「やる夫と学ぶ教科書(略)」5つの補完ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





                 ◯                  ____/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 //           ____/                  \___
                // |\_____/                             /
                // │                                      /
               // │                                    (
               //  │                                       )
              //  │   「やる夫と学ぶ教科書に載ってない新左翼の歴史」  /
              //   │                                    /
             //   /                                   /
             //   /                                   /
            //   /     「日本共産党篇・第6話                 │
            //   /         民主集中制(真)」                /
           //  /                                    /
           // /                                     (
          //<                        __/ ̄ ̄ ̄ ̄\_ \
          //  \__            ______/                ̄
         //       \________/
         //
        //  
    __ //
  γ____ヽ//
 ( ・∀・)//
 (    つ
  人  Y
 (_(__)
















   / ̄ ̄\
 / ノ  ⌒ \
 |  (●)(●) |   前回はマルクス主義における
. |  (__人__)  |  社会主義と共産主義の定義について触れたので、
  |   ` ⌒´  ノ    いよいよ共産主義を実現する具体的な
.  |         }    方法について見てみよう。  
.  ヽ        }       
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \









                  ____   前回の流れをまとめとくと
                /⌒  ⌒\     資本主義⇒プロレタリア革命⇒プロレタリア独裁
              / ( ●). (●)\   ⇒社会主義⇒共産主義、
             / ゙::::::⌒(__人__)⌒:::::\  ってのがマルクスが考えた共産主義への道だお。
             |      |r┬|     |
             \      `ー'´    /
        ____/⌒``ヽ ,,ー‐,,   "⌒ヽ____
       |____し'⌒/ .    .   /"⌒し′__|::|
       |____(        /_______|::|
        |____/⌒ ヽ、     /______|::|
        |____しイ"i  ゛`  ,,/.____  __|::|
    l二二二二二二 l |二二二二二二二二l__:|
     | |::|   | |::|  し′        | |::|  | |::|
     |_|;;|   |_|;;|            |_|;;|  |_|;;|










 -、
(  ヽ
 ヽ,_ \
 /゙i、`゙""゙ヽ           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/   `'i   ゙、       / /" `ヽ ヽ  \
l,  _/ヽ  .入      //, '/     ヽハ  、 ヽ  つまりプロレタリアが立ち上がり革命を起こす、
 ヾ、   / .ノ      〃 {_{\    /リ| l │ i|   そこから共産主義への道がめがっさどんどん
   `ー'く /.\.     レ!小l●    ● 从 |、i|   開かれることになるにょろ!!
         \\_. ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃  |ノ│
            ( __ノヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
.             \\::| l>,、 __, イァ/  / │
              /\\ | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧. |
.             `ヽ<\\  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

















       _________________ィ‐' ̄`ヽ
      |                       |::::::::::::::::ヽ
      |                       |::::::::::::::::::::\
      |   共産主義実現のための     |:::::::::::::::::::::::::\
      |                       |:::::::::::::f \::::::::}
      |                       |:::::::::::::|  ゝ::::|
      |       3つの質問          |::::::::::::::ヽ  ∨
      |                       |ー:、::::::::::ヘ
      |                       |::::::::::::::::::::::ヘ_
      |_____________________ |:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
               \::::| |:::::::::ィ !{ ハ T tーr 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
                 ` | |ー--レリル|rfiテ ヽl イテz rr----――― ' " ´
                 | |    ヾN ゞソ    ゞソ//
                 | |    >:´|、  -  ,|`:<
                 | |     |::::::::| >  イ |::::::::|
                 | |     >-、\!  !/::,-<
                 | |  /´:::::::::::::{二{}二}´::::::::ゝ-、
                 | |   l:::::,:-:::::::://::|ヽヽ::::::::::::::::::!
                 | |  /‐'´::::::::,::V:::::!::∨::::::::::::::::::|
                , ' ニ}く::/::::::::/:::::/|::::::::::::::::::::::::::|
                | ーjヽ\::::::'"::/ヾ !::::::::::::::::::::::::::|
                ヽニj }  \:/ \ |:::::::::::::::::::::::::::|
                〈:| |V     }>、___..>!:::j::::::::::::::::|:::::|
                |:!.|:\   ノ::L.. , __.!::::!::::::::::::::::!:::::|
                |:!.|::::::`ー':::/  /  |::::|:::::::::::::::::!:::::!
                 |:|_!:::::::::::::::/  /  |:::::!::::::::::::::::|::::::|
                 |::::::::::::::::::/  /   .!:::::!::::::::::::::::|::::::l
                   |::::::::::::::::/  /    !:::::|::::::::::::::::|:::::::!
                   !:::::::::::/  /    |::::::|::::::::::::::::|::::::::!









             ∩
             |~~|
      ,,,,,,,,,,,,,   |~~|
      [,,|,,,★,,|,]  | |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ( ・∀・)/ /  < Q1.革命はどうやって起こすんですか?
     /|\/|  /    \______________________
     / |~~|:~~ /
  ____|  |  |:  | __
  \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \
  ||\            \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||              ||












  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
  ||                       ||
  ||  A1.                   ||
  ||     暴 力 革 命         ||
  ||                       ||
  ||                     Λ_Λ 
  ||                   \ (゜ー゜*)
  ||_____________  ⊂⊂ |
  ∧ ∧    ∧ ∧    ∧ ∧    | ̄ ̄ ̄ ̄|
  (  ∧ ∧ (   ∧ ∧ (  ∧ ∧ |      |
?(_(  ∧ ∧ __(  ∧ ∧__(   ∧ ∧ ̄ ̄ ̄
  ?(_(  ∧ ∧_(  ∧ ∧_(   ∧ ∧  
    ?(_(   ,,)?(_(   ,,)?(_(   ,,)
      ?(___ノ  ?(___ノ   ?(___ノ











       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\     ぼ、暴力かお!!
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  / 
     /    `ー'´  く  
     i   丶 ヽ   ヽ   
     r     ヽ、__) (_丿 ガシャ   , -っ ゚
     ヽ、___   ヽ ヽ  r. ― ┐ ー ュ '
     と_____ノ_ノ   | 茶. | 。, つ o
                    ` ー‐┘‐- ´。









             / ̄ ̄\
      ...,:::´,  / ヽ、. _ノ \
     )...::::,    |  (●)(●) |   プロレタリア革命実現の手段として
     ,::::::       |  (__人__) |  暴力を用いること、すなわち「暴力革命」は、
   (:::::        |   ` ⌒´  |  マルクスとエンゲルスが1848年2月末にロンドンで公刊した
    ,´..         |        }   「共産党宣言」の末尾で、既に高らかに謳われていた。
   ∧、         ヽ       }
 γ⌒ヽ.\       ヽ、.,___ノ
 .|(●).| i\、''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
 .ゝ_ノ ^i | |::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
  |_|,-''i⊃l()::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
  [__|_|/〉l/:::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
   ([ニニ/〉::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
    |└―'_〉;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::










/ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽミミ《ii(!!!/ヽ、/ヾ彡彡'三ミミヽノヽ
|  フンッ   |iッ、ヾ!i川( メ彡ミ彡'´,==ヾ巛彡
ゝ、____ノ  `゙''‐=ミヽ/=ヽi|//彡》ミ)、ヾ、メノ
ミミミミミミミミi       ヽ ヾミツ''' ヘ彡ヽ リ/
ミミミ/ ̄ヾツ     ヽ  ヽ   )  |三キ´((ミ、_ノ
ミミ/::::::::::          \ i  |    |、 ヾヽ
ミ/:::::::  ,ァェ三ミミミャ、  ヽ .i l / ri》ミニミャ、、
゙::::::::   '     ヾミッ、,, 丿i::i i ./,ッ彡ノ‐-─、ヽヽ、
::::::::::::    ‐-、__、ヽヾミミ彡ノノ彡'_ノミミミヽ-彡ヾ、
ヽ:::::::::.    ` `‐-',‐`ゝ、゙' /-‐'´)ミミミ=-`´ヽ  ヽ
:::::i-、:::::       ̄ノ  ..:ヽ !ヽ  |  ヾミミヽ 「共産主義者は、これまでのいっさいの社会秩序を  
::: |:::::ヽ :::   /´/ ..:::::::_i i ::/ミ==-  強力的に転覆することによってのみ自己の目的が
:::..ヽ::::__ノ 、       ( `  )/ミヾ))   達成されることを公然と宣言する」
:ヽ、>´: ! i        ⌒ ''´/ミ<ハ     
:::::::ヽ:::: ヽ      ,/,二ニ'フ/!i|川  リ  (カール・マルクス/フリードリヒ・エンゲルス「共産党宣言」
::::::::::ヽ:::: )   , =ニ、_'ー-' .i'-‐┴‐-=、_    大内兵衛/向坂逸郎共訳・岩波書店版より)
:::::::::.. ヽ、_ヽ     `ー‐,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
`'ヽ‐:::::  ゙ヽ、:: /ヽ、, /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、   ※大内、向坂訳以外では太字部を通例「暴力的に」と訳します。
;;;;;;;;\     ヽ、;::....  ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i









、ヽ'ノ    、__,..-‐'  ヽ` } ''´ヘ_',彡Z//  
-ソ'   ,       -'" ̄` } i /ヽ、_`ヽ三/    暴 力 な く し て
イ!  /  ,.  _,.rニ_`ヽ   ' -' ! ,-_、,, `''!ミl
ソ  ヽ _,.ィ二ィニ-'´ィ     ヽ'='=`' (三|   解 放 の カ タ ル シ ス は
'   -‐ '"´´`"´´  _,    ` ヽ、__  ヽ三、
             ノ   ,.-'" ̄ ,.ト、 ',ミニヽ あ り え ね ェ ・ ・ ・
         _,.-‐'´   ,ィ r:-'、 イ ,ヽ ノミミ三ヽ、  ________
       /   _,-'" `   ___ ヽiミミ三ニZ7/ニ、-、ミ三キニヽ,
、      ,'  -'"     ,.-_',´..--, } i三ニキ二くヱ、ヽヾ-、ヽr⌒ /´⌒`ヽ
 `,=‐'  :  ,. ,.-‐'   , -,'-' _, -―┴,)} iミミ、ヾミヽハヽ | ヽ_  `='、
r''ヽ、   ヽ 'i ( 、_,,,.∠-‐'"     f i /ミミヾヽ,`fヽ ヽ|_ヽ、_,  ̄ヽ  )
'   r-、  ヽヽヽ    ` ?―_''  _ i./ミ三、iヾ、}iヽ-_ヽ__,
`ヽ-'、   ',  ヽ ヽ      r'      ヽ!、-―}トtrノニ-―、_,
 ,   ` ‐-' 、  ',  '    ,ィ       ',-ヽマ'´| i´` ̄`
  ;         `ー、ヽ '  r'  `‐     .イ、 `T`ヽヽ-'´











     ____
   /     \
  /  ─    ─\      何ともまぁ、
/ u  ‐=・=‐ ‐=・= \  随分と過激な意見だお……。
|       (__人__)    |  
\     ` ⌒´   ,/









    /  ̄ ̄\
  /      ノ ヽ
  |::::::     (● )   暴力革命の是非については、
.  |:::::::::::   (__人)  当時から社会主義者の間でも
   |::::::::::::::   ⌒ノ      見解が分かれていたが……
.   |:::::::::::::: u   }
.   ヽ::::::::::::::    }
    ヽ::::::::::  ノ
    /:::::::::::: く
    |::::::::::::::  |
     |:::::::::::::::| |










               _. -?- ._
.         ,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ    1917年のロシア革命で「武力によるプロレタリア革命」
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ   が実現したため、ソ連ではレーニン、スターリン、そして
  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:\  トロツキーは全て暴力革命を肯定することになる。
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:トゝ
.   |:.:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N
.   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|                       , - i…、
    V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!  ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ                   _, -‐'´ _, -'=、ハ
      リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ     ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′                 _/ _, -‐ '´ _/_ /',. ',
        ヽN:.:.:.:| ー‐'     ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ                 /_∧:=、 -‐' ´/  ;ヘ ', ヘ
        l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′                  ゝ__/_,ノ ) ,'   , ヘ '., ヘ
           \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、                  //   ̄ _,,.. '  ,   ;   ヘ ヽヘ
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧               ∠‐'´_, -‐' ´ _, - ':;  ̄`ハ   ヘ ヽヘ,
            /′ /三ミ 、///     ヽ           _, イ  / _, - '´   ,    ; ヘ,   ヘ, V
         / .′ /   `y ´      ヘ.     _. _, -‐'´ |l-‐イ‐'´     _, -'´ ̄ `i、 ヘ,   ヘ;'
        ,′|  |   /     .ィ´ ̄ , -, イ>f´|      ヽj ./   _, -'ニ´- '7二?ハ  ヘ   ;
          /  .|  |  /      ,.'´   ヒj/77i-イ   、、   _, -‐ オ ‐_'´- ´    ,    7  ヘ.  ',  ;
       ,.'   l  | ./    /      { l | 〈´\  ヽ >' ´    |‐'´        _,_   ;'    ヘ   V
.       /    '、  ! /    .イ   _, =‐'´ハヽ\_、__,>' ´      f     _, -‐'´ /    ̄l\,   ヘ, ;
     /       \l/ ィ´ ./- '´ _, ;=ニヽ 丶___/      f _, - '´    /    l  ヽ    V
   _, ‐ニ>、 ヘ  / _ヽ_, -'  _, -‐ '  / 丶三三三/     , =' '         /     l   ヽ.  ;
. _ :-' /_./__|ヽV-‐f´ 〈_, -‐i   !  /       ノ     /      _,. -‐ '‐- ,._.  !     ヽ ;
/_, -'´i 「'‐ '´ _,. ゝ- ' !l /    !         /     :/ _,  - ' ´......:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
! ! ', ヘ |_, -  / / /  |.l/    ゝ       /      ir´,  , - '´          :::::::::::::::::::::::::::::
ゝ \__、_ソ__/ /! / /   | i     丶       /       :i ┘ /              / \ ヘ::::::::::::
          i/ ./   | i      丶     ,/        \  i          /     ', ヘ












        ,、='' ̄::::::::::::::: ゙̄'''ヽ、
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::::_,_、:::::::>‐-、:::::::::::::::::::::::::::::
     /::::/~ヾ,}::::j|  。 }::::::::::::::::::::::::
    l::::/|_ ゚ ,.>ー、ゞー≠ ̄ヽ::::::::::::::
    |::/ ヾ≦ヘ,_ノヽ      \:::::
   |Y     l|         ヽ    「プロレタリア国家のブルジョア国家との交替は、
   |ノ〆    l|       ー-  |     『死滅』」によっては不可能であり、
  /| /      l|       ー-  |     通例それは暴力革命によってのみ可能である」
   l / r   」{,        ヽ  |
   l,  ヘ_ _,,>ー=、_   /         (ウラジーミル・レーニン「国家と革命」より)
    ∧   `Σ,,、-‐─゙ゝ=´    /
     ヘ   ===一       ノ
      ∧
       \≧≡=ニー   ノ











 \ | ̄|□□ | ̄|□□ |____ | /
 / |  |_ | ̄   ̄ ̄| ┌┐// \
 \ |  _|  ̄|  | ̄| |  | | ̄ /
 / |_|    |_| |_| ノ /   \  「プロレタリアートの独裁はブルジョア民主主義に基づいて
  ̄/    , ────-  ̄ _| ̄    生まれるものではなく、ブルジョアジーを打倒した後
    ̄  //V:V:V:V:V:V\,       ブルジョア民主主義を破壊する過程で、地主や資本家の財産を収奪する過程で、
   )   ||::::::::::\:/:::::::::||   (    基本的な生産用具と生産手段を社会化する過程で、
    )  ||::::(×):'':(☆)::::||  ( (   プロレタリアートの暴力革命の過程で、生まれるものである。
  )三三)::::::::::(二二)::::::::::(三三 (   プロレタリアートの独裁は、ブルジョアジーに対する
   ) _ /::/ヽ/::::::\/ヽ::ヽ_ (    暴力に立脚する革命的権力である」
  / |:::::|//|\:/|\\|::::| \
 /   ヽ// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\:  ヽ        (ヨシフ・スターリン「レーニン主義の基礎」より)
 |   //、\__(二 二)__//\\ |
⌒ //   `-─--─-- ′   \\⌒












\\  /_________   ヽ
     l/⌒\l l/ ⌒ヽ  |   |
      |    V       |_|   ノ
      |   ≫|≪    |  l/⌒ヽ
   (⌒ヽ#ー∧ ー#♯     |    「革命の歴史は、われわれにとってはなによりもまず、
    \ _____ /⌒ヽ _ノ     大衆が自分自身の運命を左右する領域に
        ヽ         | |      力ずくで介入する歴史である」
          |           | l
         | /⌒ヽ⌒ヽ ノ ノ    (レフ・トロツキー「ロシア革命史」より)
       ⊂二二二二二´/
            ,ー──´ノ、
          /| / \/ ヽ














            /
          //
        ///   , '´ ̄ ̄` ー(⌒\
       ///    /   〃" `ヽ、 \  ヽ
       (  (    / /  ハ/     \\\ \  そしてソ連以外の各国共産党では、
       \ \  |i │ l |リ\    /}_} ト\ヽ   この「テーゼ」を巡ってめがっさ
         \ \ |i | 从 ⑪     ⑪l小|  \ヽ   対立と混乱が巻き起こることになるにょろ??!
          \ \(| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂.ノ  .ノ  \
            \| i⌒ヽ j  (_.ノ  / /
             /            /  ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
           //  /           ̄ ̄ ̄ ̄)  )
         /  (  ⌒ ̄ ̄ ̄ヽ         ノノ/
      _/  / `ー―――、  )        ノ/
 ー=二三 __ノ        ノノ/       /
                  ノ/
                /









        ____
     /     \
    /  \  /  \      「各国共産党」ってことは、
  /  .(●) (●)∪ \    やっぱり日本共産党も……
  |     (__人__)     .|
 ..\  u. . ` ⌒´     /










         / ̄ ̄\
       /  .― / \ 
       |  ( ●)(●) |    そうだ。日本共産党は「暴力革命」を巡り、
.       |    (__人__) |  戦前戦後でそれぞれ大きな混乱を経験することになる。
        |    ` ⌒´ ノ
.        ∧       .}  
      /\ヽ     /
    ,r―''''''ヽ, \__,ノヽ
 ,r‐' ,、;-‐''''""''ヾ、、,     l
/ ./     r''"ヽ, \,     l`ヽ、
j l ,. /    '    l   ヽ、 ト,   ヽ
.Lj∠、'´   , i,    /     `ヾ、`'ヽゝ
,      / 二'''"    ,;、,     `''ー゙--、
゙ヽ-ッ-‐'´ ./`ト-:rイ「´ ゙l;:`''ト-、,_ ノ'i,










               , ‐'´            `ヽ、
              _/   /    /         \
           ー=ァ'´/ /.., ´  〃  /   ヽ:..   ::::::ヽ
           /イ/ .:/ .::/: .::/ /  .,′   ..:ハ::..  :::::::::
           〃 / .:/ .::/:: .:::/.:::l:::  ::| {:.  .::::|::::::::::::   l
            /',′.::l .:::l::.__:/ !:/{:::. .::! ::ヽ:. ::::::|::::::::::::::.....|
           | ::/:::j ::::l:::::/゙`i:ト ',:::..::::l、.:::!ヽ::...:::|:::::::::::::::::::|
           l ::{:::!ハ::::|代尓ミkハ::::::::iム七弋 :::l:::::::::::::::::::l
           ∨N':::ヽ:{' rf;;;i./` \:::{ ィテ与、:j::::,::::::j :::八
               l :::::lヽゝー'       rf;;j /リ::,' :::/:/l:!
         _ -――- _:::l         '     ''‐ ' /:::/:::/}/. リ   
       /        \.     _      /:::/:::/ノ    そして最終的に、日本共産党が
      /           ヽ.          ィ':/;イ(: 、  「暴力革命」路線(武装闘争路線)を放棄したとき……、
     , ' /           }ー‐<:::/、<〃::/ "__
.    //    _ -―-、、   /:x===、、:::ヾ,、   (チャキッ)
   /´  /       ヾ、 //!三三三}Y:::/ 〉   // ̄ ̄
   /_ノ   _______ノ//::{ 三三三!:i::{ /
 /     /         //::::ヾミ二ニソ:/|ハ
 !     〃     〉  /〉〉:::::__::` ̄::::://  ヾ、
 |     ヽ      V ///:::Yiiiiiii',:::::/〉:/^!、  又、
. }     |        レヘ!|::::::ゝ==':::://¨i i \ く \








                                        
               /.::/    `ト 、',:.::.:.. ヽ三=-           
  |\三         /.:::/      /ト y.:.i:.:::.l\三==-   それでもまだ武器を捨てようとしなかった人々が、         
  | \=       l ハ l ─     ● l  }-:.:. !::.\三三==-    日本の「新左翼」を形成することになるにょろ!!
  \.ヽ\=      l/i yi ●      ⊂⊃ l:.:.,!/.:.:.:.:.\三三===-     
    \.ヽ\.      レvl⊃    。  l  }´/:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.\三三三====-    
     \`/>r- ,_   」 ヽ , ____,. イll  lヽ=:.::.::.::.:.::.::.:.\三三三三====-
       </、ヽ  ~'''TTト、 ハ,ヽ  l===l l l   ̄ ̄//- .,三三三====-
           ヽ、  .l l l ', ', \ヽ l ̄l l l   //  _)三==-
             `ー.l_l_l__', ',__ \yV/レ  〈ー'  ̄三===-










       ____
     /       \
    /   ─   ― ヽ
  /    ( ○)  ( ○)'   じゃあ「暴力革命」思想は、
  |   u    (__人__)   |   だいぶん後の時代まで影響を与えたんだおね……。
  \       ` ⌒´  ,/
  /      ー‐   ヽ










                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ
.   l              l 弋心 l   まさにその通り。
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r' 
   l                  ノ'  この「暴力革命」思想は、マルクス主義の理論的根幹として
   !                     /   ある人からは賞賛を、ある人からは批判を受けながら
   ,'                   /    脈々と受け継がれていくことになる。
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ 










         ____
        /ノ  ⌒\
      /(● ) (● )\     なるほどだお……。
     /   (__人__) u  \ 
      |    ` ⌒´      |  まぁ理論の話なのでここではその是非は置いといて、
      \           /      とりあえず暴力で革命に成功したら、その後はどうなるんだお?
        /         \_    
       |            ) .|
.     |  |         /  /  |
       |   |       /  / |  |
       |  |      /  /  |  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |  |
     (___ノ-'-('___)_ノ_|
   /              /












     / ̄ ̄\     
   / ⌒   ⌒\    
   | (⌒) (⌒) |   
   |   (__人__) |  そこで第2の質問だ。
   |   `i  i´  |
   |   . `⌒   }  
   ヽ       }   
    ヽ     ノ    
   /      ヽ   
  /         ヽ
  /  /      }  |
 .|  .{.      .|  |
 .|  .|.      .|  |












             ∩
             |~~|
      ,,,,,,,,,,,,,   |~~|
      [,,|,,,★,,|,]  | |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ( ・∀・)/ /  < Q2.革命の後はどうやって政権維持するんですか?
     /|\/|  /    \______________________
     / |~~|:~~ /
  ____|  |  |:  | __
  \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \
  ||\            \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||              ||









  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
  ||                       ||
  ||  A2.                   ||
  ||   プ ロ レ タ リ ア 独 裁  ||
  ||                       ||
  ||                     Λ_Λ 
  ||                   \ (゜ー゜*)
  ||_____________  ⊂⊂ |
  ∧ ∧    ∧ ∧    ∧ ∧    | ̄ ̄ ̄ ̄|
  (  ∧ ∧ (   ∧ ∧ (  ∧ ∧ |      |
?(_(  ∧ ∧ __(  ∧ ∧__(   ∧ ∧ ̄ ̄ ̄
  ?(_(  ∧ ∧_(  ∧ ∧_(   ∧ ∧  
    ?(_(   ,,)?(_(   ,,)?(_(   ,,)
      ?(___ノ  ?(___ノ   ?(___ノ











      ( ト、ト^  .:.  □□  .:.:从. _ .:.:从ト、イ
    (  )ノミ. く\/ >  .....::、(::.  | |_     ′.ノ
  `ヽミ/| ミ::.  >  く   ..:ミVノ:.:. 匚 / ´ ̄\ .:({ノ
  ⌒メ、| {三  // > .〕  .:.:.{ {::..  / / ̄ヽ } Ooo
   (ト、乂::. く/ // xヘ .::}ノ.:. / |   / /   .:.ノ!
=≡ヽミト、:.:.:.   { (_/ / ノ/{:.. VL」   く/ .:}レ彡イ
≦三三ミヽ三ヽ `─‐ ´ /// |ノ彡.:.. . . :.:.. .:,ィ彡'彡' ./{⌒
≧≦三弋.三三ミ/ ̄ ̄`ヽ廴{_ノイ´ ̄ ̄`Y彡イ三三彡イ/
`ヽミヽ三ミヽミミ| ,x┐ 、ヽ      ト、_ .{彡彡'≦三彡イ
三ミ/ 爪〈ヽミミノ≦-、\ ) }  // /,.-≧.Yノ)三≧辷ノノ
三./ /j .))爪 / ´    \\!  .{//   八 |彡イ彡三≡=  せっかくプロレタリアが革命を起こしても、
⌒∨/ミ三ヾ| 、__,x=ミ.\〉.| {_,/ ,x=ミ_,^ .|三 川三彡′  権力がブルジョアジーに握られたままでは
  { {.ミ三三|.   >、○」_ ヘ」Lノ l_○_.ノノ  ヒ彡イ彡'三≡   共産主義社会は構築できねェ……、
三≧、三(⌒∧   `ー'⌒ヽ /⌒ー<   .∧ ノ三彡'⌒ヽ  
ミヽ弋三.ハ. ∨\.    , r‐、  -、     /.} |彡イ川ノ
⌒ヾミ三彡{ {ヽ.ハ ./ ゝ(  )-'    / )/}_」≦彡イ⌒
  乂_ノノ >'\ヽ∧   r'⌒ こ=、   ./`ヽ/∧三彡'
     ̄フ/   `{  ',  }_[_,`ニユ]_  ′ ノ   ∧彡′
 `ー‐'´ .′   \  '⌒ー-─、__ノ^ /      |
.      |        `ヽ /´  ̄`ヽ /´     |
.     ,x|         ∧      ノ/       ト、__
_,.イ .|           `ー--‐ ´ /       ∧ \ >、_
::::::::::::| ∧       |     /       / ヽ }:::::::::::









                    从⌒゙ヽ,
                    从⌒゙ヽ,
             ,; |i 、、)iリ,._,⌒ヾ, |!
             ,; |i 、、)iリ,._,⌒ヾ, |!
               ヽミミ川彡;';、人 l!
               ヽミミ川彡;';、人 l!
              .从~彡|'光'|ミミ ,〉 k   ブルジョアジー打倒のため、
              .从~彡|'光'|ミミ ,〉 k   一時的な独裁体制が必要ッッッッッッ!!
             γ゙    ハロハ/ 〈,k_ノ    
             γ゙    ハロハ/ 〈,k_ノ    それこそが「プロレタリア独裁」だッッッッッ!!!
             (    ハ.,_,ノ~r
             (    ハ.,_,ノ~r
             )'‐-‐'l   γ´⌒゙ヽ、
             )'‐-‐'l   γ´⌒゙ヽ、
          ,、-ー''(    |!?、,il      ゝ、
          ,、-ー''(    |!?、,il      ゝ、
        γ    |!   〈   ヽ ミ、    丿
        γ    |!   〈   ヽ ミ、    丿
       ゝ (     |  ノ  _,,,..、,,ゝ、 _,.イ  /
       ゝ (     |  ノ  _,,,..、,,ゝ、 _,.イ  /
    \'´  γ゙ヽ.,_  ) ゙|! ̄    ̄~゙il γ⌒ヽ`(/
    \'´  γ゙ヽ.,_  ) ゙|! ̄    ̄~゙il γ⌒ヽ`(/
    Σ    ゝ.,__゙゙'k{  ヾ /      !、,___丿 て
    Σ    ゝ.,__゙゙'k{  ヾ /      !、,___丿 て
            > ゝ-ー'゙ <
            > ゝ-ー'゙ <








          / ̄ ̄\
        /  _ノ   \
     |  ( ●)( ●)    つまりプロレタリア革命に成功しても
        |      (__人__) いきなり共産主義社会が生まれる訳ではなく、
       |     `⌒ ´l   その過渡期に独裁制が必要だということだ。
      |         }  
      ヽ        }
       ゝ     丿  
  ____( ̄ ̄    / ̄ ̄/´ ̄/_
i⌒ゝ、  ヽ ヽ.   /    /  ⊂)  i⌒ゝ、
i;;;;;;;;;;|__ L人   ̄ ̄`´ ̄ ノ__i;;;;;;;;;;|









       ____
      /    \
    / _ノ iiiii \. \     やっと話が分かったお。
   /  (○)  (○)  \    社会主義はプロレタリア独裁、これが前に言ってた
   |    (__人__) u  |   「社会主義国に独裁者が生まれる理由」なんだお。
   \   ` ⌒´   / 
    / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
    |  \|  .i  イ |   
   |\ /   人  .\!
    |  \___/  \__/
    |        /
    |         /








            / ̄ ̄\
          /  _ノ ヽ、.\
          |  (●)(●) |   ところが、マルクス主義では
          |   (__人/,〉.|
          {   ´フ´ ./._ }   「プロレタリア独裁は民主主義」
          ヽ  ./,二ニソ} 
          _ヽ/  ,-― 、}ノ    なんだ。
         /:;:{'   ノーヘJ:;:;ヽ
        /:;:;:;:;:;|  _,イ{:;::;:;:;:;l:;:;}
      /:;:;:;:;:;:;:;:;:\_/:;:;:;::;:;i:;/\
       {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;〈:;:;:;:;:\
      ヘ:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:\:;/ヘ、
           ̄ ̄7:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:;::;ゝ、`ーj
             /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l:;:;:;:;:;:\~
         /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|ヾ:;:;:;/











         ____
       /   u \
      /  /    \\    え? 独裁が……?
    /  し (○)  (○) \   みんしゅ……主義……?
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /









                 / ̄ ̄\
               /   _ノ  .\      _,,
               | ( ●) (●) |     l;l       ここでクイズだ。
              . |   (__人__)  |  _,_,|,|_,    
                |   ` ⌒´  |, ト-=y  丶  
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l  「プロレタリアートとブルジョアジー、
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i,       今夜のご注文は数が多いのは?」
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i, 
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,    さぁ、あなたならどっち?
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,?    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l
 v=4⌒ヽ、 j  --,,,if   /iii|       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|
   ヽ, ,, i、   _,,tv   /iiiii      ム、 / /  ヽ、ヽ、_x--ー‐- 、
 __,,,l ii Yi___,lk /   }iiiiil    ヘ __,,,,,,___/    `x'"^   ,,,,,   \
     ^ ̄⌒ヽ  ヘ、  ,ノiiiii|、__,,,y,,_,,,/ ヽ、  ,/   ,,,-‐‐ `',,   ヘ,、
   ,,,_  \  ヽ  `>- liiiiiiil ?">-?  ヽ ヽ  i   i/   _,, /   } i
     "- ,,   }  / /iiiiiiil  /      l  l l   lK   ^~'  / |
        \ーヾ  /iiiiiiiil  /        i   i |   |i`'ヽーミ_/  /










                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /     そりゃもちろん、いつの時代のどんな場所でも
   /( ⌒)  (⌒)\/  /
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /   「1対6でプロレタリアが多い」お!!
  |     |r┬-|       |    
  \     ` ー'´     /
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ











         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)   そうだな。ではもう一つ。
      . |     (__人__)
        |     ` ⌒´ノ  「民主主義の基本原則って何だ?」
      .  |         }
      .  ヽ        } 
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}










      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・   え?
. | ( ●)   ⌒)   | 
. |   (__ノ ̄    /  「基本原則」かお???
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ









        _ - ───----- ,フ
      / r: : : : : : : : : : : : : . \
     ,.-′´`: : : : : : : : 、: :ヽ  . :ヽ
     /: :/: : : : : :./:   . .ヽ. :ヽ: : ヽ:ヽ
   /: : .l. . . . ..!./: :.l!: :l、: : l、: :ト:ヽ: ト. |
    j:l: : :|: l: : |:l/: :/ !: ハ: .ハ孑、ト. :!ヽ
  /:_!: : :t: l: : !l: :./-∀‐ レ  ,ィホT、!|
  .'´ .! l: : ヘ!: :l:ト/,夂〒`ヽr-{ ヒツlノ:ト  民主主義は意見を平等に持ち寄り、
.     〉!ハ: {ヽ: T-弌ニツ ノ 、 ーj´:/   その中から一番よいと思う方法を
    '´ ヽ!=ヘ ヘ   ` ´´  - .イ /   みんなで選択する政治のやり方……。
         ヽ:`T - .. _ / レ
         j \‐ - 、_!、__
         /      ヽ.jヽ     , 、
           l    _r ニ=、、 ヘ.',  __/  `ヽ、
           |  , 〃/ ̄`ヾミ.トr´r '       >- ' ¨ ´ `>、
.           ト, // /:::::::::::::::::ヽ::::Y     /      / /
        ∨/./::::::::::::::::::::::::l:::::l    /      / /
         ト、/!::::::::::::::::::::::::::l:::::ト、、/   _/、  ソ
            !::::::l::::::::::::::::::::::::::l:::::|  Y--ヘ´/::::::::}- ′










             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{\    /リ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|   その「選択」は選挙を通して行われるにょろ。
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    選挙は最大多数の意見が優先される方式にょろ。
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| |\ス 、/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  \モ\/ヾ::彡' |
          | |  <.\チ\ .|   |
          | jヽ、__\党\.  |
          レV、. /   l  l .\ヾ!
          く  /    .l  l _>
           ヽイ`丶_ ィ´ Y´
             |  | l  |
             |__| .l__|
             }__j  !__!
            └?┘ └?┘










           ,-=;,
          {__7!
          〔_ラレ          ,、_,-‐y;/ ̄ ̄\
           `y"l       rヲレへシ/ ー  ー \
           iト-ヘ、      (_;フイ | (●) (●) |    r;_/iレソ   つまり民主主義の基本原則は
            l  'ヽ      ル || | (__人__)   |     し ン′
              ヽ   ヽ     レ' ||! |  `i  i´   |   人_フ     「  多  数  決  」
             V  ヽ,    |   |.| |   .`⌒    }  _/ /
              ヽ   ヽ,  ト = }{iヽ       }/ /    だ。
               `i 、,  ヽ, }- ルハjヽ     ノ  シ´
                V   `;|   i∨  ̄~7  ン〈___/
                V丶  |   リ >,    ( <_/ ,_
                 ヾ  {   ソ レ  ン ;_ン'" ,r"                  ゝ、ゝ = 〃ソノ__/   / y'"J | \` ヽ
   rn,              rfレ`ー-=-‐''~ ̄   /`7  `、|  ヽ-'ヽ
  rJllル7       rnh;   l´ ´'リ  ,rn     / r'ン==ト、!__  V ヽ
  〉__ソ       ヾヽ``ij'l 〉 /、,ハjjj し'l mhレ'   /f" |リレ7,,m〉  |  |
  |  {   rfjn   ,;'V _ン',/ //〉r>,、__//リリ ト  〈 }'=‐' ソ 〉トii,_/  j
  .|  i _,-;ゝ_ソ  {' ' 'V V /'ハ~ ' ノヽ ヽ,;ヾ レ'⌒jー'-ン Λ'ー'~ヽ,  /
    ! V;;;ゞ''~ ̄ヽ_〉_j,;|  ヽ/レ_>' ラ';;/;-‐-{〉⌒|!    / /     〉"
   }  V       }リ レヽ  ヽ彡';,、-l ・ ・ ゜j、=ヾヽ / / `` _,‐'"
   Y´~j!_    ji!_,-' ヾ,ヽ,=''`ヽ,;;; ;,トー-‐'j リヽ,;'_>' ,/ ‐= |
   .{   `ー=''" 、、 」、|/~`ヽ,;;;:;.〉、__,,ソ 〉‐''‐、. /   彡 |
    ヾ ``_  _  〃レ' jトヽ  ''"7~~ ̄ ~^'く   リ  - =' ‐ {
     V ~^ ̄ //,├'"   V/        、、ン'k  =-‐ ''j
     }      / |     Y         〃,;'{ニ二 jニi ̄]








         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \   なるほど、そりゃそうだお。
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......












            /    ;;;;;;;;;;ヽ
           /      ;;;;;;;;;;;;;、
           | ノ   \  ;;;;;;;;;;|  じゃあやる夫、
           |( ●) (●) ;;;;;;;;;l   ブルジョアジーよりはるかに数が多い、
           | (__人__)  ;;;;;;;;il   プロレタリアが権力を独占することはどう思う?
            | ` ⌒´ ; ;;;;;;;.;;;;;ヽ
            !      ;;;;;;/i;;;;;;;;ヽ、
              \    ;;//;;;;;;;;;i;;;;;;ヽ、_
         /)     ̄ ̄;l; ;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`‐-、
    _   / :/      |;;;; /;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ヽ、
   ノヾ `‐-" l    , -‐"i  /;;;ノ;;;;;;;/;;;;;;,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ヽ,
   ノヽ      |  /  .ヽ!;;:/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;li
   l      ,  :l / ,    ;/       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
   (      ヽノ .i i;    ;l     ,,    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
   ヽ、      \l/_,-‐ 、:;|     :;\,,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
    ヽ、i      \i;;;;;:));|    ;;;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;‐、;;;;;;;;;;/
      \      \´);;|    ;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;











     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \    プロレタリアートの意見は
|       (__人__)    |   圧倒的多数の人たちの意見だから、
/     ∩ノ ⊃  /    それが優先されるのは……
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

















     ____
   /      \
  /         \  ポク……
/ U  _ノ    ヽ_  \
|     (一)|lil|(ー)  |
/     ∩ノ ⊃_) /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /














     ____
   /      \
  /         \  ポク……
/           \
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

















           ./  ⌒ヽ、               __ヾ;;;;;ヽ
         /:::      \           _,=-'''´  ヽ;;;ヽr‐'''7__,,,--ァ
        ./:::::    ,、_   ,、\ ノ  ,, 、_,=''´        _,,,/  ´   /
        l:::::::   ,....入`t‐┰イハ;;:;`´  ヾ>イ-t┰‐ァ‐イ,,,__/__ . rイ  /
        l::::i  `"'''''ヽゝー'´"      `"''ヽゝ--'=イ'''"´"´/ / / ./
        ヽヾ        ./:::   ,,    ..ヾ;;;,,       :ヽイ ./ / ロL7/7
        `ヽ       il;;、    y    ノ;;;'     ..:::;;;/ //   .//


















::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ     民主主義……だお……。
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./









                ―― 、
             / 〉 ´      \
            / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ   な?
         / //〉  ( ー) (ー )  l
          l  ´ イl   (___人___)  l   「プロレタリア独裁」は、
.        l    iYl    ` ⌒ ´   l   プロレタリアにとっては民主主義なんだ。
.       /   ハ !.!          !
.        /  /  ' ヽ           /
       l   // 、ゝ       / ヽ_
      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,?´  /   \
.     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
.     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
    / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
.  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
.  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
  /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !










        ____
     ; /ノ|||| ヽ\;
   ; /( ○)  (○)\ ;   けどそれじゃ、ブルジョアジーはどうなるんだお?
  , /::::::\(__人__)/::::: \;   「プロレタリア独裁」は、彼らにとっては
  ; |    | |r┬-| |    |,,    民主主義でも何でもねーお!?
  ′\      `ー'ォ    /´
    ./  ⌒ ̄ ̄`r:´> ) :
    (_ニニ>-‐'´/' (/ ;
    ; |     | ;
    ' \ ヽ/ / :
    , / /\\ .
    ; し’ ' `| | ;











              ____
           ./, - 、, - 、   ̄ ヽ   「これと同時に、抑圧者、搾取者、資本家に対して、
          ./-┤ 。|。  |――-、 ヽ    一連の自由の除外例をもうける。われわれは彼らを
           | ヽ`- ○- ´ /  ヽ  |   抑圧しなければならないし、彼らの反抗を
           | -   |     ―   | .|   力をもって打ち砕かねばならない。
           |  ´  |    `ヽ   |  |ヽ
  ∩      人`、 _  |    _.- ´ | .|  \   (中略)
  |  ⌒ヽ /  \  ̄ ̄ ̄     ノノ       \
  |      |´      | ̄―--―― ´ヽ     _  /⌒\     (ブルジョアジーには)自由がなく、
  \_   _/-―――.| ( T )      `l     Τ(      )  民主主義がないことは明らかである。」
       ̄       |   ̄        }     .| \_/
             | 、--―  ̄|    /         (レーニン「国家と革命」より)











        / ̄ ̄\
      / ⌒  ⌒\
      |::::::(○)(○) |    つまり「プロレタリア独裁」は、
     . |:::::::::::(__人__)|   ブルジョアジーにとっては民主主義ではない。
       |::::::::::::::` ⌒´ |
     .  |::::::::::::::    }
     .  ヽ::::::::::::::    }
        ヽ::::::::::  ノ
        /ヽ三\´
-―――――|:::::::::::::::: \-―








       ____
     /      \   
   / ─    ─ \   
  / -=・=-   -=・=- \    ひ、開き直ったお……。
  |      (__人__)  U |
  \     ` ⌒´     /











                        ガツガツガツガツ
                     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                  / /" `ヽ ヽ
                  //, '/     ヽハ  、 ヽ   そしてブルジョアジーはめがっさ巨大な資本と
                 〃 {_ ⌒    ⌒リ| l │ i|    めがっさ旺盛な権力欲に満ちている、 
                 レ!小l●    ● 从 |、i   とマルクスは考えたので……、
          .バクバクバクバクl//。、_,、_, o////  |ノ│
 _________/⌒ヽ__|ヘ /⌒l__) 。O j /⌒i |
 |\            \ /:::::| /  /__, イァ/  /
 |  \    ス.       从 l||l ///ヾ:::|三/.l||l人.∧ |
 |    \          ( ⌒ ) |  ヾ∨:::/( ⌒ )  |
 \    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\~"| .. , . , .
   \  |    チーズ   ̄ \。  .。
     \|_________|  。 ..









                 ___,,r=ー--、,,,,,__        ,、
    __ノ\   // .,、-='ミV/////彡彡彡ヽ、    / `ヽ、_
    )  エ `ヽ、.   / ミミ y// 彡彡彡 三\ ヾ<゙  エ  7
    〈   フ  /  /ミミ\///// /彡彡 ミ\ l ii   フ  _l
    ゙i,  ッ /  /彡.彡=、_川/ 彡=ー'''))-、三 三ミ) |   ッ /
     ゙i, /゙.  ,ノ彡/ )):.:.:`'''ー''゙)):.:.:.:.:.:((:.:\_彡三 ) !r''' ̄⌒    プロレタリア革命を起こしても、
      !'゙   (彡 |:.:ノヘ、゙l:.:.:l:.:((:/ ,へ、,,_)):.:゙i,三三ミヽ )i   奴らを打倒し続けなきゃならねェ……。
        / | l 彡ノi/゙\|i :.|:.:.)//゙゙゙`''ヘ、(('i=y'゙iミミ゙ヽ、
     /\  l  .l彡rt, ,,==、゙i, l:.:.:(/゙゙,,m==、_ _ノh,/ .ノミミト、_,r'''゙,r=-、
   / エ \ i  )゙i、| .( (())i,:.i:.:.:/:::::(.(())ノ`:.:.:.:.:.:lノヽ,ミミミ==''゙    そうしねぇと、またブルジョアジーが
   )  フ  > ノ((/.゙i, :.:.:.;;,,ン i i(:::::.:.Zニ,__:.:.:.:.ノ.゙i:.:.:.:iミミミヽ==、 \  立ち向かってくるからな!!
  <   ッ  / ./人川ヽ、( :.:.:/=ミー、::.:.:.:.:.:ノ,イ ,ノ:.:.:.:.゙i;;;\ミナ-、_ .゙i,
   \ _,rー'''!゙ Vハメ.|:.:.:i:>、:.:`-=r''゙゙:.:.:.:.:.:.ハ y''゙::.:.:.:.:.:.:.`i;;;;;i、ヽ
    `'   (  ゙! r'''゙i:.:.\(ノ<ニ=ニ>、__,r.:./:/:.:.:.:.:.:.:. ノ::i;;;;;;;゙l`''=、, ヽ
    _ニ   /;;ir=':.:.:.:.:.゙i,'゙ヽ-=r''゙゙゙:.:.:ノ/:.:.:.:.:.:. / :::ノ;;;;;;;/;;;;;;;;;;;゙'
      _,、-/;;;;;;;l:.:.:.l :::.:.:..゙i, :.:.:.:.:.)):.:./ /:.:.:.:.:.: :./;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;
   _、r''゙゙;;;;;;;(;;;;;;;;;;;;i:.:.:.:い:.:.:. `=ー--ー'゙:. /:.:.:.: .:./;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;











               / ̄ ̄\
              /  !、_ 八\
             (●)(● ))⌒ |   そのため暴力革命の後も、政権維持の為に
             (__人__)     |  プロレタリアは武力を持ち続ける必要がある。
.               (,`⌒ ´      |
              {         ト、_____   
              {       ..:.::::::|ヽ、   ̄`ヽ、   暴力革命とプロレタリア独裁は、  
              人     .:.:.:::::ノ:!::. :. . ..........:::=≧=‐- 、   一体となった思想なんだ。
             _/ .:ヽ :i::::::::/.: /:::':.. .:..,. ''. ::     . :.:.:`ヽ
      , --―'´;.:.、... .: .:i :i::/:  .:::..:,.‐''".    .      .:、  :.:::}
     /   . :.:.ノ:. ..\.ヽヽ:  , -‐''´ ..::: ..    :     .::l . :.:.::|
   /   . .:.:.:./:.     `ヽ、::/     .:::、:.. .. . :.  :.  .::i ...:.:∧
    |  . . .:.:.:;イ::      .:i::.       . .::`''‐-=、ヽ、.:.. . .:: .:ノ: :!
  /{::. : : .: '´.:.i::.       . :|:      . .:: :.::::::::::::/゙"ヽ、:..:.::´::..: :|
  ,' `: :...:.:.:.::.::;!::.. .    .:.:|:     . . . :: :.:.:::::::::{::. .::;'`:‐ .::.: ;!:|.
 {   :. `''''゙´|:::.:.:. : . . . .:::l::. . . . .. .. .:.::..:.:::::::::::|::. . ::i   ..:::iく ::|
  {:.:.. .:.. . .:.:::ト、:.:.. . .  . .:.:;!、::.. . . . ... .:.::..:::::::_;;.ゝ、..:|  ..:ノ :. ヾ.
 /`'''  、,,,___:ノ \::. :.....:.:ノ::..`'ー::.....;;;_;;:.-‐''....:...:::,>'=、  .::i :.::}
. {:.:. .   ___\   ` ‐-=、:::.:.. ..::r ー-=、.....:...::..::::/      . .:::! :; ::|
 !ー: . /:::___;>┐    \:.. :! ,.-―:‐、:: ,,.:‐''´    . . :__;ノ.イ.:.:|
 ';.:../:::::/´、   ̄)ヽ. _,r―‐亠- 、!::::::::::::::|「:     . . - '''´. : :丿.:/










       ____
      /    \
    / _ノ iiiii \. \    な、なるほど……。
   /  (○)  (○)  \     けど結局、それじゃどうして
   |    (__人__) u  |  社会主義=独裁、
   \   ` ⌒´   /     のイメージがつきまとうんだお?
    / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
    |  \|  .i  イ |   
   |\ /   人  .\!
    |  \___/  \__/
    |        /
    |         /








         / ̄ ̄\   
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |    そこでいよいよ、
       |  (__人__) |    第3の質問に移る。 
          |   ` ⌒´  |   
        |        }
        ヽ       }
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
     /            へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \       
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           {;;;;;;;}
            L;;;;」





















                   /:  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                 /: : : :              \
               /: : : : : :                 \     ……の前に、ここで  
              /: : : : : : : :..                \  「インターミッション」だお。
             .l : : : : : : : : _ ノ゛,, ;、、、 '⌒ゝ、      l   
             | : : : : : ::;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::    |
             .l : : : : : : : ´"''",       "''"´       l   
              \: : : : : : . . (    j    )       /
               \: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
               _ノ>'´小、    `ー―'´,),. /\イ
       _,.二ニ-‐フ´ / /!| \ ` ー --‐ , イl、 丶、ト、__
  ,r‐<´     /  '  /´ |j    ヽ、   __/ ' ハl、   ヽ  `丶、   /⌒〉
 ノハ   \   /    /   jl|  ,'  jゝィ厂   ′/l∧   \    \/   /
∧丶ヽ   V       /    /リ ;   /⌒l|   ; / / ヘ    ヽ   /   /、
l l、 、 }   ヽ     /     ハノノ  /  ∧  ,' / /   ハ     \丿   厂\
、_}/ノレー‐-、\  / 、    |/'´ / ン=c'、{ヽl  ' / /    }、     レ- '⌒ヽ__ ヽ
´ /´{    `ヽV___、>?-、 く  /7个i/ ヘ.0/ /      ハ     /   _,. イへ\ \
 ∧0 ノヽr─-、___)一´- 、/ ) ∨ / / jl   ∨/=-、  (⌒>‐イ  _∠´ /l /! \ \
 {. ハ |  {、_     ____) / /   / |    /    \ (⌒(   __`二´-‐┬' 7/l |   ハ ヽ
 ヽ、ハ   \ ̄ ̄ - '´ /i /  '  / 'l   /       ヽ\  ̄ヽ、  _, / /∧リ-?  〉 〉
、 〈 `>‐-`ニ>─<   !/     /  | /        \\,_  ̄ 丿_∠´  厂丶 / /








後篇はこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。