;;;゙i  i、ト    |   i|
          レ| '"」  | ゞ- "       ゞ- " ノ ハ   !ヽ  !|  そして世界中が共産主義化されれば、
            、 | i ―、              ,.― ―、   | !  .!    もはや国家と国家が対立する必要も理由もなくなり、
            ` ! !.―'    ヽ__人__ノ   ゙ー ―'    | ノ   |   究極的には「国家」という組織が消滅するにょろ!!
      /´ ̄`ヽ    | ,ヘ      、    ヽ      i   /´ ̄`i .!
      /     ヽ_ |  ヽ     ` 、__ノ        j ./    | .|
      \   /:::::::::::|   i` 、_          /--, /     ./  l  世界はひとつ、We Are The Worldにょろ!!
       \ ,/::::::::::::::!   レ´ ,.丶 _,    ´|  / /    /   !
        /:::::::::::::/|   |   ヾ::::::::::i 二二 /:::::「,ヘ      ∧   |
         /::::::::::::/ !   !     ヾ:::::::!??/:::::::L `、 _ /  ',  |
        ` 、 / .|   |     ヾ::::', /::::::::::/ヾ::::::::::::::::::::::ノ   !
.           ` \. |   |      `゙∨:::::::::/  ヾ::::::::_彡'     !









   m n _∩           ____         ∩_ n m 
 ⊂二⌒ __)         /⌒  ⌒\        ( _⌒二⊃  
    \ \      / (>) (<) \      / /   すげーお!
      \ \   / ::::⌒(__人__)⌒:::: \   / /    ついに、ついに世界レベルの
       \ \|     |r┬-|     |/ /    平等が実現したお!!
         \ \     `ー'´     / /
          丶               /









            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)   これを実現するための組織が、
          |     (__人__)   冒頭に触れた 
             |     ` ⌒´ノ   
              |         }    「国際ソヴィエト共和国」
              ヽ        }     
            ヽ、.,__ __ノ        だ。
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、    
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_ 
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::















          ___
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、   やっとここに戻ってきたのかお。
    /::::::::⌒(__人__)⌒\  最初のテーマすっかり忘れてたお。  
    |      |r┬-|    |  
    \       `ー'´  / 
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ









          /´ヽ  /´ヽ          /ヽ. /ヽ、
           |   |  |   |_,,.-‐───--..、j  | |.  |
         |   |,ィ|   |  _,,.-‐=====‐-`ヘ、|  |
            |  |::.:;|   |/:: ,: : : : : : : : : : : : : : :`:┴-、
           |  |:/ |  .|:: :.:/: : : ;: : : : : :|:: : : : : : :ヘ ̄`
         j:| .|j |  |: :;/: : : ::|:: : : : : :|: : : : : 、:. :ヘ
         |::| |ー:|  |::i:j: : :i: ::|:: : : : : :|ヘ: : : : :|: : :ハ
        ,ノ: :| .|__,j /::|:|:-‐-:/|: : : ::;i:-j‐-:: : : :|:: : : |
       '´"γ´ `Y::. ::|{::/_|:/_ |: : :/ j:/__ ∨: : :|: : : |
         {┃┃ |:: .:|マ弐〒 j;/ オ弐テ ハ: :/:.: : :j
         { x   |:: :|、ト'ィ:;jl      ト'ィ:;j,' ハ:/:.:/ヘ/
           `ーr::-':: .:| `ー"      `ー" {::: .:/ー'´   ローマとかプロパガンダとか、
           V\:: :|           ,.ィ::;|:/     余計な話ばっかしてたから……。
              ヽ:|>ーァ‐-^-‐τ::/j;/´
              /‐-、`\,ィ ̄`}  ヘ、
              /⌒ヽ、\ \ニニj  /::}
              {:::::::::::::\\ ヽ,/ /:::.|
             |::::::::::::::::::\\   /i:::::|
             |::::::::::::|:::::::::|\ヽ/ |::::|








             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
             /:::/ ̄`\::::::::::::::\
         ////     ヽ:、:::::::::::::、  前にメールで「yarukyo先生って、話し出すと止まらないタイプでしょ?」
         ,'/:l、{―    ― |::|:::::|:::::::::l  言われたにょろ。何で知ってんの?
         レ|、l ―   ― ハl::::::|::::|::::|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃::::|::::|::::|   あと「酒呑むと楽しそうだけど鬱陶しそう」とか。やかましいにょろ。
        /⌒ヽ__|ヽ   \」    |:::::|::::|/⌒ヽ  
      \ /:::::|::::l>,、___,. イ:::::|/   /
.        /:::::/|::::| 〈::l三/::::/ |::::::ト、_∠
       `ヽ{.|::| ヽ∨:/ .|::::::|::::::::/













         |   
    / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   
   |    ( ●)(●).   つまり「共産主義」とは、
.   |  ::::::⌒(__人__)  「生産手段を共有し、経済的平等によって
   |     ` ⌒´ノ   社会悪を根絶、究極的に国家という概念すら不要となった」、
.   |         }.    。 「みんなのものをみんなで使う」
.   ヽ        }    /   「経済」体制を指す。
    ヽ     ノ   ./
     / lヽ介/lヽ、 ,rE)
.     | | ~ヾ/~ |. ソ◇'
    | |  ゚|  |\/____E[]ヨ___________
  _ | |  ゚|  |__
  |\  ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ \
  |\\  ⌒  ⌒ 甘 \
  |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|








         ____          __
       /     \     /´  ヽ   そうは言っても、政治と経済は
      /  ━    ━\    l′    l   密接不可分だお。
    /    -━- -━- \  |      |     社会主義と共産主義は全く違う世界の
    |      (__人__)    |  ヽ   /   話をしてるわけではないお。
     \      `⌒´   /  r`┬r'
    ノ           \  (_) ̄ヽ
  /´               ヽ( ̄ ̄`〈
 |    l              (´ ̄` )。










    __
   /  . \
 /._ノ三ニヽ、\ 
 |  (~)(~) .|      
. |  (__人__).. |「rー__ヽヽ      
  |   ` ⌒    |  .\  \┌ーz__ ┐7   まぁプロレタリア革命の国際化について
.  ヽ      , ィ==‐、/ / ̄ ̄乙/ /      「永続革命論(世界革命論)」と
   ヽ    ノ⌒) ∨/  / ̄ ̄/|        「一国社会主義論」との
   /   (_ ̄__/ ̄`く._ __∠ -┘」       論争が巻き起こることになるんだが、
   |     /〃 \   '"  \    -┘    それはまたおいおい解説しよう。
    |    ./¨\    \,_ ``ヾ}
     . 人''" \  、__ ` 、_/ ノノ
      〈 " \ __.ヽ ヾ、._,)'´
    /,ハ.  ヽ.  、__`ン{ 〃
   く / ∧ !、_  `'_,/










       ____
      /    \
    / _ノ iiiii \. \
   /  (○)  (○)  \    また異論かお。
   |    (__人__) u  | 
   \   ` ⌒´   /     もう何がなんだか……。
    / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
    |  \|  .i  イ |   
   |\ /   人  .\!
    |  \___/  \__/
    |        /
    |         /









                                       _, -‐  ̄ ‐=ニ=-
              / ̄ ̄ ̄\           _, -‐  ̄‐=ニ二ニ=- _, -‐  ̄
             /         ヽ        ,?'_, -‐  ̄`ー-----― '
            /         丶    _,?'_ッ'-
            |     _ノ  ( ●)  .厂
            i     ( ●)  !  .⊃
             |       (__人_) /〉   
           /∧     ,.<))/´二//⊃         ま、その異論の差を理解しないと、
         / : | ヽ  / /  '‐、二ニ⊃`         この後に世界レベルで起きる
     , -‐'´: : : : :l   丶l    ´ヽ〉: : : : \   政治論争が理解できないからな。
    /: : : : : : : : :|  /_/    __人〉|: : : : :|
   「ヾ: : : : : : : : : :l_/:_/ヽ.   /´     | : : : : :|
  〈\ : : : : : : : :,、: :/´∨/`ー'〉 |_| |: : : : :|    無理して覚えろとは言わないが。
   !: : :ミヽ: : :/ `y′.: ',ゝ、_/     l: : : : : :|
   ! ⌒ヽ: : : :.ヾ/: ://: : : :|      l: : : : : :|








          ____
        /⌒  ⌒\
      /( ー)  (ー) \   別に解説聞くだけなら構わねーお。
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  
     |     |r┬-|     |  けど、それでまた話が長くなるんだお。
     \      `ー'´     / 
      r´、___∩∩__,  /
      \__ ´人 ` _ノ
       ヽ   ̄   ̄ |
       |      /
        |   r  /
        ヽ  ヽ/
         >__ノ;:::......









           *
    / ̄|  +   / ̄ ̄\     +
    | ::|   /   ⌒   \
    | ::|x  ( へ)( へ)  |     ところで何度か触れたように、
  ,―    \  .(__人__)      |   こうした概念はマルクス主義に基づく
 | ___)  ::| . l` ⌒´    .|  ソ連型社会主義による捉え方だ。
 | ___)  ::|+{          .| 
 | ___)  ::|  {       _ |
 ヽ__)_/   ヽ、ヽ   /  )|   気にすんな。どんなに長くても、時間があれば最後まで行けるさ。
            ``ー―‐'| ..ヽ|   時間があればな。
                 ヽ ノ









            '"´ .: : : : : : : : : : :` 丶
        /: : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : \
.       / .: :.:: /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     ノ,'.::.::.: /.::.::::.::.::.:: /!.:/.::./  ::..  ヽ:. トヽ:.:  _ -, -──‐-、    「マルクス・レーニン主義によれば、資本主義を打倒して
.    .,/ :.::.:: .|.::.::.::.::://ナ、.:: ∧.i\ :i } |:.::| | /  /: : : : : : : : : \.     社会主義になっても生産力が低い段階では、 
     [ .::.::.::.|.::.::. j/仗≧ミ/  リ  !ノ l ::|. ::!/   ' ___: : : : : : : : : ヽ    理想の社会、つまり共産主義を実現することは
     Vl:.: :/^|.::.:イ.| .込_ソ    f仞゙リ.::.リ/   ./:::::::::::::, '´ ゙̄ヽ: : : : : '..  できないということになっています。 
      }:: : {i |.::.::.:l         、ー' i '´     .|::::::::::::::{:::::::::::::::}: : : : : :|   両者の区別を生活物資を例にとれば、
     ノヘ: :丶:|.::.::.|      ,-; .r‐'了       . |::.::::::::::: 、::::::::::ノ: : : : : :|    『社会主義では労働に応じて受け取り、
       . i/\;|.::.::.l、    `' |::::::|       .. ∨:::::::: '´ ̄: : : : : : : :/    共産主義では必要に応じて受けとる』
           .ヘ.::.|. ` . 、 _..<ヽ:::\__    ....\'´ : : : : : : : : : : / .    ということになります。
          ./`::|_      |∧ l::/: ̄>ヘ| ̄¨''?ー- ....、 _____, '´
         /\\ \ ___lヘ__´\/ .二\
       i´ \ \\ `、ニニl. //  -‐、∨
.      l    \ \\ \  i /{   ィヽソ










        ___
    /:::.::::::::::::::::::::::ヽ、
  ./::::::l´/::::/ ^^ ヘ、:::ヽ 
  |::::::::|:::|ィ      Vレ        社会主義では、働きに応じて必要なものを
  |::::::_|:::レー   ー リ|   ,..、    受け取るけれど、生産力が高い共産主義になれば、
  |::::fr|:::l -==   ==-ll _,ノ/`il     誰でも欲しいだけ生活物資が受け取れるようになる、
  |:::::ゞ|::| '''  r‐ァ ,ツイ´  ハ il   社会主義が高度に発展したものが共産主義という区別です。
  |:::::::::|::「`}T 云'I「{{:::{   V   この理想社会の共産主義になれば、階級対立は消滅するので、
  |:::|:::::N::{`ヾ;;ー /ノ衣√`ヾノ    階級闘争の道具である国家も消滅する、という考え方です」
  |:::|::::|::::::ハ ヽ;; ヘ'イ乍}
  |:::|::::|::Vリ'ト、´  _Yア´    (池上彰「そうだったのか! 現代史」より)
  |:::|::::|:::ルノ:.:.:ー(_uu/|
  从::::|::::/:.:.:.:li:.:.:.i:.:.|:::/
  `ヽ/:.:.:.:.:.li:.:.:.i:.:.|/









          |: : : : :.| : : : | : : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : |
           |: : : : : l.: : : :|: ! : : |: : : : : : : :|: : :|: : :/: : : : : : : :|
           |: : : : : : : : __|厶: : |_:|: : : : : 厶: /: _/_: /.: : : : : :|
          |.:.: : : :.:∨\|Vヘ: :|:∧: : : :/j/|: :/|: /∨.: : : : :|
.           |: : : \:.: l,ィ≠z>  ハ: :./ zモ示ヾ /: : : /: ,′   「社会主義」という用語は本来、
            lハ.: : : :\:ト Vfzjハ ヽ∨  Vfzjソ 彳 : : /: :/   共産主義や社会民主主義、
              丶: : : : :ヽ` ー'"          /: : : /: :/    そして無政府主義といった
           _  \ : : : ゝ     '      /: : : /j∨   多様な概念を包含する理念だったけど……
          /:::`ーくヘ: : : :> _   -    _ <: : : /:::::::ヽヘ、
     _ノ三三ニ≡=- \ :.{ \> _, </ /_j/-=≡ニ三三\
     F?≠=≡三三ニ≡= ミ`ヽ、 \_.  _/ /  -‐= ニ三三三ニ≠?|
     |l        ̄¨¨ ?ー-、ヾ\V⌒V/_,, -―? ¨¨ ̄      l|
     |l              {{ ̄ ̄ ̄ ̄}}                  l|
.    /|l                   } |      | {                 l|
.    l |l                   | |      | |                  l|ヽ








             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ    マルクス・レーニン主義の
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|   ソ連などでは、「共産主義の準備段階」として
         レ!小l●    ● 从 |、i|   捉えられることが専らだったにょろ。
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
           __|ヘ   ゝ._)   j  ,| , |___
     ( ̄ ̄/:::::| l>,、 __, イァト |< |:::::| ̄ ̄)
     ヽ /:::::/.| | ヾ:::|三/::::/ | .|  |:::::|__/
       `ヽ<| |  ヾヽ /:::/ .| | レ' ̄
          | レ   ヽV/   リ ,| |
         .| | jヽ、__<父>__,rヘΛ |
         .レV、  /   l  l  \リ
          く  /    .l  l __>
           `´ヽイ`丶 ィ´ Y´
              |   |
              ヽ---'









     / ̄ ̄\     
    /   _ノ  \   
    |    ( ≡)(≡)
 .   |     (__人__)  だが「共産主義の準備段階」という理解が 
     |     ` ⌒´ノ   広まった結果、社会主義と共産主義を   
    .l^l^ln      }   混同するケースが多くなった。
 .   ヽ   L     }
     ゝ  ノ   ノ
    /   /   \
   /   /      \
 . /    /     |ヽ、二⌒)、
  ヽ__ノ     







       _________     
      /     \   
    /   ⌒  ⌒\   
   /   ( ー)  (ー)\    確かに、普通は社会主義と共産主義の
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i  違いなんて、はっきり説明できませんお。
   ヽ、          /  
     /       _____i   
     i   丶 ヽゝ__ノっ    
     r     ヽ、__)一(_丿











      , -‐  ̄ ̄`' ‐-,,          , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
    /::::::: /´ ゛ヽ::::::::::\       /:::::/" `ヽ ヽ:::::::\
   /'::::::/ /      ヽ::: i:::ヽ     /:::::::::/     ヽ ヽ:::::::ヽ   この混同については、
  /.::::,r':从j -ー     l::: }::::: l     l:::::::{:::l ,    ー-j从:ヽ:::. ヽ  日本国内でも見られる現象にょろ。
 ,'.:::、イ :!il ´●     ヽレルi:::: |     .| ::i::ル{レ'     ●`li!: ト、::::.',  _/_
 l .::::!、| :⊂⊃    ●゛i(⌒\   /⌒)i"●    ⊂⊃: |ノ::::. l    /
 l.:::::::::| ::|l   ,__,   ⊂ヘ iy   ゙i /   yi ヘ⊃   ,__,   l|:: |:::::::::.l  //\  ────
 l.:::::::_| ::|>ィ   `´ _、ゝ,、ス\  )(  /ス、,ゝ、_ `´   ィ<|:: |_:::::::.l   /
 l.::::::_l'、.|ァ^'イーT゛ i ::::l| \>'  '</ |l:::: i "Tーイ'^ァレ'l_::::::.l
 i' ,.,r' ゙il\゙i::゙i三|::ッ'l ::::l|t,,/    \,,t|l:::: l'ヾ::|三/:://l/ ヽ、'i
 ij: | ,ミ_::::ヒi:::∨ッ  l ::::l|::|        |::|l:::: l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, | :ji  










                 _
             _,..-'⌒  ' ̄` ‐ 、
             /   / .:  ::. ::::::::..ヽ
         _,/    ハ     ::..ヽ::::::::.ヽ
         ̄フ   / { 人  ト、 :::::l:::::::::::ヘ
          | l  l  i八iゝ、 l ヽト |:::|i::ゝ
          {ハ| { i__レ__ゝ ヽj __j_Vl ::::::!::レト
        |  ノ ト{ ィfァッ    ィfテ、i::::::|/:/   このことについて日本共産党は、
   \      ヘ{ iトi. 辷ソ  .  辷ノ|::::/ヘ{   2004年5月29日付「しんぶん赤旗」において
       {ミi⌒f.}   i ト、   _   ノi::/
  ─  {ニ} o } 〉   !ト! ゝ、 .._ ,.. ィ'´ j!   「日本共産党も今後は、『社会主義』『共産主義』の
      ヽ`´ノ   _,-─ '´/   {\      二つの用語を同じ意味で使うことにし」
      | `‐´} /i ||   レニ二ニi  ` ̄/ヽ
      }:::::::lr´::::::i !!   !====!    //::|    たと述べている。
      /:::::::::ト、:::::::::i ||   i    i   //::::::i
     {::::::::::::::::〉、::i i ll   i   i  //::/:::::i
       i___,ヘ::i i ヾ  i m /  //::/:::::::::i
           i ニニニニニニニニニニニニニニi     
           i i                 .::::i::i
          i i                 .:::::::::i::i
            ! !        .....   .::::::::::::::i::i
            i i             .::::::::::::::::::::i::i
          i i          .::::::::::::::::::::::::i::i
         i L____________i::i
         `───────────‐'⌒)
                           /












         / ̄ ̄\   
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |   さて、そのような
       |  (__人__) |   「共産主義実現」のための理論的主柱が、 
          |   ` ⌒´  |   先に触れた「三位一体」となる。 
        |        }
        ヽ       }
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
     /            へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \       
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           {;;;;;;;}
            L;;;;」








     ____       ヽ v /
   /⌒  ⌒\     -(m)-
  //・\ ./・\\       ≡
/::::::⌒(__人__)⌒:::::\    つまり民主が集中するのはこれから、
|      `ー'´     |   そう言いたいわけおね。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /









    ,. -‐──────‐‐- 、
   /               ヽ
.  /                  |
.  |        ,人 __ __     |
.  ヽ        }  ( Y )     |   いやほら、真打は後から登場するからな、
   ヽ     ノ  (○)(○ )     |   こうやって前座が力入ってれば、
   /    く    \  /~   /  最後の師匠も張り切ろうってもんじゃん?
   |     \.    \__/
    |     |ヽ、二⌒)








       ____
    //   \\
   /( ●)  (●) \   前座が長すぎて、
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \   師匠の出番にはみんな寝てんじゃねーかお……。
 |     'ー三-'     |
 \              /















というわけで本日はここまでです。
「もっと短くサクサクやりゃ復活しやすいだろーよ」
ってツッコミは間に合ってます。







                        ,,r=''´::::::::::::::::::;;:''':::ヾヽ;;/ヽ;::::i,:::::::::::ヽ、
                       /''7/::::::/:::::::,ィ'´       ヽ::l、::::::::::::::`、
                        /i::::,,イ:::::::イ`~'''ヽ、      l::| .i;::::l::::ヾ゙ヽ、
         ,, -‐‐ ィ''¨''ー- -.、_    /:l::/ /l::::/:|     `、     ,;i}-キ::::l::::::l
      ,, ‐ ''::::;::ィ'´  Y     ヽ.  /::|/:/:::レ'::::|.,,ィr'=〒ェ、    '´,,_  l::::l|::::::|
      r'f.l::::::::::〈  、_,,≦、/ i  l   ヽ /::::::::l::::|:::::::|ヾ P:::::| `    "P''')ゞ |:::il|::::l
    .{::l l::::::::::::ヽ、.  __∠,,,ノ  j__,,::<゙ム;;;:::::l::::l::::::::|  loァリ_     b;;:/, /レ|::|∧
     ゝヾ、:::::::::::::.ヽ,,,,r''ヽ(,,ィ='゙テ‐--゙  ヽ!::::|::::::::|i    ̄.r- 、 _'_  ̄ /:::::|:::':::::ヽ
    ./ ヽ;;ヾ.、;;;::::::::::::::::::ィ/-、/   ::    `ヽl:::::::::ト、   l    ヽツ   ,/|::::::::l::::::::::::ヽ
   /   ,、_ヽ、,,-三三彡゙    ̄` .::::...    |::::::::::l:ィ\. ヽ、___/ /;;ィl:::::::::|::::::::::::::ヽ, ,-、_.. r-- ァ
/ ヽ、_  /  Z___   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|、::::::゙>、| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾ:::::::::::::::::∨  '‐┘ └─‐‐┐
\  >`フ        〉  .:|  ┌─────┐  |!.` /,f'ヾ ̄フ '''マ  ,/.:ト、:::::::::::/               |
  丶' /  ィ===-ァ  /~'' ー|  | | ̄ ̄ ̄ ̄ .||;|  ト, //ヾ::::ヾ`=、   ´>::::::::i \:::_`_、 /二コ  i二二二,,,,
   , 、_ ヽ,,/ |  .|/  /   |  | |  | ̄ |   |.i|   .|:ヾ.レ'| ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄\. }|__________|
  /   >  /   ヽ ー'    .|  |_|  └‐┘  | |!   |:::ヽ'└──‐┐ .┌‐ァ   ./V:::::::::r─┴────‐┐
 /  / /  x.  \.    |  |::!__r─.i_,,| .!  |::::::ヽ.    ヽi|   | く   .,イi;:::::.\ :::|  ┌┬──┐  |
/  ./,, '"  ./ ヽ  `ヽ、.  |  └────‐‐┘ ..|::::::::ヽ.   ..ノ|   | `Y''i.| ト;::::::...ヽ|  └‐┴‐─┘  |
`'' 、/ \_ /   ..ヽ、_/  |__r─────‐i__,,|:::::::::::ヽ, r',i ̄  ノ   .!.l ノ ヽ .::::i;:|__,r‐r─r─.i__,|
                     /::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:::::::::;r,,ニ彡'´. ̄i、   ..:::::l,ノ_,=ヾi:::::::li、::::l:::| |:::::i
                  /::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:l;::::::(/.::::::::::\   | `'':::::::r'゙:;:;:;:;:;:;:;l:::::::l l::::l`! l::::::l
                 /::::::::::::;:;:;:;:;:;: /.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:::::::::::::::::::::::::\ !   /,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l::::::l. l:::| ヽ,|;;_::|
                   /::::::::::::::;:;:;:;:;/.:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: ト;::::::::::i、:::::::、;;:.\ ../.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l::::::ト,l:|  ヽ∧{
                /::::::::::::::::;:;:/.:::;r‐‐‐-- 、;:;:;|ilヽ;:::.ヾ`''、::ヽ、゙ヾX:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::l:;::|lヽ、 /::/ト、
                 /:::::::::::::::;/.:::::::;:;ヽ,    ,,rヘ|l  ヽ;:.\ \゙''-(;:;゙''ー-:;:;:;:;:;:;:;:;:|:::|:;:;|!イ,,X゙:://:::;〉
               /::::::::::::::/.::::::::;:;:;:;:;/_,,,=''´~ {,,f´`ヽ、 \::.\ >、丈;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::l゙:;:;:\ニ''-'':::,,へ
              /::::::::::::/::::::::::::;:;;r'' ̄  ./`>'´    \. ヽ;::ヾ、  `个-、:;:;:;:;:;:;:;jノ.;:;:;:;:;:;:`i-'''i゙ふ .,〉
            /:::::::::/.::::::::::::;;/ ,r-、_ //    i   ヽ;;ノ\ヽ  |ヽ、{;;;;;;_:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|.  `ー''゙
           /::::::/.::::::::::::/   /   ,/     ..::l.       \.  l.  \ `i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l









     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
    / /" `ヽ ヽ  \
  //, '/     ヽハ  、 ヽ   次回のテーマは
  〃 {_{`ヽ     ノリ| l │ i|
  レ!小l⌒    ⌒ 从 |、i|    「日本共産党篇・第6話
    ヽ|l⊃ r‐‐v ⊂⊃ |ノ│    民主集中制(真)
/⌒ヽ__|ヘ  ヽ ノ   j /⌒i !     
\ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   にょろ!
  /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |  ついに民主が集中するにょろ!!
`ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |













        / ̄ ̄\   
      /    u  \      .____
      |::::::      u |   ./      \  
     . |:::::::::::     |  / ⌒   ⌒  \   内容が合わねーなら、
       |:::::::::::u:    |/  (●) (●)   \   タイトル変えりゃいいじゃねーかお。
     .  |::::::::::::::  u  } |    (__人__)     | 
     .  ヽ::::::::::::::    } \   ` ⌒´     _/ 
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――  
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)
じ、自分男ッスから約束は守るッス……。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。