「やる夫と学ぶ教科書(略)」5つの補完ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





   / ̄ ̄\
 / ノ  ⌒ \
 |  (●)(●) |  「新左翼の歴史・日本共産党篇」
. |  (__人__)  |  第7話 完結篇だ。
  |   ` ⌒´  ノ      
.  |         }      
.  ヽ        }       
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \







後篇はこちら



























        __ .  /l ヽ                    /^ヽ.__
      / ヽ_ノ! !   トヘ                  /   ! ヽ. _
.     !    ヽヽ  !  ヽ             ∧  ∧ _Y ヽ_
.   __∧    .l ヽ_ノ丶 _!\.        ___,イノ  T´  l  i      ̄ノ
. / ,_ノヽ、_.,ノ_.| -―|ゝ、__ヽ      ´、__ ノ__,ノ|-‐. `半 ー‐-<|_
/__ノ´  ヽ、_|ノ_.|>ー.|´  |      |         |    | `‐-、.. |  ノ
 |        .|   .| .   |   .|      |         |    |       ノ
 |        .|   .| .   |   .|      |         |    |    /
 |     , ─┴ 、 .| .   |   .|      |         |    |     /
 |   /ノ( \ ノヽ  .|.  ..|      |      __|_   |   ./    何だお「17.75話」って! 素直に18話行けお!!
 |   | ^ (( ● ●)   | ,- 、从, -、    .!    \  /\.|  /
 |   |    (__人_) .   |(  ヽ/  )   |   ,(● ●)ノ(\ /    
 |    !     ⌒/ i⌒) \/  /て. .|   ( (_人_)  ^  )/   うるせーだろ! 何が何でも今回で
 |   /⌒\  ノ、_ノ .i  /  /.\そ !   ヽ |i|i!|    く     終わらせたかったんだよ!!
 | / /y    く_ノ /  / \  \ .|  ('' \ ´  /  /
 (__,/  |     \/  ./ YY \  \,_/\ \/  /|、
      ヽ       /       \      \__/,/ ))
        \     く          冫      /-´ノ




















         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \   そーいや、若干話は逸れますがお、
  | / .イ '(ー) (ー) u|   そのロシア帝国の独裁制を打倒したのがソ連で、
.   /,'才.ミ). (__人__)  /   ソ連の独裁制を打倒したのが現在のロシア連邦ですお。
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ











               / ̄ ̄\               
             /   _ノ  \      
             |    ( ●)(●)                  
.             |     (__人__) そうだな。  
              |     ` ⌒´ノ      まぁロシア連邦以外のCIS諸国も含まれるが。
.              |    .    }     
.              ヽ        }      (                 
               _ヽ     ノ`ヽ、_     )
                _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (
            _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
        , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁
     /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|
      /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |
      !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !












          ______
        /         \
       /            \
     /      ,   、,,.-='、'、 \    けど……
    /  `┬;;;:::┬′   ゙.゙、;;;;::',ノ  \
  /    ⌒゙''''''´"    `''''''"  u   \
  |    U                  |   現在のロシア連邦も……、
  |                       |
  \                     /
    \                  /













              / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |
            (__人__)      |   ん?
            l` ⌒´    |
            {         |
            {       /
            ヽ     ノ
        ▼/ ̄      ̄ ̄)____
      〃(⊥) ´/    / ̄ ̄/ /  〃 ⌒i
  ___i /⌒\./   /∧ ∧し' __|;;;;;;;;;;i














                  _____
                /U::::::::::::::::::   \
               /  ::::::::::::::::::::::    \    「あの人」の権力が……
             / ;;;;;-──::::::::::::──-  \
            / ::::::::::;;;;;;;;;;;;;:::::::::::: ⌒__丶  \    
          /  ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;′:::::::.....'::. ) .ヽ   \    独裁的だとか何だとか……
          |  :::::::::::::::::::::::::"ノ :::::::::.... __ ..丿    .|
          |  U:::::::::::;;;;(;;;;;;;_ ノヽ.____)    U   |
           \  ::::::::::::::`ヾ: : : ::..   ../       /    耳にしますお……。
            \ ::::::::::::::::::` ̄:.⌒ "     /
              〉三三三》:;;;;;;;;;;;;;;;;::《三三三〈
















          _____
         /       \
       i,-'´}        ヽ
      .,-' ,‐i" _ノ  ヽ、_   i
     ./ //´l (ー) (ー)   i    それはロシアの、ある種の
    .l  '- ' , l (__人___)    i   政治的風土かもしれない。
    l   ,〈,'   `⌒ ´    i  
    l   i i          ,i
    /   / iヽ,        /  
  .,、 i   .' /,‐'.l\     /l )),
  .l \  .i、 ム `‐、_` ̄ ̄´-‐'´ .ヽ
  .l   `‐-'i _.-ヽ .,-、i  i,‐、 . /  .`‐、_
  .l     .i   l l  l  l  l /     `‐、_
  .l     .l   .l/  ヽ ,'  .l/     ,  , `‐、_
 /l     .l      /‐-l  .     .,.' .,'  ,-‐`i
. i.,'     .l 、     l;;;;;;;;l  '    , '  ,.'  .,.'   .i
. /     .l  、    l;;;;;;;;l    , .'   i  ,.'    i











               _. -?- ._
.         ,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:\
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:トゝ
.   |:.:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N
.   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|
    V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!  ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ   近年のロシア連邦の政治体制について、
      リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ     ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′   ロシア語通訳の第一人者で
        ヽN:.:.:.:| ー‐'     ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ     優れたエッセイストでもあった米原万里は
        l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′
           \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧     「ソ連-共産党=ロシア連邦」
            /′ /三ミ 、///     ヽ
         / .′ /   `y ´      ヘ.
        ,′|  |   /     .ィ´ ̄ヽ.〉   であると述べていた。
          /  .|  |  /      ,.'´    |
       ,.'   l  | ./    /         |
.       /    '、  ! /    .イ           ,!
      |       \l/ ィ´ ./        /
      |    / 〉t'^ヽ! ./           ,′
.      ,|   /  ,//|.  ∨          ,′
     /   \ノ/ !l /        /
.    /     / /  |.l/        /.|
   /      / /   ./           / |
.   l    / ./|  ./         /   ヽ
.   |   / / .!ヽ'        /   〈
.   ト、  ヽ/ .|/        /     ',













             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
             /:::/ ̄`ヽ::::::::::::::\
         ////      ∨::、::::::::::::、     つまりロシア地域は、
         ,'/:l、{\    / |::|:::::|:::::::::l   ロシア帝国⇒ソ連⇒ロシア連邦
         レ|、l ●   ● ハl::::::|::::|::::|    と政治体制を変えながらも、
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃::|::::|::::|     常に独裁的な政治指導者が登場する
        /⌒ヽ__|ヽ   ヽ._)  |:::::|::::|/⌒ヽ   歴史を繰り返しているわけにょろ。
      \ /:::::|::::l>,、___,. イ:::::|/   / 
.        /:::::/|::::| 〈::l三/::::/ |::::::ト、_∠ 
       `ヽ{.|::| ヽ∨:/ .|::::::|::::::::::ノ










         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|   正に偉大なるツァーリズムだお……。
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ














                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|   
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l    
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!      
      |         }/  .::::::::::::::::::::/        
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/       現在のロシアでは、ウラジーミル・プーチン首相の主導で    
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/          
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/       「 主 権 民 主 主 義 」     
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|            
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l         が進行している。
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''










      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |   「主権民主主義」?
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ













                  / ̄ ̄\
                / _ノ  .ヽ、\   
                |  (●)(●) |    ロシアは多民族国家だろ?
.                |  (__人__) .|   つまり人権や民族自決権を過剰に擁護すると、
                 |   ` ⌒´  ノ     民族独立と国家崩壊を招くことになる。
.           r─一'´ ̄`<ヽ      }
.          `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
           ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).
.            /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
           (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
             / // / /         . . \_\_)、_)
            ー' {_/ノ 












                 _,..:.:-:.:―:-:....、
                ,.r:':./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`丶、
             /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
                /:.:.:.:/:.:.:.:,r:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト:.:.:.:.:.\
           /:.:.:.:.!:.:.:./:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:!:.ヽ:.ヽ:.:.;ヽ
           /:.:.:.:.:l:.:.:/:./l:.://:,:イ:.:/l:.:.:.:ハ:.jl:.:.:i:.:l:.、ヽ
            /:.:.:.:.:.:l:.:.:l:/:.レ_/'´/シ !:.ツ′.V ';.:.l.:.!:.:l:.:',
         /:.ィ:.:.:.:.:i:.:.:':.:.:.:!__```? ' ´  , --l:.、/:/:l:.:l
         ´ l;';.:.:.:.',:.:.:.:.<7:::::::`ヽ     _ レ/:':ノ!/
               ';l:.:f ';.:.:.:.:.l::::::::r'′    r'::::::lヽ// '´/'
             Vヽ ',:.:.:.:lー- '     l::::::メ /:;'!   そこでロシア特有の
              ヾl、',:.:.:.!        ` ´ /::/    「管理された民主主義」を、
                ';ハ:.:ト,、   -    ノ;.:.;'     「主権民主主義」と呼んでいる。
                 >:〈/丶、 _ -v' ´V l:,'
                / ヾ、  _ヽヽ、   l;'
              イヽ   ヽ'´ `',  `l:ヽ、
              l:.:.ヽ\   _ヽ___',  リr ´_二ュ _
             ,':.:.:.:.:ヽ .Y´,........---..ミ二y::´::::::::::::::;'
                 ,':.:.:.:.:.:.:.〉Y::::::::::::::::::::::;':::::::;'::::::::::::r 、'
                /:.:.:.:.:.:.:.l:.;'-、::::::::::::::::::;'::::::;':::::::::::::/  7
            /:.:.:.:.:.:/Y 〈::::::::::::::::::;'::::::;'::::::::::::ヽ.._ノ!
              l:.:.r:.:.:.:.:.:.:.l  f:::::::::::::::::;'::::::;':::::::::::::::::;':.:.:.!










   rー" ̄ ̄ヽ
  / /"ヽ ヽ \
  // /   ヽハ 、ヽ
 〃{{ノ  \リ||| |   さらに国民の不満をそらすために
 レ小|●  ● 从|、|   「経済的主権なくして政治的主権なし」として、
 ヽ|⊃ 、__ ⊂⊃|ノ|   経済発展をめがっさ強力に推進したにょろ。
/⌒L|ヘ ヽ_)  j/⌒リ
\/ | l>r、_イァ/ /|
`/ /| |ヾ|三/{ヘ_∧|
ヽ< | | ヾ∨/ヾ 彡"|












          / ̄ ̄\
        /  _ノ   \
     |  ( ●)( ●)   かつてロシアが経済的に
        |      (__人__)   立ち遅れていたとき、
       |     `⌒ ´l   プーチン大統領(当時)は……
      |         }
      ヽ        }
       ゝ     丿
  ____( ̄ ̄    / ̄ ̄/´ ̄/_
i⌒ゝ、  ヽ ヽ.   /    /  ⊂)  i⌒ゝ、
i;;;;;;;;;;|__ L人   ̄ ̄`´ ̄ ノ__i;;;;;;;;;;|















            |:::::::::::::::::::::::::::.             ::{        }    
            {:::::::::::::::::::::::::::、           ::}       }    
            |:::::::::::::::::::::::::::ヽ、,           .:}     ,  |.     
.         {::::::::::.i::::::::::::::::::::::ゝ、       :ノ、   /   !     
           |:::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::‘ー-‐===ニ=:、__,,ノ  ノ     
           |:::::::i:::::::::::::::::::::::::     ::::::::::::::ー、 `'''゙´  /    ソ連を恋しがらない人間は、心がない。    
.            |:::::l:::::::::::::::::::::::       ::::::::::i ̄´      /       
.           {::::i::::::::::::::::::::::          '      /        
           }::i::::::::::::::::::::::                   /     ソ連に戻りたがる人間は、知恵がない。
           !人:::::::::::::::::::.               /
           /::::... ...:::::::::::              ,/
.        //:::::::::::::::\::::::::              ,/
      / /:::::::::::::::::::::::\__::::..    .:    /
.   /   /:::::::::::::::::::::::::::::: `'ー-‐ーー----;:"´
.  /   ,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::;;″ /'ヽ
 /    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i'  /'"´ \














               / ̄ ̄\
             /       \
             | _ノ  ヽ、   |   ……と言っていた。
             | (ー)(ー)  |
             |  (__人__)   |   つまり「世界の覇権国家(の一方)であったソ連」は恋しいが、
.             l  `⌒ ´   }  「世界有数の管理国家であったソ連」は不要だ、ということ。
              ヽ      ./
             /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、
         ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.
          //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.
       ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i
      /:::: /::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,
      |:::::|::/::,ィ '";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、::::::::::::::::/::::、
      l:::::;/:/:  :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::l::::::゙,
      i::::/,': :  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l゙,::::::::::::::::ト::::::}
      〉/,': :  :/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ.::::::::::::::::ゞイ
     /::/ト: : : ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、ヽ::::::::イ::::::|
     .',::::゙、ヾ: :  :l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ:ヾ::::l::::::|
     ',:::::l /: : :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: :ヽ:::::|
       ',:://: : .ィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : : \
      }/ }: : /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : : : 〉











        ____
      /      \
     /⌒  ⌒    \  
   /( ・ ) ( ・ )    \  実も蓋もねー本音だお……。
    |   (__          |
   \   _l        /
   /  ー        \












               _..-――-- ..._
       .. -―''" ̄::::::: :::: ::::: ::: ::::::: :ヽ..
     / ... ... .:::::..:::::.::::|:: ::: :::: :: ::: ::: ::: :: ``\
    /. .. .. .. :....::....::::.:::.:::|::::::::::::.:::.:::.:.::: :: :: : :: :: :ヽ
   /.. . /. .......:::.::::.:::.:::::::::::|::::::::::.:::::ヽ:::.:::::.::::.:.:: ::: : :::ハ
.  /.〃/.:.:./:.::::.:::::::;::::|::::.:/|::::.:::::::.|  \:::.::::.::::: : :: : ::::|
.  |/ /.:.:.:.:|::.:.:.:.:.::/::::/ |::.::: ::::|   `_::::::::::: : : :: |
.   ,'.: .:::.:.|:.::::::.:::厂 ̄丁` |:::.::::.::|   ̄ \ ̄::|:: : :: ::|
  |.::::::::.|::.::::::::|:  二   \::.:::|   _  \::|::: :: :: |
   |..:.::::::ハ.::::::.:|/γ:::`ト   \| 彳 ̄.`ド ::.:|:: ::::: :|
  |  ∧:::\:::|ヾ〈:: ..::::|       |::.. ...:::| |::::.!:::::::::八
.   | ./ ヽ|::.::`:  ヽ辷ノ      弋:::::..:ノ..|::::::::.::.:/:「
   ∨   .|::.:::::::|       .      ̄  ,|::.:.:::::/:、|   けどプーチンの政策や石油価格の高騰によって
          |::.::::八         _      /::.:::/   ロシアは経済発展を遂げ、「BRICs(ブリックス)」※と呼ばれる
        |ト、::::::::>- ..__         _..〃:/     成長著しい国家の一角を占めるようになった。
.         ? \::::   ,r=ァ― T<´ //
            ̄./:::::::丿  Ц:::\
           /.... . ...├―─‐┤: :::\
          /:ヽ. . . . . .レ'':⌒`ヽ|: : : : : :>、   ※BRICs……アメリカの証券会社が2003年に認定した、経済成長著しい
            /\::ヽ. . . . レ''⌒`ヽ1: : : : :/::/ヽ   資源国家の総称。「Brazil(ブラジル)」、「Russia(ロシア)」、
        /:::\\::\. .|. . . . . . ノ: : : :./::/ /::ヽ   「India(インド)」、「China(中国)」の4ヶ国。











     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   色々と後ろ暗い噂があっても
|       (__人__) l;;,´|  プーチンが豪腕政治家なのは間違いなくて、
./      ∩ ノ)━・'/    しかもそれを評価する国民は多い、ってことかお……。
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /












  ?             ?
?    , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、   ?
    /:::::/" `ヽ ヽ:::::::\
    /:::::::::/     ヽ ヽ:::::::::ヽ
   l:::::::{:::l ,    ー-j从:ヽ::::.ヽ   それは当然にょろ。
  | ::i::ル{レ'     ●` li!: ト、:::.',  政治家の評価なんて、何を基準にするかで
  /⌒)i"●    ⊂⊃: |ノ::::. l      めがっさ変わるにょろ。
 /   yi ヘ⊃   ,__,   l|:: |:::::::::.l  政治手腕が強引でも、経済発展をもたらしてくれれば
(  /ス、,ゝ、_ `´   ィ<|:: |_:::::::.l   それでいい、というのも一つの評価にょろ。
'</ |l:::: i "Tーイ'^ァレ'l_::::::.l
   \,,t|l:::: l'ヾ::|三/:://l/ ヽ、'i   ただし自分に危害が及ばない範囲で、にょろ。
    |::|l:::: l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, | :ji















   / ̄ ̄\
 /    _ノ \
 |::::::     (● ) )   近年のロシアでは、かつて世界の覇権を競った
. |:::::::::::   (__人)  「超大国」としてのソ連にスポットが当てられ、
  |::::::::::::::  `⌒´ノ   ソ連やスターリンの再評価が進んでいると言われている。
.  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
.  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
   ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
   /:::::::::::: く         ,ふ´..
   |:::::::::::::::: \       ノ::ノ
    |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´













      ,,  、、 ,
  、、 ゛ ____  ' ,   
  ,'  /⌒ 三⌒\  丶  
 ;  /(@)三(@ )\  ;    い、いまさらスターリンの
 ; /:::::⌒(__人__)⌒::::::\ ;  再評価かお……。
 ; |  u  |r┬-|   u  |  
; /´ ̄``゛'- ._‐´ u  /  
,' |   ___)    \   
;  |                \  '、, 
;  |                 ̄) 、
; |               | ̄ ̄ ̄   ;










.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::! 
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |  
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_       言ってしまえば、 
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ   
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´  
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /     「金儲けができて、強い国なら何でもいい」
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '      
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、          というのが、ロシア人の本音なのかもしれない……。
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、













          , 、、  ,,        
        , '  ____ " 、、      
         , '   /⌒三 ⌒\  ',   
       ;  /( @)三(@)\  ;  
       ; /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ;    ご、合理的……。
        |  u   |r┬-|  u  | ;  
       \   u `,. -'"´´ ̄`ヽ ;  
    _   /    (___   | ',  
  ,、'  /              |  ;   
 、 ( ̄                |  ;    
     ̄ ̄ ̄|               | ;














                / ̄ ̄ ̄\
          /     :::::::::.ヽ
          /    :::::::::::::::::::: 〉  そもそもロシアでは、
          |    ::::::::::::::::::/  いわゆる民主主義は馴染まないのでは?
          |     ::::::::::::::::::::l   という意見が根強くあるんだ。
          |   ::::::::::::::::::/
           \__  :::::::::く
.            ,イ   :::::::::ヽ
           / `   :::::::::::}
            ,' :::j  .:::::::::/
         ,?´ :::ノ  .:::::::::{
       (,. - ―.i_   ::::::::::i
          /      ::::::::::: }
.        l,. ----ゝ.ー―一´ー--.._
     _ _」.   `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
    {._  |    | 厂 ̄ ̄l ̄ ̄| |
.     `¨゙l____」__j    ?..___|__j












      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \  何だお?
 /  (●)  (●)  \  民主主義がいらないのかお??
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /















Q.ロシアに民主主義は必要か?


        . ┌わからない
 いいえ ..┐ . |       (17%)
  (26%) │ _..-ー'' l'''''― ..、
     ./   .l,   |     `''-、
   ./     .l  . |       \
   /ゝ、     l.  |         ヽ
  ./   .`'-、    l. |           l
 │      ゙''-、 .l, |             l
  |         `'″          |
 │       はい(57%)     ..,!
  l                   ./
  .ヽ                  /
   .\              /
     `'-、              /
       `''ー .......... -‐'″
















Q.ロシアに西欧型民主主義は適しているか?


 わからない   . 
 (14%) ..┐ .   ┌──明らかに適している
...      │ _..-ー'' l'''''― ..、   (7%)
     ./   .l,   |     `''-、    「適していない」=36+15=51
   ./     .l  |       \     「適している」=28+7=35
   /ゝ、     l.  |  おそらく  ヽ
  ./   .`'-、    l. | 適していない l
 │      ゙''-、 .l |             l
  | 全く適して  `'ゝ、  (36%)    |     上下とも露調査機関「レバダ・センター」が
 │ いない   .l,  .`'-、'     ..,!   2008~2009年に行なった世論調査による
  l       .l, おそらく ゙''-   ./
  .ヽ(15%)  .l, 適している  ` /     
   .     .l,        /       
     `'-、 .l,  (28%)   /     (2009年10月28日付 読売新聞朝刊より)
       `''ー .......... -‐'″ 















       ____
     /      \
   / ─    ─ \    民主主義が「必要ない」人が約3割、
  / -=・=-   -=・=- \  西欧型民主主義が「適していない」人が約半数かお……。
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /












   / ̄ ̄\
 / ノ  ⌒ \
 |  (●)(●) |    このような状況を風刺した、
. |  (__人__)  |  こんな作品がある。
  |   ` ⌒´  ノ      
.  |         }      
.  ヽ        }       
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

















_______________________
|                                   |
|   正しく美しく新しい                    |
|                                  |
|  大   / ̄ ̄ ̄ /  /__7 ./''7  / ̄ ̄ ̄ ̄/    |
|      / / ̄/ /  /__7 ./ /   ̄ ̄ノ /    |
|     / /_/  /   ___ノ /     / /      |
|     /___________/   /____,./    ∠../     |
|                           __      .|
|  歴 史 教 科 書             /∠ | \..  │
| ┏━━━━━━━━━━━━━━|   | |  .| ┓ |
| ┃         \ │ /     \ .Ц / ┃ |
| ┃\   *       / ̄\    *.   /  ̄ ̄/ ┃ |
| ┃  \     ─( ゚ ∀ ゚ )─    ./ + /  ┃ |
| ┃   \  ・.   \_/     /  /    ┃ |
| ┃  +.  \   / │ \   /  /  .┼. ┃ |
| ┃      \       ∩ ∧ ∧∩ .・       ┃ |
| ┃  .*    ∩∧ ∧∩\.( ゚∀゚) |    .+    ┃ |
| ┃──── ヽ( ゚∀゚ )/ .|    /. ────.┃ |
| ┃    +   |    〈   |     |    ・     ┃ |
| ┃ ┼      / /\_」 / /\」 *.       ┃ |
| ┃     *  ̄     / /  \.         ┃ |
| ┃  ノノノノ    /     ̄  ・  \  +    ┃ |
| ┃ ( ゚∋゚)   /   *       ∧_∧     ┃ |
| ┃ (  ⌒\       ___ \(・∀・; ).   ┃ |
| ┃  \  .イミ       \_/⊂ ⊂_ )...  ┃ |
| ┃   )) |           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|^)┃ |
| ┗━(.(. .|━━━━━━━━━━━━━━━┛ |
|  検 閲 済                        |
|                                  |
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



















       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /
       /              /
     /    正 誤 表      /
     /              /
    /   ____     / 
   /             /
 /             /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



















         ,,, -;;;;;―;;;;;;;-、、
        ,r'';;;ハllリllりllリ〃;;;ヽ
      /ヾヾ”  """   ”''彡
       lミ'"         三l
       ミl ,iillliiiミ  ,ィiillllミ、 ミ;l   母なる大地、
      ll ,,-。‐ヽ  (‐。-、  lミl、   古ルーシ、
.       |  ` 二,l   ! 二''  'i´7   そしてよきツァーリ。
.      | ´  ,/,、 ,、ll   `  };l|    
        |   /` ' ´!    lJ    常にツァーリは
       l  ' ,,-―-、 ゝ    l     おわします。
       ヽ  :: ?  ノ   ノ
    _,,-r、、  ー― ''  ノlヽ、 _
 ' ̄-―/:::::l ヽ、  ?  / ,!::::::l_
 :::::::::::/:::::::::l   `,ー、"´   /::::::::l:::::




























┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆┃
┃☆                             ☆┃
┃☆   誤          正              ☆┃
┃☆  スターリン  →  ヨシフ1世        .☆┃
┃☆  フルシチョフ →  ニキータ1世      .☆┃
┃☆  ブレジネフ  →  レオニード1世      .☆┃
┃☆  ゴルバチョフ →  ミハイル1世       ☆┃
┃☆  エリツィン   →  ボリス1世        ☆┃
┃☆  プーチン   →  ウラディミール1世    ☆┃        いしいひさいち「笑史千万5 ツァーリの巻」より
┃☆                             ☆┃   (土居恒之「興亡の世界史14 ロシア・ロマノフ王朝の大地」所収)
┃☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆┃ 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

















           *  _______
    / ̄|  +   /         ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒   \    
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::     |  `Y´   さすがいしい先生、 やるときはやる男だお!!   
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /    。
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /     十 
 | ___)  ::|   .>          \
 ヽ__)_/   /                 \














    /  ̄ ̄\
  /      ノ ヽ
  |::::::     (● )    
.  |:::::::::::   (__人)   時々で良いので、
   |::::::::::::::   ⌒ノ       某新聞の漫画もちゃんとやってください……。
.   |:::::::::::::: u   }
.   ヽ::::::::::::::    }
    ヽ::::::::::  ノ
    /:::::::::::: く
    |::::::::::::::  |
     |:::::::::::::::| |
















         ____
   .    / ノ  \\
  .   / (●)  (●)\     それにしても、ロシアの政治的風土が
   / ∪  (__人__)   \    強権独裁を望むのはいいとして、
   |      ` ⌒´    |   何で他の社会主義国まで
    \             /    レーニンの思想を受け入れたんだお?
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ  
  \ ヽ  /         ヽ /   
   \_,,ノ      |、_ノ












          _____
         /       \
       i,-'´}        ヽ
      .,-' ,‐i" _ノ  ヽ、_   i
     ./ //´l (ー) (ー)   i     そらま、
    .l  '- ' , l (__人___)    i
    l   ,〈,'   `⌒ ´    i    「勝てば官軍」って言うだろ……。
    l   i i          ,i
    /   / iヽ,        /  
  .,、 i   .' /,‐'.l\     /l )),
  .l \  .i、 ム `‐、_` ̄ ̄´-‐'´ .ヽ
  .l   `‐-'i _.-ヽ .,-、i  i,‐、 . /  .`‐、_
  .l     .i   l l  l  l  l /     `‐、_
  .l     .l   .l/  ヽ ,'  .l/     ,  , `‐、_
 /l     .l      /‐-l  .     .,.' .,'  ,-‐`i
. i.,'     .l 、     l;;;;;;;;l  '    , '  ,.'  .,.'   .i
. /     .l  、    l;;;;;;;;l    , .'   i  ,.'    i














            ,,  - ―─  - 、
         - ¨            ` 、
      /'   ,       \   、 、 ヽ
     〆/  '  / l  \     ヽ ' , 、 l  ',
    / / ′ .!  l  ヽヽ  ヽ l   l l |  、 ',
   / ,! l  , l  ∧  ヽヽ  ', |  | .! .! l | .!
   .! ,'| .l ./, ! .,A-ヤー-、l   l    l l .! | .!, l
   !./ l| ,!. ! ', |イ,;;斗去=ァ‐l   ト、 ,! .! ' .! |' ,!
   ,' |,! .,l t|'、〉l "゙i::rl   !゙ヽ|   | .,' / /!' ,' l ,! ヽ
    ゙ ',.! i ゛ノ `  、ツ- ´ /}  l シ ,! / ,! ,! l/  暴力革命にしろ民主集中制にしろ、
      '  ∧       /,l  ,!i  ; / ///"    それで実際にソ連という社会主義国が生まれたんだから、
       //;ヽ _    /'.!  /!'i l ./ /´ ツ    そのやり方は正しいと思わざるを得ない……。
.      // リヽ ,、   _.オ ./ .! |リ,' /
.     ヽ'   `、l ゝt ヾ  |/    トV`ヽ
           `,゛-'ー} ´   ,..=彡゙゙フヽ、
         rイフ  √,!   / /´,<〆⌒゙ヽ
        ノ l l   /ヽ. , ‐ ゙/ / ,  ,!    `ヽ
       / .!_l_l__./'三ヽ==゙=ヲ{  ,'       ヽ
       / ,,ノ-―''''''¨¨¨ ̄ ̄l |  }        lヽ
      ノ/ |       _   l |/ヽ       、ヽ
     / /  |  _ ,,, - '''¨  `ヽl | ⌒ヾ、      '、ヽ、













      |
      |
      |-‐ ̄ ̄`' ‐-,,
      |: /´ ゛ヽ::::::::::\
      |/      ヽ::: i:::ヽ
      | -ー     l::: }::::: l   しかも反対派の一方の旗頭である
      |●     ヽレルi:::: |      ドイツでは、革命に失敗したにょろ!
      |⊃    ●゛i(⌒\
      |  ,__,   ⊂ヘ iy   ゙i   そりゃあソ連の方が正しい、と思っても無理ないにょろ!!
      h   `´ _、ゝ,、ス\  )
      ミ}ーT゛ i ::::l| \>'
      |):゙i三|::ッ'l ::::l|t,,/
      |i:::∨ッ  l ::::l|::|
















               / ̄ ̄\               
             /   _ノ  \      
             |    ( ●)(●)          ということで、トロツキーやローザ、          
.             |     (__人__)    マハイスキといった反対派を生みながらも、
              |     ` ⌒´ノ        各国の共産党はソ連の理論を文字通りの
.              |    .    }      「金科玉条」として受け止め、その実践を目指すことになる。
.              ヽ        }      (                 
               _ヽ     ノ`ヽ、_     )
                _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (
            _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
        , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁
     /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|
      /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |
      !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !











      ____
    /      \
   / ─    ─ \
 /  ( ●)  (●)  \    だからこそ、ソ連は世界の共産党に対して
 |      (__人__)     |  優位に立ち続けたんだおね……。 
 \     ` ⌒´    /
,,.....イ.  、ニ__ ーーノ゙-、.
:  ┃   ◆・◆ ┃  i
   ┃        .┃ |
   .┃   ><  ┃ |
























                 / ̄ ̄\
               /   _ノ  .\      _,,
               | ( ●) (●) |     l;l    さて、話が現代ロシアにまで及んでしまったが、
              . |   (__人__)  |  _,_,|,|_,    マルクス主義からマルクス・レーニン主義を通して 
                |   ` ⌒´  |, ト-=y  丶      日本共産党の理論的背景に迫ったので、
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l   ここからはいよいよ党史の経緯を追っていこう。
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i,
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i, 
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,?    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l
 v=4⌒ヽ、 j  --,,,if   /iii|       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|
   ヽ, ,, i、   _,,tv   /iiiii      ム、 / /  ヽ、ヽ、_x--ー‐- 、
 __,,,l ii Yi___,lk /   }iiiiil    ヘ __,,,,,,___/    `x'"^   ,,,,,   \
     ^ ̄⌒ヽ  ヘ、  ,ノiiiii|、__,,,y,,_,,,/ ヽ、  ,/   ,,,-‐‐ `',,   ヘ,、
   ,,,_  \  ヽ  `>- liiiiiiil ?">-?  ヽ ヽ  i   i/   _,, /   } i
     "- ,,   }  / /iiiiiiil  /      l  l l   lK   ^~'  / |
        \ーヾ  /iiiiiiiil  /        i   i |   |i`'ヽーミ_/  /











                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /   ようやく「共産党の歴史」が始まるお!
  |     |r┬-|       |    
  \     ` ー'´     /
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ



















というわけで本日はここまでです。
「順調に投稿数増えてるじゃねーかよ」
ってツッコミはお待ちしております。



















                        ,,r=''´::::::::::::::::::;;:''':::ヾヽ;;/ヽ;::::i,:::::::::::ヽ、
                       /''7/::::::/:::::::,ィ'´       ヽ::l、::::::::::::::`、
                        /i::::,,イ:::::::イ`~'''ヽ、      l::| .i;::::l::::ヾ゙ヽ、
         ,, -‐‐ ィ''¨''ー- -.、_    /:l::/ /l::::/:|     `、     ,;i}-キ::::l::::::l
      ,, ‐ ''::::;::ィ'´  Y     ヽ.  /::|/:/:::レ'::::|.,,ィr'=〒ェ、    '´,,_  l::::l|::::::|
      r'f.l::::::::::〈  、_,,≦、/ i  l   ヽ /::::::::l::::|:::::::|ヾ P:::::| `    "P''')ゞ |:::il|::::l
    .{::l l::::::::::::ヽ、.  __∠,,,ノ  j__,,::<゙ム;;;:::::l::::l::::::::|  loァリ_     b;;:/, /レ|::|∧
     ゝヾ、:::::::::::::.ヽ,,,,r''ヽ(,,ィ='゙テ‐--゙  ヽ!::::|::::::::|i    ̄.r- 、 _'_  ̄ /:::::|:::':::::ヽ
    ./ ヽ;;ヾ.、;;;::::::::::::::::::ィ/-、/   ::    `ヽl:::::::::ト、   l    ヽツ   ,/|::::::::l::::::::::::ヽ
   /   ,、_ヽ、,,-三三彡゙    ̄` .::::...    |::::::::::l:ィ\. ヽ、___/ /;;ィl:::::::::|::::::::::::::ヽ, ,-、_.. r-- ァ
/ ヽ、_  /  Z___   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|、::::::゙>、| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾ:::::::::::::::::∨  '‐┘ └─‐‐┐
\  >`フ        〉  .:|  ┌─────┐  |!.` /,f'ヾ ̄フ '''マ  ,/.:ト、:::::::::::/               |
  丶' /  ィ===-ァ  /~'' ー|  | | ̄ ̄ ̄ ̄ .||;|  ト, //ヾ::::ヾ`=、   ´>::::::::i \:::_`_、 /二コ  i二二二,,,,
   , 、_ ヽ,,/ |  .|/  /   |  | |  | ̄ |   |.i|   .|:ヾ.レ'| ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄\. }|__________|
  /   >  /   ヽ ー'    .|  |_|  └‐┘  | |!   |:::ヽ'└──‐┐ .┌‐ァ   ./V:::::::::r─┴────‐┐
 /  / /  x.  \.    |  |::!__r─.i_,,| .!  |::::::ヽ.    ヽi|   | く   .,イi;:::::.\ :::|  ┌┬──┐  |
/  ./,, '"  ./ ヽ  `ヽ、.  |  └────‐‐┘ ..|::::::::ヽ.   ..ノ|   | `Y''i.| ト;::::::...ヽ|  └‐┴‐─┘  |
`'' 、/ \_ /   ..ヽ、_/  |__r─────‐i__,,|:::::::::::ヽ, r',i ̄  ノ   .!.l ノ ヽ .::::i;:|__,r‐r─r─.i__,|
                     /::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:::::::::;r,,ニ彡'´. ̄i、  ..:::::l,ノ_,=ヾi:::::::li、::::l:::| |:::::i
                 /::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:l;::::::(/.::::::::::\   | `'':::::::r'゙:;:;:;:;:;:;:;l:::::::l l::::l`! l::::::l
                 /::::::::::::;:;:;:;:;:;:/.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:::::::::::::::::::::::::\ !   /,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l::::::l. l:::| ヽ,|;;_::|
                   /::::::::::::::;:;:;:;:;/.:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ト;::::::::::i、:::::::、;;:.\ ../.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l::::::ト,l:|  ヽ∧{
                /::::::::::::::::;:;:/.:::;r‐‐‐-- 、;:;:;|ilヽ;:::.ヾ`''、::ヽ、゙ヾX:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::l:;::|lヽ、 /::/ト、
                 /:::::::::::::::;/.:::::::;:;ヽ,    ,,rヘ|l  ヽ;:.\ \゙''-(;:;゙''ー-:;:;:;:;:;:;:;:;:|:::|:;:;|!イ,,X゙:://:::;〉
               /::::::::::::::/.::::::::;:;:;:;:;/_,,,=''´~ {,,f´`ヽ、 \::.\ >、丈;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::l゙:;:;:\ニ''-'':::,,へ
              /::::::::::::/::::::::::::;:;;r'' ̄  ./`>'´    \. ヽ;::ヾ、  `个-、:;:;:;:;:;:;:;jノ.;:;:;:;:;:;:`i-'''i゙ふ .,〉
            /:::::::::/.::::::::::::;;/ ,r-、_ //    i   ヽ;;ノ\ヽ  |ヽ、{;;;;;;_:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|.  `ー''゙
           /::::::/.::::::::::::/   /   ,/     ..::l.       \.  l.  \ `i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l



















    /:::::::::::::::::::__:::::::\
.   /:::::::::i:::イ::/"  ゛ヽ::::ヽ、
   /::::::i:::::|::.l{_l    _ i:::::::ヽ
   |:::::::|:::::{イ      `l::{::N   次回のテーマは
   |:::l´|:::::| ●    ● リレリ
   |:::ヽ|:⊂⊃     ⊂l/:i|    「日本共産党篇・第8話
   |:::::::|:::::ト _ ーー イ|;;;;;i|   日本共産党~マルキストと社会民主主義者と、時々、アナキスト~
   |:i|::::|::::|>´_l_ ̄/'/ ̄/ ̄/
   |:i|:i|:|:::N/   ̄ )東京タ/  と)   にょろ!
   |:i|:i|::V|i_}--j-イ__/_/ノ
   レ|:i|:::|::| ゛イl | // |::::::::::il




















        / ̄ ̄\   
      /    u  \      .____
      |::::::      u |   ./      \  
     . |:::::::::::     |  / ⌒   ⌒  \   「順調に増えてる」っつーか
       |:::::::::::u:    |/  (●) (●)   \   1回の話が長いだけだお。
     .  |::::::::::::::  u  } |    (__人__)     | 
     .  ヽ::::::::::::::    } \   ` ⌒´     _/ 
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――  
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)
そ、それだけ密度が濃いってこと……ですよ……。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。