「やる夫と学ぶ教科書(略)」5つの補完ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





   / ̄ ̄\
 / ノ  ⌒ \
 |  (●)(●) |  「新左翼の歴史・日本共産党篇」
. |  (__人__)  |  第7話 後篇だ。
  |   ` ⌒´  ノ      
.  |         }      
.  ヽ        }       
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \




















     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\   それにしても、何だってまた
/    (●)  (●) \    レーニンはこんな考えを編み出したんだお?
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /











        _____
       /    .r┐ヽ「|
     /  r-、  | .| ./ l l゙l
   . / .__,ノヽ ゙、_,ノ '-' .|,,/ |   それは彼の、歴史に対する
   |   (●)ヽ     ノ ´/    失望があったのかもしれない。
    |       〉      〈_,,.-、
    .|    (__人{         .r''´
    .|     ´ ⌒|    _,.-i'´
   . .{       l-‐'''''''ーl }
    {   .   |´ ̄ ̄``l }
     {      .|     |.}










     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |   失望?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




















       ___
      / ,(@)(@)、\  実際のところさ、
.     / /   ●  ヽ ヽ  資本主義の下じゃ革命派は
    |  | 三 | 三 } }  多数派になり得ないんだよね……。
.  ◯ヽ l  ___) /◯
.   ヽ ヽ==?==ノ 丿












        ,  ───  、
     /   /⌒ヽ⌒ヽ\
    /     , ┤  ‘|‘  |、 ヽ
.   /   /  `ー ●ー´  ヽ   立ち上がったところで
   l   /   二   |  二  |  ブルジョアに弾圧されるし……。
   |  l     ─   |  ─  l
    l  |        |   ) /
    ヽヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ /      それはこれまでの歴史が証明してるんだよ。
     〉━━,-、━━━━く
     / / ヽフ    \.   ヽ









          , -────- 、
.      /       /⌒ヽ⌒ヽヽ
    /     , -| / (|)\ | \
    /    /U ヽ、  .l、__ ノ\ヽ
.   /    /       ̄ ●   ヽl   むしろ労働者の中ですら、
   i    /      ̄ ̄   | ── |   多数派にはなれないんだ。
   |.   l      ̄ ̄   | ── !
   |.   !       ̄ ̄   |   ⌒ヽ  労働者は自分たちにも
   |.    |           __|___ノ   「階級意識」があるからね……。
   ヽ   |   / ̄ ̄     /
    >━━━━━━,-、━━く
   /   /       '、フ  ヽ ヽ









        ______
      /    / ⌒ヽ ⌒ヽヽ
     /     , ┤ /・|・\ |、 \
    /   /   ` ー ● ー ′\ヽ
   l    /  ──  |  ──  ヽ
   |  /    ──  |  ──  |    「労働組合」なんてものも、
   l  |    ──  |  ー─  l   自分たちを守るためだけのものなんだ。
    l   |        |        /
    ヽ ヽ   / ̄ ̄ ̄\   /
     >━━━━━O━━━く
    /    /      ヽ  ヽ












        ⌒ ヽ                 ⌒ヽ
       (   )    _____     (   )
         \\ /-∨?、    `ヽ、 //
            /i!| ミ|+  |─?- 、 \      サンディカリスム(労働組合主義)や
            i / ゙- ●?′ /^ヽ\ ヽ      社会民主主義は所詮、
          ?|?.= | ? /|  |  l ヽ i    ブルジョア・イデオロギーなんだ!!
          .  ! |\__|___/  |  |  |  | /⌒ヽ  ___
            ヽ\|  |  |  |  |  |/⌒ヽ _/^ヽ ───
             \\_|_|_|_| /\ノ \ヽ、ノ
               `i──── ´  /   \_O
             .   ヽ._____../ \     ヽ
                /⌒ヽ 、───┐ ヽ   !^ヽ ───
                  |   |ヽヽ、_ ノ  丿   /   | ───
                  ヽ._ノ───────ヽ、__ノ  ─












                   ───  、        _,ノ
           /::::::::::::::::/フヽ _\    _)  ぞ  お  こ  落  レ  資  世
         /:::::::::::: ─|/ G| {∠::::',      )  ! !  わ   の   ち  ベ   本   界
  〃⌒ヽ.   /:::::::::/_\ヽ__ノ⌒ヽノ-ヽ   ⌒)     り  世  た  ル  主    じ
  {     }   l::::::::/  ──   ヽ__彡∠ |   ⌒)     だ   の  ら  に  義    ゅ
   ヽー彡::ヽ |:::::::|  / ̄ ̄\_| ─ ノ!    ⌒)             ヽ     の    う
     \:::::::\::::!. |/⌒⌒ヽ    ̄T´/⌒ヽ   ⌒)-、                      が
        ヽ:::::::::::::.  \___}__,ノへ_ノ      '⌒Y
        \:::::::::::ミ==========≦:::::/



















───  ____  ────
──  /    \,,/ \────
_  /  / ?|  ・|・ | ヽ __   ……いや、それでも
─ |  /    ヽ ●-´ヽ| ──   社会主義を実現する方法が、ある!
.  | | ___ 三  | 三 |   たった一つ、ある!!!
_ i | \| ̄| ̄| ̄|/ /  __
─ ヽ |   `─-─′ //○ ─
─ /━━━( t)━━i /___
 ○   /     ヽ ノ/────










───  ____  ────
──  /    \,,/ \────
_  /  / ?|  ・|∠ | ヽ __
─ |  /    ヽ ●- ヽ| ──   一般の労働大衆はアテにならないから、
.  | |   三   | 三 |   大衆への多数派工作ではなく
_ i | / ̄ ̄\|   / __   少数精鋭の革命家の組織が、
─ ヽ|       \ / ───
─ /━━━( t)━━i ____
 ○   /   / /ノ ────












   ━ ┃┃  ━ ┃┃     ━
ミミ ━      ━     ━━
ミミミ━━┛╋┓ ━━┛╋┓   ━━┛
ミミ    _____   彡彡彡彡彡彡
ミミミ  /  / \|/ ヽ\   彡彡彡彡彡
   /  /|  0|∠ |ヽ ヽ    彡  ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
ミミ. |   |\ `?○?´/| .|      <
ミ  |  /|  |\ 三|三/| | |   _  <  武力で革命を起こし、
ミ  |  | |_|__|\_|/|  |__| |  |_|  <
   | | |  | | ̄ | ̄| ̄| / /  (___ ノ  ∠
ミ __ ヽヽ\_/ ̄\___// / /    ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
ミ(___)?===(T)==   / 丿丿
 ヽ__   /     ヽ | /










       \
 お そ .い ヽ
 か の や  |
 し  り  `  ,. -──- 、
 い .く   /   /⌒ i'⌒iヽ、    理論で大衆を指導する!
    つ /   ,.-'ゝ__,.・・_ノ-、ヽ
    は i ‐'''ナ''ー-- ● =''''''リ     _,....:-‐‐‐-.、
      l -‐i''''~ニ-‐,....!....、ー`ナ     `r'=、-、、:::::::ヽr_
 ̄ \ヽー'!. t´ r''"´、_,::、::::} ノ`    ,.i'・ ,!_`,!::::::::::::ヽ
    ヾ、 ゝゝ、,,ニ=====ニ/r'⌒;   rー`ー' ,! リ::::::::::::ノ
       i`''''y--- (,iテ‐,'i~´,ゝ'´    ̄ ̄ヽ` :::::::::::ノ
       |  !、,............, i }'´    _   、ー_',,...`::::ィ'   ←大衆
    ●、_!,ヽ-r⌒i-、ノ-''‐、    ゝ`ーt---''ヽ'''''''|`ーt-'つ
       (  `ーイ  ゙i  丿   ;'-,' ,ノー''''{`'    !゙ヽノ ,ヽ,
       `ー--' --'` ̄       `ー't,´`ヽ;;;、,,,,,,___,) ヽ'-゙'"
                      (`ー':;;;;;;;;;;;;;;;ノ
                      ``''''''``'''''´











                               ___
                             /___ : : `ヽ
                          / : : : : : :. : : ::.
                . . : :=‐-. .  ム: : : : : : :',: : : }
                  /    : : : : : :∨∧ : : : : : : }: : ノ
            / 権力   : : : : :∨∧: : : : : ノ/
            ∠         : : : : : : :∨ Y⌒ヽ"
           '   : :`ヽ.   : : : : : : :ノ_人__ ノ
          |       : : .  : : : : : :/:::::::::`:.|::::::.    そのために、指導者に
          |=、    : : :} : : : : /)‐-ミ::::::::|:::::::i   全ての権力を集中させる!!!
     , <>      {  ∨/V⌒ヽ. .__ 厶ィ●  ー―∧ヽノ:::::::::;
     \ ///⌒)、 て二ニ  V⌒T~「  V.::::::::::;
          ー'^ く::::::::ー‐}工工´ト、 _j _j_ 、 }::::::::/
               \::::::::(__ `二}  rJ=i |:::::::i
              \::::::::::::; =-し' |~ } |:::::::|
                  Y::/    U  し':::::::::|
                 {::{ ┌―――┐ }::::::::::|
              /::::.. 、    ノ /:::::::::::|
              '⌒ヽ.::::::::::..`.二_´ ..:':::::::::::::ノ-●
              ヽ.____フ´   `>――‐く
                       (_____)












                 _,,,,,--―――--,,,,_
.             ,r-‐'´r-―-、;;;;;;r-―-、;;;``ヘ
            ,〆;;;;;;;;;/``ゝ、  ∨ _,,-''´ヽ;;;;;;;;;;\
           /;;;;;;;;;;;;;;l    `''-l-''´     l;;;;;;;;;;;;;;ヽ
         /;;;;;;;;;;;;;;;_,,,l     ・ ∧ ・    |_;;;;;;;;;;;;ヽ
         /;;;;;;;;r-'´  ヽ、   ,ノ-ヽ、__,ノ   `ヽ;;;;;;;;∨    これこそが、これこそが社会主義、
        ,';;;;;;;/       ` ̄´(;;;;o)        ヽ;;;;;;;l
        l;;;;;/  ̄ ̄ ̄     /::::::::ヽ    ̄ ̄ ̄  l;;;;;;|
        |;;;;l ―――     (:::::::::::::::)   ―――  |;;;;|       そして共産主義への第一義の道なんだ!!!
        l;;;;|    ,,,-    ` ̄ ̄´   ー--,,,,__  |;;;l
  ,r-―-、   i;;;l -‐'''´   ,r'´ ̄`ゝ―'''´ ̄ ̄`ヽ     l;;;l
 /    ヽ  ',;;;l    /;;;;;;_,r-―――--、;;;;;;;;;;ヘ    i;;;l
 l     /`ゝ、;;l    {;;;;;r'´::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;|   /;;/
 ヽ  /:::::::::::::::ヾ   ヽ;;;l::::::::::,r-――-,,,_ l;;;;;;;;ノ  /;;/
   ゝ::::::::::::::::::::::::::ヾ:   `ー'''´       `ー''´  //
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::ム-―――――――――――ァ-、
   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::l::::\    ,-‐'´`ヽ、    ,〆:::l:::::ヽ
    ヘ::::::::::::::::::::::::::::ゝ--ァ\<´  〉-〈   \/r-、/::::::::::::ヽ
      \:::::::::::::::::i:::::::::<:::::::::`ゝ、 |   | ,〆:::::::>:::::ヽ:::::::::::::}



















                       __
               __ - ´´ ̄       `¨ ‐ 、
           , -'"´:                 丿   ヽ
        /. : : : :          _/  、 丶
        ,,.'. : : : :             / /::::::ヽ l   ヽ、   なるほど……。
       /. : : : : :              {  {:::::::::ノ !   ヽ
      /. : : : : :                丶 ` ´ ノ       ヽ
    /. : : : : :                    `ー‐ ´ /       ヽ
   ./. : : : : :                    !、     人ノ    ひょっとするとレーニンは、
  /. : : : : :         U            `i` ニ二-- i   ブルジョアはもちろん、
  /. : : : : :                            `´       l   プロレタリアートも、
 ,'. : : : : : :                               /   実は信じてはいなかったんだおね……。
 i : : : : : : :                               /
 i : : : : : : :                                /
 ', : : : : : : :                              /
 ', : : : : : : :                         /
  ヽ、: : : : : : .                      /
   ヽ、:_: : : : .                    /
      `¨i : : : : :                  ヽ













.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::! 
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |  
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_   だけど「前衛党論」と「民主集中制」は、      
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ       指導層の固定化という新たな「階級」を生み、
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´    汚職と腐敗の温床となる。
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '      
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、













          ,. -''" ̄ ̄``丶、
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:./"   、:.:.:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:|:.:,イ::i′     \::::ヽヽ
     i:.:.:.::::l:::::.:|:::Lレ| 腐敗   l::i;::::ト、i
    i|:.:.::::::|:::::.;lイ|         |!::::| ゙|
    |:.::::::ri|:::::.i| ヽoo 、   , ooノ リ'i|::/
     |::::::::{ |:::::::|*         ,リイ!      その代表例が、ソ連の特権階級を意味する
    i|:::::::::`|:::::::|    ー―‐   /:::||     「ノーメンクラトゥーラ」にょろ。
    |::;:::::::::l|::::::lト、_      __,ノ|:::::|:|!
   i|::|::::::::::|::::::|ィくヾi` ―/:、:.:. ̄``'┴.、
   l:i||:::::::|::|:::::l/「シ`┴ニL;_:.`ヽ、;r‐'": : ;〉
    ||!l|::::::i|::|!:::i|'/      ):.:.:.:|, ooノ/ )
   iリ i|:::::;l|::::|!::|;:|―┬r―;iく;_:.:.:.:|: :,.-'l‐'′
  /′|:::::l||:::::ヾ|ヾ-イ|:.|: :/;//`l‐i-ケ'|′











          ___
         /     \
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \   けどそんな固定化なんかして、
      |       (__人__)   |  マルクスたちの言う「共産主義」には
     \      ` ⌒ ´  ,/   いつになったら辿り着けるんだお?
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /










           ___
       ,. -'"´     `¨ー 、
     /          ヾ  ヽ、
    /             };  ヽゝ.
   /      r´   __, ..イ ト┬-、i
   ,'       L._∠,´.!___,.ノ ヾ, ̄ ヽ,
   i                 }    }   そんなもん、未だかつて
   |          ヽ ,___,,ノ`ー-'ヽ,   辿り着いた国なんかないさ。
   i                ̄ "'''"´  }
   :                    ./
   i                    ,!
   i                   !
    ',                   {
    i                   !
    .}    !               }
    i     ヽ、          i  ,'
    l      ヽ、         |. /
    /        ヽ..,,____,,..ノノ
  ノ                  {











        ____
      /     \
    /    ;   _ノ′
   /     ∪ :::(●
   |         "`(__) えーっと……。
   \、          /´ヽ
     )       ィ ("_ノ
      / /⌒ヽ    ヽ ) |
      i l   |     |  |
      | |   |      |-‐'
      |.|   |       |
      i〆  /       |
     ヾン´       l
      |     ィ  |
      l    |   /
        〉    ノ 丿
      /   //
      く、.,、,.,,(,≒,.,.,、 ,, ,. ,,, 、,,,., ,











          ____
       /     ? 、 ?、\
       /   ,  -|   ・|・  |- ヽ  いやだって、
     / /    `? ●- ′  |   「正しい指導者」が「正しく指導」してるのに、
     | |    二二  | 二二. |   実際には共産主義が実現しないんでしょ?
     | | |\ -─  | ─___)
    _ ! | !   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /_
   ( __)\ヽ \(二二二)//(__)
    \   ━━━━6━━  /
      |   /___ヽ |/
      |   | ヽ__ノ ノ |
      |   ` ─── ′ |











           ( ⌒ ⌒ )
           (     )
           (、 ,   ,)
             || |‘
         / ̄ ̄ ̄ ̄\
         l ∨∨∨∨∨ l
         |   \()/   |
         (| ((・) (<) |)      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         |    ⊂⊃   |    / それはもちろん、
        | .| ⌒ \.l/ ⌒ | |  <  「分派主義者」が妨害してるからだろ!!
      / |. l + + + + ノ |\  \
     /   \_____/  \  \___________
   /   _              \
  // ̄ ̄(_)               |
  |ししl_l  (            |    |
  |(_⊂、__)            |    |
  \____/              |    |












        / ̄ ̄\.             
      /      \.........:::::::::::...       | 
      |::::::: :      | .... .........::::::::::...r‐ ' ノ.
     . |:::::::::::::     | .... .........::::::::_ ) (_  
       |:::::::::::::      |.. ..... ......:::(⊂ニニ⊃)   
     .  |:::::::::::::::     }  ..... ......: ::::`二⊃ノ. 
     .  ヽ____    }  ..... ......: :::: ((  ̄
        r'ニニヽ._\. ノ.. ..... ......: ::::::  ;;.    
      r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.     ということで、歴史上の社会主義国は
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ    反対派を排除しているうちに
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ    国力が衰退するか、国民の不満が爆発するか、
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ   で共産主義に至ることなく消えて行った。 
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
 .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉
    |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/












        ____
      /      \
     /  ─    ─\
   /    (一)  (一) \   けどそう聞くと、そもそも「共産主義」自体が、
   |       (__人__)    |   決して現実には起こし得ない
    \      `_⌒ ´  /   夢物語だったんじゃないか、そう思えてくるお……。
.    ノ    / )ヽ   く
   (  \ /__ノi ) , )
.   \  ゙ / ヽ ヽ/ /
     \_/    \_ノ











  __  -―:::: ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::`ー::::──‐'::::{
二 ______:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
::::::::::::::::::::::::: / 〃 7¨>ー、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::ー‐ '7 /  l  / `7ーァ -、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
: :::::::::::::::::::::::::: /  |  |  l  ┼‐l‐ト \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
_ :::::::::::::::::::: │ /|  |  |  |,ァ=zx、_`ヽ、____, ィニ≧k-、__ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  `丶 :::::::::::: l l∧  l ∧  代う::::ハヽ  \{  イう:::: ハヾl │ `7ー、_:::::::::::::::::::::::::::::::
     \:::::::::∨::: \ヘ/l \{ V::::j l        V:::::j / j /  ∧ │`丶、:::::::::::::::::::
      \:::::::::_/ ̄|∧ ∧ ゞー‐'         ゞ- ' _/レ   /_∧ /     ̄ ̄ ̄
          ̄     |ヽ>l.∧         '       /::::\ / / 〃   特に中国では、毛沢東が
            / ̄:::::| 小、       r ュ       / ::::::::: \     「社会主義革命に成功しても、共産主義の実現までは
          _ノ::::::::::::::::∨\> 、         , イ'::::::::::::::::::::: ̄\   ブルジョアジーを打倒し続けなければならない」
          \ :::::::::::::::::: :\:::∨ヘ_iヽ、 __ ,. ィl ?|::::::::::::::::::::::::::::::/   という「継続革命論」を提唱した。
           ヽ ::::::::::::::::::: ヽ_/ _|       |\{/::::::::::::::::::::::::::::/
            }::::::::::::::::::::::::/  {/       ヽ }l:::::::::::::::::::::::::::::{








       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
     / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/   U ヽハ  、 ヽ 
   〃 {_{\u   /リ| l │ i|   彼のこの理論は、やがて 
   レ!小l○    ○u从 |、i|
    ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   「 文 化 大 革 命 」
/⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
\ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   を招くことになるにょろ……。
  /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
 `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡'












          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\  「プロレタリア独裁」は
    / ∪  (__人__)  \  過渡期のはずでしたがお……。
    |      ` ⌒´    |   継続するのかお……。
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /











       __
      / ./}\
    / ,r'"/  .\
   ハ / / ヽ、 /"i   その「過渡期」を維持することに血道をあげた、
  .ソ ノ / / (●/ ..,ィ´  それが社会主義独裁者の限界だったわけだ。
  |  レ'   '- '~  /..|_
  l        t".,.-┘.)
.  ',        、-ーr'、
   .\       ゛''´.ノ
    )      /`´
    /     /ヽ
  . /    /  │









         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \   まぁそれは今だから言えるとしても、
  | / .イ '(ー) (ー) u|  当時は誰もその危険性に気づかなかったのかお?
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ










     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/
.   |        ノ l;;,´  いいや、この「三位一体」は
    |     ∩ ノ)━・'   当時から相当な反対者を生んでいた。
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /












\\\\、   〈::::::::::::::::レへ:::::::::::::::::/  |::::::::::::;;;;:::::::::::::
\\\\\   ゝ、:::::::::|   \::::::::::|  了:::::::::/-、\:::::::
\\\、 、    | 7ヘフ―-、  \:::::| 、\::::::|   ヽヽ::::
            , イ   //⌒l |    ̄  >―\|    | |::::
         / r|  / { ・ / !     / /⌒l ヽ    |::::   レーニンの思想は
三       | {|  { `ー' /       / {.・ | |     !::::  「超中央集権主義的」で、
三三      | /   \__r‐-、    {  `ー' /    |::   大衆の自立性、創造性を奪う強権的な暴論よ!
三三      ∨      {_      \__/      |:::
三三_     |   /⌒                   レ     「自由とは常に、思想を異にする者の為の自由である」!!
         |   \_______
         ゝ     |         \        {
三=       /´:::\    ヽ          ヽ         ローザ・ルクセンブルク
≡=-   /:::::::::::::::::\   \/´ ̄ ̄ ̄ヽ |     、__     (源静香from「ドラえもん」)
//   /:::::::::::::::::::::::::/ \   \ ___,/    /













     / /    `ト 、',    ヽ
 \  /  /     -ト y  i   l\
    l ハ l /     ● l  }-、 !  \  ローザはドイツ社会民主党の指導者の一人。
    l/i yi ●     , ⊂⊃ l ,!/  ,'"~'',  元々はレーニンと協調していたけど、
 ―   レvl⊃  r´`´ヽ  l  }´/ ヽ/  ,   ロシア革命後には対立に至ったにょろ。
      i 、  ヽ、_,ノ  j ト ~、/   /
. r- ,_   」 ヽ , ____,. イll  lヽ=、 /
. l、  ~'''TTト、 ハ,ヽ  l===l l l  ヽヽ=
  ヽ、  .l l l ', ', \ヽ l ̄l l l    /
    `ー.l_l_l__', ',__ \yV/レ   /













                         ,-'´ ̄ヽ
                        / : : : : : : `ヽ.
                       /: : : : : : : : : ;;; \
                      /: : : : : : : : : : :;;; : ヽ
                     /: : : : : : : : : : :;;;;;|;;;;;;;;.:.\
                    ./: : : : : : : : : : : : ;;;;「ヾ_;;;;;;; |
                   /: : : : : : : : : : : : : ;;;;|  ヽ;;;;;}
                  ./: : : : : : : : : : : : : : :;;;;}  |;;;;}
                  /: : : : : : : : : : : : : : : : :;;;}  .{;/
                 「;;;;;;;;;;;;..: :www... : : : : : :;;"ヽ_."
            _..--'´~: : : : : : : : : : : : : wwwwwww;;}_
γ----._____..- '´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
..ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄`^ -------------、: : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
    `ヽ、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/| .|  | / ヽ._: : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
        `ヽ._;;;;;;;;;;;;;||;| .ヽ |、|二.ヘ`込===.、: : :: : : : : : : : : : :`-.__
           `ヽ、;;;;ヾ| .|{.|^ヽヾな    ヾガト/| 7,--、_: : : : : :_________: : `'-今
             `~~==´ . ` .| >´  .  -N  /|/   "--"     ~~~~~~
          -----彡ヽ し-┘´;;|.   。   /;;;ヽ/ "
         ヽ  >/ヽ )  γ;γ ヽ、;、  .  /;;;;;;;;;ヽ,  さらに労働組合による経済運営を目指す
          .\|、,--、  し" |_;;;|`'---彡;;;;;;;;;;;;/   「労働組合主義(サンディカリスム)」と、
            .|-ヾソ " _, ノ"ヽ;|    ソ;;;;;┌"    穏健な政治活動で社会改良を目指す「社会民主主義」とが、
            ヽ、 -"´_ノ| ,-彡\  /;;;;,;;;;;`ヽ.__   マルクス・レーニン主義と対立することになる。
             丿 ̄`女""~;;;;;;;;;;;;;; ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''': ヽ
             ヽ--、_/: : : : : :/;;/|;|||-;: : : : : : : : : : }











         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \   で、その辺の差はまた
  | / .イ '=・=  =・= u|  おいおいと言うことですお……。
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ














   /:::/::::/::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙   この対立は日本共産党にも
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/  大きな影響を与えることになる……。
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;










               _ _
             ,r ' ´   ` ヽ、
           , '         ヽ,
        /   ,r  ‐ 、      l
         l/{ ,孑'   `ヽ}. リト、. |
            |W●   ●レ' レ |    
.          |ヘ⊃ 、_、_,. ⊂l |  |   前に触れた
         l|. lゝ、.    ,.ィl | l |  堺、山川、荒畑、大杉の思想の違いを
           l|. l/ ヾ:l三l:://! .|Y l |   意識してほしいにょろ。
.         ||/ミ.l. ヾV//ミ|. トl, l |
        |l(__,jー-X-(_.,|/Y.|.ll |
         |! , く:.:./l~::~/l_:.:.:.:j |!. | |
        ,.べ、/ `ー''7_.`V   |! 
       (.___,/    ./‐、V    
              (____ノ  














        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)
     . |     (__人__)  しかも、メンシェヴィキを離脱して
       |     ` ⌒´ノ   レーニンと協調したトロツキーも、
     .l^l^ln        }   実は「民主集中制」には最後まで批判的だった。
     .ヽ   L       }
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))











              _,:'" : : : : : : : : : : : : :: : : :: :゙'::、
                ,:' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `、   「更迭されることのない『指導者』たちは、
               ,' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ゙:  『学習』、『技術の習得』、『文化的自己修養』の必要性とか、
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i  その他のきれいごとを好んでくりかえす。
            i: : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : |  しかし当の支配層自身が無学で教養が乏しく、
            l: : : : : : ,-´^´´ ̄´´´`` ̄``-、; : : : :|  なにものもまともに学ぼうとせず、不誠実で、態度粗暴である。
            i: : : : :r´              ヾ: : :i
            |:、: : r                   ヽ、゙i : l
          /ヾ::/ソ  ‐‐--、 ,  ,  ,_ノ^\ヽ l::l"゙ヽ
          '、 (ヾ,,   r‐‐--、_`il,i゙__-‐‐==、  |lヽ l
            ヽ、`| \(゜  c/;;i=i    c )゙/|l'ノ/
                ヽ|  弋_/⌒⌒). ヾ____ノ´ /l.,/
          __,∠| 、 ./ / / )       / 入─、、,,_
       _,.-´'"  |.r- |./゙ ,/ /  /_!/`   / .l /./    ~\
  _,、-‐´'"     |.| / /  /   /    /ヽ / / ./         `:,,、_
‐'"          |.| ノ / .ノ  /  ̄ ̄` .ノ / / /          ゙''`,,、_
.            ノ/ ノ  /  / ./ ./  / _/               `
           /    /  /./ / _/ /
          ノ   ,    `゙  /―''' /
          |             ノ










           |
      \            /
            _____
           /        ヽ?  /^ \
    _    /________  ヽ  (_/  ヽ
         |ノ─ 、/─ 、ヽ |  ヽ (_\/ .|
            ,|  \ |・   |  |   j   ヽ `?ノ  
.          ||  二 |     | ̄ ⌒ヽ′ /   /   それだけに社会生活のすべての領域を後見し、
     /   /ー C ` ─ \)   _ノ  /    /   協同組合の商店ばかりでなく音楽の作曲まで牛耳ろうという
         ! ⊂──´⌒ヽ   ノ/(    / ノノ   官僚の欲望はいっそうがまんのならないものである。
           \ \_(⌒⌒_) /!  ヽ、/    ソ連の国民は簒奪者カーストへの屈辱的な隷属から
            ` ,┬─_? ´/ ヽ /    解放されないかぎり、より高い文化の段階にのぼることはできない」
             / |/ \/   く
         ((  /\ \        ヽ    (トロツキー「裏切られた革命」より)
           /, ─ 、/ \       /\
.           (  l l j  \ ___ /   ヽ












         ___
       /      \
      /  ─   ─ \   「裏切られた革命」を読むと確かに
    /    (●) (●) \  あちこちで「権力の集中」を批判してるけどお、
    .|      (__人__)   |    __  これってレーニンを批判してるのかお?
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒      /  裏切られた  /
    i\  \ ,(つ 革命 /   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)
    |   ヽ_ノ    |
    |           |_
     ヽ、___     ̄ ヽ ヽ
     と_______ノ_ノ












       ., ──‐、
      /     \
.     .|     _ノ  ヽ   いや、この書でトロツキーが批判してるのは
     |     ( ●) (●)   あくまで「スターリンの民主集中制」であって、
     |       (__人__) , -―ーっ  「レーニンが提唱した思想」は
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄   何であれ、彼は批判を行っていない。
.      ン         } ゙| ̄'|
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫
| |  /   /    r_____ ∬
| | /   /      |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄









        ____
     /     \
    /  ─    ─\
  /    (●) (●) \    なんだお……。じゃあ別に、
  |       (__人__)    |  「民主集中制」自体を批判してるとは、
  \        |\  / /|   限らないんじゃないかお?
  /     /⌒ノ  \/ ( )
  |      / / |       |











           ___
       ,. -'"´     `¨ー 、
     /          ヾ  ヽ、
    /             };  ヽゝ.
   /      r´   __, ..イ ト┬-、i
   ,'       L._∠,´.!___,.ノ ヾ, ̄ ヽ,   まぁそうも言えるんだけどな、
   i                 }    }   「民主集中制」だって別に
   |          ヽ ,___,,ノ`ー-'ヽ,   何が何でも間違った思想ってわけじゃないんだぜ?
   i                ̄ "'''"´  }
   :                    ./
   i                    ,!   トロツキーは、その辺を意識してるわけだ。
   i                   !   ま、本心は知らんが表向きはレーニンの思想に逆らえない、
    ',                   {   ってのが現実だが。
    i                   !
    .}    !               }
    i     ヽ、          i  ,'
    l      ヽ、         |. /
    /        ヽ..,,____,,..ノノ
  ノ                  {










        ____
      /      \
     / ヽ、   _ノ \   何でだお!
   /   (●)  (●)   \    少数の人が権力を握って、他の多数派には
   |      (__人__)     |  政権選択の自由が無い、
   \     ` ⌒´     /ヽ   こんなシステムのどこが良いんだお?
    /              \
    (  ヽγ⌒)        ヘ   \
 ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          {;;;;;;;}
           L;;;;」











          , --────-- 、
        /           \
       /              \
     /               l     \     そりゃおまえ、
    /              ノ::::::::::::::::::::::.\   
.   /             _, -'´:::::::;;;;;;;;;;;;;;:::::: \   「メチャクチャ頭が良くて
  |         / / ̄\ \:;;;;;;:// ̄\\   メチャクチャ政治力のある人による
  .|        | |. ○ .|  ,|:;;;;:| |. ○ .| |   メチャクチャ理想的な政治」
   |         \ \_/ /::;;;;::\\_//
   .|             ,/   :::|::     \  を行う上で、こんな合理的なシステムねーだろ。
    |            |      |     |
    |            |      |     |                       =二=二 ̄
    .|             \__/\__/|          ,. ,._  ,.-,.、       -=二_ニニ
    |.              トエエエエエイ  |          // j / / ノ     -=ニ_ ̄
    .|               '.{    :l    }/ /      __ノ `-/ノ  `ツ       __ニ_二=
     |                .{   :l    }/ )     //  // _,_{ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄/^/;;'´ ̄ ̄
      丶                  .{       }  l     ヾ、_/  /_i______i_ヾ:;'
      \                  、`ー一一 ' )       / -=j"  ,_/
       \               u     / ,.--、    /   /  ./
         ヽ               / }ヽ \   ノ   _}  / \













         ____
       /   u \
      /  /    \\   ……え?
    /  し (○)  (○) \   どういうことだお?
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /










   /:::/::::/::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i   要するにそんなに素晴らしい政治なら
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l  反対する方が間違ってるんだから、
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ   その指導者に全権力を持たせて
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙   反対意見を気にせず思う存分やらせた方が、
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/   天下国家の為、でしょう……。
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;












             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
            / /" `ヽ ヽ  \
          //, '/     ヽハ  、 ヽピキーン!!
______/ {_{`ヽ   ノ リ| l │ i|._∧,、_________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄レ!小l●    ● 从 |、i| ̄'`'` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   つまり「民主集中制」は、
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   「良い人」が指導者になれば
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   それなりに有用なシステム、ということにょろ!
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |










         ____
       /   u \
      /  \    /\   な、な、な、なるほど……。
    /  し (○)  (○) \   それはそれで一理あるお……。
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /











                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ
.   l              l 弋心 l
.    l              冫.ー く     だがそんなもんは、
   l               l    ノ!  所詮「絵に描いたモチ」だ。
   l               `ー‐ f r'  
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./











          , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \   
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ  「聖人君子が権力の座につけば極楽になるが、
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ    悪人が権力をとれば地獄になるという政治システムが
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j   あるとすれば(実際、独裁制ならそうなるのだが)、
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{     それは政治システムとして悪いシステムである。
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ   よい政治システムは、その運営者の人格と離れて、
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\    政治悪が生じないように制度的に保証されたシステムでなければならない。
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,  これは、人類が数千年にわたる政治史の中で学んだ、
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/    政治に関する最も基本的な格率ではなかったろうか」
       r=<    V三|:::::::::| |/:/  
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、    (立花隆「日本共産党の研究」より)
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ
       `、   ヽ \.>j    ハ│












 -、                            「党のトップに高潔な人格者が立てば、
(  ヽ                           それなりに公正な政治が行われる可能性もあるでしょうが、
 ヽ,_ \                         いったんスターリンのような人物がトップに立つと、
 /゙i、`゙""゙ヽ           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、     それを食い止める制度的な仕組みがありません。
/   `'i   ゙、       / /" `ヽ ヽ  \    歯止めがきかないのです。
l,  _/ヽ  .入      //, '/     ヽハ  、 ヽ   『個人崇拝はマルクス・レーニン主義とは無縁だ』
 ヾ、   / .ノ      〃 {_{\    /リ| l │ i|   と宣言しても、何の役にも立たないのです。
   `ー'く /.\.     レ!小l●    ● 从 |、i|    
         \\_. ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃  |ノ│     (中略)
            ( __ノヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !  
.             \\::| l>,、 __, イァ/  / │  そしてこれは、何もいわゆる『社会主義国』だけの問題ではないのです」
              /\\ | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧. |  
.             `ヽ<\\  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |  (池上彰「そうだったのか! 現代史」より)










      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)
   . |     (__人__)   また一方で、党の指導層はインテリなので、
      |     ` ⌒´ノ    実際の労働経験がない人間もいる。
.     |         }
   .  ヽ        }
   _/⌒ヽ     ィ
 i'⌒゙l |   l         \__ィ?っ
 |  |. |   |       ト、_"__冫く;'三}
 |  | ( " ̄⌒ヽ、 |____`ー‐"
 |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソノノ ̄`ヽ ̄⌒ヽ.'⌒lソ
 |        l  .| y  |_ィ   |  .||
 |        |  .|.|   |  |  |   ||
 |        |   |___|  |__|  ||
 |_______.|___(__゙)__{___゙)_||










         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \   労働経験の無い人間が、
  | / .イ '=・=  =・= u|   労働者を指導するんですかお……。
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ












        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、   っ っ
      / /" `ヽ ヽ  \   っ っ っ
   //, '/     ヽハ  、 ヽ  っ っ っ
   〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
   レ!小l>    < 从 |、i|   ……という批判も当初から
    ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    少なくなかったにょろ。
/⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
\ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
  /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
  `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |












         _ .. --==ニ¨ `ヽ- ―- 、
       .._ニ-‐ァ―――-   :.‐'´   ..  \
     /´  /:ィ/:_. - ´  .:/  ヽ:  \:.. {:. ヽ
    { \/∠ -'_二  :// .:/ ヽ:  lヽ:.  ヽ:.\:|
      /´ フ´  .:// / :/  | }  |:. ト:.  l:.  \_
     / / .:ィ :/ /ノ :/ | / { :|:. ∧ :!|:.  l:. `ヽ ̄´
      //i :/ /  ィ /{ .:!:ハォ:7 丁「「:. }:. | l ! トヽ
        /  | ..:!/イ7´丁ミヽト{ /'ァz=≠トv .ト: | | |   ポーランドの無政府主義者である
        | /| ../|{ fr筰ミト  ´ ´ヤぅ刈イ:  ト.}: :|!|    ヤン・マハイスキは1905年の「知識労働者」にて、
        ∧! !:/ 小.`辷:リ     `フ7′/.:レ } ハ
          /{イ:/ハ    '_  /´/:.   /l: /′   「社会主義とはインテリゲンツィアによる独裁に過ぎない!」
         / ´ |l j .:.\   ‘ニ’  /: ,.. ノ}//
        ハ ̄ ̄ ̄`ヽl>ュ.. _ イ:イイムハ{ _ノ{_    と批判した。彼の理論は「マハイスキ主義」と呼ばれる。
       ノ ̄ ̄ ̄  ‐- 、 ヽ/}  |/_j_.ゝ┴‐´三弐
     ≦三三三-_ _  \ト/´__.. -==―――`i、
      l!        ̄`ヽzzzzf´ ̄         lト}
     rヘ          |  _ |           l| {
     ノ、__i!        fヽ ! | ハ           |ハ
      { __,、!        _| {| ! |     __     |  !
     ヽ ノ{_l!      }ハ、 ヽハ. ヽ  /´'/     lト.、|
      ト、 _,l!___ {. l\ ` ー  \j  {    __j-:、:\
      レ|   {ト:ヽヽ:`ヽ._ ̄`        |-‐ニ-――-、::ヽ|
     _ 上L._  ヽ\\ヽ:ト.二、      {´_: -‐  ̄ `ト、:ヽ{
  /´:.:.:.:.:.:_`ヽ }/ >`-/7く_> 、     ` ー‐- 、 ! ヽ:}
 ⌒ヽ- ´{  `ヽ:\{:.:,.孑{zトミ:.:`ヽミヽ、         ├‐ ´
       \   ノ7ァニj彳_/:{`ヽ〉_/`j┬ \       j
         ̄ /:リ: : : : /:.:.| ̄  ̄` Lト、  ト、      /
        /:/ : : : / : :j : : : : : : : | : :  ̄:} ` ー‐'














        / ̄ ̄\.             
      /      \.........:::::::::::...       | 
      |::::::: :      | .... .........::::::::::...r‐ ' ノ.
     . |:::::::::::::     | .... .........::::::::_ ) (_  
       |:::::::::::::      |.. ..... ......:::(⊂ニニ⊃)   
     .  |:::::::::::::::     }  ..... ......: ::::`二⊃ノ. 
     .  ヽ____    }  ..... ......: :::: ((  ̄
        r'ニニヽ._\. ノ.. ..... ......: ::::::  ;;.    
      r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ     それにしても、「ロシア革命」は「ツァーリズム」と呼ばれる 
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ    ロシア型絶対王政を打倒するために生まれたのに、
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ    「ボリシェヴィズム」は新しい独裁になってしまったのは、
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´    歴史の皮肉と言うしかない……。
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
 .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉
    |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/
























                      ,r "⌒ ヽ、
                     /      ヽ
                    ./    , ヽ、_ヽ     ここでまたも「インターミッション」。
                        |  __,ノ 彡(○)
       , - ― - 、,        i (○ ) 彡  i
     ,r"    ヽ、__゙ 、       i      入,__)
    /   _,,,ノ ミ (〇 )        i   ゙'ー'´  r    ここで終わりと思ってたかお?
    ,'  ( 〇 ) ミミ. 、 i        ヽ   ゙ヽ、__ノヽ   そうはイカのキンタマだお。
    |.     (.__入__) ノ     /::ヽ、_  /ノ:::|       ) )
    ヽ、     ヽ、ノ ノ    ../::::ヽ::::\ゝ◇ノ: i::|      ((
    r"⌒ヽ7ゝー▽-ソ〉;ヽ     |:::::::::|:::::::::\¶/::: i::|___ ._,, )
 ┌─|   | \ヽ¶// .| |    |:::::::::! :::::::::::::Y::::::|:::::::::::::::|少 ̄"
 │  |   |   ヽ)/  | |    |:::::::::!:::::::::::::::i|::::::|゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゚
 ├─|.  -┴──┐_. | i    |:::::::::!:::::::::::::::i|::::::|
_||_.ヽ、________|_;ミ!_|    |:::::::::!:::::::::::::::i|::::::|
    ___        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\       ……何だよその昭和のギャグは……。
    \   \.                       \
\    \__.\                     \
.\\     ̄ ̄ ̄                       \
::::: \\_____________________\
::::::::::::| ┌───────────────────-┐|
::::::::::::| │::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│|
::::::::::::| │ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│|








完結篇はこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。