「やる夫と学ぶ教科書(略)」5つの補完ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





                 ◯                  ____/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 //           ____/                  \___
                // |\_____/                             /
                // │                                      /
               // │                                    (
               //  │                                       )
              //  │   「やる夫と学ぶ教科書に載ってない新左翼の歴史」  /
              //   │                                    /
             //   /                                   /
             //   /                                   /
            //   /     「日本共産党篇・第7話                 │
            //   /         民主集中制(完結篇)」              /
           //  /                                    /
           // /                                     (
          //<                        __/ ̄ ̄ ̄ ̄\_ \
          //  \__            ______/                ̄
         //       \________/
         //
        //  
    __ //
  γ____ヽ//
 ( ・∀・)//
 (    つ
  人  Y
 (_(__)






















          °              _,,--⌒^``:、       ο
                       ,r''"       ` ‐-、              _,,._
     ,,r''"~⌒^`:、       _,,..-‐''"        ^`:   `、       __,, --‐''
  ⌒^~'       ` ‐- --‐'''""`⌒^.、..,,__      __ ,... .-‐`‐ -‐‐''''""
  ,i'⌒ヽ    シ               ''':‐-,‐‐'''           ⌒^~
 ,(    )ο //    ο         °     ""'⌒-- ,, , ;; ,,, ,,,;;
\  |  ゛-、 /./                                  --
\`ー'  \//        ο          °       ο
   `   ",ノ
o   |  /゚   ,i'⌒ヽ、              ο        °
゙、\_ノ  i o (    )       °
 ` 、゙   ノ /`;;;;;_ノ  ο
     i,//´       ♪あ~あーあああああ~あー
   i    /     ああーあああああ~
   i   | r                                     °
   i   |ノ
  /ο i       ο
  i   |
ー.^ノ、.......,iー.⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒














   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /    ……父さん。ロシアは、雪国なわけで……。
   ,'                   /     このブログのネタばりに、寒いわけで……。
 ̄ `ー -               /
        `  、        /     でも父さん、その寒さを忘れるような、
:.:.:.:.:.:...        、      /     革命が起きたわけで……。その話が長すぎたわけで……。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ     父さん、やっと今日、「民主集中制」を
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   話せるわけで……。
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ 















.           / ̄ ̄\
.         /  _ノ .,;;,. \
         | .iil(○)illi(O)|
         |   (__人__) |
         |U   |ii!!ii!!|| ノ   と、父さん……、
         |  U |o0Oつ}  モスクワに行くと腹も空くわ……。
          /ヽ    |ェェェU }ヽ
        /  ヽ   U || ノ|           / ̄ ̄\
       /   ∩ _rヘ U|  / ズンッ!!   /ノ(       \   唐突に訳分からんネタで
       |   /_ノ    |____ /  ⌒         \   始めるんじゃねーお!
      |  / / /::、::´ ̄  ̄  =― ー ̄ ゙゙̄―゙―?、|
      lヽ、__./   ヽ丶=―――__           \
      |        丶   ゙`゙ ̄ ̄   ̄ ̄ー         \
      \                     `\        |
                             (゙ ト、       |












   / ̄ ̄\
 / ノ  ⌒ \
 |  (●)(●) |   ……と、いうわけでいよいよ
. |  (__人__)  |    「民主集中制」のシステムに迫るぞ。
  |   ` ⌒´  ノ      
.  |         }      
.  ヽ        }       
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \









       ____
    //   \\
   /( ●)  (●) \   今のネタは「なかったこと」ですかお。
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \   そうですかお。
 |     'ー三-'     |
 \              /













         : : : : : : : : : : :. :. :. :. :.i: : : :.\
         : :. :.i: : : i:|: : : : : : : : :ト : : : ト \
      i  :  : :. :.|: : : !: i: : : : : : : :小:.:.i:.|  ` ヽ
      |  :.  : :i: :ハ: : :. :.!: : : : : :./: :| | :|:.|
      |  :. :.: :.:レ′: : : : : : : : :x.:.: :.:|:.! l! |
     !  : : イ : : : : : /: : : :γ 〈:i: i/ : ハ|
   i   : :/ |/: : : : /: : :./ |i  八 l: :/  }
∧ ∨  ヽ./ : !: : : : : : : イヘ代_从:.:ル′    ま、今までの流れを見ていれば、
  ヽト、:i  }' : : : : : : : /    小: :ハ   「少数の指導者が大衆を指導する前衛党論」が
   } ハヽ   : : : : :i〃      イ: |:?     マルクス・レーニン主義の基礎だということは分かると思う。
   八   ハ:.:.从{  .:   ´ }从|
.   x‐}∧{ }'___{二     }
  /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. 乂
/: : : : :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :>
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.:>
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. /::/:.≧x











          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ
       |i │ l |リ⌒     ⌒}_}ハ
        |i | 从 ●    ● l小N     そして、その党組織は……、
       |i (|ミ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ   ミ
       | i⌒ヽ j   (_.ノ   ノi|__/⌒)
       | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.
       | ∧ 人l||l,三|:::::/l| |l||l 从
       |  l ( ⌒ ):::V::/ | ( ⌒ )












    ∧∧
   (=゚ω゚)ノ 党員
 ?(  x)
   U U







             











            ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ( ・д・)< 地区組織
             _φ___⊂)__ \__________________
           /旦/三/ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        |長野リンゴ |/








             










                  / )
                 ./ /
                / / 
                / / 
              ./ /_Λ  
              / / ´Д`)     地方組織
             /     )
           /.|    /
          //|    レ
        //  |     )
        (/   /    /
            /  / /
           /  //
         // /
        / / /
        (_/ /
         (_)









             











    ∧_∧                       ∧_∧
    ( ´Д`)     ∧_∧              ( ´Д`)     ∧_∧
   /    \    (´Д` )            /    \    (´Д` )       中央委員会
__| |     | |_   /    ヽ、       .__| |    .| |_   /    ヽ、
||\  ̄ ̄ ̄ ̄   / .|   | |        ||\  ̄ ̄ ̄ ̄    /|    | |
||\..∧_∧    (⌒\|__./ ./        .||\..∧_∧    (⌒\|__./ ./
||. . (    )     ~\_____ノ|  ∧_∧. ||. .(    )     ~\_____ノ|    ∧_∧
.  _/   ヽ          \|   (´Д` ).  _/   ヽ          \|    (´Д` )
.  |     ヽ          \ /    ヽ.   |     ヽ          \  /     ヽ、
.  |    |ヽ、二⌒)       / .|   | |   |    |ヽ、二⌒)        / .|    | |
.  .|    ヽ \∧_∧   (⌒\|__./ ./ .  .|    ヽ \∧_∧    (⌒\|__../ ./
   ヽ、___(    )      ~\_____ノ|  ∧_∧ ___(    )      ~\_____ノ|   ∧_∧
.         _/   ヽ          \| (´Д` ).    _/   ヽ          \|   (´Д` )
.         |     ヽ          \ /    ヽ、   |     ヽ          \ /    ヽ、
.         |    |ヽ、二⌒)       / .|   | | .   |    |ヽ、二⌒)       / .|    | |
.         .|    ヽ \\       (⌒\|__./ ./ .   .|    ヽ \\       (⌒\|__./ ./
.         ヽ、____ \\       ~\_____ノ| .   ヽ、____ \\      ~\_____ノ|










             











             ,,,,:::::::゙゙゙゙、-‐‐-、::::::::-‐‐-、゙゙゙゙::::::,,,,
           ,,::"::::::::::::::/    ヽ/    ヽ:::::::::::::"::,,
          /::::::::::::::::;;;;l    ●|●    l;;;;::::::::::::::::\
        /:::::::::::: ''"   ヽ.   ,.-‐-、   ノ  "'' ::::::::::::\
       /::::::::::/  ー-、,,,_   ̄´l::::::::::::l` ̄  _,,,、-‐ \:::::::::ヽ
       i':::::,、-‐-、.     `'''‐- `‐-‐' -‐'''´    ,.-‐-、::::::::i,
       i'::::/      ──-----  |  -----──     ヽ:::::::i,
      i':::::{.     -----‐‐‐‐‐  │  ‐‐‐‐‐-----    }::::::::i
     .|:::::i ヽ.,         _____,,,,,,,,|,,,,,,,_____         ,ノ i:::::::|
     .|::::|   `'t‐----‐''''''´         `''''''‐---‐t''´  |::::::i
      i::::i    i                      i    i:::::i'     最高指導者
      .'i:::i    i                      i    i::::i'
  , -‐‐- 、::i,    ヽ.                     /   /::i'
 /     ヽi,    ヽ   /゙゙゙゙゙゙゙"'‐--‐'"゙゙゙゙゙\  /    /:i'
 {      } ヽ     \ /             i/    ./'´
 ヽ     ノ:::::::\     `''‐-、,,,,,,,,,_______,,,,,,,、-‐'´    /
  `'''''''''t":::::::::::::::::\,,,,__               __,,,,,/
       \::::::::::::::/;,,,,,,,,"""'''''''''''''ゝ‐-、 ''''''''''''''""",,,,,,,},,,,,,,,____, -‐- 、
        \::::::/:::::::::::"""'''''''''''''{===}'''''''''''''""":::::::::::::::::::: /     ヽ
         、'''゙゙ ̄ ゙゙̄ヽ./   `ー゙‐"    \:::::::::::|:::::::::::{     }
        /        ヽ            ヽ::::::::|‐‐--ヽ、______ノ
       /         |─--、、、,,,,,,,______   |::::::::|
       |          |         |   }::::::::l
        |          |         /  ./::::::/
       ヽ.         /ヽ、,,,,________,,,/  /::::::/
        \      /ー----------‐‐''´:::::::::/
          `'ー--‐''゙     `゙ヽ::::::::::::::::::::::::::/
                     /ヽ;;__;;;/、
          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{,         }
       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー-------‐














                ,. '"´ ̄  `、
               /           ヽ
              /      ノ,    (○) Y     ←委員会(指導部)
             i      (○)   、__ ) ヽ
             |       '、__/    !
             |                  /
             |               /   ……という「階級」で構成され、
              |       _,,.. -‐'"´  多数の活動家は少数の指導者に
              |    , .'"´        絶対服従を強いられることになり……
              i   .!
                ゙、  ゙、
                \  ヽ
                  ヽ  !
                    ノ/
               i'/
                  !
       / ̄ ̄\
     /       \ :
     |    ( ○)(○) :  
     : |     (__人__) :   レーニンは上意下達の軍隊的組織を
    :: |     ` ⌒´ノ.:    志向していただろ、革命的に考えて……。
    .  |         }.
    .  ヽ        }.
       ヽ     ノ
       /    く    ←細胞(党員)
      : |     | :
      : |     .| :












         / ̄ ̄ ̄\
        /  ─   ─\   革命組織は軍隊かお……。
      /    (●)  (●)\
      |       (__人_)    |
      \      ` ⌒´  /
       /          \
  ___  /  __,ィL_______\_______,ri
  |   ̄.|   |〔|。 lニニニ。。ニr====[imm___ニニニ_Ll===========
  L.:=-‐''\  .ヽ──´ ⊃)(__,,..=i`─´ ̄ ̄ ̄ ̄
       \____ノ  |ll l ||
                 L.=-'









     i     l   : i l ',::..  ',:::ヽl:::::::',:::::::::l
    :i   .:l .:l.   :: l:: ',;. l::::::   ',:::::l::::::: ',:::::::l
    ::l   ::l :::l   ::l l',: l ', l,::::, -‐l:::::l::::::::::',::::::',
    ::l.   ::l :/l  ::::l. l. ',:l il/:::::: :l:::::l:::::::::::i::,,:::i
. i  :::_. -‐-- Z__l. -:':/l/. 'l ´ll. 〉:::::::l::::l、:::::::::l/.',::l
. l  ´:l  ::/i ,' _l :::/ l  l  _.. =',= 、::::i::',::::::::l  ',l
..l  i::::::l ::l. ll __l::/  |  /rヽ i ,l ',/:: ',::::::l  l
/l  l::::::l :l.=l.r~ヾ~/`ヽ.  ./  i_;j ./ ,l  l::::_ ',:::ll
.:::l l::::::i l   l ;; l. l  .L =l  ― ´ .,' /:( `ー‐- 、
. ::l :::::::i ,l 、 `='‐ '   i  '.,    .i/;::;_ ー 、.   ',   つまり「職業革命家」によって構成される
 ::',. :::/  i ./ ',  /  i `ー‐ ¨i::::::l_  ̄ヾ 、  ',    「党指導部」に権力が集中する、
l  >´  /´  ./_.,..,'       , ':::r- 、`ヽ. ヾ   l    それが「集中制」の意味……。
.l  l   i /  ,.' i .l r一'ヽ  , ' i/.ヽ._ ヽヽ.  ',  l
..' ,.l   l/   ,'、 .i  l. ` ¨´ /   l::/丶 ヽl  i.  l
  l   i   l  `,'  .l_./ヽ/      l/  l.  l  i.  l
  l   l   l.. ,'  l i  l'.,        」  ',   .j
.  l  .l   l ,'  ,' .,'  .l. ' ,         l      /
ヽ. l  .l   l ,'  ,' .,'  l  ',     /'     /:l
::::ヽl  '   ''   i /  ,'   /i.   ,.'       ,.'::::::丶
,::::::',ヽ        ll  ,'._/ ,.l   ,l      , ':::::::::::::::l
.',::::::',. ',         l  _/ l. /::l     /:::::::::::::::::::l
. ',::::::', ' .,          l ̄   /.l i::::::`ー-‐ '::::::::::::::::::::::丶








             __
           ,,.-´     ̄`ヽ
         /  __ノ  `ー \
        /   ( ●)  ( ●)ヽ   けどそれじゃ、
        |       (__人__)   |   どの辺が「民主」なんだお?
      /.|              |\
     / / ̄'‐、        /  \
   /  /    .7 ───一′ ヽ   .\
   \ ∧   __ノ ∧   .∧   |   ./
     /´  `ー'〉   .i   .l ..|  /  /丶
    ./     /    ヽ /  | / /    \








       /^7_
      ,' / /              
      |  //ヘ-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
       |  /  / /" `ヽ ヽ  \  
   三  |   //, '/     ヽハ  、 ヽ 
  / 三 .L 」 ミ{_{`ヽ   ノ リ| l │ i|  それはもちろん、
X /   | | .レ!小l●    ● 从|、i|   選挙と討論の自由にょろ!
 /     | | ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│ 
       /´`'J __|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
. ―   ヽ._人::::| l>,、 __, イァ/  /│
.  ― ミ ノ ノ:::::/| /ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   ミ (_/`ヽ< | | /ヾ∨:::/ヾ:::彡' | 











       ,. -――‐- ._
     ,. '´ /⌒ヽ /⌒ヽ `ヽ
    /    !  o l_!o   !   ヽ
..  /  ,. ‐へ_,ノ-ヽ__ノ‐、  ヘ
  ,' / ``'''ー-  ゙、_,ノ  -‐''" ヽ  ',  つまり地方組織=地区委員会や 
  ! l  ̄ ̄_   |   _ ̄ ̄ l  |    中央組織=人民委員会の「指導者」は、
  l l ‐弋´   |   `~フー ! l   党員=細胞の公平な選挙で選ばれるんだ!
.  ', ',    >-、_ | _,. -'"   / /
   VV  {   )  ̄      / /     民主的でしょ?
    ヽ/ `ー'_____,//
    /    /--/⌒ヽ----┘、
    l     /  ヒΤフ  ヽ  \










           _          _____
         |r‐'      ∧/ヽ__, `ヽ、
         ||      (/  ー' 、__ー┐:.
       (⌒ン      i⌒  ( ̄`ヽ    |__j   しかも上級機関での未決事項については、
    (⌒i        ハ __ _〕ー'′   6)   下級組織でも自由な討論が認められているぜ!
  r‐―┤ \      {  ヽ    ̄ ̄ ̄l  {
 「ニニl !   }       \  \, -r― 、/ |    「民主的」だろうが!
 ゝ二l___ハ         「\_ { /  r'__/}
       l    `ー… ¨ ̄ゝ、_\__ノ__,.へ、
      ヽ       /         __    /
         \      /  ∧   /{{     {












       , ──── 、
    ゝ/ _______ヽ
     i  | / /⌒ ヽ/⌒ヽ
     | _| _|   ・|・  |__
  , ─i 、    ヽ __ o__ ノ  ヽ    じゃ、上級機関が決定したら?
  !  `-、          |  !
  \   ヽ、   ──┘ ノ /
    \   \二二へ二ヽ/
     \ |        |
       |        |



















                     (_(_(_, ヽ
                   , ─── 、  (⊃_ ノヽ
  ┃ ┃┃          /WWW \ \   l     l
  ┣━     | |    l \ll/    ヽ/^ヽノ    |
  ┃       | |    (| (。) ∠      ノ      !    問答無用で絶対服従に決まってるだろ!!
      ┃┃ | |   / (二) / ⌒ヽ  | |    /
   ━╋┓    /|  l _    /\ \|  l l    く
\\ ┃┃ |\/ |/| (__/ \ ヽ ノ //    \
  \\   _|   _└  ヽー`ー`─ ´ /´
 ☆    \   (ヽ  \  |  ̄ ̄ ̄   / ⌒ヽ
  /⌒ヽ ∠   \\/ヽ l      ̄ ̄|   二|
/   /\  |/ヽ/\ ヽ_ノ ヽ、_    ヽ_,_ノ
l_/\/\  /\/  ̄    \  ̄ ̄ ̄












           r、     r、
           ヽヾ 三 |:l1
            \>ヽ/ |` }
             ヘ lノ `'ソ
             /´  /
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \    ちゃうちゃう。
        |      (__人__)     |  それ「民主的」とちゃうちゃうお。
         \     ` ⌒´    ,/   
 ヽヾ 三 |:l1         ヽヾ 三 |:l1
  \>ヽ/ |` }          \>ヽ/ |` } 
   ヘ lノ `'ソ           ヘ lノ `'ソ
    /´  /             /´  /
    \. ィ              \. ィ










   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)   また実際、未決事項であっても
. |     (__人__)   党中央の方針に逆らうような意見は
  |     ` ⌒´ノ   厳重に禁止されることになる。
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \









         _____
        /        \
      / ヽ  、: : ,  /   \
     /    ゝ_ノ: : :ゝノ    \  な、なんでだお!
   /    ( ○ ):.:.:.:.( ○ )    ヽ   建前とはいえ民主的じゃないのかお!?
    |      /   !  ヽ        |
    |      ゝ _ノ ゝ _ノ    l j  |
   \     |!i!i!i!i!i!i!i!|      /
   /     l!i!i!i!i!i!i!i!|      \
  /       ー――‐ '       ヽ










          , --────-- 、
        /           \
       /              \
     /               l     \
    /              ノ::::::::::::::::::::::.\
.   /             _, -'´:::::::;;;;;;;;;;;;;;:::::: \
  |            ,r========ヽ     ,,r'===ヽ
  .|   ー‐‐‐---《;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ-‐-《;;;;;;;;;;;;;;;;;;;》
   |         \;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ    ヘ_.;;;;;;;;;;;/   そりゃま、党の指導者ってのは
   .|               ̄ ̄ ̄   `;    ̄ ̄|    革命を先導する党組織の、さらに
    |            |      |     |    その頂点に位置する人物だからな。
    |            |      |     |                       =二=二 ̄
    .|             \__/\__/|          ,. ,._  ,.-,.、       -=二_ニニ
    |.               ヽ   _  ノ  |          // j / / ノ     -=ニ_ ̄
    .|                 ̄ ̄   ̄  /      __ノ `-/ノ  `ツ       __ニ_二=   そこに一つの「神話」が生まれることになる。
     |                       )     //  // _,_{ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄/^/;;'´ ̄ ̄
      丶                      l     ヾ、_/  /_i______i_ヾ:;'
      \                      l          / -=j"  ,_/
       \                  / ,.--、    /   /  ./
         ヽ               / }ヽ \   ノ   _}  / \











               ____
            ,. -'"´ .,.、ァ≠メ、.`¨ー 、
            . l´~`         `ヾ、  .ヽ、
         /          _   ヽ   ヽ、
         / / ,.`ヽ     イ ,r;.、`ヽ        ヽ、
       /  .i ヾツ !        ゞ゙ン  |          .ヽ
      ./     --ノ´       ヽ ._ 、             .ヽ    「神話」?
     /       . ヽ  、                        i
     /     ._ ノ_                       l
    ,'      .{ 、_,、丶                      /
    i      冫ー 'ヽ、 __                     /
    ',      .` ー__‐                  /
     ヽ、                         /
      ヽ、_                     /
         `¨i                     ヽ
          /                      ヽ
         /    










                 ヽ


         : : : : : : : : : : :. :. :. :. :.i: : : :.\
         : :. :.i: : : i:|: : : : : : : : :ト : : : ト \
      i  :  : :. :.|: : : !: i: : : : : : : :小:.:.i:.|  ` ヽ
      |  :.  : :i: :ハ: : :. :.!: : : : : :./: :| | :|:.|
      |  :. :.: :.:レ′: : : : : : : : :x.:.: :.:|:.! l! |
     !  : : イ : : : : : /: : : :γ 〈:i: i/ : ハ|
   i   : :/ |/: : : : /: : :./ |i  八 l: :/  }   それは、
∧ ∨  ヽ./ : !: : : : : : : イヘ代_从:.:ル′  
  ヽト、:i  }' : : : : : : : /    小: :ハ    「指導者の方針に
   } ハヽ   : : : : :i〃      イ: |:?      誤りなんかあるはずがない」、
   八   ハ:.:.从{  .:   ´ }从|
.   x‐}∧{ }'___{二     }        という美しくも危険な神話……。
  /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. 乂
/: : : : :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :>
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.:>
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. /::/:.≧x









                     ______
                /           \
              /              \
             /      ⌒     ⌒ \
           /     /  `ヽ    /´  `ヽ\   誤りが無い?
          /        (   ● l    l   ● |  ヽ   そんなもん人間なんだからお、
            |         ヽ_  _ノ    ヽ_   _ノ   |   時には誤りくらいあるでしょうお?
            |        ´ ̄` (    i    ) ´ ̄`  |
          \          ー‐ ^ ー     /
           \           ー一       /
           /                      \











             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{`ヽ    ノリ| l │ i|   そうじゃないにょろ!!
         レ!小l●    ● 从 |、i|    方針が誤ってたら、
――――――――――vi ⊂⊃ |ノ│         「指導」なんて出来るはずがないにょろ!
               |   j /⌒i !
___________.| イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |












       , ───  、
     /   / ⌒ ⌒ヽ\
    /    , ┤  ・|・  |-、ヽ   _Π_
.   /  /  `ー ●ー′  ヽ .i 真 i    「指導者の意見は常に正しい」!
   l  /    三   |  三  | | 実  |
   | l  \       |    / l | の  |
   ヽヽ  ヽ`ー─┴─´/  /. | 旗  |    だからこそ指導者の方針に逆らう奴は、
    ヽヽ  \ _____ / / (__ 印 |    正義に反対している害悪なんだ!
      >━━━━ ,-、━´  ̄  ノ ̄
     /   /   ヽフ ヽ |─ ´











           ( ⌒ ⌒ )
           (     )
           (、 ,   ,)
             || |‘
         / ̄ ̄ ̄ ̄\
         l ∨∨∨∨∨ l
         |   \()/   |
         (| ((・) (<) |)      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         |    ⊂⊃   |    /  
        | .| ⌒ \.l/ ⌒ | |  <   そんな奴ら、排除されて当然だろ!!
      / |. l + + + + ノ |\  \
     /   \_____/  \  \___________
   /   _              \
  // ̄ ̄(_)               |
  |ししl_l  (            |    |
  |(_⊂、__)            |    |
  \____/              |    |













           ___
       ,. -'"´     `¨ー 、
     /          ヾ  ヽ、
    /             };  ヽゝ.
   /      r´   __, ..イ ト┬-、i
   ,'       L._∠,´.!___,.ノ ヾ, ̄ ヽ,
   i                 }    }
   |          ヽ ,___,,ノ`ー-'ヽ,
   i                ̄ "'''"´  }   こうして各国共産党の指導者には、
   :                    ./   「無謬神話」と呼ばれる絶対的権威が
   i                    ,!    生じることになった。
   i                   !
    ',                   {
    i                   !
    .}    !               }
    i     ヽ、          i  ,'
    l      ヽ、         |. /
    /        ヽ..,,____,,..ノノ
  ノ                  {










          ______
        /         \
       /            \
     /      ,   、,,.-='、'、 \
    /  `┬;;;:::┬′   ゙.゙、;;;;::',ノ  \   「無謬神話」って……。
  /    ⌒゙''''''´"    `''''''"  u   \   そりゃまぁ、本当に誤りがないんだったら
  |    U                  |   いいでしょうけどお……。
  |                       |
  \                     /
    \                  /












                               /  ̄ ̄ \
                               _ノ、 \_    \  実際にはやる夫も言ったように、
                              ( ●)( ●)    l  人間は必ず誤りを犯す。
                              (__人__)      |
                              (`⌒ ´      |   そうなると、その誤りを指摘する人間も現れる。
                               {         |    だが……。
                               {       .:.:.ト、
                               ヘ      ノ" }  ` 、─────────┐ 、
                               ,. '′ 、ヽ、 _ /.: .′    `  .///////////////}||ll\
                         ,.. '´   \ ヽ/,ハ::.:..:. /            ` ー- 、///////:}||ll|ll|}
                       /     ノト_,ノ┘″}:.:.:./ __  -─…        ヽ///// }||ll|ll|}
                         /  _,. イ      ヽ / -‐              '/////}||ll|ll|}
                      /    /  ,                  、         '////:}||ll|ll|}
                       /     ,/ .:レ        /           ヽ       ‘.///}||ll|ll|}
                    /     / /       ,′              ,::..         V//}||ll|ll|{
                      /      ′:′        ′           /;ハ:.:.        ∨/||ll|ll|{
                   /     .::' ..:.:{       .:i         ..:.:.:/:.:..:ヘ:.       ∨||ll|ll|{
                 , ′     .:.;:.:.:..:.':..         ‘       ...:..:.:.:./..:..:.:.:∧:.       'l||ll|ll|{
                 ′     .:.:j:..:..:/ !   ::...        ¨"´  ..:..:./..:.:.//∧       l|l|ll|{
                    .: .:..:.:;'.:.:; ′}   /    \       .:..:..: '.:.:://///ヽ       'l||ll|{
                 ‘.  .:..:..:://   }  /  .:'    ヽ      ..:.::'´..:.://///// ヘ __    'l|l|{
                 } ..:.:.:.:∠   -─}          }      ..:.:.:.::///////,.. ´  `ヽ  'l|l{
    ,.. . _      r─…   `ー‐匕.    -─,      }:.            .:.::_;厶 -‐ ''"´          'l{
  /    ` '   L._::{f¨ ̄三三三三三三,′    !:.:.        .:.:/                 j
 /                  ` <こ三三三三ン    .::/       !     , ′   .:}. -──…… ' 二二|
./                       `   、/  {     ′       j  / /   / / ̄ ̄三三三三三三|













       ░▒▒▓▒░▓▓▓▒
       ░▒▓▓▒░▒▒▓▒   何?
        |    ⊂⊃   |  党の方針が誤っているだと??
       | .| ⌒ \.l/ ⌒ | |  
     / |. l + + + + ノ |\  
    /   \_____/  \     ※プライバシー保護のため、
  /                  \      画像は修正しております。







    ∧∧ 
   (,,゚Д゚) そうだゴルァ!
   ⊂  ⊃   地方組織から陳情がたくさん……。
  ?|  |
    U"U










                  ░▒▒▓▒░▓▓▒░▒▒▓▓▒
                  ░▒▓▓▒░▓▒░▒▒▒▒▓▒ 
            , ‐''''ー、   ., 〃 !-''イ゙⌒゙iー' ☆  |、.l
              /_.   !  l.,..|☆  'ーt'''"      /      __,,,, 馬鹿野郎!!
      ,/'"゙ ̄''',, } ,.r"  ,l゙__    ..-.'''''"゙´´゙゙''''、 l  _.../      「広範な全権をもち、全党員の信頼をえた、
    /  .'-、. `'、 リ`゙゙゛    |.',__,..-'"     .,..-.、 ヽ .|',:;:;:;:;:;\     権能ある、権威ある機関」たる我が党の方針が、
   /   `"'、 ゙l l │      ! ',    .,―-.../   . ! ,' .! l:;:;:;:;:;:;:;:\   誤っているはず無いっつーの!!
   l./ `、  ', .,,'''''゙',       ヽ ヽ  .(     ,.. '".ノ/l !:;:;:;:;:;:;:;:;:;\
  i| ',, ‐ヽ/.!._../     _,,-'"\.\_``'''"゙´,,  ;;/ l_,,.ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\
  /"゛    _,.../       / .l:;:;:;:;:;:;:;:;|゙''''ー`-`-`''''"_..-'''フ   ヽ、___.... --‐
  l.    ´  .!    /  :;:;:;:;:;:;:;:;:;|../i--―ー     /     l リ'-、
  l        ゝ-''''"   . l:;:;:;:;:;:,..‐ゞ  ヽ、     . /       l ',::::`'-─
  |                 i:;:;:;/ /      ヽ、_ ./        l /:::::::::::::::
  ',                ,レ‐゛ ,,ii".!        †         / /:::::::::::::::::
   !           / _,,.-'/^l ',              / /::::::::::::::::::::
   ヽ         ゙''"} . /:::::::ヽ.ゝ、            / /:::::::::::::::::::::::::
    `'ー..______,,,,..、 -‐l!/::::::::::::::`''-、\.._      . / ./::::::::::::::::::::::::::::
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::`'‐、,゙゙''ー .../ ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙'''―‐ '":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::








ビクッ. ∧ ∧ ∧ ∧   
  Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)  け、けど、実際にこうして 
     ./ つ つ    経済的貧困や産業の停滞という問題が……。
  ?(_⌒ヽ ドキドキ
     )ノ `Jззз











      ░▒▒▓▒▓▒░▒▓▓▒
      ░▒▓▓▒░▓▒▒▒▓▒ 
   ウ   |__|    (@ (@ |、   党の方針は正しいのに結果が出ない、
      (d  へ   ⊂⊃  'ヘ     それはつまり……
   ウ   | i⌒\ /__!_\/^| |
    :   | | WW//WW\\| |       __
      __i\ヽ-//一⌒ー-\\  ⌒ )    /
    /  \ / / ̄ ̄ ̄ノ ̄ヽ\(    ) /
   /⌒ヽ   //  ̄ ̄ ̄  |  i (   ノ  ┌┴┐
   |   ( ` ⌒ )     |  |  ` ′     /
   |__| (   )      |_|           ツ
   |   |  ` ′      |  |










 \ | ̄|□□ | ̄|□□ |____ | /
 / |  |_ | ̄   ̄ ̄| ┌┐// \
 \ |  _|  ̄|  | ̄| |  | | ̄ /
 / |_|    |_| |_| ノ /   \
  ̄/    , ────-  ̄ _| ̄
    ̄  //V:V:V:V:V:V\,
   )   ||::::::::::\:/:::::::::||   (
    )  ||::::(×):'':(☆)::::||  ( (
  )三三)::::::::::(二二)::::::::::(三三 (    党内に裏切り者がいるからだ!!!
   ) _ /::/ヽ/::::::\/ヽ::ヽ_ (
  / |:::::|//|\:/|\\|::::| \
 /   ヽ// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\:  ヽ
 |   //、\__(二 二)__//\\ |
⌒ //   `-─--─-- ′   \\⌒











                     ____ 
                   /⌒  ⌒\
                 /( ●)  (●)\     なんでそーーーーーーーなるのっ!!
                /::::::⌒(__人__)⌒::::: \/⌒)
                |     |r┬-|      |ニニア
              __\.    `ー'´    /:::::::::/
            (⌒||::::::::::: ̄\\   // ̄:::::::::::::/
             " ||:::::;;;;::::::::::::| |  | |:::::::::::::::/
               ` ̄.ヽ::::::::::| |>x<| |::::::::/
                 /::::::::::/ /.   \:::::::\
               /::::::::;;;;;;;/  ̄\ ヽニニニヽ    
                ̄ ̄\_     |/
                   _ノ \___)
                 (    _/
                  |_ノ












        / ̄ ̄\.             
      /      \.........:::::::::::...       | 
      |::::::: :      | .... .........::::::::::...r‐ ' ノ.
     . |:::::::::::::     | .... .........::::::::_ ) (_  
       |:::::::::::::      |.. ..... ......:::(⊂ニニ⊃)   
     .  |:::::::::::::::     }  ..... ......: ::::`二⊃ノ. 
     .  ヽ____    }  ..... ......: :::: ((  ̄
        r'ニニヽ._\. ノ.. ..... ......: ::::::  ;;.    
      r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ     作者本人すらリアルタイムじゃ知らない
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ     古い芸能ネタは置いといて、この裏切り者に対しては……、
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
 .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉
    |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/













                     (_(_(_, ヽ
                   , ─── 、  (⊃_ ノヽ
  ┃ ┃┃          /WWW \ \   l     l
  ┣━     | |    l \ll/    ヽ/^ヽノ    |  この人民の敵がっ!!  
  ┃       | |    (| (。) ∠      ノ      !
      ┃┃ | |   / (二) / ⌒ヽ  | |    /
   ━╋┓    /|  l _    /\ \|  l l    く
\\ ┃┃ |\/ |/| (__/ \ ヽ ノ //    \
  \\   _|   _└  ヽー`ー`─ ´ /´
 ☆    \   (ヽ  \  |  ̄ ̄ ̄   / ⌒ヽ  ぜ、全世界の共産党員が見てますよゴルァ!
  /⌒ヽ ∠   \\/ヽ l      ̄ ̄|   二|
/   /\  |/ヽ/\ ヽ_ノ ヽ、_    ヽ_,_ノ
l_/\/\  /\/  ̄    \  ̄ ̄ ̄










 , ---- 、
 | /^^^^^i
 C ゚ o゚ ヽ
 |   зノ ……ん?
 ト ---イ














      _____
     r' ,v^v^v^v^v^il
     l / jニニコ iニニ!.
    i~^'  fエ:エi  fエエ)Fi   皆さんこんにちは。
    ヽr      >   V   僕が偉大なる世界の指導者、「鉄の男」スターリンです。
     l   !ー―‐r  l
 __,.r-‐人   `ー―'  ノ_       ∩ ⊂ゝ
ノ   ! !  ゙ー‐-- ̄--‐'"ハ ~^i      |ヽ i三 |
 ヽ ! ヽ、_     _.ノ  i  \    i )  ‐ノ
ヾV /              ! /.入  /   /












          ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||     
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ      
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/   「『マルクス・レーニン主義は科学的社会主義である。     
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//         科学的ということは、正しいということである。 
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/       ゆえにマルクス・レーニン主義の党は正しい。       
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′        正しい党が選出したリーダーは、もちろん正しい。  
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l      リーダーは正しいのだから、その指示や命令に
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7     よって行われることも正しい。
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}
      |::.:.\::..::.::.::>ー'―-L∠_¨´
      l::.::.:..:. ̄ ̄ト 、, --、―弋i
       ヽ::.:..:..:.::..∧/    ヽ  i _ .. -―
       ``ーニ´/ー-、   | _|
       _. -―  ̄  ト―.:「:.:l
                 ヽ:..__:L_|
                ヽ.__)ノ










            r ̄`-‐ '´ ̄ ̄< ̄,二ヽ
               シ~ /" `ヽ ヽ `'、 //     命令は科学にもとづいている。それなのに、
           //, '/     ヽハ  、_Vヽ    もしうまくいかないことがあれば、それは
           〃 {_{`ヽ   ノ リ| l |、i|   内部の陰謀や裏切りでしか説明がつかない。
           レ!小l●    ● 从 |ノi|      陰謀を摘発しよう。人民のための党を
              | l⊃ 、_,、_,  ⊂⊃,| |     裏切るのは、人民の敵である』
           __ | |丶、  __ , 、',ァ' ! |    こうした理論を『前衛党の無謬神話』と    
         rf´ r弌廴-{f⌒itく. ヾTl7! |     呼ぶこともあります」
         `^ー'jfぶ!{_「フ癶._   ノ!!|===ュ
          /`^,コト、Y、   ̄ 「| |   |     (池上彰「そうだったのか! 現代史」より)
          }ー‐'´,.||ヘ}t `ー   }_!.|   |
           l   l || }个ーt--ェュ!|.レ'⌒ヽ
            |   | ゙1f⌒`7t==L1 fヘ|
          !   `ー冖t‐' リ     !  ー゙,!
           ヽ.___,ノ  `¨´    `ー‐'′











         /ヽ l⌒l                l⌒l /ヽ
      ∧ /:::::/ |::::::|                |:::::| ヽ::ヽ ∧
     / / |  |  |   |     /ヽ      /ヽ     |  |  |  | ヽ ヽ
     | |  |  |  |  |    / /      ヽ ヽ    |  |  |   |  |  |   __
  ´、`ヽ \ \ヽ:::ヽ |:::::| / /       \ \ |::::::| /:::::://::/,-'' ~ ,-'
   ヽ `ヽ:::::::::::::::y::::::::v /           \ v::::::::y::::::::::::::::/´   ,'''
    ヽ_        /       __     ヽ         _/
       ヽ::::::::::::::::  / .     /   \.    ヽ::::::::::    /
        ヽ::::::::   |    /      \   |:::::::::  /
         |::::::::   |   /: ―  ―   \ .|:::::::::  |   だから、数式があっている限り
          |::::::::   |  |:::::( ◎ ):::( ◎ )  | |::::::   |   正解が出せないのは答え方が悪い、
          |::::::::  |  |:::::::(__人__)   | |:::::::  |  それが「民主集中制」の考え方なんだよ。
       ,,-'' ̄ |:::::::  |  .|:::::::::::|┌┬┐|:::::  |.|:::::::::  |  ̄\
      /  ::::::: |:::::::   |  |::::::::::;|.| | | .|:::::::::::| |:::::::  ::|::::::::  ヽ 
      | ::::::::::::::|:::::::   | |::::::::::`‐---‐'::::::::::::| |:::::::::::::|::::::::::   |   誰も「式が間違ってる」とは言えないんだ。
      | ::::::::::::::::|:::::::  | ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::::::::::|::::::::::   |
      ヽ :::::::::::::::|:::::::  |lll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; lll|:::::::  |:::::::::::   /
       ヽ :::::::::::::|:::::::   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::::   |::::::::   /
        ヽ ::::::::::|::::::::   |;;;;;;;;;;;::::::::::::::;;;;;;;;|:::::::  |:::::::  ,-'´
         `ヽ、::::ヽ::::::: ノ;;;;;;;;;:::::::::::::::::::;;;;;;ヽ:::::: ヽ::::: ,-'













                        _...._
                     _,.-':::::::::::::`ヽ、
                   ,..-':::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     __         /:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::ヘ
     l::::::::::::::::::: ̄::::::ー.../::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
      ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ::ニ'::::l
      ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ `ヽ:::::::l
       \::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:、  ';::::::|
         ,ン、:::::::::::::::::::::`:-..._:::::::::::::::::::::::/::::::\ ';:::|
          / | |`ト 、_:::::::::::::::::::::`:::ー-......__/::::::::::::::\ヾl
         l ト ト. ト、ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         `ハ_|ヾ 弋弍f'ー、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          '´く.   'ーイ l j、7ァt、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
           rヽ 、 lー'-'ノ_ノ∠Lゝト弋ー--  :::_:ノ  こうして各国の共産党は、
           ヘ ヽ--j..-<}::::::::::::〈.`       党中央の方針に反する人物を
            ,レ-'⌒:、   ヽ:::::::::::ヽ- 、     「分派主義者」として、
     ,. -‐、    ヽニ.:::::;r‐ '´ l::::::::::::::::::::ヘ   ある時は除名、そしてある時は……
   ,r'::::.,.-'   r'´ ::::ヽ   __'Jノヽ::::::::::::::::::ハ
   /:::::/    |   l::: ` ヽ、_ ヽ_,l:::::::::::::::::::::l
.   | :::|      |   lヽ、__,. 、 ';::::::::::::::::::::::::::::::l.、
.  | |     |   |:::::::::::::::ヽ. l::::::::::::::::::::::::::::::|:ヽ
   l.  l    ヽl. ..|::::/::::::::::´:::::::::::::::::::::::::::::::|::::l.
    ヽ ヽ.__ ノ | ::|:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    ` ー- 一 ヘ |::::ー-、.._:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::|ヽ
           7ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::|:::ヽ
          /::|::|:ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|::::::ヽ
           /::::::|:::|:::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::|:::::::::ヽ
       /::::::::::{:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::|:::::::::::`













                              _
                              //^7\
                               /|| //\.、
  「粛清」することになる、にょろ……。    //||//:::::::::\.、
                           〈/ ||/:::::::::::::::::\.、
                           ./ ||:::::::::::::::::::::::::ヽ.、
        ,_,,----‐‐、,,_            ,/ /\ :::::::::::::::::::::ヽ:、
      ../ "       `ヽ、         / /  \ :::::::::::::::::::|:|
      ''"´___        \      / /    \ ::::::::::::::|:|
    '" /::/ / ヽ--、,,,,,    `ヽ、.  / /      ヽ :::::::::::|:|
   ノ /:://, '/     ヽハヽ,     i  / /        | :::::::::::|:|
    / /::〃 {_{三三三三 リ| i、    ' / /        | ::::::::::|:|
    ヽ:::レ!小lノ三三三`ヽ 从 i.    / /         | :::::::::|:|
      \:|l ●三三●  |  i.、   / /          | :::::::::|:|
       |ヘ⊃ニ、_,、_,⊂⊃j  ムi  / /          | :::::::://
       | l>,、 __, イァ//⌒,/ /           | :::::://
       /λ.|三-'////   / /\          | :::://
       | | \─/ /    / /  \        ./ :://
      / |   У  /  | 彡ミ、   λ       / ./
      /       /  / 彡ミ、|     |      //
     /      /  / / /:::λ\  ト、
     /          / / /|::::::::| λ  | \
    /         / / / .|::::::::|    |  \
    /    | \_/  / /  |::::::::|    |  \_>
   /    〉 _    / /  |::::::::v   |   \
   |  (三7   ̄7≦彡ミ  λ::::V   ,ノ     \_
   |  ム:::/    |:ミ彡ミ / 从V    /        /
   |  |:::::ハ    |/ /  /  |     ,/       /
   |   V     / /  |   \_,ノ      /
   λ       ,/ /   |  /          /
    \      / /   /  ,|          /
     \    / / _/   |         ノ
      |\_/ /      /        /
      /   ,/ /      /       /
    /   / /     /       /
    \ /' / /    /        /
     У / /   ̄ ̄         /
      \/ /              /
       / /              /    
      / ∧            /      
      / / \          /
     / /   \_    _/
     / /        ̄ ̄
    / /
    / /
   〈__/












              ‐――――‐‐ 、
         /           \
       /              \
.       /                 ヽ
      /                     i
      |  二二二二 三 二二二二    i   「分派主義者」は本人の帰属とは無関係に
      |   ― ― ― == ― ― ― ‐  |   ソ連初期には「メンシェヴィキ」、
      l   ___ ノ     ^ー―?   |   後には「トロツキスト」など、
        l   /     ヾ≧=≦Y    ヽ   l   敗者の名前で呼ばれるのがお約束だ。
      !  | {:::::::} | }llllllll{ | {::::::} |   l
      l.  ヽ ,  彡!!!!!!ゞミ、    /   '
        ',   /    |    ヽ    /
       ヽ  ゝ _ /\ _ ノ     /
        ヽ   ` ー―― ´    ∧__
         \            / / 〉::`丶、
         /\         /  / /::::::::::::::丶、
        /:::::l  ー――‐ ´  / /:::::::::::::::::::::::`丶 _
     -‐::::::::::::::l        /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::












           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)   なるほど……。
       ` 、        (__人_)  /   よく分かったお……。
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\





















        ,. -'"´      `¨ー 、
      /   ,,.-'"      ヽ  ヽ、
    ,,.-'"_  r‐'"     ,,.-'"`     ヽ、   「少数の指導者に権力が集中する」、
  /    ヾ (    _,,.-='==-、ヽ      ヽ、   「しかもその指導者は絶対正義で逆らえない」、
  i へ___ ヽゝ=-'"/  ● _,,>       ヽ
  ./ /  ●> ='''"  ̄ ̄ ̄          ヽ
 / .ヽ-‐´''"       ヽ             i    これが社会主義国に独裁者が生まれる
./    i   人_   ノ               ,r‐"':,    原因なんだおね……。
,'     ' ,_,,ノエエエェェ了                ヾ;,::::::\
i       じエ='='='" ',           ,r- ..,    ヽ::::::::ゝ
',       (___,,..----'           (:::::::::::ヽ、   ゞ::: ヾ
 'ヽ、                     \:::::::::::\   'l:: -゛キ
   ヽ、_               i,""'::,  "i,,:::.  キ  /::   |
'ュ,ノ'",;l `ゞ  ``ー- -‐'"´      i:::::::ヽ  'ヾ,"'" .ヽイ   ソ ⌒〉
シニi;∠(ヽ、':..          ;;;'";;_,,_'l:::::::::::i;,  'l,,   l::::  i /
ミ/::i:i:l'::::::\:::  ,,,__..  ;;,.::::i;::::::ヽ,,,_ 'キ:::-=.::\  l::.   "'i:::::  )
/:::::/,l:::::::::::;;'i-:..,,_,,r‐‐'"::::::::,;ii;:r⌒ヽ:::::::\:::.... \r'-‐''" ..::::::::/
::::::l':;"';,,::::::::l'   l':::::::::::::;;;;ii//ヽ、:::ヽ、:::::\   "' ::::...:::::::::::::l'
i:::::,l;;':::::"'i;;-l-..,,_,,..l;;;:::::r'":://:::::::ヽ,:::::::::,,_:::::::::>= ノ ..::::::::::::::::::ノl;,
l:::,ll::::ヽ:::l:o;;:::::::::ノii;;;.......;;;;//:::::::::::::.'i.::::: ノ..""'"-;  ...::::::::::::::::;;:/ヽl;,
:::::ll::::::::::l'::ヾ:::::::/:'"::'"::::::;//,;.::::::::::::::"''‐- t..,,  /::::::::::::::::::::::../ ノ i;;
:::,;ll::ヽ:::l';;:::::::::/:::::::::::::;;;; //::::::::::::::::::::::::::::::::::::"'';;"::::::::::::::::::::ノ /;;;/;
::;;ll:::::ヽl,::;;;:::::/:::::;;:::::::::: //::::;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::/〆"''""" ̄ /;;;//;













                   ( ヽ、
                __\ \
                <__ \ \
             /<__ \ \ ヘ /⌒/     まぁそういうことだな。
            ./  └--ミ ヽ、\ - \ |    
.          , '′ ⌒ヽ,__ノ丶  -     〉   そして「民主集中制」の独裁者は
          /  ( ● >、  、( \        !   前衛党による「プロレタリア独裁」に支えられ、
        /   , `'''"   _, \_ヽ     {   その権力は「暴力革命」の武力に支えられる、
       ./    {   ,   ( \)、ヘ      > 、   これが立花隆の言う「三位一体」だ。
       |    ゝ-イ    `''" ./ \   ∠/ヽヘ
     ,.-/|     ゞニ>一′  ./    \(⌒)   ノ \
   / | \ヽ          ./       .ヾ、 /    \
 ̄<   !  `\      /___    \/ \(
_ \   !    > ー-- イ  \_    ̄ ̄\_\
!  ̄ ̄ ヽ /{  )\ |   ∠       ノ)ヽ、
       \ /⌒\ 〉   ̄ /       / >\
         \ い /     /       //ノ
          \ /     /       / / ̄










          , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \   
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ   「スターリンのソ連がその典型となったごとく、
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ      世界中の共産党が結局のところ、独裁制
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j    (個人の、あるいは中央指導部の)におちいったのである。
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{     それは、スターリンや各国のミニ・スターリンたちが
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ    悪かったからではなく、民主集中制というシステム
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\     そのものが生んだ悪なのである。
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/  
       r=<    V三|:::::::::| |/:/  
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ
       `、   ヽ \.>j    ハ│




          ,. -''" ̄ ̄``丶、
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:./"   、:.:.:.:.\    たしかにスターリン批判はあった。しかし、
      /:.:.:.:.:.:.:.:|:.:,イ::i′     \::::ヽヽ     すべての悪はスターリンの特殊的、個人的な
     i:.:.:.::::l:::::.:|:::Lレ|'     、 l::i;::::ト、i   性格に帰せられ、悪の根源であるシステムには
    i|:.:.::::::|:::::.;lイ|' `!       `ト|!::::| ゙|  向けられなかった。日本での徳田球一批判においても、
    |:.::::::ri|:::::.i|`'●     ● リ'i|::/     もっぱら彼の“家父長的性格”が悪の根源とされてしまった。
     |::::::::{ |::::::⊂⊃       ⊂",リイ!      しかし、ほんとうに問題だったのは指導者の性格ではなく、
    i|:::::::::`|:::::::|      σ     /:::||   システムの性格だったのである」
    |::;:::::::::l|::::::lト、_      __,ノ|:::::|:|!
   i|::|::::::::::|::::::|ィくヾi` ―/:、:.:. ̄``'┴.、   (立花隆「日本共産党の研究」より)
   l:i||:::::::|::|:::::l/「シ`┴ニL;_:.`ヽ、;r‐'": : ;〉
    ||!l|::::::i|::|!:::i|'/      ):.:.:.:|: : : : ;/ )
   iリ i|:::::;l|::::|!::|;:|―┬r―;iく;_:.:.:.:|: :,.-'l‐'′
  /′|:::::l||:::::ヾ|ヾ-イ|:.|: :/;//`l‐i-ケ'|



















          ___
      ,. -'"´     `¨ー 、
    /          ヾ  ヽ、                 ____
   /             };  ヽゝ.            ,. -'"´      `¨ー 、     ここで「インターミッション」だお。
  /      r´   __, ..イ ト┬-、i          /   ,,.-'"      ヽ  ヽ、
  ,'       L._∠,´.!___,.ノ ヾ, ̄ ヽ,       ,,.-'"_  r‐'"     ,,.-'"`     ヽ、
  i                 }    }    /    ヾ (    _,,.-='==-、ヽ         ヽ、
  |          ヽ ,___,,ノ`ー-'ヽ,   i へ___ ヽゝ=-'"/    _,,>         ヽ
  i                ̄ "'''"´   }  ./ /  > ='''"  ̄ ̄ ̄               ヽ
  :                    ./  / .<_ ノ''"       ヽ               i
  i                    ,!   /    i   人_   ノ              .l
  i                   !  ,'     ' ,_,,ノエエエェェ了               /
   ',                   {  i       じエ='='='" ',              /   何なんだよ、この表情……。
   i                   !  ',       (___,,..----U             /
   .}    !               }   ヽ、         __,,.. --------------i-'"
   i     ヽ、          i  ,'    ヽ、_   __ -_'"--''"ニニニニニニニニヽ





後篇はこちら



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。