「やる夫と学ぶ教科書(略)」5つの補完ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





   / ̄ ̄\
 / ノ  ⌒ \
 |  (●)(●) |  「新左翼の歴史・日本共産党篇」
. |  (__人__)  |  第6話 後篇だ。
  |   ` ⌒´  ノ      
.  |         }      
.  ヽ        }       
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \
















             ∩
             |~~|
      ,,,,,,,,,,,,,   |~~|
      [,,|,,,★,,|,]  | |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ( ・∀・)/ /  < Q3.独裁後の政権はどのように運営されるの?
     /|\/|  /    \______________________
     / |~~|:~~ /
  ____|  |  |:  | __
  \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \
  ||\            \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||              ||














  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
  ||                       ||
  ||  A3.                   ||
  ||   民  主  集  中  制    ||
  ||   (Democratic Centralism)    ||
  ||                     Λ_Λ 
  ||                   \ (゜ー゜*)
  ||_____________  ⊂⊂ |
  ∧ ∧    ∧ ∧    ∧ ∧    | ̄ ̄ ̄ ̄|
  (  ∧ ∧ (   ∧ ∧ (  ∧ ∧ |      |
?(_(  ∧ ∧ __(  ∧ ∧__(   ∧ ∧ ̄ ̄ ̄
  ?(_(  ∧ ∧_(  ∧ ∧_(   ∧ ∧  
    ?(_(   ,,)?(_(   ,,)?(_(   ,,)
      ?(___ノ  ?(___ノ   ?(___ノ













       +
          .|ヽ, '´ ̄ ̄` ー-、
          .| ヽ  〃" `ヽ、 \
    __  / |  | ハ/    \ハヘ    「プロレタリア革命」と「プロレタリア独裁」で、
         |i│  | |リ      }_}ハ  ついにプロレタリアは権力を手にしたにょろ!
         |i|  | | ○   ○l小N
  __    |i|| ̄⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ
         | i⌒ヽ j   |_./   ノi|__/⌒)
         | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.
    __  | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ
         | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´
 










                      . r .‐. ―. .、 _
                        イ-‐ . . . -、_/. . .`丶、
               ー=='´.: . . . . . . . .´. .` . . .: .: .:ヽ
                 /.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .ヽ.:ヽ .: ',
               // .: .: .: // l. .l. .l . :l .:ヽヽ.: ヘ .:i .: !
                   //.!i .: .: /l | |. .ト、ト、丶.: .:ヽi: .:| :l .: |   
              |l ||.: .:彳卞、从ヽ \\ヽ、!i.: :| :i .: |
                   |トi.: .ト;rァx、ヽ`、ー七Tぇ、从 リ/.:.:从
                   |l ?}i`j:::リ   rセヌニx、ハ.://.:..:仆ヘ   ここからは実際に革命を経験した
                    |:i,,,ー'    i !:::::y'///`Y//l|   ソ連の中で生まれた考え方なので、
                    |:ト、  '  ,,, `ー' /// ノ//   「マルクス主義」ではなく
            |\_ /\__ |ノ \ `   ィr//、`ヽ、     「マルクス・レーニン主義」と呼ぶのが正しい。
           ⊂ニ?`ヽ __ゝヽ、.  `_フこブ//.. ..ヾ、ハ
        __メf‐ ,r‐ー 、ー‐、_/〆⌒ヽ.. .. .. .. .. .. ..|:l..}
       //   ゙Y.:.:.:.:.:.:.}  /´ ̄`Yハ .. .. .. .. .. ..j:ル'
      //     (.:.:.:.:.:.:.:i /.:.:.:.:.:.:.:.:.:! l:l .. .. .. .. ..ノ /
       | \     |.:.:.:.:.:.:j/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| l:|.. .. .. ..//
      | ヽ \    !.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.| l:|__/ イ  /〉
     │ 丶,.ヘ  l:.:.:/ :.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.| `ー'゙/.:/ //
   _  !__/ .. ..ヾ i ,'.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.`´ ̄.:.:.:.〈//
  /\_`ヽ|.:.:/. .. .. .. .ゝ.:.:.:.:.:.:.イ`ー.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ィ
  !  |.:.:7 !.:{. .. .. .. .. . `┐´.:.:ト、.:.:.:.:.:.:.:._:.斗匕´ /.:|
  ヽ V /.:j.:.:ヽ、_. .. .. .. ..i.:.:.:.:.:.:. ィ ´     _ .xイ.:.:.:.:j
   \ \.:.:.:.:.:ト、ゞ . .. .. >ィ´/ー一 ' ¨´:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ
     ヽ、`¨^フ `¨>Xニィ i´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,イ |
      ` ̄´  //\! lヘ :.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/│|
            //   | ト、__>----‐一 ´   │|
         .<./    │|             │|
                   │|             │|










     ____
   /      \
  /─    ─  \
/ (●)  (●)   \  じゃあレーニンは、マルクスと比べて
|    (__人__)      |  どんな新しい理論を展開したんだお?
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/













                   ____
                 /?、 ?、   `\
                 / |  ・|・  |- 、   ヽ
               // `ー●ー ′ \   ヽ   そもそも革命なんてものは、
                l  三  |   三     ヽ   l   黙ってても自然発生的に生まれるような
              .(___|___    |   l  穏健なものじゃないんだ。
               ヽ l    __ `ヽ  !   /   
               _ ヽ ヽ__(___)ノ /  /  それは世界のあらゆる国の歴史が、証明しているだろ。
              ( __)ー━━O━━━━━く     
               \ |/ ____ ヽ /⌒i )
               /⌒ゝ─- 、   ノ ノ`ーィ´
             . l  |     `ー ´   ノ、
               `ー`┬- 、____ / l
                   〉ー(____.l/
                   ヽ_ ノ  | |










 |  |  ||  |/         ヽ
 |  |  |l  /    しかもマルクスもエンゲルスも、
 |  |  |.| .i  その社会的地位を見れば、
 |  |  | | |   実はブルジョア知識人なんだよね。
ニニニニニニヽ         ,,-‐'"'''''''‐
─、,,,,,,.r─v‐-、,>、     /___
  |  |  |  |  |`ヽー、 ,--|r─ヽ`ヽi
  |  |  |  ,,|,,,--!、  ヾ |i',-、 i ヽ.|
..  | ,-!-‐┴"    i     ||ヘ   !__r┤
  |ハ           i   C`'!   /   〉ヽ
  |ヾミヽ         i i~ー' `ー '"  | ,!
  | ヾ.ミヽ        _ヾ`ー、──‐ソ
  | ヾr-ヽ       !、_ >' ̄>'"
ニニニ〉、ヽ.γ~l     ヽ, |  |_
     〉ヽ ヽ! ヽ,  _,,,,,-‐‐i `i-'  ̄T_,,,-
    l`     |‐''',,,.-<‐'"/⌒、'ニ二-、_
    ヽ     〈‐'"   `T、 /⌒ヽ、











    ヽ  l  /
        ____
     /´  / \ /ヽ\
    /   , ┤  ・|∠. |-、ヽ  そう、つまりプロレタリア革命は
.   /  /   `ー ●ー´  ヽ   僕たち「職業革命家」が指導しなきゃ、
   l  / ●三.   |   三● |   起こせないんだよ!
.   |  |  /^\___▲|▲_/ ヽ l
   l l  l          ノ ! _.
   ヽヽ `ー─━━━─´ /( _)
     >━━━,-、━━━ ´ /ヾ
   /  /  ヽフ   `ヽ  ヽ ノノ
  (__)  l         l (__)











───  ____  ────
──  /    \,,/ \────   「今ロシアにおいて必要なものは、この両者、
_  /  / ?|  ・|・ | ヽ __  即ち労働運動と社会主義理論とを結合することである。
─ |  /    ヽ ●-´ヽ| ──   労働運動こそが革命の担い手となるべきであるが、
.  | | ___ 三  | 三 |     しかし、『革命的理論なくして、革命的運動はありえない』のである」
_ i | \| ̄| ̄| ̄|/ /  __
─ ヽ |   `─-─′ //○ ─     (レーニン「何をなすべきか」より)
─ /━━━( t)━━i /___
 ○   /     ヽ ノ/────












| |                   _,. -―- .、
| |                  /: : :::::: : : : : : : :.`丶
| |                / ::::::::::::: : : : : : : : : : : : \
| l               /:::::::::::::::; :' :/: : : : : : : : : : :'
| |.           ー‐ァ:::::::::::::::/:/:::::/; ' : : :/: : i: : ',
| |           i:::::::::::::::/:/:::::::/:::/::::///::::,'::!:!:',
| |           |'|::::::::::/:/:::::::/:_///:::,'/:::.!:!::l
| |              !:::;::::r/::::// ァ=ミ/ヾ::/,rト ノ |i}   この職業革命家を主体とした革命党を
| |            ハ;}::://:::/.| {:::リ/ ' ,イソ/'!/ノ   「前衛党」といい、レーニンの
| |                 ハN:|i::::::::i| `¨   ‘,〃::/,/    この理論を「前衛党論」という。
| l                 _八!|:::::i|     - ィ}}/ ′
| |           _/:::ヽ  !ヽ|´丶r≦::/ノ
| └――――――/ー- 、: \ ':!ヽ\j/―――――――――――
..=============// ̄`丶\\\-―‐|lヽ========================
          |{    ヽ:::ヽヽ::Yニニ!|!ト、
           {   \  ヽ ヽヽi: : : |.|!| i
_______.( !    \.ハ::ヽ::i:.:. :|.|:l__i_ ___________
','////////////∧ .! , -‐'´ ̄`iヽヽ:iλi|.!==i、//////////__/////////
',','////////////∧.>':.,x====ヽヽヽ !|! !イフ//////,','/ヽ三`丶、./ヽ,
,','/////////////∧Y/ / ̄ マ’ ヽヽ! ヽ i//////,'/ /  `丶_{_/
,'///////////////,' ゝ--!    ヽ、 ハ::)ヽ/\//,',/ /    /////









         , '´ ̄ ̄` ー-、
       /   〃" `ヽ、 \       レーニンはつまり
      / /  ハ/     \ハヘ       労働者の集合である「労働組合」と、
      |i │ l |リノ    `ヽ}_}ハ   職業革命家が指導する「前衛党」に
      |i | 从 ●    ●l小N.    めがっさ明確な差を設け、
      |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ   後者こそ革命の主体と提唱したにょろ。
      |i |   j  (_.ノ   ノi|__/⌒)
      |i | _ノ >.、 __, イl |::::ヽ/
      | / ヽ:::::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ
  ___.(⌒ ヾ_ヽ \:::∨:/ | | >'''´
  \     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  ||.\                    \
  ||  \                   .\
  ||\  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  \ ||                  ||
       .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||











         ____
       /      \
      / ─    ─ \   けどこう聞くと、
    /   (●)  (●)  \   レーニン主義は随分と
    |      (__人__)     |   エリート主義なんだおね。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |











                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|   
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l    
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!      
      |         }/  .::::::::::::::::::::/        
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/        そうだ。    
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/          
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/      そしてその「エリート」による        
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|      政権運営の手段こそが、        
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i     「  民  主  集  中  制  」だ。
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''














 ┌─────┐
 |  ,,,,,,,,,,,,  | 1903年7~8月
 |  [l,,,,★,l]  | 
 | (__・∀・) |  ロシア社会民主労働党 第2回大会
 |/´~ V:V~ヽ.|   
 └─────┘
                ,,,,,,,,,    ,,,,,,,,,,,
                [|,,,★,,|]   [|,,★,,|]     ,,,,,,,,,,,
               ( ・∀・)  ( ゚Д゚,,)    [|,,★,,,,,|]
             ,,,,i^i ̄(iノ '^:^')  /~^:^~ヽ   (∀` __)\
            [|,,,,★,,|] |  ,l/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\l:`´ [|,,★,,,,,|]
        /(,  ・∀) _/            \ (∀` __)\
       [|,,,,★,,|] `´:l/                  \l:`´ [|,,★,,,,,|]
     ,/(,  ・∀) ,/                      \ (∀` __)\
   [|,,,,★,,|] `´:l/                      \l:`´ [|,,★,,,,,|]
 ,/(,  ・∀)⌒/                            \ (∀` __)\
 i^i (  `´:l/                                 \l:`´ ~,) i^i
 | | (   ⌒ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |⌒   ,),,| |
 | | ̄ ̄(__|                               l_ ) ̄ ̄| |











               /.:.:.         \
                  /:,:.:.:  /   ヽ    \
              /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー
                /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
            /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
             N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
              ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ  ロシア社会民主労働党は1898年創設の、
                    `ヘ:ゝ    .'    小/    ロシア最初のマルクス主義政党。
                      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/   
               _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_   それまで四分五裂していた26の組織を大同団結し、
             /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   革命を主導する一大党派を築こうとした。
              /  | l:l   l     l   l::l l
               l  ヽハ    l    l  //  |
            ハ  ヾヽ  l   l  // l l
               | ヘ  l ヾ\ ヽm/ ,/ V :|
             ノ  \|  `ト,\V/|   │ 、|
            {/ ̄>‐ァ、  j__≧i≦ !,ィ彡三>ヽ
           j  /{ `ヘ三三三ミ=彡<_/  }
           {   >ー‐'"ト-- (^ー'⌒ 〉 __ノ
           `ー‐イ      | { { {T'┬='ーく |
                | |    ∨  〉〉〈( j    }|
                K_/x'⌒{\'-' ‐}>└r‐xヘ}|










              , '´ ̄ ̄` ー-、                   -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
            /   〃" `ヽ、 \                / /" `ヽ ヽ  \   
           / /  ハ/     \ハヘ               //, '/     ヽハ  、 ヽ   けど実際の大会では、
.             |i │ l |リノ    `ヽ}_}ハ.             〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|   党規約や 党の組織原則を巡って
  めがっさ     |i | 从 ●    ●l小N            レ!小l●    ● 从 |、i|   めがっさ激しい対立を生んだにょろ。
           |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ               ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
           | i⌒ヽ j  (_.ノ   ノi|__/⌒)       /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
           | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.       \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
           | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ       .  /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
           | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´          .`ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |










\\\   _    | | |   /      僕たちの目指す革命政党は
 \\\ ヽ)         |        
   _         _,,... -――- 、,._   「党を支持すれば党員」で、
  ヽゝ     /_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::ヽ 
  、      iノ,‐ 、 ,. -.,ヾー-::::::::ヽ   大衆政党を目指す緩やかな団結の組織だよ!
        if'   i"    iハ |:::::::::|
―       (i  / j ヽ   |ー-| ;:-、jゝ、____
―ニ      /ゝ-(~"ヽ、_,ノ   " 6 i     =ニ
―         i (`     ノ⌒ヽ  イ       ―
        ヽ ~、` ー―<_ノ_ノ 丿    ユーリー・マルトフ、トロツキー派
          ヽ ヽ 、__ノ _,,..'"!、
            `r-、―''"  /┐     \\\
///       rf/ \  /   ~\         ____
////    _イ     `   \    \  _,-、   / ,-―――
   (~ヽ、_,..-‐'"           \   /  <  fニi ( (=) )
  ,/` 、 ヽ  _,,..゙|          | \/ ノ  、\ /  ` ー"
 (/,\  ノ''"  .|         |    ヽ /ヽヽ) [ ̄ ̄ ̄ ̄
 ゝくノノ''"      `iー――――ー{    `ヾ_ヽ'-' | ̄ ̄ ̄ ̄












                 _____    /
        \    / ⌒ ⌒ヽ   `\     僕たちが目指す革命政党とは
             / | >|< | ─ 、   ヽ
           // `ー●ー ′ U \   ヽ    「党の組織的活動に参加するものが党員」で、
     ─    i⌒  二  |  二      ヽ  ヽ
           ヽ、  ─  |  ─ /⌒ヽ  |  |     少数精鋭による、前衛党としての組織だよ!
               ̄l ̄ ̄ ̄ ̄    |  l  l
      /  /⌒ヽ | (⌒\/⌒) ノ /  /  \    レーニン派
            ヽ__.ノ、┴───── ´  /  /
           \ `━━,-、━━━━━く
            ヽ|  / ヽフ     \    ヽ













       ____
     /_ノ  ヽ、_\
    /( ─)/)(─)\   えー、まぁそのー、彼らの意見は
  /::::::⌒///)⌒::::: \  つまり、具体的にどう違うんだお?
  |   /,.=゙''"/      | 
  \. i f ,.r='"-‐'つ   /
  / i    _,.-‐'~    \
    i   ,二ニ⊃











            ,,  - ―─  - 、
         - ¨            ` 、
      /'   ,       \   、 、 ヽ
     〆/  '  / l  \     ヽ ' , 、 l  ',
    / / ′ .!  l  ヽヽ  ヽ l   l l |  、 ',
   / ,! l  , l  ∧  ヽヽ  ', |  | .! .! l | .!
   .! ,'| .l ./, ! .,A-ヤー-、l   l    l l .! | .!, l
   !./ l| ,!. ! ', |イ,;;斗去=ァ‐l   ト、 ,! .! ' .! |' ,!
   ,' |,! .,l t|'、〉l "゙i::rl   !゙ヽ|   | .,' / /!' ,' l ,! ヽ
    ゙ ',.! i ゛ノ `  、ツ- ´ /}  l シ ,! / ,! ,! l/   つまりマルトフらは多数派工作で
      '  ∧       /,l  ,!i  ; / ///"     数の革命を目指したのに対し、
       //;ヽ _    /'.!  /!'i l ./ /´ ツ      レーニンは少数の理論家が大衆を指導する
.      // リヽ ,、   _.オ ./ .! |リ,' /         理論の革命を目指したわけ。
.     ヽ'   `、l ゝt ヾ  |/    トV`ヽ
           `,゛-'ー} ´   ,..=彡゙゙フヽ、
         rイフ  √,!   / /´,<〆⌒゙ヽ
        ノ l l   /ヽ. , ‐ ゙/ / ,  ,!    `ヽ
       / .!_l_l__./'三ヽ==゙=ヲ{  ,'       ヽ
       / ,,ノ-―''''''¨¨¨ ̄ ̄l |  }        lヽ
      ノ/ |       _   l |/ヽ       、ヽ
     / /  |  _ ,,, - '''¨  `ヽl | ⌒ヾ、      '、ヽ、











     / /    `ト 、',    ヽ
 \  /  /     -ト y  i   l\
    l ハ l /     ● l  }-、 !  \
    l/i yi ●     , ⊂⊃ l ,!/.  \    「質より量」を選んだのがマルトフ、
 ―   レvl⊃  r´`´ヽ  l  }´/ ヽ   \   「量より質」がレーニン、という風に
      i 、  ヽ、_,ノ  j ト ~、      ヽ  まとめられるにょろ。
. r- ,_   」 ヽ , ____,. イll  lヽ=_____
. l、  ~'''TTト、 ハ,ヽ  l===l l l    //- .,
  ヽ、  .l l l ', ', \ヽ l ̄l l l   //
    `ー.l_l_l__', ',__ \yV/レ  〈ー'ヽ










           / ̄ ̄\
           /   _ノ  \     ……で、両者の政論は
  r―-- 、  |    ( =)(=)  こういう展開を見せることになる。
  |     ` -|     (__人__)--.ゝ--一  ー- 、
  |   \ `   |       ⌒ノ           /
.  !  u  ヽーー |         }? 、__/    /
.   ',.     `、 . ヽ        }    /  U   /
    '、  ヽ   V  ヽ     ノ  _/  /   /
     `、     `Y|u` ` ー r'__/´′  ′ /
      `、       ヽ   ′/     / /
       ヽ \  ` ー     ′     ' /
.       \         ,     {
          i     ̄`  ′     !
           ',       ,       i
           ヽ  u    }        ハ.
            \     ′`      \
              \     、  U  ′ `ー- 、
                ヽ、   !           ヽ
                  \   ヽ             ',.












     ( ⌒ )
    ( \\       /
          , ─── 、  /
      ゝ/_____\ _
     /  |  / ⌒\/⌒ l     同志レーニン!
      l  |─|    ・|∠ |    君の意見だと、党の下っ端は
     Y⌒  ` ー  ヘー ヽ     上層部の指示に従うだけの
     ヽ_   /⌒ヽ___つ     「歯車とネジ」みたいな存在に
        l |    /    _  なっちゃうじゃないか!!
         >、 二二二)   | )
   (( /  \/\|──/  二)  
    /  l       |__|、 (_ノ   ボルト&ナットの仕組みで組み込まれる街じゃ
  /⌒ヽ/|      |          爆弾にはなれないんだよ!!










                   ───  、        _,ノ
           /::::::::::::::::/フヽ _\    _) 
         /:::::::::::: ─|/ G| {∠::::',      )  同志マルトフ! 同志トロツキー! 
  〃⌒ヽ.   /:::::::::/_\ヽ__ノ⌒ヽノ-ヽ   ⌒) 
  {     }   l::::::::/  ──   ヽ__彡∠ |   ⌒)   君らの意見では大衆はもちろんだが、
   ヽー彡::ヽ |:::::::|  / ̄ ̄\_| ─ ノ!    ⌒)     官憲にも開かれた党になってしまう!
     \:::::::\::::!. |/⌒⌒ヽ    ̄T´/⌒ヽ   ⌒)-、      
        ヽ:::::::::::::.  \___}__,ノへ_ノ      '⌒Y  
        \:::::::::::ミ==========≦:::::/






     ,.>‐'::::::::::, - ,;::::::,ニ、'‐-::、
   ,.;'"::::::::::::::::/‐- 、l/   ';:::::::::
  /::::::::::::,;::::::/  .( ・)| |--- .|:::::::::::::
/:::::::::::::::/:|-'へ、/⌒,.!、`ヽ ./ ̄\:::::::::l
:::::::::::/ し'    ' ‐-イ::::::::)‐'"    \:::|
:::::::::/    ̄  ̄ ' -  '‐r''" ' ̄ ̄ ̄  ',:!  ツァーリズムの弾圧を潜り抜け、
:::::::/  ∧ー――-   .|   ――∧-  l|      革命を成就させるためには、何よりも 
:::::::|  し'     _    |   ー- し'_  l|   「鉄の一枚岩」の団結が必要なんだ!!
:::::::l  ―― '´  ,r ┬个┬-、     ./
::::::::l    -‐='"┴┴┴┴ ┴=:、   /
::::::::' 、                 ̄ /   ,   革命を夢見る奴らに送ります!
\::::::\___________/  / |         I'm only dreamin' for Revolution!!
  >------------r―-:、------ゝ、  し'
/::::::::::::::::::;;-‐'"´ ̄ト‐┬‐l ̄\:::::::::::\
::::::::::::::::::::/      ヽ -‐'   `:,:::::::::::l










 ?:.:.:|:.: i:.:.:.:.:. l:.i:.:.:./|:.:.:.:.:i:.:. |:.: /:.:./    !: :./ //  /'
  |:.i:.|:.: |:.:.: : /:,:|: / !:.:.:.:.l:.:.:.|:.:.i/       <   /  /
  |:.!:.|:.: |:.:.:.:/:/ l:.|  l:.:.:.:.|:.:.: !:. l            '
  |ハ|: ,:|:.: /:/  !:!  l:.:.:.:.|:.:.:.ll: l      ,...:´i
  '  l:/ |:.∧′ ||   !:.:.:.:|:.:.:l l l    ‐,-':.ハ: l
.――く′|:′   !  :. :.:.:l:. l !:!    /´:.: / } !
: : : : : : : : : 、       〉:.:.!: |` ll   /l:.:.:./  j/
: : : : : : : : : : : : 、    / :. :.:. |  ! `´ !:.:,'  /'   この討論は結局レーニンが勝利を収めたけど、
: : : : : : : : : : : : : :\  i   :. : |      l:.i     これを機にロシア社会民主労働党は
: : : : : : : : : : : : :. :. :.\!   :. |        !l     レーニン派=採択を承認する多数派(ボリシェヴィキ)と
: : : : : : : : : : :. :. :. :. :. :.\  :|      !    マルトフ派=否定する少数派(メンシェヴィキ)に
三≧=- 、: : : : : : :. :. :. :. :.ヽ  _          分裂することになった。
三三三三≧ 、: : : : : : : : : : :<i:i:i:iヽ
三三三三三\≧: 、: : : : : : :.?i:i:i:ヘ
三三三三三三\三\: : : : :. :.?i:i:∧    なおトロツキーは早期にメンシェヴィキを離脱し、
三三三三三三三ヽ:三:\: : : : : :?:i:∧    レーニンと行動を共にすることになる。
:三三三三三三三∧三三\: : : : :.?:i:l
:三:三:三三三三三∧三三ニ\: : : : :?










      -‐ '´ ̄ ̄-‐ '´ ̄ ̄-‐ '´ ̄ ̄-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
    / /" ` / /" / /" `/ /" `ヽ ヽ  \    ロシアの革命勢力は統一を目指しながらも、
   //, '/   //, '/  //, '/  //, '/     ヽハ  、 ヽ   他に社会革命党(エスエル)も巻き込んだ
   〃 {_{ノ  〃 {_{ノ  〃 {_{ノ 〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|   めがっさ激しい対立に至るにょろ。
   レ!小l● レ!小l● レ!小l● レ!小l●    ● 从 |、i|
    ヽ|l⊃ 、_ヽ|l⊃ 、_ヽ|l⊃ 、_ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    にょろろろろーん
/⌒ヽ__|ヘ/⌒ヽ__|ヘ/⌒ヽ__|ヘ/⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
\ /:::::| l\ /:::::| l\ /:::::| l\ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│  
  /:::::/| | /:::::/| |  /:::::/| | /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
 `ヽ< | | `ヽ< | | `ヽ< | | `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |











       ., ──‐、
      /     \
.     .|     _ノ  ヽ
     |     ( ●) (●)
     |       (__人__) , -―ーっ
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄
.      ン         } ゙| ̄'|   ……で、彼らの主張が具体的に
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |      どのように異なるかと言うと……。
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫
| |  /   /    r_____ ∬
| | /   /      |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄











      ____
    /―  ―\
   /  ⌒   ⌒ \   ハハッ、その辺はまたの機会にお願いしますお。
 /    _ノ 、_! ヽ  \
 |      トェェェイ     |   いいから早く本題行けお。
 \     ヽニソ    /














 ┌─────┐
 |  ,,,,,,,,,,,,  | 1917年10月27日
 |  [l,,,,★,l]  | 
 | (__・∀・) |  第2回ソヴィエト大会
 |/´~ V:V~ヽ.|   
 └─────┘
                ,,,,,,,,,    ,,,,,,,,,,,
                [|,,,★,,|]   [|,,★,,|]     ,,,,,,,,,,,
               ( ・∀・)  ( ゚Д゚,,)    [|,,★,,,,,|]
             ,,,,i^i ̄(iノ '^:^')  /~^:^~ヽ   (∀` __)\
            [|,,,,★,,|] |  ,l/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\l:`´ [|,,★,,,,,|]
        /(,  ・∀) _/            \ (∀` __)\
       [|,,,,★,,|] `´:l/                  \l:`´ [|,,★,,,,,|]
     ,/(,  ・∀) ,/                      \ (∀` __)\
   [|,,,,★,,|] `´:l/                      \l:`´ [|,,★,,,,,|]
 ,/(,  ・∀)⌒/                            \ (∀` __)\
 i^i (  `´:l/                                 \l:`´ ~,) i^i
 | | (   ⌒ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |⌒   ,),,| |
 | | ̄ ̄(__|                               l_ ) ̄ ̄| |













.         /: : : : : : : : : :      ー- 、`丶、
        , ': : : : : : : :- 、    . . `丶、`丶、`丶ヽ
     /: : : : : :    . : ヽ: : :`ヽ、: : ヽ.: : \. \
     , ' : : : :   ヽ、:、: : : : :ヽ`丶、\: : :ヽ.\`、
   /::: : : : {  ',: : {ヽ、ヽ、::::::. :\-ヽ=、: : :.';. }.\   
   ;.:.:.: : :  ヽ: : ヽヘ -\` ー- 、} _}_ {ヽ: :}/、   このときのロシアでは二月革命(三月革命)で帝政の崩壊後、
   {:.:.:. :   : : l\/\      イテ"ワ; :}/:.: : ヽ、   エスエルのアレクサンドル・ケレンスキーを首班とする
.   !: :  . : : : :.V ヽx==ミ     マ_:j V:::...: : \ヽ  臨時政府が置かれていた。
   '   : :: : : : :ヽ 《 マんハ,    丶    ;\::::::: : ヽ
.   ヽ:\:.:.:.:.:.:.. : \ ゝ '’    ,、    八 ヽ`丶、|   臨時政府は立憲民主党(カデット)主体の連立政権で、
     }.:.:.:.ヽ、:.:.:.:.: : :`丶、_    '    ′  ヽ   ヽ    やがてエスエルに主導権が移行するが、ボリシェヴィキは
.      !ト、 :.:::::{丶、:.:_:_: : : :\      ,.'     臨時政府と対立していた。
.     '| ヽ{\`ー‐‐ <`丶: :ヽ -‐ ヽ./ ̄ ̄:~` / ̄二ニ=、
.            ヽ|`丶、|\  `ヽ   /:. :. :. :. :. //:. :/;';';';';';';';`丶、
                 _ヽ     ,':. :. :. :::. :.,':,' :. /;';';';';';';';';';';';';';';'丶、
                    /.::/} /_; :. :. :. :. :.:j:j: :. ;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';ヽ
                 l :.;/ ̄ ̄ ____. :. :.:::i::i :. i;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';\
              j:. | / ̄ Y ̄ ̄`?-x_. :l;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';ヽ
               /:. f  ̄ ̄:}:. :. :. :. :. j::j :`ヽ;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'\_
             x―(~又___./!. :. :. :. :. j::j :. j;';';';';'ヽ;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'ヽ;'`丶、
.              _〃   }. :.i : : : :|:. :. :. :. :./:/:. /;';';';';';';';'\';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';ヽ;';';';';ヽ
             〈 乂_\ノ__i _: : :!:. :. :. :./:/:. /;';';';';';';';';';';'; \';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';ヽ;';';';';'\
             {\八 \:.:.:ヽ ̄iヽ:. :.:/:/:. /  V;';';';';';';';';';';';';'ヽ;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';ヽ














                -  ー ‐ -、
              / ,  、    \
            //, '/   ヽハ 、   ヽ   そして当時、レーニンと同じボリシェヴィキだった
           .〃 {_{   / リ| l │  |  トロツキーは、「赤衛軍」という軍隊を
            レ!小   ● |  .|ヽ |   組織していたにょろ。
   /  ̄=/  ̄二 ヽ|l 、_,_, ⊂⊃| |ノ .|
 /  ̄二 ヽ__二  __|ヘ ヽ_)  | | |  |
 ヽ__─/  ̄二 /  ̄|::|::| ̄ ̄| .||    |
      ヽ__二  ヽ__|::|::|.   |│|   | |











     / ̄ ̄\
    /      \   
    |   _ノ  ヽ、_ l
    | u(● )(● )|    そこで、レーニンが
    |   (__人__)u|   とった手段が……、
    | U  ` ⌒´  }   
    ヽ         }     
     ヽ       ノ
     /      く 













       丶  ,
      , ─── 、 ′
    /: : u:へ;;/ヽ\    ????????????
   /: : /: :| 。|。 |ヽヽ  ∫ 
 ´ |: : |: :u : :-:●:- : : |  ∠   えーっと、なにかないかなにかないか
   |: :|:/\ 三 | 三 /:|   ∫   ないかなにかなにかないかないかなにか……、
 ′ ヽ:|: : : :\_|__/:/    ????????????
    /━━━(t)━━i
   |  ___◯□◯_ノ
  . |  \ヽ二二ノ丿
    ヽ___/ ̄ヽ__i,
   └---┘ └--┘











───  ____  ────
──  /    \,,/ \────
_  /  / ?|  ・|∠ | ヽ __
─ |  /    ヽ ●- ヽ| ──
.  | |   三   | 三 |    あった!
_ i | / ̄ ̄\|   / __
─ ヽ|       \ / ───
─ /━━━( t)━━i ____
 ○   /   / /ノ ────
















   ━ ┃┃  ━ ┃┃     ━
ミミ ━      ━     ━━
ミミミ━━┛╋┓ ━━┛╋┓   ━━┛
ミミ    _____   彡彡彡彡彡彡
ミミミ  /  / \|/ ヽ\   彡彡彡彡彡
   /  /|  0|∠ |ヽ ヽ    彡  ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
ミミ. |   |\ `?○?´/| .|      <
ミ  |  /|  |\ 三|三/| | |   _  <  武  装  蜂  起  !  !
ミ  |  | |_|__|\_|/|  |__| |  |_|  <
   | | |  | | ̄ | ̄| ̄| / /  (___ ノ  ∠
ミ __ ヽヽ\_/ ̄\___// / /    ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
ミ(___)?===(T)==   / 丿丿
 ヽ__   /     ヽ | /










         ____
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                            ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・










       / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ○)(○)   いやだからさ、
     . | し   (__人__)   それが「暴力革命」の実践なんだよ。
      |     ` ⌒´ノ
     .  |         }   
     .  ヽ        }   ロマノフ帝政打倒のために立ち上がったのが「二月革命」、
       ヽ     ノ    ボリシェヴィキの権力奪取のための暴力革命が「十月革命」だ。
  __  _ノノ ヽ、  ,仆---、__
⌒ヽ.        \     / ⌒ヽ   「ロシア革命」とは、通常この2つの革命の総称を意味する。
   Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ `Y´ ̄ ̄`ヽ   `、
 `ヽ |          |      }    i
   ノ          |      |  丿|
   )、          人   / ̄ ̄``ン
  ヾヽ`ー─── ?  ̄ ̄´











      ,..-──- 、
     /. : : : : : : : : : \
    /.: : : : : : : : : : : : : : ヽ
   ,!::: : : :,-…-…-ミ: : : : :',
   {:: : :: :i '⌒'★ '⌒ i: : : : :}
   {:: : : : | ェェ  ェェ |: : : : :}   いいぞベイベー!
   { : : : :|   ,.、   |:: : : :;!  逃げる奴はブルジョアだ!
    .ヾ: :: :i r‐-ニ-┐ | : : :ノ     逃げない奴はよく訓練されたブルジョアだ!!
   ,/  ヽ ヽ`ー"/:: `ヽ        ほんと革命は地獄だぜ!  フゥハハハーハァー !!

  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l,              ズババババババババババババ
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ:   _l_        ri                   ri
 l l    ヽr‐─ヽ_|_⊂////;`ゞ--―─-r| |                   / |
 ゙l゙l,     l,|`゙゙゙''―ll___l,,l,|,iノ二二二二│`""""""""""""|二;;二二;;二二二i≡二三三l
 | ヽ     ヽ   _|_  _       "l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二;;二二;;二=''''''''''' ̄ノ
 /"ヽ     'j_/ヽヽ, ̄ ,,,/"''''''''''''⊃r‐l'二二二T ̄ ̄ ̄  [i゙''''''''''''''''"゙゙゙ ̄`"
/  ヽ    ー──''''''""(;;)   `゙,j"  |  | |













  | ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|
  | ̄ ̄.| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|
  | ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|  
  器器器器器【  政 府 機 関 全 て     】器器器   
  | ̄ ̄.| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|  
  | ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|. ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄.| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|
  | ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄     |      ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|
  | ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|        |        | ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|
  | ̄ ̄| ̄ ̄| ̄| 都合により占領しました。| ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|
  | ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|        |  レーニン | ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|
  | ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|      ○ | ○      | ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|
  | ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|        |        | ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|
  | ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|        |        | ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|
  | ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|        |        | ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|










     :-=,一;1ー,;1―,―,,=;、
     =             ミ
     ミ            ゙ミ
     ミ           ゙ミ
     ミ;=======:゙ミ′
      / (○) (○)\ 
     /    (__人__)   \    ふざけるな!
     |       |::::::|     |  こんな手段で大会が開けるか!
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ? l、E ノ <
               レY^V^ヽl











              _,. ─ 、. -- ._
             /          `ヽ
          /       、  、   \
         /,.  ,. /    l.  | ヽ ヽ ヽ. ヽ
        / / i'/ /  ,|  |  ,!  |  ',. !  ',
      ∠-7 j |.|  | ./| ,1 ハ. ハ |   |l. l |
          | | |l.',. } ナTァ-| ./ l./'''Tナ{. ,リ  |1
   r‐、   l!Mヽ.{<ィテtト !'   ' t5モト,.レ!' ,1 ,!
 r‐ニ ヾ,二ニ 1',l.| ゙ト 'ぅり  ,  2tタ /  /,!'  ボリシェヴィキの武装蜂起を受け、
 |{i⌒))|   .l  `| l. 「ヽ    __    /! イ/  反対するエスエルの一部とメンシェヴィキは
 ヽ` ´/r}-‐ォ.   l.ト. |l. ヽ、     _,.ノイ/ |!   抗議のために議場を退出した。
  |(_)i :|iL cl.  ` ヽl ヘゝl` - ´lル ′
  `ー、シ::i_ :|     /.ノ    ヾヽ、
   { ´| | ):i _.. - ´  L._,. -- .._...|   ` ‐ 、._
   `ー|__|:i:i ヘ. |     「 _, - 、._j    / / ス
    {:(   ソ', ',     「_,. -- ..」    / / / ',
  /〉{ ̄ ̄ ソヽ ヽ    |    |   / / /  l










     , '´ ̄ ̄` ー-、             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
   /   〃" `ヽ、 \          / /" `ヽ ヽ  \      -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
  / /  ハ/     \ハヘ         //, '/     ヽハ  、 ヽ ./ /" `ヽ ヽ  \   これに伴って、エスエルは
  |i │ l |リノ    `ヽ}_}ハ.       〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i| .//, '/      ヽハ  、 ヽ  ボリシェヴィキに賛成するエスエル左派と
  |i | 从 ●     ●l小N        .レ!小l●    ● 从 |、i|.〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|  反対する中道派、右派に完全に分裂したにょろ。
  |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ         ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ .|ノ .| レ!小l●    ● 从 |、i|
  | i⌒ヽ j  (_.ノ   ノi|__/⌒) /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !. ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
  | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/. \ /:::::| l>,、 __, イァ/ ./⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
  | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ   ./:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、_..\ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
  | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´    .`ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |












                 _,,,,,--―――--,,,,_
.             ,r-‐'´r-―-、;;;;;;r-―-、;;;``ヘ
            ,〆;;;;;;;;;/``ゝ、  ∨ _,,-''´ヽ;;;;;;;;;;\
           /;;;;;;;;;;;;;;l    `''-l-''´     l;;;;;;;;;;;;;;ヽ
         /;;;;;;;;;;;;;;;_,,,l     ・ ∧ ・    |_;;;;;;;;;;;;ヽ
         /;;;;;;;;r-'´  ヽ、   ,ノ-ヽ、__,ノ   `ヽ;;;;;;;;∨
        ,';;;;;;;/       ` ̄´(;;;;o)        ヽ;;;;;;;l
        l;;;;;/  ̄ ̄ ̄     /::::::::ヽ    ̄ ̄ ̄  l;;;;;;|    えーでは、特に反対意見も無いようですので
        |;;;;l ―――     (:::::::::::::::)   ―――  |;;;;|   ソヴィエト政府の樹立を宣言しまーす。
        l;;;;|    ,,,-    ` ̄ ̄´   ー--,,,,__  |;;;l
  ,r-―-、   i;;;l -‐'''´   ,r'´ ̄`ゝ―'''´ ̄ ̄`ヽ     l;;;l
 /    ヽ  ',;;;l    /;;;;;;_,r-―――--、;;;;;;;;;;ヘ    i;;;l
 l     /`ゝ、;;l    {;;;;;r'´::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;|   /;;/
 ヽ  /:::::::::::::::ヾ   ヽ;;;l::::::::::,r-――-,,,_ l;;;;;;;;ノ  /;;/
   ゝ::::::::::::::::::::::::::ヾ:   `ー'''´       `ー''´  //
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::ム-―――――――――――ァ-、
   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::l::::\    ,-‐'´`ヽ、    ,〆:::l:::::ヽ
    ヘ::::::::::::::::::::::::::::ゝ--ァ\<´  〉-〈   \/r-、/::::::::::::ヽ
      \:::::::::::::::::i:::::::::<:::::::::`ゝ、 |   | ,〆:::::::>:::::ヽ:::::::::::::}











             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \   いやいやいやいや、力ずくで
        |      (__人__)     |   無理やり反対意見締め出しただけだお。
         \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |











        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |   ( ●)(●)
.      |    (__人__)  ボリシェヴィキはさらに
       |     ` ⌒´ノ  翌1918年1月の憲法制定議会でも武力封鎖を行い、
.       |         }  独裁体制を築いた。
.       ヽ        }
        ヽ     ノ     「プロレタリア独裁」の実現だ。
        /  ヾ ソU
     __/    ヾ !   \__
 /''" ̄"'     \  ∠    ̄ヽ
. | /  ゞ       ヾ/    ヾ丿
 ヾ   ソヽ      ソ     | |
. / へ/ ヾ_        |    ソ |
|  |  |丶、___人___/_/
|  人 ∧ミ< ゝ、_UU_ノ /'/
 ヾ ソ /\ミ巛 /  人 ヾ //
 ( 二ソ  |   (  ̄ T  ) |












     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  「暴力革命」に成功って、こういうことかお。
/    (─)  (─ /;;/    暴力といっても、会議場を占領するくらいでよかったお……。
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /










               / ̄ ̄\
             /   _ノ  \
             |    ( ●)(●)    馬鹿野郎……。
             |     (__人__)
              |     ` ⌒´ノ    フランス革命と同様に、革命後の方が
              |         }    大量の血が流れることになるんだよ……。
              ヽ        }
              ,ノ.ヽ、.,__ __ノヽ
            /_\::  ヽ ノ  .:::/ `ー-、__
        ,. -‐'´.: : .:|!:.:ヽヽ、ヾ__ ー ::|::...         ̄``ー-、
    _,. --r'´.:.:.:.::  ..:.:∧:.:.:.:  (__) ::::::::|:.:.:.:...    r       \
 r‐'´ _:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l |!:.::   ハ  ::: |;;;;:.:.:.:>....:.|:..       、 ヽ
:.:.:.:.::.´:.:.:.:.:.:.:.:\_____ヾ:.:.:.:.:.|  ∨ >:┴…'´ー‐-、|:.:.:.. \:   |:.:.: |、
:. /了:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:. ``ー-、L.. __〉.'"        \:.:.:.:.:.:.ヽ:.:./:.:.:/: \
/__/:.:.:./:.:.:.:/-、:.:.:...     __  .:Y´:: _,.     =ミ:.:\_;;;;;V;;;/ヽ  l
:.:.:.:.:.,.イ:.:.:.:.:.:ノ|! _}‐‐::.:.:.. ,r‐'´ ノ. . ::lr'´::"          :;;;|:.:.`ー'⌒  |  |
:.:.:.:厶;;辷==' /⌒|::.:_;. -'´...:/   :.:l!:.:::            :;;;;;|:.:.:    ',     ∧
:.::イ:.:.:.:´ `ヾ|::  レ'ヽ:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:.|!:.:.:...     rぅ...:.;;;;;:∧:.:.:.   ヽ.  |: \
:.:/:.:.:     :.:.|::/ /r─  ̄〉.:.:.:.:.:.:.人;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;/::∧:.:.:.:...... ヾ \
:.:.:.:.:.:   :.:/: :/.:.:/__ノィ' ̄〉‐一'´___  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lヾ、:/ :::\_::::::.: . l|  :ヽ














                r-、__  / .:::::::::::::::::::::::::::  /:   ..:: |:.  l:.   ヽ  ヽ、  、\
               / / ,' ヽヽ//.::::::/::::::::::::::::::  /:::::  ..::::::::: !::.  !:. ヽ  ヽ  ヽ  ヽ、 ヽ
                / /ヽヽ_ノ/'/.:::::::i:::::::::::::::::::  /:::::..:::::::::::::::: i:::::  |:::. ',:.  !.   ',  ヾ、
           / /〃/ /ノ!.::::::::|::::,::::::::::::  /::::/::::::/::: /:::::::  !::::: |:::. |::.  |   i
            / /〃/ /  |:::::::::::!::|::::::::::  /:::/::::::/i:::::/ }:::::: ハ:::: ハ::: l::::  !:.  |
             / /〃/ /.   |::l::::::::',::l:::::::::_!ム_∠__/;/  !:::: /  l:::/ !: /i::::: /!::::  |
         / /〃/ /.    !:i!:::::r‐t:::::::::: l/_ //`ヽ /:/ _,,ム'-‐lメ‐|:::: /: |:::::  !
         /\〃/‐-!.   ヽ', !/`!::::::::: !,r=〒〒ミ==ヽ/'   ,,r'===ヾ-、!::/l::: ハ:::: !
        ム/ /ヽ}  }l      ヽヽ(_!::::::::. |《 i、ヒ''ィノ   ゝ-‐-《 !;;.q,ノ ´/レ:: |:: i .l:::::/
       /7ァLゝL/〈ヘ/ノ.      ヽ{ トヘ::::::. | \  ̄   ノ   ヘ_. ̄  /:ノ::: /!:::l !::/
     ./// /フ77,.ヘ==〉.         `ヽト、::: l   ̄ ̄ ̄   `;    ̄ 7:::::: / .i:/ /
      /ヽ' / ////こ!} } )         .ハヽ:::l\      r_ァ    /!::::: / /  この後、エスエル各派とメンシェヴィキは
    [ゝ/  ̄ ̄ ./j .j`ヽ、        ./ハ:ト、! ` 、       _, < |イ::::: /  '  ボリシェヴィキからの徹底した
    /      _// /__)      /.:::::rノ. \  ` ‐r-‐<    'l::: /   弾圧を受けることになる……。
  /   _∠「フ/ / ̄/    _,, -'"..:::::::::::l        {、ヽ:. \   ',/
 ,/   ̄     \ノ、_,,_-'"‐、:::::::::::::::::::::::ヘ ___   ___ i::.  `ーt、_
| 、  -───‐ 、ヽ.',-、 ̄`\\:::::::::::::::::::::ヘ _,, -‐" ̄ ゙ ‐-ヽ:::.   l `iヽ_
|      ,. -‐─- 、ヽ〉  \   \ヘ::::::::::::::::::: ヘ_,, -‐  ̄ ゙‐-.__i:::::   !  | !ヘ
|  i         \>    \   ヽ\::::::::::::::. ヽ_,, -‐ ゙̄‐-.__|::::   |  | | \













            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, ' |      .|  、 .ヽ
         〃 {_{l l     l l| l │. i| ギュピィィィン!
         --=ニ○ニ=-=ニ○ニ=-- i|        ボリシェヴィキは1918年に「ロシア共産党」に改称、
          ヽ|l l l 、_,、_, .l l   |ノ│  1920年代には「全連邦共産党」となって
        /⌒ヽ__|ヘ .|  ゝ._) | .j /⌒i!    1930年代からは「ソ連共産党」と名乗るようになるにょろ。
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |














       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\   ロ、ロシアの革命……、
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'r─┐
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ


















       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\
   i       (__人__)   i   おそロシア……。
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'´  く
     i   丶 ヽ   ヽ   ガシャ
     r     ヽ、__) (_丿      , -っ ゚
     ヽ、___   ヽ ヽ  r. ― ┐ ー ュ '
     と_____ノ_ノ   | 茶. | 。, つ o
                    ` ー‐┘‐- ´。













   / ̄ ̄\
 /       \        
 |      ノ(   |   古典的なギャグで容量食ってんじゃねぇ!!
. |     ⌒   |           、  ____    ,
  |          |           `/、,:/,';;}: ;\ / 
.  |         }        \ /、,:',. -‐‐-、 ; ,\ ,.   /┃・・
.  ヽ        }           /` ;ヽ|:::: ::   |ノ ,'\    ┣━  ━━┓・・
   ヽニニニニノ 、_    ‐ ― | ',`冫|::::: :: :   |イ'; 、| --┃        ┃
  /::::::::::::::::::::: ̄`ーニニ==i=┬r===| ,. -―- 、|`;、'(⌒).       ━━┛ ┃┃┃
  ヽ:::::::::::::::::::::::ーt-.._:::::::::_,. -┴一″   (      ) /i ヽ     
   ヽ::::::::::::::::::::::::i   ̄     l___ノ // `ー,,-一' ノノ ヽ___i














              ____
            /      \_
           / /   \( ;:;:;)  あの……、今更こういうのもなんですがお、
         /( ;:;:;:;:;ノ   (=)  \  何ていうか、選挙とか民主的な段階を踏んで
        (;:;:;:;;;:;  (__人__)    .:::::)  革命ってできないもんかお?
        / ||    ` ⌒|||   ,/
        / / |\/ /  /l |  ̄
        / /__|  \/ / | |
       ヽ、//////) /  | |
        /  ̄ ̄ /   | |
      __/  )--- ヽ   ヽ つ
    ⊂---― 'ー----'










    / ̄ ̄\
  /  ノ   \
  |  (●) (●)|   それについて、
.  |   (__人__) |  レーニンはこう言っている。
   |   ` ⌒´  }
.   |        }
.   ヽ       }
    ヽ     ノ
  /      |\
 (   く"| __|__\__________ri
r‐\  ヽノ _|||||________._|}=====fll||爪||||||l|」コ―┘
   \_ 三〉))ー' ̄         `ー'ミ ̄~ ̄
'ー---‐'''~`ー'













          ___ _
         // / /,ヘ    ,.. -─-- ...、
         〈〈 ヽr''  l ,.;::',斤テ、l::::;;ェイ;::`丶
         〉〉  _..ノ/j lふl ・}/Y,ゎら l:::ryヽヽ  選挙で過半数を獲得しなければならない、
         // /  /''ゝ三个人tゝゲク/てィ <:::ヽ    そうすれば初めて支配しようとすることができる、
        ,r'.'―'、 .l とブ丱,● ゞ土き _.. ヽ!:::::::ヽ  なんて考えるのはペテン師か白痴だけだ!!
       __,l     !_屮任イ l  丁_入ヤヽ| ヽ '.;::::r┴ 、
        〃 _ゝ-<:::::', lノ.Tヽ|/''f-''-1l   |  l l:::'、  ノ
      《 / 》  / ヽ:ヽヽ十┼‐‐十‐''十‐┼ .」 l::/::::T´    
      `´ ゝ-'   \ヽ j |   l   |  |  | .j/:::::::|   やろう、ぶっころしてやる!!!
               `ヾ、二─-'- .._|__|_ノノ:::::::::::j
                  T7-rz、___.. -、''´::::::::::::l
              ,r ⌒ヾl ゞ-''      ';::::くYヽ:|,...._
              {     } 、 .._<>Kュ  }:::ヽイソj.、  `ヽ
              ヽ    人ヽ、_ ヽィ〃 .ノ:::::::::::::::::::}   }
               `ー''''' ?=三z-'''´::::::::::::::;; -'ー '´
                        ` ー─ ''´










          ___
       /::::::::::::::::\  ゲハッ !
      /::::::─三三─\      ペ、ペテン師か白痴ですかお……。
    /:::::::: ( ○)三(○)\   
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |  ゛;.゛;. ; :″:: :゛;. :∵゛ ;. :'-、
     \:::::::::   |r┬-|' ;`∵: ;`;.:`´..; ` ;.゛;.: ::゛;.゛;.
    ノ::::::::::::  `ー;:: :゛;.・:゛∴;.゛;.: ::゛;.″:: :゛;∵゛ ;
  /:::::::::::::::::::::     ∵∴゛;.゛;.:: `;  :; `,  ・
  |::::::::::::::::: l










             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \    ここでレーニンが批判しているのは、
         //, '/     ヽハ  、 ヽ   「社会民主主義」と呼ばれる考え方にょろ。
         〃 {_{⌒    ⌒リ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|  この思想はドイツのカール・カウツキーに代表され、
   ぶ     ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   レーニンと激しい対立に至るにょろ。
     ん/⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j. /⌒i ! ぶ
.  ((  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│ ん
.      l||l/:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、_ /l||l  ))
     ( ̄`ヽ< | |  ヾ∨:::ヾ:::  ̄ ̄)










       / ̄ ̄ ̄ \
      /  ─    ─\
    /    (ー)  (ー) \   はいはいおいおい頼みますお。
    |       (__人__)   |
    \      ` ⌒´   /
      / ヽノ   ⌒\__
     / |      \___)⌒\
     ` ̄\ \     -''' ⌒(___)
         \         /\ \__
           ` ―─―─´   ヽ___)









          , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j   「共産主義インタナショナルに所属する党は、
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{      民主的中央集権制の原則にもとづいて
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ    建設されなければならない。現在のような
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\     激しい内乱の時期には、党が最も中央集権的に組織され、
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,  党内に軍事的規律に近い鉄の規律がおこなわれ、
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/ 党中央部が、広範な全権をもち、全党員の信頼をえた、
       r=<    V三|:::::::::| |/:/  権能ある、権威ある機関である場合にだけ、
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、    共産党は自分の責務を果たすことができるであろう」
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ   (「共産主義インタナショナル規約」第12条)
       `、   ヽ \.>j    ハ│
        {     ∨  `ヽ、_,/∧|
        lヽ  勹'´      // l !
        |∧ 〃     /Y」_│',
           } \    /}<ム>∧.ヘ
         {   ヽ、___/ l丁{{ |}}  〉ハ
           〉ヽ     /  ji |{i  !  ヽ












            / ̄ ̄\
           / ヽ、. _ノ \  
           |  (●)(●) |   こうした経緯で誕生した、
             .|   (__人__)  |  少数の指導者に権力を集中するシステムが
            .|   ` ⌒´  |   「民主集中制」だ。
    _        ヽ         /
    l !        ゝ     イ_
    | !       ,/i「`TT ´_.. -┴- 、
  _ノ ┴、__     フ⊆ノ |/   -‐`ー!、
  | `二l. )   / 〃 /,-、〔__)、__    ヽ
.  |  r'_,「l  /|||   ト⊂二)}ヽ\  |
   |   )ノ  _/ | ||   ヽ.)-‐'')} } | 〉 〉
  rL -┴i. / `「 ||    l`で´ノノ / /















            ____
  +        ./ \  /\ キリッ
        / (●)  (●)\
      /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \ 全ての人が忘れた頃に本題登場、
      |      `-=ニ=-      |  それがyarukyoクオリティだお!!
      \      `ー'´     / +





















というわけで本日はここまでです。
「高校の世界史の授業じゃねーよ」って
ツッコミは間に合ってます。














                        ,,r=''´::::::::::::::::::;;:''':::ヾヽ;;/ヽ;::::i,:::::::::::ヽ、
                       /''7/::::::/:::::::,ィ'´       ヽ::l、::::::::::::::`、
                        /i::::,,イ:::::::イ`~'''ヽ、      l::| .i;::::l::::ヾ゙ヽ、
         ,, -‐‐ ィ''¨''ー- -.、_    /:l::/ /l::::/:|     `、     ,;i}-キ::::l::::::l
      ,, ‐ ''::::;::ィ'´  Y     ヽ.  /::|/:/:::レ'::::|.,,ィr'=〒ェ、    '´,,_  l::::l|::::::|
      r'f.l::::::::::〈  、_,,≦、/ i  l   ヽ /::::::::l::::|:::::::|ヾ P:::::| `    "P''')ゞ |:::il|::::l
    .{::l l::::::::::::ヽ、.  __∠,,,ノ  j__,,::<゙ム;;;:::::l::::l::::::::|  loァリ_     b;;:/, /レ|::|∧
     ゝヾ、:::::::::::::.ヽ,,,,r''ヽ(,,ィ='゙テ‐--゙  ヽ!::::|::::::::|i    ̄.r- 、 _'_  ̄ /:::::|:::':::::ヽ
    ./ ヽ;;ヾ.、;;;::::::::::::::::::ィ/-、/   ::    `ヽl:::::::::ト、   l    ヽツ   ,/|::::::::l::::::::::::ヽ
   /   ,、_ヽ、,,-三三彡゙    ̄` .::::...    |::::::::::l:ィ\. ヽ、___/ /;;ィl:::::::::|::::::::::::::ヽ, ,-、_.. r-- ァ
/ ヽ、_  /  Z___   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|、::::::゙>、| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾ:::::::::::::::::∨  '‐┘ └─‐‐┐
\  >`フ        〉  .:|  ┌─────┐  |!.` /,f'ヾ ̄フ '''マ  ,/.:ト、:::::::::::/               |
  丶' /  ィ===-ァ  /~'' ー|  | | ̄ ̄ ̄ ̄ .||;|  ト, //ヾ::::ヾ`=、   ´>::::::::i \:::_`_、 /二コ  i二二二,,,,
   , 、_ ヽ,,/ |  .|/  /   |  | |  | ̄ |   |.i|   .|:ヾ.レ'| ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄\. }|__________|
  /   >  /   ヽ ー'    .|  |_|  └‐┘  | |!   |:::ヽ'└──‐┐ .┌‐ァ   ./V:::::::::r─┴────‐┐
 /  / /  x.  \.    |  |::!__r─.i_,,| .!  |::::::ヽ.    ヽi|   | く   .,イi;:::::.\ :::|  ┌┬──┐  |
/  ./,, '"  ./ ヽ  `ヽ、.  |  └────‐‐┘ ..|::::::::ヽ.   ..ノ|   | `Y''i.| ト;::::::...ヽ|  └‐┴‐─┘  |
`'' 、/ \_ /   ..ヽ、_/  |__r─────‐i__,,|:::::::::::ヽ, r',i ̄  ノ   .!.l ノ ヽ .::::i;:|__,r‐r─r─.i__,|
                      /::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:::::::::;r,,ニ彡'´. ̄i、   ..:::::l,ノ_,=ヾi:::::::li、::::l:::| |:::::i
                  /::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:l;::::::(/.::::::::::\   | `'':::::::r'゙:;:;:;:;:;:;:;l:::::::l l::::l`! l::::::l
                  /::::::::::::;:;:;:;:;:;: /.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:::::::::::::::::::::::::\ !   /,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l::::::l. l:::| ヽ,|;;_::|
                   /::::::::::::::;:;:;:;:;/.:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: ト;::::::::::i、:::::::、;;:.\ ../.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l::::::ト,l:|  ヽ∧{
                /::::::::::::::::;:;:/.:::;r‐‐‐-- 、;:;:;|ilヽ;:::.ヾ`''、::ヽ、゙ヾX:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::l:;::|lヽ、 /::/ト、
                 /:::::::::::::::;/.:::::::;:;ヽ,    ,,rヘ|l  ヽ;:.\ \゙''-(;:;゙''ー-:;:;:;:;:;:;:;:;:|:::|:;:;|!イ,,X゙:://:::;〉
                /::::::::::::::/.::::::::;:;:;:;:;/_,,,=''´~ {,,f´`ヽ、 \::.\ >、丈;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::l゙:;:;:\ニ''-'':::,,へ
              /::::::::::::/::::::::::::;:;;r'' ̄  ./`>'´    \. ヽ;::ヾ、  `个-、:;:;:;:;:;:;:;jノ.;:;:;:;:;:;:`i-'''i゙ふ .,〉
            /:::::::::/.::::::::::::;;/ ,r-、_ //    i   ヽ;;ノ\ヽ  |ヽ、{;;;;;;_:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|.  `ー''゙
           /::::::/.::::::::::::/   /   ,/     ..::l.       \.  l.  \ `i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l














    , '´ ̄ ̄` ー-、
   /   〃" `ヽ、 \  話は署で聞くにょろ!
  / )└ ハ/     \ハヘ  ガシッ!!   /⌒ヽ        次回のテーマは
  |i ⌒、 |リー''゛Й `ー }_}ハ  ?  , '´ /    )ー-、
  |i | 从 ●    ●l小N  /   ゝ、.......ノ .:::/⌒ヽ   「日本共産党篇・第7話
  |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ  /      u  |/u::::/    .)   民主集中制(完結篇)
  | i⌒ヽ j  (_.ノ   ノi|__ / ̄ ̄ヽ-、    ::::∠ゝ  / )
  | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::(___ノ-‐` yarukyo ::::<) ̄ ノ   にょろ!!
  | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::|  u   .::::::::::::::::::::::::ゝ-" |
  | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >''.|   .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |



















        / ̄ ̄\   
      /    u  \      .____
      |::::::      u |   ./      \  
     . |:::::::::::     |  / ⌒   ⌒  \   嘘、大げさ、紛らわしい、
       |:::::::::::u:    |/  (●) (●)   \   JAROがあるJARO。
     .  |::::::::::::::  u  } |    (__人__)     | 
     .  ヽ::::::::::::::    } \   ` ⌒´     _/ 
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――  
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)
ほ、ほんとに今回で終わるつもりだったんですよ……。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。