「やる夫と学ぶ教科書(略)」5つの補完ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



                 ◯                  ____/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 //           ____/                  \___
                // |\_____/                             /
                // │                                      /
               // │                                    (
               //  │                                       )
              //  │   「やる夫と学ぶ教科書に載ってない新左翼の歴史」  /
              //   │                                    /
             //   /                                   /
             //   /                                   /
            //   /      補足その6「アナキズム」              │
            //   /                                    /
           //  /                                    /
           // /                                     (
          //<                        __/ ̄ ̄ ̄ ̄\_ \
          //  \__            ______/                ̄
         //       \________/
         //
        //  
    __ //
  γ____ヽ//
 ( ・∀・)//
 (    つ
  人  Y
 (_(__)




















   / ̄ ̄\
 / ノ  ⌒ \
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |  それでは「社会主義」が包含する思想の一つ、
  |   ` ⌒´  ノ    「アナキズム」について見ていこう。
.  |         }      
.  ヽ        }       
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

























     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (●)  (─ /;;/   「共産党の歴史」が始まったと思ったら
|       (__人__) l;;,    また話が逸れたお。
/      ∩ ノ)━・【】[]
(  \ / _ノ´  □   そして本題の「新左翼の歴史」は
.\  "  /    (⌒)   いったいどこへ……。
  \ /
























    /  ̄ ̄\
  /      ノ ヽ
  |::::::     (● )  えーやる夫が何か言ってますが気にするな。  
.  |:::::::::::   (__人)
   |::::::::::::::   ⌒ノ   「アナキズム」は「アナーキズム」ともいうけど、 
.   |:::::::::::::: u   }   ここでは「アナキズム」に統一するぞ。
.   ヽ::::::::::::::    } 
    ヽ::::::::::  ノ
    /:::::::::::: く
    |::::::::::::::  |
     |:::::::::::::::| |




























      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・  
. | ( ●)   ⌒)   |   そういえば、そもそも「アナキズム」って
. |   (__ノ ̄    /  どういう意味なんだお? 
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ




























          ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||     
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ      
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/     アナキズム(Anarchism)は
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//      ギリシャ語の否定の接頭辞「an」と、
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/    「指導者」、「支配者」を意味する「archos」を
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′     合成した「anarchos」から来ていて、
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l      日本語では普通「無政府主義」と訳される。
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}
      |::.:.\::..::.::.::>ー'―-L∠_¨´
      l::.::.:..:. ̄ ̄ト 、, --、―弋i
       ヽ::.:..:..:.::..∧/    ヽ  i _ .. -―
       ``ーニ´/ー-、   | _|
       _. -―  ̄  ト―.:「:.:l
                 ヽ:..__:L_|
                ヽ.__)ノ




















       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ
   〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
   レ!小l●    ● 从 |、i|   ただし「Anarchism」の本来の意味は、
    ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   
/⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   「(あらゆる形の)支配者がいない」
 \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
  /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |   というものにょろ。
 `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


































           /|      ,/'|   ∧       ,∧     ∧   |ヽ    |\
          〆 .|!     ,/ |  ,i| |!      ,i| |!    i| .|!  | .ゝ   .i| ゙ゝ
         ,i|   |!     i|  .|  i!  .|!     ,i|  |!    i|  .|!  .|  |!   !|  |i      `~;:
        i|   ,|!     !|  |! ,i|   |!    i|   ゙|!   |  .|  |  |!  .i|   |i
        i|   |!     i|   |! ,i|   ゙|!    i|   |!   i|   .|! i|   |!  .i|   ゙|i`,;:;・`,ヽ:
       ,i|    |!     ,|   .|!,i|    |!   i|    |!  i|   .|! .i|   ゙|!  i|    |i`,;".^゚´
      ,i|    .|!     i|   |!i|     |!   i|    |!  i|    ゙|! i|   .|!  .i|    |i`,;ヾ'
.      i|    ||     .|    |.|     ゙|!  ,i|    .|! ,i|    |!.i|    .|!  i|     |i      `
      i|    .|!     i|    ii|     |!  i|     .|! ,i|     |! |    |! .i|     ゙|i`,;:~,.";・ノ^´`
     ||     ||     i|    .il      |!` i|     |! i|     ゙|!i|    .|! i|      |i  `;:":'´^;`
     i|     i| ゞ'`^゙;i|    i|      |!\i从//〆 |!,i|     .|i|     .|! .i|      .|i          ´'`゛;;.
    i|      i|   .`!| .   i|      .|!´     `ヾ´|      |i     .|! i|      |i
    i|      i| `,;ヽ`!|    |      |!  ──.   <|      .|!     .|!i|       |i      、,~+;:"`;,;*`;"
    |   ;:`,'´^i|ヽ:" `.i|    i|      |! /ノ ⌒ \ ,|      |!     .|.i|       .|i  ゙;・`;:"',;^'
    i|   ,;:;ヽ.|,、・;:;;`.|    |    '  .i |(●)(●)| |i|      |!      |i|       |i`,,;゙",:ノ,'´ +
    i| `,;:+,`,'.; |`,:;`^;´,;[    i|     . |! | (__人__) | ||      .|!     .ii|       .|i ,"`゙ `゙
    i|      .|`,:+,;:'`,`|    i|  /    .|! !  `⌒´ / |i       |!     .|i        .|i`,';",.  つまり単に現存する政府のみを
    .|      |     |    i|       |!ヽ    ノ丶||       |!     i|        .|i,   否定するわけじゃなく、ありとあらゆる
    .i|      |    .i|   i|       |⌒i´、 ヽ⌒ヽ|       |!      i|        .|i ,   権力やヒエラルキー、そしてそれを支える
     i|      |    .i|\从i|       |,ノ      ノ \丶从レ',´|!,/   i|        .|i ,`   法律や国家、資本などを総体的に否定する思想だ。
     [      |!   \`´  i|       |!,     /ゝ,i|       ゙|`    ||        .|i ,´
     .i|      i] ─>   .|       |!i,     |__i|       |     ||        .||
     .i|       |!  /ゝ、  |       |!⌒`  ´   | ゞ    ,ノ|!'`   ,1|        || ";:,`;+,'`;,'
     [       |!   /|W゙゙|       |!  |ー‐一( | /'`/W`'゙゙|!\  1|        || ,";,;:'`ヽ;
     .i|       .|!ゞ   ゞ i|  、 、.   |!  ノ    | .i|       | `  1|        ||/(/ ゞ/〆 ´
     ..)ゝ\     ゞへ  `,|丶1 ヽ: ,   |!,, (      ) i|        |i/〆ノ        ||/〆ノ从´∠(
(´ \.从ヽ\ゞ\.从ヽ\ (´ \.从ヽ\_ゞ゙`',《'⌒)' 、゙`\(__i|ゞ\`从//ノ)/  ソ    人/ ;`)⌒`)彡






























       /ミl         、 ::: : :|   _
      < ヾ: :.|        / .:::: : :|  〃⌒ヽ_
      , へ-、::..|  _ __  z〃  .:::: : :| _/_   7                  __
    /:: ..    Y´ ̄ - : : : .   .:::: : :レ' ̄   /∧              ,,.-´   ``ヽ
   _ ヾ:: .. 、ヽ\  .. ::: __    |i 、'´| i |ii __/  l!         . . .. .  /         \
   ⌒ミ: ::. __     ?⌒ヽ_ _.じ'. : :|       /    . . ..:::::: :   /           ヽ
       , =-     く、、`ミ て( . . : :|   ∧  /〃 . ... :::::::::::: : :.: : ::.|  `\   ,,_/'  .|
   i{ r' i|  三Ξ二 ゛ :γ⌒ヾ/.. : :|ト、 |   7/  : :      : : :: : |  ( ─)  (─ ) u.|
   -   く<:::: . . . .::: : : :: i    i{...:: : :||  l   /`     ___ ー二二\  (__人__)   /   要するに何もかもぶっ壊せ! ってことかお。
   ̄ __L  r=″  ...... _ _}    l{...:: : :|r   .   _ニ二三三三   ..._ = `ー|++++|ー′〉ヽ
    ̄ i <_::::. r、:: : :Σ  ::: : : : : :|| ? ―===    =ニ二三 `|__       /   ヽ
        `ヾミ}::   `   N     i{.: : :/|   |}     _ _ __二二___   l ?             |
      _ 三二ニニ  <      i{.: 〃:|  _L --=ニニニ三三 ̄ ̄........  Ξ         ∧_ ,イ
           ,へ、 ー    )´ . :|  「  --、彳     . . ........::::::::::::Ξ        /  〉 |
          〃  ヾ      `ヾ√| ノハ   〃     ..  ::::::: : : :: : ::}       〈   |  |
         //     >   . . ....:: : :|´   ヾ ノ  . ...   . .: :::::::::::::: : :..::!_/ヽ      ヘ, |  |
             _ _ /    . . ....:: : :ト、i i|   > . ..::::: ::::::::::::::::::::::.. ... .... |         〉 l  |
          ′″⌒ミ . . . ....::::::::: : :| ゞ   ⌒\.:: : :::::::.. .         |、_       〃 l l
                              ` ̄く                トー―――<´ヽ /  〉
                 、           ヽ               |    、      `^ー'
                                               l    λ





























    __
   /  . \
 /._ノ三ニヽ、\
 |  (?)(?) .|      
. |  (__人__).. |「rー__ヽヽ
  |   ` ⌒    |  .\  \┌ーz__ ┐7 
.  ヽ      , ィ==‐、/ / ̄ ̄乙/ /   まぁな。
   ヽ    ノ⌒) ∨/  / ̄ ̄/|    ある面では、それがアナキズムの本質だ。
   /   (_ ̄__/ ̄`く._ __∠ -┘」    
   |     /〃 \   '"  \    -┘
    |    ./¨\    \,_ ``ヾ}
     . 人''" \  、__ ` 、_/ ノノ
      〈 " \ __.ヽ ヾ、._,)'´
    /,ハ.  ヽ.  、__`ン{ 〃
   く / ∧ !、_  `'_,/






















       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \   けどそんな物騒な思想、
  |  l^l^lnー'´       |   いったいどこの誰が編み出したんだお?
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /































        _ - ───----- ,フ
      / r: : : : : : : : : : : : : . \
     ,.-′´`: : : : : : : : 、: :ヽ  . :ヽ
     /: :/: : : : : :./:   . .ヽ. :ヽ: : ヽ:ヽ
   /: : .l. . . . ..!./: :.l!: :l、: : l、: :ト:ヽ: ト. |
    j:l: : :|: l: : |:l/: :/ !: ハ: .ハ孑、ト. :!ヽ
  /:_!: : :t: l: : !l: :./-∀‐ レ  ,ィホT、!|
  .'´ .! l: : ヘ!: :l:ト/,夂〒`ヽr-{ ヒツlノ:ト   アナキズムという思想は、
.     〉!ハ: {ヽ: T-弌ニツ ノ 、 ーj´:/   特定の思想家によって
    '´ ヽ!=ヘ ヘ   ` ´´  - .イ /  提唱されたものではない。
         ヽ:`T - .. _ / レ
         j \‐ - 、_!、__
         /      ヽ.jヽ     , 、
           l    _r ニ=、、 ヘ.',  __/  `ヽ、
           |  , 〃/ ̄`ヾミ.トr´r '       >- ' ¨ ´ `>、
.           ト, // /:::::::::::::::::ヽ::::Y     /      / /
        ∨/./::::::::::::::::::::::::l:::::l    /      / /
         ト、/!::::::::::::::::::::::::::l:::::ト、、/   _/、  ソ
            !::::::l::::::::::::::::::::::::::l:::::|  Y--ヘ´/::::::::}- ′























                  
        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \   
     . ( (● )    |  
     . (人__)      |  つまりいつ、どこで、誰が作った思想か、
     r-ヽ         |   はっきりしないんだ。
     (三) |        |  
     > ノ       /  
    /  / ヽ     /    
   /  / へ>    <    
   |___ヽ  \/  )   
       |\   /|  























             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|   封建社会が確立された後、
         レ!小l●    ● 从 |、i|   自然発生的に生まれたと考えられているにょろ!
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        ', ̄ ̄ ̄``'‐、_、,.、-―‐'―‐┐
       ,:'ヽ、   ア  |  ズ   ノヽ、
       〉 -、)  ナ .|   ム  (,、- i
       ヽ -、) キ  |      (,.、- ノ


























     ____       ヽ v /
   /⌒  ⌒\     -(m)-
  //・\ ./・\\       ≡
/::::::⌒(__人__)⌒:::::\   「体制」というものが表れれば、
|      `ー'´     |   それをぶち壊そうと考える人もまた、
/     ∩ノ ⊃  /    現われるわけだお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





























                 / ̄ ̄\
               / _ノ    .\      _,,
               | ( ●) (●) |.     l;l
              . |   (__人__)  |  _,_,|,|_,      「アナキズム」の確立には、
                |   ` ⌒´  |, ト-=y  丶      「近代」の確立と密接な関係がある。
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i,
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i,
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,?    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l
 v=4⌒ヽ、 j  --,,,if   /iii|       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|



























          ,, r一-- 、 ,,
        /´         ``ヽ、
      /'               \
     ,;'                  ヽ
.    ノ ,  i      /    ,,   / |ヽ ゙ヽ
    イ i  |   i ,'`メ //  /i  .ト ヽ ヽ
    レ| {   i   |//'´ `メ / / /|  } ト 1
     ',イ   i   r+テ=ミメイ   //'"|´/ / ハ|
      `、ヽ r'メ,  {。;;;;'ソ `   ' ,rz;,y'ノi〃イ .'
       `ハヾ ヘ   i'ー''-    /。シ゚ク /'"
         レ',`'';  i     , `'' / /   歴史学の時代区分では、
          ' i∧ト i,   -   ,イ{ ./   「近代」は一般的に1453年、
.          ,y}`ヽ |ゝ, _, r '´ リ |/    東ローマ帝国の滅亡を機に始まったとされる。
         ,ノ.:.:.ヽ `', {;;ヽ、.   |i
       ,;<、.:.:.:.:.:.:.`v'" ^,ヽミ、,     
.      /,ニヾ`ヽ.:.:.:.:.:.`彡=ヾ}:||i、     1945年の第二次世界大戦終結が、
..     //  ` `\\.:.:.:.ヘ  i|:||i丶     「近代」から「現代」への転移を示す。
     ,' f     ヽ \\:.:.:i  i|.||i ',
    イ i      /' \ヽ.:i_,,_|:ii .{     _ ,,r'''i ┐
.    ,' ヘ      、   ハヾ',|ソ,'/i ヽ ノ,ゝ;;=、ミヾ、 i;;|
    '' ̄',      ',   i ヾ`,〃 》 ,イ、  ̄`ヽミヽヽ,i;;|
       ',  \  ',  :i _,,∨,,,_∠、 ヽ   r- ' ヾ、;;;|
       ',    ヽ、', ,ゝr'     ヽ :} 」´,n`ヽメ'ト、>






























              , '´ ̄ ̄` ー-、
            /   〃" `ヽ、 \
           / /  ハ/     \ハヘ
           |i │ l |リノ    `ヽ`}_}ハ
            |i | 从 ●    ● l小N
           |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ   ただし近年では、「中世」と「近代」の間に、
           | i /⌒)      (⌒\   「近世」という概念を設ける説がめがっさ多いにょろ。
           | i ヽ/x>、 __ ノii|\__,>  ここでは「近世」を含めて考えるにょろ。
           | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/i.l| |',:::::ハ
           | ヾ_:::ッリ :::∨:/ッリ | >'''
=─‐\\‐  /─'''\ ''\二\ ''\|レゝゝ、\
 ̄く<<く >, ゙、/<三三..\__,.) ̄='\__.,)ゝゝゝゞ''ヽ、
<<<<〈__入 ゙、く彡三三三 二ヽくゝ\メメメゝ、`ヽゝ、\
くく<<<<<< ゙、 ゙、ミ三三二ニ─ゝゝゝゝゝ,,,,,,,、 '    ヽ、ヽ、
くくくくくく彡‐ヽ ゙、ミ三三二ニ'''くくゝゝ_ゝゝ、\ ●  >」ノ,
く く く く く 彡゙、゙、三三二ニ‐くゝ、/ ,,,,,,,,メメゝヽ''''"ゝゞ丶、
二─二二彡彡、゙、三三二==くメゝ/   ゙'ヽ、メゝゝゝゝゝゝゞ''ヽ-、,,,,,,_
‐'''" ̄ \彡彡ミ、゙、三二=''"く<メ/::      \''-、メメゝゝゝ_ゝ 、 ,,、ヽヽ
、  ,,,,- ゙彡//ヾ、三二= くゝ/:::....      \>∠レ-,-‐ニ二メヽ''ヽ ノ
 ゙ヽ、,,,-‐//_///,,、゙、三二=  ゙、 ""'''      ヽ>//レレヽ,,___  /
-,,,,,,-‐'''"""/////,,ヽ ゙、三二─ ゙ヽ.         //-ヘヘ,、 レレレレノ
''"      ,l|"////ノ,、\彡'''''‐-ニ,、 ::::::::::,,,,,,,,//    ゙ヽフ/|/| レ'











































  _■_ ________________
 |∵∴∵|:::ー-ーーー-ー─ーー--ーーーー-ーー-ー,||
 |∵∴∵|::::                      i ||
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |∵∴∵|::::                         :; ||
 |∵∴∵|::::   歴史学の時代区分        | ||
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |===|::::                       ! ||===-3
 |∵∴∵|::::    (欧米の場合)         ; ||
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |∵∴∵|::::                      |  ||
 |∵∴∵|::::                     i  ||
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |∵∴∵|::::                       | ||
 |∵∴∵|:::ーーー ーー- -ーー-ーー-ーー-ーー─ ||
   ̄■ ̄  ̄






























        ,.-─ ─-、─-、
      , イ)ィ -─ ──- 、ミヽ
      ノ /,.-‐'"´ `ヾj ii /  Λ
    ,イ// ^ヽj(二フ'"´ ̄`ヾ、ノイ{
   ノ/,/ミ三ニヲ´        ゙、ノi!
  {V /ミ三二,イ , -─        Yソ      古代
  レ'/三二彡イ  .:ィこラ   ;:こラ  j{
  V;;;::. ;ヲヾ!V    ー '′ i ー ' ソ  
   Vニミ( 入 、      r  j  ,′    ローマ帝国成立(B.C.27)
   ヾミ、`ゝ  ` ー--‐'ゞニ<‐-イ          ~
     ヽ ヽ     -''ニニ‐  /      西ローマ帝国滅亡(476)
        |  `、     ⌒  ,/
       |    > ---- r‐'´
      ヽ_         |
         ヽ _ _ 」


































   ∧_,.,.
 r'( ・∀・)                                                   中世
 | /::::::ハ:::i                  ∧    ∧    ∧    ∧    ∧    ∧
 | `─、:::、::ヽ                [::::::::::∨[:::::::::::∨[:::::::::::∨[:::::::::::∨[:::::::::::∨[:::::::::::∨        ゲルマン民族大移動(375)
 ||´ ̄||_)__)             (・∀・|| (・∀・|| (・∀・|| (・∀・|| (・∀・|| (・∀・ || )      ~
 ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     〈_j:Y:::iO〈_j:Y:::iO〈_j:Y:::iO〈_j:Y::iO〈_j:Y:::iO〈_j:Y:::O:〉  東ローマ帝国滅亡(1453)
 ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    l::::,:::::||:l l::::,:::::||:l l::::,:::::||:l l::::,:::::||:l l::::,:::::||:l l:::::,::::||::l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  (_ハ_||_(_ハ_||_(_ハ_||_(_ハ_||_(_ハ_|| (_ハ_||_,)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



































         ___
      ,r '´r     ` ‐、
     r' ,. .:         ミ
    / ;r i,..          iヽ
   .lji;  jr,ナi':::_;: --  ,.::、 - l:' i
   .l:' i ,.イ',r';:::::',.r__ーj:.=_,r_‐ヾ.ミ        近世
    i ;li'/!r';三:‐'`ナ`;::i i`ナ;゛i゛i
   ノ; 人/j;,ji::::'´::. ´ ., _ l` _;! ミ
   r/'´rj' ィ 彡::::::. / ー、_ノヽ ,ミ.、i
  'i/ i' r'/ij,r'''r';, , ,:-―,.-、 ミ ヾ
  i.l li. l lrィi::i' '";i' "'"""゛ヾ゛、  ,,j      ルネサンス・宗教改革(15~16世紀)
  'i:ヽj i 乂ヾli. il il!r    i' j li!il;!          ~
  '´rr' ;ノ i川li ミi、li::.j!  ; ,; !l ,!/"ヽ      フランス革命・アメリカ独立(18世紀)
 /,! ji' ,r';r'彡ノノ,l!,i:.j, i! ,i! !    `il
 !  ヾil jllill!ii'r'r''イi'i / , , i !i  ,ノ
 ヾ_ ;:'' ;! )::.lヾ.ヾヾ:j!i :( i;.  '/  イヾ  
  .r'´r'r' /' ',ri/;il イ, li j  i r  ;  ,!,!    ※「近世」を考えない場合は、ルネサンス以降が「近代」となります。
     ヾ:.  !i:i' li' i' .Y  ,.;   j
      ` ii'ヾヽヽヾ ヽ`,イi
         '' ヾr'r''
































   火
 ▃〓▼〓▃
▼▃▅▆▅▃▼
 ▀████▀
   █▀ ▼
  ▐▃◢▀▐
   ▼▐▓▌
   ▐〓▓▊                      近代
    ▼ ▓▌
    ▉ ▓▍
     ▊  ▓▎        ▎
    ▋   ▓ ◥▅▄    ▋    ▃◤
    ◥▊  ▓   ▀▇◣▂█▄ ▅▀
     ▉ ▂▓▂▄▃▲▅ ▆ ▇ ▅▲
    ◥█〓▓▲ ▂▲▄▅▀▆▃ ▀█▅▃▂         フランス革命((1789)
     █▓▓ ▐▀▀■▅▆ ◥▆▓ ▼             ~
     █▓▀ ▲ ▐█▓▐▄  █▆         第二次世界大戦終結(1945)、
    ◢█▀   ◢▀▆██▓〓 ◢█▓▍           ソ連崩壊(1991)
    ■▃  ▅▀ ▼▀█▓▆█▼▓
    ▀█▅◤▂▲ ▌  ▀█▀ ▐▃▓         ※「近代」の終焉は二説ありますが、
    ▀█▆▀█  ▍  〓▂〓 ▀■▅        どちらの場合もそれ以降が「現代」となります。
     ◢▀▄█ ▲  ▄〓 ◢◤    ▲
       ▆█▀▂〓 ▃▀ ◢◤  ▂ ▋ ▲
































   / ̄ ̄\
  /  _ノ ヽ\
 |     (●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ ) ;;;;)  
.  |         }  .) ;;;;)
.  ヽ        }  /;;/  
   ヽ     ノ  .l;;,´  いずれにせよ近代以前、
. /    ∩ ノ)━・'   「中世」もしくは「近世」とされる時代、
 (  \ /|_ノ ヽ    ヨーロッパ社会は「封建主義」の時代だった。
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/





















     ____
   /      \
  /─    ─  \   けど「封建主義」自体は、
/ (●)  (●)   \   古代から存在するお?
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     <   何であえて、近代になって
  |  |  '、_ \ /  )   「アナキズム」が確立したんだお?
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/






























    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)   そうだな。
  |         ノ  そのためにはまず、
  |     ∩ノ ⊃ }   「封建主義」とは何かを理解しておこう。
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /



































             ___  _
            '"´ .: : : : : : : : : : :` 丶
        /: : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : \
.       / .: :.:: /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     ノ,'.::.::.: /.::.::::.::.::.:: /!.:/.::./  ::..  ヽ:. トヽ:.:  _ -, -──‐-、
.    .,/ :.::.:: .|.::.::.::.::://ナ、.:: ∧.i\ :i } |:.::| | /  /: : : : : : : : : \.    
     [ .::.::.::.|.::.::. j/仗≧ミ/  リ  !ノ l ::|. ::!/   ' ___: : : : : : : : : ヽ  
     Vl:.: :/^|.::.:イ.| .込_ソ    f仞゙リ.::.リ/   ./:::::::::::::, '´ ゙̄ヽ: : : : : '..     「封建主義」とは、
      }:: : {i |.::.::.:l         、ー' i '´     .|::::::::::::::{:::::::::::::::}: : : : : :|  「封建制」によって支えられた
     ノヘ: :丶:|.::.::.|      ,-; .r‐'了       . |::.::::::::::: 、::::::::::ノ: : : : : :|    社会制度のこと。
       . i/\;|.::.::.l、    `' |::::::|       .. ∨:::::::: '´ ̄: : : : : : : :/ 
           .ヘ.::.|. ` . 、 _..<ヽ:::\__    ....\'´ : : : : : : : : : : /
          ./`::|_      |∧ l::/: ̄>ヘ| ̄¨''?ー- ....、 _____, '´
         /\\ \ ___lヘ__´\/ .二\
       i´ \ \\ `、ニニl. //  -‐、∨
.      l    \ \\ \  i /{   ィヽソ





























       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   
  |    /| | | | |     |    そりゃ当たり前じゃねーかお。
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄



























     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)   一部の例外はあるが、 
    |     ` ⌒´ノ   「封建主義」という用語は基本的に、
   .l^l^ln      }   批判的なニュアンスで用いられる。
.   ヽ   L     }   
    ゝ  ノ   ノ        
   /   /   \
  /   /      \
. /    /     |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ





























      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\   「批判的」?
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |   誰が批判するんだお?
 \               /






























    r ̄`-‐ '´ ̄ ̄< ̄,二ヽ
      シ~ /" `ヽ ヽ `'、//
/⌒ヽ  //, '/     ヽハ  、_Vヽ
|  /  〃 {_{'´    `ヽリ| l │i|   それは後で触れるにょろ。
| |   レ!小l●    ● 从 ! ,| i|    
| |    ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃,|ノ i|    ちなみに一口に「封建制度」と言っても、
| |    | ,|   ゝ._)   /',|、 i|   日本、中国、ヨーロッパではそれぞれに、
| /    | l`ヽ、  __, イ-'^i?i|   その内容に差があるにょろ。
| |    ////W\ヽヽヽヽ\
| |   ////WWWヽヽヽヽヽヽヽ     特に断らない限り、ここでは
| |  ////WWWWヽヽヽヽヽヽヽ    ヨーロッパの封建制度=フューダリズム(英: Feudalism)を
E⊂////WWWWWヽヽヽヽヽヽヽ    説明するにょろ。
E////         ヽヽヽヽヽヽヽ
| |  //WWWWWWWヽヽヽヽヽヽヽ




























      ┏━┓
        ┏┛
        .・
      ____
     / _ノ   \ ( ;;;;(
   / (●)   ヽ_\) ;;;;)
.  /   γ   (● /;;/   「フューダリズム」?
  |    `ー'、_,ノ   l;;,´
  /     ∩ ノ)━・'/   日本の封建制度とは、
 (  \ / _ノ´.|  |    何がどう違うんだお?
 .\  "  /__|  | 
   \ /____/


































         |   
    / ̄ ̄\      一般的に「封建制度」とは、
   /   _ノ  \   土地を媒介した主従関係をいう。
   |    ( ●)(●).  
.   |  ::::::⌒(__人__)  君主の与える「封土」という領地と、
   |     ` ⌒´ノ   それに報いる部下の忠誠とで成り立つ。
.   |         }.    。
.   ヽ        }    /
    ヽ     ノ   ./    「封」土を分けて(諸侯を)「建」てる「制度」、ってことだな。
     / lヽ介/lヽ、 ,rE)
.     | | ~ヾ/~ |. ソ◇'
    | |  ゚|  |\/____E[]ヨ___________
  _ | |  ゚|  |__
  |\  ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ \
  |\\  ⌒  ⌒ 甘 \
  |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|



































              .,Å、
            .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
           o| o! .o  i o !o
          .|\__|`‐´`‐/|__/|
           |_, ─''''''''''''─ ,、 /
           / /    ヽ   \
.         ノ , '/  '   ヽ   、  ヽ
        〃  {八人  八ハ人ハ l .|
         {{ハ人{`レリ Vヽノリ| l   リ
          从 リ●   ● 从|ノハリ    私の領地の中から、
      /⌒ヽ. レヘ⊃ __ ⊂⊃| |/⌒i    貴方に「封土」をくれてやる。
     \ /::::> レ>、 __, イァリ   /   謹んで受け取るが良いぞ。
.       /:::::/ / ヘ:::|三/::{ヘ、__ /
      `ヽ<     ヾ:∨:::/ヾ:::彡



































            -‐'´ ̄'´ ̄` ヽ、
    + /|   //, '///`´| | | ヽ 、ヽ
      /::::| 〃 {_{ レ|::::::::レりりリ .l彡|
      ?:::| |!小 l━:::::::::::━レ| l │ |
      ?:::| ヽ| | ●:::::::::::::● | | |、|    ありがたき幸せでございますわ。
      | ̄|   | l⊃ ___, ⊂⊃ | |ノ.|
        /⌒ヽ__|ヘ   `ー'   j /⌒i !   この「御恩」は有事の際に、
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│  「奉公」で以て報いますわ。
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |




































                 _,..:.:-:.:―:-:....、
                ,.r:':./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`丶、
             /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
                /:.:.:.:/:.:.:.:,r:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト:.:.:.:.:.\
           /:.:.:.:.!:.:.:./:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:!:.ヽ:.ヽ:.:.;ヽ
           /:.:.:.:.:l:.:.:/:./l:.://:,:イ:.:/l:.:.:.:ハ:.jl:.:.:i:.:l:.、ヽ
            /:.:.:.:.:.:l:.:.:l:/:.レ_/'´/シ !:.ツ′.V ';.:.l.:.!:.:l:.:',
         /:.ィ:.:.:.:.:i:.:.:':.:.:.:!__```? ' ´  , --l:.、/:/:l:.:l
         ´ l;';.:.:.:.',:.:.:.:.<7:::::::`ヽ     _ レ/:':ノ!/
               ';l:.:f ';.:.:.:.:.l::::::::r'′    r'::::::lヽ// '´/'    この関係が「封建制度」の基本だけど、
             Vヽ ',:.:.:.:lー- '     l::::::メ /:;'!    ヨーロッパにおける「フューダリズム」の特色は、
              ヾl、',:.:.:.!        ` ´ /::/
                ';ハ:.:ト,、   -    ノ;.:.;'    「臣下の臣下は臣下ではない」
                 :〈/丶、 _ -v' ´V l:,'
                / ヾ、  _ヽヽ、   l;'    という「多元性」にある。
              イヽ   ヽ'´ `',  `l:ヽ、
              l:.:.ヽ\   _ヽ___',  リr ´_二ュ _
             ,':.:.:.:.:ヽ .Y´,........---..ミ二y::´::::::::::::::;'
                 ,':.:.:.:.:.:.:.〉Y::::::::::::::::::::::;':::::::;'::::::::::::r 、'
                /:.:.:.:.:.:.:.l:.;'-、::::::::::::::::::;'::::::;':::::::::::::/  7
            /:.:.:.:.:.:/Y 〈::::::::::::::::::;'::::::;'::::::::::::ヽ.._ノ!
              l:.:.r:.:.:.:.:.:.:.l  f:::::::::::::::::;'::::::;':::::::::::::::::;':.:.:.!































          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、  
    /::::::::⌒(__人__)⌒\  何だか早口言葉みたいな格言だけどお、
    |      |r┬-|    |  「多元性」って何だお?
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ



































          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |   つまり西欧社会は、
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |










































         _,,..
        /´・::`>     皇帝・国王系
       /:::::(,,゚Д゚) 
       |::::|     }ヽ
       し'     }J  神聖ローマ皇帝、各王国国王
        ゝ ,、 <
         ´⌒´ `⌒


































          __,,.,-――-、―ゝ―-、ゝ
        ,/:::::::,::: :::::::::: :::::::: ::::.::. ::.`ヽゝ
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;: :::::::;ヽ、
     /:,/::::::::::::::::::::::::::::;;i::::::i::;ヽ:;;:::|::::;;:::;;::::::;:ゝ
    /:/;::::/::::/;;:;::;l:;;::::;l;:::;|:::::;||;;:::;:::l;;;;::|::::|:::::;:ヽ
    /:/:;;:;/:::::l;::::|;::;l::,:,;l:|:::l::::::l;:|:|:;;l:::;|::;;i::::;;;|;::;;;:ゝ     諸侯領主・騎士団系
  、_-‐' ,|;: ;;::;::::l;:::::/|:l:::|;|:|::;i:::::::l::||::::;l:;'|:l|;:::::::;;|:;;;;|
    ̄フ;/:::;l:;:;::::l:| |::,|::/ |:::;l:::;/:::/|:|:;|l;|:l'l;::::::::;|::l:|
      |/;l::;;|;|;|:/‐|;/―ヽ:::::ノ::/ー|:|‐|:|-|;l|;:i::;;|;;;|
     /;:l:::i|;l;:i、ーTO::ヽ ヽlソ ,/TOT ア|:l:l;::l;;:;:;|
      ,|:|:;:l||;il ヽ|o:;;::|       |::;o|/ |;:|‐l;::::|
      ヽ::;;:ll `ー一 〈   `ー―' /;ト_/:i;:|、
         |::::;|、     1=l     彳:/;l;:;|:|
         |r"i\     ヽ-'    /il;l;|;|;|:ト
           |::l:;ヽ、     ,/ l;;;/l;|||;|、     辺境伯、大公、テンプル騎士団、聖ヨハネ騎士団など
              |:/|`' ‐' "   |::;lレソ (;;)、
           _ /|      / \   (;;)、
      _,.. --一/   ̄\_/ ̄ ̄/=`''ー-、(;;)、
___ /丶ヽ|ーヽ    ̄| |フ   /-―‐ ' ̄/\;)、
:::::::::::\:::::::::::::::::|:::::/`    |__|    ヽ:::::::::::::::/:::::::|(;;)
:::::::::::::::\::::::::::::|:::::ヽ    / ヽ   /:::::::::::::::/:::ヾ:::| (;;)



































                      _,  ,、-;=‐___
                  ,イ / .l / ./:'´ ,r;ニ゙---、,    _,,.r;/,イ   イ
                     / l,.l   '゙   ´ ./'´  -―― ''゙´_,/.// //
                     l, `'             ..-=二r:'´/,、:'´/             教皇系
                ,.-‐'      , ,、.、 、        ,,..-‐''´ _,r:'_,,.......,,__     
                /  ,.   , ,イ /l, l _ノノj ノ ,       ‐'"´ _,,. -―--ニ'、,_ 
                  l r'ソ    , ト、l,ヽl, 。゙" 。‐'ソイ.ノ    __   ゙´ ̄ ̄ ̄``゙""`
     |'、           ,r‐'''"ヾ''ヽ,. t;rt;テ、   .,ィrtァラ ./_,r '"´  `゙ヽ、            /
    l. ゙、       /       ゙、゙二ィ.   l.  ̄彳 l'゙   _,,_ /⌒ヽ.l  ̄`゙ヾ二;゙゙ブ./,
      l, '、         l           ! ヾ´ _゙'_ z;シ  ゙l  /   `     j       / /
     l  \      l/ ̄`ヽ,..,_  / .リヽ、 '' /!    Yr‐-v‐''ヽ、 / \,  ,、:'゙  /_,,、      ローマ教皇
      ゙、  \  _,,,...j       ゙Y  j.`ヽ,` /! ,  /    ,r‐''ーL>‐テ´  /´__
       '、    ノ`゙'''ヾ´ ̄ヽ,    | .i/   V ハ|  ;'    ,r-゙ \..,.   /  / ̄  
        ,r゙ヽ、 ノ    l   ゙ヽ,  l ./   l | l  |  l,  /    l゙    ゝべ、ヽ-―=
      '´''""゙`ヽ、  .ノ    ノ.ノ l`゙ヽ、,j. | レ;オ  \. {       ヽ,.ィ゙´   `     
































         ∧_,∧   ∧_∧
  ∧_∧   ( ^ω^ )  (^ω^ )   ∧_∧       自治都市系
 ( ^ω^)⊃⊂    つ⊂    つ⊂(^ω^ )    
  (   /   |    | |   |   /   )  
  /   ) つ ∧_∧     ∧_∧ ⊂ン(   \    
 ( / ̄∪ ⊂(   ^)     (^    )つ  ∪ ̄\ )   ライン同盟、ハンザ同盟など
        /    ) つ ⊂ (_   \
        `u-u'.       `u-u'










































       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (● ) .   |
     . (人__)     |   ……といったように、
     r‐-、    .   |   多様な権力構造が存在したんだ。
     (三))   .   |
     > ノ       /
    /  / ヽ、 .   /
    /  / ⌒ヾ   .〈
    (___ゝ、  \/. )
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|































         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ  しかも神聖ローマ帝国の中に
       ヘ!:|         ノ!/′  別の騎士団や諸侯の権力が存在する、 
        ヾ!>ー- ´`-- <イリ    といった「多層性」も見られる。
         (;;;;;ソ⌒) ̄`´ ̄(⌒ヽ
        ヽ;;=;;/__,,、_/;;`ソ
         〉;;;;;;;;ソ:/A.i:l;;;;;;!′
        く;;;;;;;;;;;;i;!;;;;;;;;i;!;;;;;ゝ
           i、__,,/  !、__,,!
          `ー'′  `ー'′

































     / ̄ ̄ ̄\
   / ─    ─ \
  /  <○>  <○>  \    え……? は……?
  |    (__人__)    |  「多元性」に加えて「多層性」って、
  \     `⌒J´   /   つまり何がどういうことだお?
  /              \

































          r ̄`-‐ '´ ̄ ̄< ̄,二ヽ
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、//
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ
         〃 {_{'´    `ヽリ| l │i|
         レ!小l●    ● 从 ! ,| i|    つまり帝国内部の諸侯領地では、
         ヽ|l⊃   .  ⊂⊃,|ノ i|    彼らの支配者は諸侯であって
          | ,|  ヽ_人ノ   /',|、 i|    帝国ではないにょろ。
          | l`ヽ、  __, イ-'^i?i|
          | / ヾ:::|三/ / //ァヽ、
         __|_/((┃))ヾ∨_:/ ///_i |_ ガリガリガリガリッ
        / /ヽ,,⌒) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ   \
      /  /_________ヽ   \












































           ┌────────────────────────────────┐
           │                                                    │
           │              神聖ローマ帝国                            │  
           │                                                    │         ※多元統治の実例
           │                                                    │           (13世紀初頭)
           │      ┌────────────────────────┐      │          
           │      │         オーストリア辺境伯領               │      │
           │      │                                    │      │
           │      │                                    │      │
           │      │                                    │      │
           │      │      ┌────────────────┐    │      │
            │      │       │    ハプスブルク伯爵領         │     │      │
           │      │       │                          │     │      │     「神聖ローマ帝国」の内部に領邦が多数存在し、
           │      │       │                          │     │      │     その一つの「オーストリア辺境伯領」内部に領邦が多数存在し、
           │      │       │                          │     │      │     その一つが「ハプスブルク伯爵領」である、という関係。
           │      │      │                          │     │      │
           │      │     └────────────────┘     │      │
           │      │                                    │     │
           │     │                                     │     │
           │     └────────────────────────┘     │
           └────────────────────────────────┘



































        _
.    ,,-‐'''´  `―-、
.  ,/          ヽ
ィ'/        、  、  ヽ
 i.,,  i /.,、 i、 i  l  .l  .l
 "ll、 l、トTヾ lやヽ,T l  ,,l   つまりこの場合、神聖ローマ帝国民は
  `l.lヽらフ ` 'ちフ'l /,), /`   皇帝に忠誠を誓い、賦役を担うけど……、
   '.l l''_, ─、_''.,ィ /,/!/
    !r'# # #Y〃i
.    ム # # rク、 .l
    '- ケtォャl、 __,,)
.   ャ''ヽィ.' !l__,λ_
    `i--.ォ''~~'´>_) )
     `´ `‐ ´ ̄ `´


































          r ̄`-‐ '´ ̄ ̄< ̄,二ヽ
           シ~ /" `ヽ ヽ `'、 //
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ
         〃 {_{`ヽ     ノリ| l │i|   オーストリア辺境伯領の領民は
         レ!小l●     ● 从 ! ,| i|   辺境伯に仕えるのであって、辺境伯の領主である
         ヽ|l⊃   .  ⊂⊃,|ノ| i|   皇帝とは主従関係にないにょろ。
          | ,|   、_,、_,,  ノ/',|、 i|
          | l`ヽ、 ゝ._) ィ-'^i?,i|   伯爵領民と辺境伯の関係も同様にょろ。
     ゚ヽ | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | |ダンッ 
    。 ゚ _(, _,) 臣下の臣下は( ,,)_|/ ゚
     ・/ヽ|.   臣下ではない |て ─ ・。 :
    /  .ノ|________.|(  \ ゚ 。
































     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/
.   |        ノ l;;,´   皇帝や将軍を頂点とした
    |     ∩ ノ)━・'   ピラミッド型の構成を成す、
  /    / _ノ´    中世の中国や日本の権力構造とは
  (.  \ / ./   │    大きく異なるわけだ。
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

































        |
    \  __  /
    _ (m) _
       |ミ|
     /  `´  \
     ____
   /⌒  ⌒\    チーン!
  /( ●)  (●)\     つまりお偉方が何人いても、
/::::::⌒(__人__)⌒::::: \    自分が仕えるのは一人だけ、てことかお!
|     |r┬-|     |
/     `ー'´      ∩ノ ⊃  「直属上司の部長の命令は聞くけど、
( \             /_ノ    やるは夫は社長に仕えるわけじゃない」ってことだおね!!
.\ “  ____ノ  /
  \_ ____  /








































        / ̄ ̄\.             
      /      \.........:::::::::::...       | 
      |::::::: :      | .... .........::::::::::...r‐ ' ノ.
     . |:::::::::::::     | .... .........::::::::_ ) (_  
       |:::::::::::::      |.. ..... ......:::(⊂ニニ⊃)   
     .  |:::::::::::::::     }  ..... ......: ::::`二⊃ノ. 
     .  ヽ____    }  ..... ......: :::: ((  ̄
        r'ニニヽ._\. ノ.. ..... ......: ::::::  ;;.    
      r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.    現実社会でそんなことしたら、
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ     ぶっ飛ばされるぞおまえ……。
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´     どっちかと言うと、子会社の従業員は給料を
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´      親会社からではなく、所属の子会社から直接もらう、
 .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉        てイメージに近いかな。
    |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/










































 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ  そしてこの構造を支えるため、
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´  貴族や僧侶、平民といった 
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /    「身分」が確固として存在していた。
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、
































     / /    `ト 、',    ヽ
 \  /  /     -ト y  i   l\
    l ハ l /     ● l  }-、 !  \    こうした中世社会がめがっさ変貌し、
    l/i yi ●     , ⊂⊃ l ,!/.  \   「近世」が幕を開けたのは
 ―   レvl⊃  r´`´ヽ  l  }´/ ヽ   \  「宗教改革」からにょろ。
      i 、  ヽ、_,ノ  j ト ~、      ヽ  
. r- ,_   」 ヽ , ____,. イll  lヽ=_____
. l、  ~'''TTト、 ハ,ヽ  l===l l l    //- .,
  ヽ、  .l l l ', ', \ヽ l ̄l l l   //
    `ー.l_l_l__', ',__ \yV/レ  〈ー'ヽ













































                      十
                      |
                     ,.!
                     / iヽ
                   ∠___i__ヽ     16世紀初頭 キリスト教会
                    |iiiiiii|iiiii|
                    |iiiiiii|iiiii|
           , -―――一 ''''iー一,大
         /           ,/三\
        ∠_______,,/三三三,\
         |三|[]|三|[:]|三|[::]|三|三,/\,三|
--――''''''"^''|三三三三三三三三|三i|[]|[]!三|ー-――wwvv,,,,,__
"'i、ー-  ,,_ ,,~~~''''''~~~~~~~''''~~~'' ' ´ `''''''"~~     ~~





























        / ̄ ̄ ̄ `\
       /         ヽ、
      /         _  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉    はいあるお~、余ってるお~、
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /    チケット贖宥状(しょくゆうじょう)ない人、余ってるお~~!
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ






























       ──.
    /ノ ⌒ \
    |(●)(●)|    神父さん贖宥状って何だ、
.     | (__人__) |   宗教的に考えて?
     !  `⌒´ /
     ヽ    ノ
     /   ヽ、\   \
     |     ニつ、   \





























        / ̄ ̄ ̄ `\
       /         ヽ、
      /         _  ヽ   
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ   
    {      /::::::::::(●)ヘl 〉 汝らは生まれながらに罪を背負ってるお。 
     ヽ   | /::::(__人__):::::::} /  その罪は洗礼で取り除けるがお、
      λ_ゞ\ゝ、.`_⌒´__,/У    その後に犯した罪は懺悔し、神父に告解し、
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ    そして償いをすることが必要なんだお。
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ



































      ___        
     / ノ  ヽ
     | (-  (-    ちょ、ちょっと待つだろ、
     |.u (_人_) |  俺は生まれながらの罪なんか犯してないだろ、
    ヽ_ __,riri,   常識的に考えて……。
    (  '__,ー'ヽ
     | ̄    y'
     | ,_、 |
     ∪   ∪
































        ィ-────-、
       /         ヽ
      /   i、____,、   ヽ
      /   /::::::::::::::::::::::::ト、  ヽ
    /   |:::::::(__人__):::::\   〉 それは違うお。
    |   、 k:::::::`⌒:´:::::::::/  /   我々人間は全て、アダムとイヴが犯した初めての罪、
    \_  \`\__ー‐:::_/ ィェイ    つまり神の命に背いて知恵の果実を食べた、
     イ⌒ー ̄三 ̄二三[]=イ"ゝ     「原罪」を背負っているのだお。
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ





























     ./ ̄ ̄ ̄`ヽ、
     |         ヽ  げ、原罪だと……。
     ヽ、___ノ/ /ヽ   何もしてないのにいきなり罪人とか、
       <二つ二二ノ  ヽ  やる気なくすだろ、常識的に考えて……。
       / /  人  \  }
  .    ∠'∠_/ ヽヽ、_.ノ




































            __
         / ̄´   `\
        /          \    
       /    ィヘ、       ヽ   安心するがいいお。
      /   /:::::::::::ヾ       ヽ   今も言った通り、原罪は洗礼で流せるお。
     / |/(●)::::::::::::\      ヽ   そして全ての人は、やはりその後で
     { 〈  (__人__)  >  /  イ   罪を犯しているはずだお。
      ト ゝ_ ` ⌒´ イ_∠_ィ_イ´
      イミ ー ̄フ二 ̄´_〆゛ゝ
      ん_ = ー三 イ、__─\




































       ──.    |
    /\ /\て  |
    |(●)(●)| そ|   そんなわけねーだろ!
.     | (__人__);|  |   俺は罪なんか犯さずに
     !  \  /  |   毎日を生きてるだろ、道徳的に考えて!!
     ヽ`⌒´ ノ   |
     /    ニニ⊃彡
     |     |  |

























        / ̄ ̄ ̄ `\
       /         ヽ、
      /         _  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉  ほぅ……、では聞くがお、
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /   汝の家に大量にある食料品と生活用品、そして石油とAKB48のCD
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У    これは何のために手に入れたんだお?
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ






































                    .ノ 、 、
          .●)) ●)) ( )( ) l    !?
                 (人__) |
                 ヽ    ノ






































        ィ-────-、
       /         ヽ
      /   i-──--、   ヽ
      /   /(ー):::::(ート、  ヽ    国民みんなが助け合わねばならぬ時、
    /   |:::::::(__人__):::::\   〉  汝は転売で儲けること己の生活を守ること
    |   、 k  `⌒ ´   /  /   だけを考えている、これは罪深い行いだお……。
    \_  \`\__ー‐ _/ィェイ
     イ⌒ー ̄三 ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ

































                __
                   .ノ= 、 、
               ?::?) l   そ、それは……。
                 (人__) |
                 ヽ    ノ

































          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
    {      /::::::::::(●)ヘl 〉
     ヽ   | /::::(__人__):::::::} /   罪びとよ、悔い改めるがいいお……。
      λ_ゞ\ゝ、.`_⌒´__,/У  
      Y(⌒)_|:::::::::∪:::::::::|/
     /::::::::::::/:|:::::::::?:::::::/|

































                    .ノ 、 、
            。゚゜。○ ○)。l゜゚。  分かっただろ、懺悔するだろ神父さん!
                 (人__) |  懺悔と告解をしたら、後はどう償えばいいんだろ!
                  ヽ‘ー′ノ




































            __
         / ̄´   `\
        /          \
       /    ィヘ、       ヽ
      /   /:::::::::::ヾ       ヽ   ……さて、問題はそこだお。
     / |/(●)::::::::::::\      ヽ   償いとは本来、大変重い行為なんだお。
     { 〈  (__人__)  >  /  イ  全財産を寄進するとか無償の行為に努めるとか、
      ト ゝ_ ` ⌒´ イ_∠_ィ_イ´  全身全霊を以て神と教会に許しを請わねばならぬお。
      イミ ー ̄フ二 ̄´_〆゛ゝ
      ん_ = ー三 イ、__─\

































               .ノ 、 、
                  ● ●) l   そ、それは……。
               (人__).u|  俺にも家族と仕事があるだろ、
                /^)  .ノ   それを投げ捨てるわけにはいかないだろ……。
                 ヽ ⊂ニ〕
                  |    /
                    ゝl  |
               `(_ノ




































          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ   そうでしょうおそうでしょうお。
    {      /::::::::::(ー)l 〉  そんな皆さんのために、
     ヽ   | /::::(__人__):::::::} /   今日は素敵なグッズをご用意しましたお。
      λ_ゞ\ゝ、.`_⌒´__,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ































                - ? .、
                    赱 赱) l   そ、そりゃ何だろ!
                 (人__) |   教えてほしいだろ!!
                  ‘ー′ノ






































        ィ-────-、
       /         ヽ
      /   i-──--、   ヽ    それがこの、
      /   /(●)  (●ト、  ヽ     「贖宥状」だお!!
    /   |   (__人__)  \   〉
    |   、 k  `⌒ ´   /  /     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    \_  \`\__ー‐ _/ィェイ      |  赦 す     |
     イ⌒ー ̄三 ̄二三[]=イ"ゝ     |            |
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ     |______|




































     / ̄\
   / ノ   \
   |  ( ⌒ ⌒)  やっただろ、これで俺も償っただろ
   |    (_人_)  宗教的に考えて!!
   ヽ  `⌒´ ノ
  ./ー.l`‐< ̄`ヽ
 (   ^^ ̄`r:ュ〈
  `´-、_, ‐'/l.;;ト'ヽ






































        ィ-────-、
       /         ヽ
      /   i、____,、   ヽ
      /   /::::::::::::::::::::::::ト、  ヽ    ……いや、残念ながら「贖宥状」は、
    /   |:::::::(__人__):::::\   〉  罪の全てを赦すものではないお。
    |   、 k:::::::`⌒:´:::::::::/  /   あくまで軽くするためのもの、だお。
    \_  \`\__ー‐:::_/ ィェイ
     イ⌒ー ̄三 ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ

































       __
     / _ノ \
     /ノ(( ● ●)   何だろそれ!
      | ⌒ (_人_) (⌒)  全部償えないなら、買う意味ないだろ常識的に考えて!!
      |     ⌒ノ  | |     ________て
    /⌒ヽ    }__ノ ′    | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | |(
    /  へ \ ノ _ノ    _| | \ ノ( / | | |', ・
   / / |     \_,, -‐'"   ̄ ̄ ̄⌒)  | | |'て
  ( _,ノ  ヽ        _,, -‐|_ ̄_o o o_| | |r'"







































            __
         / ̄´   `\
        /          \
       /    ィヘ、       ヽ
      /   /:::::::::::ヾ       ヽ
     / |/(●)::::::::::::\      ヽ    ……そうかお、それは自由だがお。
     { 〈  (__人__)  >  /  イ
      ト ゝ_ ` ⌒´ イ_∠_ィ_イ´   ただ、「最後の審判」でどうなるか、
      イミ ー ̄フ二 ̄´_〆゛ゝ   保証の限りではないお……。
      ん_ = ー三 イ、__─\



































               .ノ 、 、
                  。゜○ ○))。゜。   そ、それはその……。
               0 (人__) | ο
                /^)  .ノ
                 ヽ   ヽ
               |   | |
               ゝl  lし'
                    `(_ノ






































          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ   世界の終わりの「最後の審判」では、
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉  イエス・キリストが再臨し、我々の生前の行いを裁くのだお。
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /   
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У    罪なき者は天国へ、罪深き者は地獄へ、
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ   そして罪の残るものは煉獄へ……。
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ



































               .ノ 、 、
                  ● ●) l
               (人__) |  れ、煉獄……。
                ヽ   ノ
                /-、r―'〉
                 └‐' ` ̄
                  ゝl  |
                    `(_ノ





































            __
         / ̄´   `\
        /          \
       /    ィヘ、       ヽ
      /   /:::::::::::ヾ       ヽ   煉獄は地獄ほど苦しい場所ではないがお、
     / |/:::::::::::::::::::::::\      ヽ  残された罪の深さに応じて、
     { 〈::::::::::::::::::::::::::::::>  /  イ  業火でその身を焼かれるのだお。
      ト ゝ:::::::::::::::::::::::イ_∠_ィ_イ´
      イミ ー ̄フ二 ̄´_〆゛ゝ   大きな罪の残る者は、より長い間……。
      ん_ = ー三 イ、__─\



































                , ,ノ 、  て
                  l (○ ○)   そ
                  | (__人).|    それは困るだろ! 業火なんて一瞬で終わらせたいだろ!!
                  ヽ    ノ   すぐに救われて天国へ行きたいだろ!!
               ,イ ⊂ 二〕
                  /     |
.              (J  く/  /
                `ー'\__)



































            __
         / ̄´   `\
        /          \
       /    ィヘ、       ヽ
      /   /:::::::::::ヾ       ヽ   ……そうだお。たとえ救済が約束されていても、
     / |/(●)::::::::::::\      ヽ  誰も煉獄に長居したいとは思わないハズだお。
     { 〈  (__人__)  >  /  イ
      ト ゝ_ ` ⌒´ イ_∠_ィ_イ´  そこで教会が、汝らの償いを認めるために、
      イミ ー ̄フ二 ̄´_〆゛ゝ   「贖宥状」を販売しているのだお。
      ん_ = ー三 イ、__─\
































          , ──.、
        /    \
          (○) (○) |≡≡
      ,-、 .(__人_)   |≡≡   か、買うだろ! 「贖宥状」、必要なだけ買うだろ!!
      > 三三三 }  / ≡≡    売ってくれ神父さん!!!
      `´  ヽ⌒  ノゝ/´`ミ
     ,;;;;;,  (ゞニニノノ __/\__ミ
    \ \/ X     \≡≡
     `゙゙彡゙   \     \≡≡



























          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /   ……いい心がけだお。
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У    汝の罪は、償われるお……。
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ





























     / ̄\
   / ノ   \
   |  ( ⌒ ⌒)
   |    (_人_)   良かっただろ、これで俺も救われるだろ!
   ヽ  `⌒´ ノ  なぁ神父さん!!
  ./ー.l`‐< ̄`ヽ
 (   ^^ ̄`r:ュ〈
  `´-、_, ‐'/l.;;ト'ヽ


































          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
    {      /::::::::::(●)ヘl 〉
     ヽ   | /::::(__人__):::::::} /   そうだお。
      λ_ゞ\ゝ、.`_⌒´__,/У   汝に神の祝福を……。
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ











































          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ
     /       ,イ   ト、 ヽ
    {      /:::::  ‐=・=-:ヘl 〉
     ヽ   | /::::::::(__人__):::::::} /   (, こ ┼'っ l, |
      λ_ゞ\ゝ、.::::トェェェイ`:::::::,/У       l     ノ
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ




































       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   随分長い話でしたがお、
  |     |r┬-/ '    |  何というか霊感商法みたいですお。
  \      `ー'´     /
































   / ̄ ̄\
  /ノ  ヽ、_  \
. ( ●)( ●)   |
 |(人__)       |  まぁ当時はキリスト教が宗教の全てだから、
  | ⌒ ´      |  買った側は必ずしも「騙された」と思ったわけじゃ
.  |        |   ないみたいだけどな。
.  ヽ      /
   ヽ     /
   .>    <
   |     |
    |     |









































              _..-──-  .
          __,.'´: : : : : : : : : : : : `ヽ.- .
       ,.'´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ.
      /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : :ヘ
     ,.': : / : : : : : : ,′: : : : :{: : : : : ヽ: : : : : : :∧
.    /: :,/.: : : : : |: : : |: : : : : : ∧: : : : : !: : : : : : : : '.
   /' ´,′: : : : :」. -ァ|‐ :|: : : :|-ヘー- L_: : : :.|: : : |
     |: : : : :|: : |: / ',: :|: : : :l   \: : |: : : : : |: : : |
     |∧: : :|: : l.ィ≠ミヽ|\: :| ィ==ミ |: : : : : |: : : |
     '  ∨.:'、: N.レ!,、}   ヽl. れイi |'イ: : : : : |: : :,′
        ∨:.|`| 辷リ       ヒ辷ソ|: : : : ,ハ: /      「贖宥状」は元々、十字軍遠征の費用捻出のために始められ、
        |ヽl: l  ゙´ 、         |: : : : /イ:/   やがて教会の私腹を肥やすもととなった。
        |: : : ヽ、   ?      ,′: :/: : ,′
         ヽ.: : : : ,>  . __ . イ /: :/,ィハ,′    特に1506年、教皇ユリウス2世が着工した
.         \|`′ヽヘr‐j     |7/、V    サン・ピエトロ大聖堂の建築では、販売量を増やすため
               / '    r' '  l、    完全免罪を約束した「贖宥状」を濫発した。
              ,.イ  /___,ノ    ,.ヘ
           /|| |----/    .//〉
.           /| || | ゙̄7   /// l
          ノ | || | ,′ ///  |





























             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{. -‐'' `‐- リ| l.│ i|   教会の公共事業のための「贖宥状」は
         レ!小l.-- ,  ,.-‐‐,从 |、i|    それまでにもあったにょろが、
          ヽ|l`‐-‐'  `‐-‐'.| .|ノ│ 「完全免罪」を「濫発」したことで、
            |ヘ.  r‐-、 |||! j  | , |    あの男がキレたにょろ。
          | /⌒l`ニ`, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |














































       / ̄ ̄ ̄\
     / ―   ― \    もはや教会の堕落ぶりは看過できません!
   / ;;;(◯)::::::(◯);;;\   今こそ、正しい教えを取り戻さねば!!
  |      __´___    |
  \     `ー'´   /


































 ヾ" ;ゞヾ"ゞヾ ゞヾヾ                       
ゞヾ  "ヾ;ゞ"ゞヾ ゞ;ヾヾ                    
 ヾゞ"ゞ;ヾ ゞヾ〃;ヾヾ ゞ;ヾ                        1517年10月31日
ヾ  ゞ; ゞヾ"ゞヾ ゞヾ ; ヾ;ゞヾ                
ゞヾ"ゞヾ; ゞゞ"ゞ〃ヾ :ゞヾ                   ├─┤ 
 ヾ\ヾゞ;::: y'ヾヾ; ;ゞ ヾ ;              || ◎ ||    
ゞ; ; ゞ;ヾii;;:::: イ;//ゞ; ヾ  "ゞ  ___┬┬┬┬┬┬┬|| == ||┬┬┬┬
ヾ ヾ;ゞiii;;::: |/; "| ̄ ̄| ̄|  |二二二二二二二二|| 田 ||::::| ̄ ̄| ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    |  |  | 田 田 || 田 田||=:|| == ||゙=|    |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              |    |  |  |――――――――|| 田 ||::::|   | ____________
              |    |  |  | ̄ ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄|| ;;|| == ||::::|   | |                 :|
              |    |  |  | 田 田 || 田 田||=:|| == ||゙=|   | | ヴィッテンベルク大学   |
              |    |  |  |――――――――|| 田 ||::::|   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              |    |  |                    |   |
              |    |  |                    |   |
              |    |  |                    |   |






































      ____
     /\:::::::::/\
   /:::<○>:::<○>::::\ ,. -- 、     さぁ御覧なさい!
  /::::::::⌒._´_ ⌒::::::/    __,>─ 、
  |     |r┬-|   /          ヽ
  \    ` ー'´   {            |__     「95ヶ条の論題」です!!!
              }  \       ,丿 ヽ
             /   、 `┬----‐1    }
            /   `?|      l   ノヽ
           /    、 !_/l    l    /  }
           {       \     l   /  ,'
           \      ´`ヽ.__,ノ  /   ノ
             \     ヽ、\ __,ノ /
               ̄ ヽ、_  〉 ,!、__/









































               ___
             /      \
           /⌒   ⌒   \  
          /(● ) (● )   ヽ  何だかアツそうな人が出てきましたがお、
            | ⌒(__人__)⌒      |   この人は誰だお? それで「95ヶ条の論題」って何だお?
         \   `⌒ ´     /
             /             \




































          / ̄ ̄\
        /  _ノ   \
     |  ( ●)( ●)
        |      (__人__)   彼の名はマルティン・ルター。
       |     `⌒ ´l   当時33歳の神学者だ。
      |         }
      ヽ        }
       ゝ     丿
  ____( ̄ ̄    / ̄ ̄/´ ̄/_
i⌒ゝ、  ヽ ヽ.   /    /  ⊂)  i⌒ゝ、
i;;;;;;;;;;|__ L人   ̄ ̄`´ ̄ ノ__i;;;;;;;;;;|
















































.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /:.               \      「第1条 私たちの主であり師であるイエス・キリストが、
     /: : :               \           『悔い改めよ……』と、言われたとき、彼は信ずる者の
.     / : : :                  ヽ         全生涯が悔い改めであることを欲したもうたのである。
    | : : : :  ,.r-===='   ヾ=⌒    l
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |   第5条 教皇は自分自身または教会法が定めるところによって
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l        課した罰を除いては、どのような罰をも
  ,_ ヽ___        ゝ       /__      赦免することを欲しないし、またできもしない。
/:: r' | r' ̄二ユ   --、__      / : :: :: :`:、__
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__    第36条 魂を(煉獄から)救い出し、あるいは、
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ         贖宥状を買おうとしている者に、
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ        痛悔が不必要であると教える人たちは、
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ       非キリスト教的なことを説いている。
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : :イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiiiiiii}   | : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ: : / /: :: :\_  ̄\iiii}   |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|














































     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \  
    /: : :             \    第45条 困窮しているものを見て、彼を無視して贖宥に金銭を払う人は、
  /: : : :              \        教皇の贖宥ではなく、神の怒りを自分に招いているのだと、
/: : : : : :                 \       キリスト者は教えられねばならない。
: : : : : : : :.._        _      \  
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`       l  第49条 教皇の贖宥は、もし人々がこれに信頼しないのであれば有益であるが、
: : : : ::;;( ○ )::::ノヽ::::::( ○ );;:::    |        これによって神への恐れを捨てるのであれば
: : : : : : ´"''",       "''"´       l        もっとも有害であることを、キリスト者は教えられねばならない。
: : : : : : . .      ゝ         /
\: : : : : : :.  ー--- ‐'       /.   第52条 たとい委任されたものが、否、
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\         教皇自身が自分の魂をかけてそれを保証しても、
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \       贖宥の文書による救いを信頼するのはむなしいことである。
: : : : . : : . : : .                   \











































          ____
        /      \                   第75条 たといだれかが、不可能なことではあるが、
      / \   / \            〃,          神の母を犯したとしても、教皇の贖宥がその人間を
     /  (●)  (●)  \         //-‐っ        解放しうるほどに大きいと考えるのは、狂っているのである。
    |      __´___     |___, -‐^ヽ、こ=っ  
    \      `ー'´     /       __二つ   第81条 贖宥についてのこのような気ままな説教は、
     (\        ,   ヾ、 ̄  ̄ ̄               信徒のとがめだてや、あるいは、言うまでもなく鋭い質問から   
〃ヽ  \ \ ヾ、         \( 、      ,           教皇への敬意を救ってやることが、博学の人たちにさえ容易でないようにしている。
ゝ、 ̄ ̄(ヽ、 `,ノ )´( 、 ゝ、     \ヽ),    (ヽ、 
   ̄ ̄ ) Y  人 ヽ)ゝ'丿,   ´, ヽ ヾ    ) Y  第86条 また、『もっとも富める階級よりも、今日では豊かな財をもつ教皇が、
    !)ノ'  ノ ,(  `    ´(    (ヽ、ヽ  !)ノ'  ノ        なぜ貧しい信者の金よりむしろ自分の金で、この聖ペテロ大聖堂を一つ建てないのか』。
   / ((  ´!. 、   t ヽ、 `t  , ) Y `i/ ((  ´!.  
   ,′, ヽ    tゝ、丿)ノ i    Y!)ノ'  ノ , ,′, ヽ     第90条 以上のような信徒のもっとも細心の議論を、力だけでおさえたり、
  i /f  ゛   ) Y´ l'′  / ((  ´!. i /f  ゛         理由をあげて解かなかったりすることは、教会と教皇とを
       / ((  ´!. 、   t ,′, ヽ    tゝ、丿)ノ i         敵の嘲笑にさらし、キリスト者を不幸にすることである。
       ,′, ヽ    tゝ、丿i /f  ゛   ) Y´ l'′
      i /f  ゛   ) Y´ l'′   )












































         ,___
       /     \
      /  \   / \    第94条 キリスト者はその首(かしら)であるキリストに、
    /    (●) (●) \        罰、死、地獄を通して、従うことに励むように、勧められねばたらない。
    |       ___'___    |
    \       |il!|!il|  /   第95条 そしてキリスト者は平安の保証によるよりも、むしろ多くの苦しみによって、
.      /⌒?" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ       天国にはいることを信じなければならない」
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄    (マルティン・ルター「95ヶ条の論題」
.      |          |       緒方純雄訳より※引用元:長野県の単立キリスト教会




































          , 、、  ,,            
        , '  ____ " 、、    
         , '   /⌒三 ⌒\  ',    
       ;  /( @)三(@)\  ;   
       ; /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ;   こ、細けぇことは分からんがお、
        |  u   |r┬-|  u  | ;   随分とブチ切れてらっしゃるお……。
       \   u `,. -'"´´ ̄`ヽ ;    
    _   /    (___   | ',    
  ,、'  /              |  ;   
 、 ( ̄                |  ;      
     ̄ ̄ ̄|               | ;
































     ____
   /     \     端的に言うと、私はこの論題で
  /  \   /\    教会が私腹を肥やすことに加え、
/   (_)  (_) \  そもそも奴等に「贖宥」を認める権利などない、
|       、__',_,    |  と神学的権威をも批判したんですよ。
\           /


































   / ̄ ̄\
 / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、
 |  ( ●)( /  .\` 、   . // / 
. |  (__人/     \ヽ、,.// ../  これは当時、皇帝や国王に比肩する権力を持つ 
  |    ` /       ``77   /   ローマ教皇への、強烈な批判となった。
.  ヽ   /          / /   /   
   ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./
   /./     r-、 ヽ ∨,ノ /    こうした教会権威の見直しから、
   |. \   〈\.\,〉 `,  f     「宗教改革」が始まるわけだ。
    | . \  (ヽ ヽ `..   |
    |    .\ \      ノ

































: : : : : : : : : : : :|: : ::|: : : :;|:.:. : : : : :/:: : : : : : : : : :ハ
: : : : : : : : : : :.:|ヽ: :|: : ::/|:: : : : : :/ヽ/: : :.: : : : : :|
: : : : : : : : : : : |:.: :\;:/ |: :: : : :/∠∨:.: : :|: : : ト、:|
: : : : : : : : : : ::|: :/'|::/\,|: :|: : /ィチヤ∧::.: :|: : : | `
: : :: ::|: : : : : : |:/zテ弐チ |:/|: :/'|f::j:} ハ::',:: :|:: : :j
: : :i::_|:: : : : : :|' {f´:::j:|  j:;/ V:;リ ハ:.: : :|: : :/
: : :{´ |: : : : : :| 、弋z::リ  ´   、 " {:: : : :l::/   そしてルターによる教会の神権批判は、
: : :ヽ、|: : : : : |    ̄           }:: : :/´    信仰する「個人」こそが信仰の主体である、
: : : : :.:|: : : : ::|            ,.イ: : :/      という「個人主義」の誕生につながることになる。
\:.:|、:.∨: : : :|‐r- __ヘ_ ,.-‐<::::::|:: :/
  {`  ヽ、:.: :| \ゝ-‐'ノ    \:|::/



































          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ      つまり教会を介して信仰するのではなく、
       |i │ l |リ⌒     ⌒}_}ハ     個人個人がそれぞれに神を信仰する、
        |i | 从 ●    ● l小N     という考え方にょろ。
       |i (|ミ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ   ミ
       | i⌒ヽ j   (_.ノ   ノi|__/⌒)  この「個人主義」の有無こそ、「中世」とそれ以降を
       | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.   峻別する最大の特徴にょろ。
       | ∧ 人l||l,三|:::::/l| |l||l 从
       |  l ( ⌒ ):::V::/ | ( ⌒ )


































        ィ-────-、
       /         ヽ
      /   i、____,、   ヽ   ちなみに「贖宥状」は、宗教改革を受けた
      /   /::::::::::::::::::::::::ト、  ヽ   カトリック内部の「対抗宗教改革」によって、
    /   |:::::::(__人__):::::\   〉  1563年12月4日のトリエント公会議で
    |   、 k:::::::`⌒:´:::::::::/  /   金銭を伴う売買が禁止されたお。
    \_  \`\__ー‐:::_/ ィェイ
     イ⌒ー ̄三 ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ




































  |┃
  |┃ 三
  |┃
  |┃    ガラッ     ____
  |┃ 三      /     \
  |┃        /  ⌒ カ⌒  \   さらにスイスでは私、フランス人の
  |┃ .      /  (⌒)  (⌒)  \  ジャン・カルヴァンによる「宗教改革」が始まるのです。
  |┃ 三   |   '"  __´___  "'   |
  |┃       \    `ー'´     /
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.
  |┃ 三   /              \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ    AAがルターと同一人物?
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |    いいえ、ケフィアです。
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃三        |              |ヾ___ソ




































               /7
                 //
             //
       __    //
.    /ノ ヽ\ .//
.   / (●)(●〉/
  l    (__人_,//l   彼の主張の要諦は、
.  |    `⌒// ノ   聖書の記述をもとにした
   l       // ./    「予定説」にある。
.   ヽ r-‐''7/)/
    / と'_{'´ヽ
    /  _.、__〉 ト,
    {  、__}  |.i
    ヽ _,.フ  .|.|









































        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
      ||                    │                    ||
      ||                    │                    ||
      ||  神はモーセに、「わたしは自分が憐れもうと思う者を  ||
      || 憐れみ、慈しもうと思う者を慈しむ」と言っておられます。 ||
      ||    従って、これは、人の意志や努力ではなく、      ||
      ||            神の憐れみによるものです。          ||
      ||                                          ||
      ||  (「新約聖書」ローマの信徒への手紙 9章15-16節  ||
      ||                新共同訳より)              ||
      ||                    │                    ||
      ||                    │                     ||
      ||____________│_____________||
        ─────────── へ ───────────










































          /´ヽ  /´ヽ          /ヽ. /ヽ、
           |   |  |   |_,,.-‐───--..、j  | |.  |
         |   |,ィ|   |  _,,.-‐=====‐-`ヘ、|  |
            |  |::.:;|   |/:: ,: : : : : : : : : : : : : : :`:┴-、
           |  |:/ |  .|:: :.:/: : : ;: : : : : :|:: : : : : : :ヘ ̄`
         j:| .|j |  |: :;/: : : ::|:: : : : : :|: : : : : 、:. :ヘ
         |::| |ー:|  |::i:j: : :i: ::|:: : : : : :|ヘ: : : : :|: : :ハ
        ,ノ: :| .|__,j /::|:|:-‐-:/|: : : ::;i:-j‐-:: : : :|:: : : |
       '´"γ´ `Y::. ::|{::/_|:/_ |: : :/ j:/__ ∨: : :|: : : |
         {┃┃ |:: .:|マ弐〒 j;/ オ弐テ ハ: :/:.: : :j
         { x   |:: :|、ト'ィ:;jl      ト'ィ:;j,' ハ:/:.:/ヘ/   これが「予定説」の根拠となった聖書の記述。
           `ーr::-':: .:| `ー"      `ー" {::: .:/ー'´   カルヴァンは神の救済は予定されたもので、
           V\:: :|           ,.ィ::;|:/   身分の上下や職業の貴賤などとは
              ヽ:|>ーァ‐-^-‐τ::/j;/´    無関係である、と主張した。
              /‐-、`\,ィ ̄`}  ヘ、
              /⌒ヽ、\ \ニニj  /::}
              {:::::::::::::\\ ヽ,/ /:::.|
             |::::::::::::::::::\\   /i:::::|
             |::::::::::::|:::::::::|\ヽ/ |::::|


































        , '  ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
       /    カ      \       「神は、永遠の計画によって、救済にあてようとする者と、
     /              ヽ      滅亡にあてようとする者とをあらかじめ定めたのである」
.    /  '´ ̄`   " ̄`     ヽ
    |   ( ⌒)    ( ⌒)        |    「教会の所有はみな、地所であれ金銭であれ、貧しい人々の財産である」
    i  ´""     ""゛       j
    ゝ       '           /     「彼ら(支配者たち)が、神に反逆して何かを命令するならば、
.     \   ' 二  ̄    __, "       我々はそれを決して認めてはならない」
       `  _ _   ,  ' ´  /::\
        /:/ /:::::入     ./::::::::::|""\    (ジャン・カルヴァン「キリスト教綱要」より)
      /:/ /:::::::::::∧  /::::::::::::|::::::::::::" - 、
    //:::::|V∧::::::/  \/::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
   /:::/:::::::|  /:=:::i    /::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
  /:::::::::|::::::::| /::/::::|  /:::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::






































       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \    なるほど、つまりカルヴァンも
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \   教会の権威を否定したんだおね。
  |  l^l^lnー'´       |   で、ルターとカルヴァンの意見は
  \ヽ   L        /   どう受け止められたんだお?
     ゝ  ノ           
   /   /




































             / ̄ ̄\
            / ノ     ヽ
            |  (●)(●) |   ルターとカルヴァンの登場によって、
            |  (__人__) |   「プロテスタント(英:Protestant)」が誕生した。
            |   ` ⌒´   |
            ヽ        }    従来のローマ教会は「(ローマ・)カトリック」と呼び、
          __,, -ヽ     ノ -、   プロテスタントを「新教」、カトリックを「旧教」とも呼ぶ。
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ    ちなみにプロテスタントは「抗議する人(ラテン:Prōtestārī)」、
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }    カトリックは「公同・普遍(ラテン:Catholicus)」を意味する。
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_, 
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"









































      -‐ '´ ̄ ̄-‐ '´ ̄ ̄-‐ '´ ̄ ̄-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、    
    / /" ` / /" / /" `/ /" `ヽ ヽ  \      カルヴァン派は各国で呼び方が異なり、
   //, '/   //, '/  //, '/  //, '/     ヽハ  、 ヽ     イングランドでは「清教徒=ピューリタン(英:Puritan)」、
   〃 {_{ノ  〃 {_{ノ  〃 {_{ノ 〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|     スコットランドでは「長老派=プレスビテリアン(英:Presbyterianism)」、
   レ!小l● レ!小l● レ!小l● レ!小l●    ● 从 |、i|     オランダでは「乞食=ゴイセン(独:Geusen)」、
    ヽ|l⊃ 、_ヽ|l⊃ 、_ヽ|l⊃ 、_ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│     フランスでは「同盟者=ユグノー(仏:Huguenot)」、
/⌒ヽ__|ヘ/⌒ヽ__|ヘ/⌒ヽ__|ヘ/⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !     と呼ばれるにょろ。
\ /:::::| l\ /:::::| l\ /:::::| l\ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│    
  /:::::/| | /:::::/| |  /:::::/| | /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |    ちなみに「ゴイセン」はオランダ語では「フーゼン(Geuzen)」にょろ!
 `ヽ< | | `ヽ< | | `ヽ< | | `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |    



































              _,. ─ 、. -- ._
             /          `ヽ
          /       、  、   \
         /,.  ,. /    l.  | ヽ ヽ ヽ. ヽ
        / / i'/ /  ,|  |  ,!  |  ',. !  ',
      ∠-7 j |.|  | ./| ,1 ハ. ハ |   |l. l |
          | | |l.',. } ナTァ-| ./ l./'''Tナ{. ,リ  |1
   r‐、   l!Mヽ.{<ィテtト !'   ' t5モト,.レ!' ,1 ,!   この日本語を見ても分かる通り
 r‐ニ ヾ,二ニ 1',l.| ゙ト 'ぅり  ,  2tタ /  /,!'   カルヴァン派は当初、既成権力から
 |{i⌒))|   .l  `| l. 「ヽ    __    /! イ/   激しい蔑視と弾圧にさらされた。
 ヽ` ´/r}-‐ォ.   l.ト. |l. ヽ、     _,.ノイ/ |!
  |(_)i :|iL cl.  ` ヽl ヘゝl` - ´lル ′     それはカルヴァンの教義が、新興市民などの
  `ー、シ::i_ :|     /.ノ    ヾヽ、     低い身分層に支持されたことも大きい。
   { ´| | ):i _.. - ´  L._,. -- .._...|   ` ‐ 、._
   `ー|__|:i:i ヘ. |     「 _, - 、._j    / / ス
    {:(   ソ', ',     「_,. -- ..」    / / / ',
  /〉{ ̄ ̄ ソヽ ヽ    |    |   / / /  l































                           ,
        ,___             //
      /     \         //
     /  \ カ / \      //
   /    (●)  (●) \   //
   |       __´___    |  //   そしてフランスでは、王権に迫害を受けた
   \       |il!|!il|  /.//     ユグノーたちが立ち上り、「ユグノー戦争」
.   /⌒?" ̄, ̄ ̄〆⌒,)/     巻き起こすことになります!!
   |  ,___゙___、rヾイソゝ
   |            `l ̄
































         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)   せ、戦争!?
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //   宗教の改革が、戦争につながるのかお?
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /






























       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ●)(●)
.     |     (__人__)  今言ったように新教は個人主義を訴え、
      |     ` ⌒´ノ  そこから特にカルヴァン派は低層階級の支持を集めた。
      |         }
   _./:l ヽ        }   それが弾圧されたことにより、
‐''"´:/::::::|_ ヽ_  __ノ::、    彼らは信仰と身分、民族の自由を求めて
::::::::: !::::::::l′     \ ,イ\    戦うことになるんだ。
::::::::::l::::::::::l         /:`:::l:::::\   1524~1525年には、まず「ドイツ農民戦争」が勃発している。
::::::::::|:::::::::::\     /:::::::::::l:::::::::\
::::::::::|::::::/\ヽ   l::ヘ::::::::l::::::::::::ハ
::::::::::l/:::::::::::o:ト .」::-:::::\::!::::::/::::l
:::::::::::::::::::::::::::::: l`ー'l:::::::::::::::::`::/::::::::l









































        ____
      /      \
     /  ヽ、   _ノ\    なるほど……。
   /   (● )  (●) \  「個人」を訴えることは、つまりは
   |       (__人__)    |  「身分」の否定につながるんだおね……。
   \      ` ⌒´   /ヽ
    /   {;;;;;;;}        \
    (  ヽγ⌒)         ゝ   i
 ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄(⌒)__ノ ̄ ̄ ̄ ̄














































                 / ̄ ̄\
               / _ノ    .\       _,,
               | ( ●) (●) |.      l;l
              . |   (__人__)  |  _,_,|,|_,    そう。そしてそれこそが、
                |   ` ⌒´  |, ト-=y  丶   「封建制度」の否定の始まりだった。
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i,
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i,
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,?    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l
 v=4⌒ヽ、 j  --,,,if   /iii|       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|








































                      ___
                 /      \    「ユグノー戦争」は1562年、
                /ヽ、_ カ _ノ   \   カトリック貴族のギーズ公フランソワがユグノーを虐殺した
                / ( ●) ( ●)    \   「ヴァシーの虐殺」に端を発し、以後30年以上の間、
      (\(ヽ(ヽ    |    ___`___        |   __    断続的に続いた内乱です。
        \\ヽヽ1、_\   `―ー`      /γ´   `\_
      ___)  `   ____`ヽ_________________nm`ヽ.,_____________
     'ー--、,____,_\____________||KKKソノノ〈                  \
                ヽ             {     ゛`゛`´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 \           \






































               _. -?- ._
.         ,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   1572年にはユグノー数千人が虐殺される
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ   「サン=バルテルミの虐殺」なども発生したけど、
  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:\   1598年、アンリ4世によって「ナントの勅令」が発せられ、
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:トゝ   ユグノーが信仰の自由を獲得する形で終結した。
.   |:.:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N
.   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|                       , - i…、
    V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!  ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ                   _, -‐'´ _, -'=、ハ
      リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ     ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′                 _/ _, -‐ '´ _/_ /',. ',
        ヽN:.:.:.:| ー‐'     ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ                 /_∧:=、 -‐' ´/  ;ヘ ', ヘ
        l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′                  ゝ__/_,ノ ) ,'   , ヘ '., ヘ
           \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、                  //   ̄ _,,.. '  ,   ;   ヘ ヽヘ
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧               ∠‐'´_, -‐' ´ _, - ':;  ̄`ハ   ヘ ヽヘ,
            /′ /三ミ 、///     ヽ           _, イ  / _, - '´   ,    ; ヘ,   ヘ, V
         / .′ /   `y ´      ヘ.     _. _, -‐'´ |l-‐イ‐'´     _, -'´ ̄ `i、 ヘ,   ヘ;'
        ,′|  |   /     .ィ´ ̄ , -, イ>f´|      ヽj ./   _, -'ニ´- '7二?ハ  ヘ   ;


































             _____
           /  /   /|
           | ̄ ̄ ̄ ̄| .|
           | 王  冠 |/ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|   アンリ4世はユグノーの指導者から
         レ!小l●    ● 从 |、i|    国王に即位して、ヴァロワ朝に代わって
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    「ブルボン朝」を開いたにょろ。
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│ 
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |




































        ____
      /      \
     /  ─    ─\
   /    (一)  (一) \   信仰の自由を得るために、
   |       (__人__)    |   36年間の内乱かお……。
    \      `_⌒ ´  /   「個人」を認めさせるのは、大変なことですお……。
.    ノ    / )ヽ   く
   (  \ /__ノi ) , )
.   \  ゙ / ヽ ヽ/ /
     \_/    \_ノ








































                ―― 、
             / 〉 ´      \
            / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
         / //〉  ( ー) (ー )  l    「ユグノー戦争」の長期化は、
          l  ´ イl   (___人___)  l  ヴァロワ朝のお家騒動である
.        l    iYl    ` ⌒ ´   l   「三アンリの戦い」なんかも影響しているが、
.       /   ハ !.!          !    カルヴァン派の勝利は、他国へも波及することになる。
.        /  /  ' ヽ           /
       l   // 、ゝ       / ヽ_
      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,?´  /   \
.     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
.     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
    / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
.  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
.  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
  /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !


































                          r‐ヘ、_,.ィ'´ ̄ミ<辷rヘ_
                       ,x<ン_,ィ彡r‐'´: ̄`:.ヽ:/   >マ_]
                     / //:./:./: : : : :ヽ:ヽ: :|  //YV
 当時のヨーロッパ諸国は、国王にヽ  /:i:.:/: :{: :!:.ト、: : l: :.|、:丁「 V | |!
 強大な権限が付与された     ∧イ:从ト、∧ {.:| \ト、リ:∨:.| !  ! {ゝ
                      | :!.川:.:ャ‐-、 `  -―十l! └?-|_|
                      |. リト!Vl、ヶ=ミ   彳斤ト:.:イ: イ!:.リ
   「 絶 対 王 政 」       |  | !l:.:ゝ{以     ヒ-ツ:./:|)从リ
                       `ヽ/ リ!:.lハ、  ' __   イ:./レ (\
                           /⌒Yl/ト `'_ イ:l/,r? \ヽf'^Yヽ.
  が敷かれていた。           ____/:.:.:.:.:/___,.f孑?frく ⊂ニ二、 ヘノ┘Y.}
                       / r‐':.:.:./   _,|.イ / ,爪辷」ト、/___/ ./\
                  rvヘノ`二ミr'/^^'<.,__| }___/!      (/ └ヘ   \
                __,.く / ー‐'Y´     ``^ー|  |, ,.._         ヽ.   \
   .          /  〈_ '   {了:ァーx.,,     |  |/´ |  |`'  、.     \   ヽ
   .          /     /レヘ_r' |;';';刋≫≪ァ-、_ |  |   |  |    `゙' ‐ 、., ___ ,ノ
              ヽ.__,. '′     l!;';刋≫≪}〉;'/;';';'|  |   |  |
            /         ';';チリ≫≪}〉';';';';/.|  |   |_,_」    ちなみに絶対領域は絶対に見せない、
            /           ,/;';チソ≫≪}〉;';';';/ |  |       それが私のジャスティス……。
          /      ,.. ィァ‐;?'=ミチソ≫≪}〉;';';';'   |  |
           / , ィ?';';'\/;'_;'_;'_◎;/'ソ≫≪}}〉≧=、  |  |
    ___ ,. ≪;';';||;';';';';';';'||;';';';/ィ彳;ハく⌒リイT;◎;';'ヽ|__,」
   〈   ヽ;';';';';'¨|ト===;◎;'xt少'´/;';/|イ;';'ト、;'|ト、;';';';'/\
   ム    寸;';';';||';';';';'/x{少'';';';';';';ィj_.:{|;';';';';K〉;'||;';\/;';';';';ヽ
   ヽ∧     ヽ ';'||; /x少';';';';';';';';';ィj :_.:{|;';';';';K〉;'||;';'/ ̄ ̄ ̄\
    ヽ\   ヽ||/_少;';';';';';';';';';';'ィj :_ :_{|;';';';';K〉;◎;';';';';';';';';';';';'//\
      \\    \{';';';';';'/;';';';ィj_:_ .:_ :.{|;';';';';K〉;'||;'`ー====≦=='ヘ
       ヽ \   `ー-〈';';';ィj _:_ : _: _:{|;';';';';K〉;'||;';';';';';';';/';';';';';';';';';';'>ァ
         \_`ー-、._   >'>x_: _: _: _:.{|;';';';';K〉;'||;';';';';/;';';';';';';';';';';/_/>
           `ヽ.__ト、./____.'′!  ! 》__!_:K〉;'||;';∠ '⌒´ ̄ ̄ _ノ/














































     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |   ぜ、絶対……?
/     ∩ノ ⊃  /    普通の王政とは、どう違うんだお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

































 -、
(  ヽ
 ヽ,_ \
 /゙i、`゙""゙ヽ           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/   `'i   ゙、       / /" `ヽ ヽ  \
l,  _/ヽ  .入      //, '/     ヽハ  、 ヽ
 ヾ、   / .ノ      〃 {_{\    /リ| l │ i|
   `ー'く /.\.     レ!小l●    ● 从 |、i|   「絶対王政」は16~18世紀、
         \\_. ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃  |ノ│    従来の封建制国家が発展して生まれた、
            ( __ノヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !  強力な中央集権制を敷いた国政を指すにょろ。
.             \\::| l>,、 __, イァ/  / │
              /\\ | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧. |
.             `ヽ<\\  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |






































            __
         / ̄´   `\
        /          \      「絶対王政」の国王たちは、
       /    ィヘ、       ヽ     自らの王権を神聖ローマ皇帝や
      /   /   ヾ       ヽ    教会からではなく神から授かった、という
     / |/(●)   \      ヽ    「王権神授説」を掲げて、自身の権威を
     { 〈  (__人__)  >  /  イ    論理的に裏付けたんだお。
      ト ゝ_ ` ⌒´ イ_∠_ィ_イ´
      イミ ー ̄フ二 ̄´_〆゛ゝ
      ん_ = ー三 イ、__─\































         ,ヽ、 ノ
       .  (● ●)|   それはつまり、各国の王たちもまた
       .  | (_人_) |   教会の権威を否定した、ってことだろ。
       .  ヽ   ノ    これも「封建主義」の崩壊を示すわけだろ、歴史的に考えて……。
          ,=,-|  ̄ll~|- 、
        !::i ..:::。 ..::i::.. ヽ
        i ::!::...。 ..:::::ヽ::. ヽ
          ハ::!〉::。.. .::::〈 ソ::::〉
        /.:::/i:: ,i:. . ..:::/.:::/
      ,'、_:/ ノ:/:|::: _'テ`ン´
    ._',,-、! /:/::: i ..:: ̄i


































     ____      
   /─  ─\    
  /( ●)  (●)\.     なるほど、王権が強化された王政、てことだおね。
/   (__人__)   \  それはつまり、国王による独裁制、ってことかお?
|              |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /






































            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
 .         |     (__人__)
           |     ` ⌒´ノ    ところが「絶対王政」の特徴は
 .          |         }   政治では「官僚制」、
 .          ヽ        }   経済では「重商主義」なんだ。
              ヽ     ノ
            _,/( `' 、 _゙T
        ノ.ヽ`ヽ. ヽ`ヽム `
    _.. -‐ ´  ヽ   \  l;;::ヽ
/´         ヽ   ハ/`ァヘヽ
. : .         ` ー/   ヽ|:. ヘ \、_
, : : . \        ヽ    ヽ:::. ' <. ヽ
l: : : : . ヽ: .       ヽ    ヘ:::. l ^l |





































     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \   お? 「官僚制」?
|       (__人__)    |  何で「絶対」てくらい国王が強いのに、
/     ∩ノ ⊃  /    わざわざ官僚なんかにやらせるんだお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /






































          r ̄`-‐ '´ ̄ ̄< ̄,二ヽ
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、//
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ
         〃 {_{`ヽ   ノ リ| l │ i|   それはつまり、
         レ!小l●    ● 从 |、i|   中世の封建国家と絶対王政の国家とは、
          ヽ|l⊃(_●_ ) ⊂⊃ |ノ│   「国家の質」が異なる、ということにょろ!
        /⌒ヽ__|ヘ  |∪|   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,ヽノ イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |









































     ____
   /      \
  /         \  
/ U  _ノ    ヽ_  \
|     (一)|lil|(ー)  |
/     ∩ノ ⊃_) /    「国家の質」かお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /








































              -――‐
           ´ ____  `ヽ、
.        /   ´         `ヽ  \
.       / /              \  ヽ
    、_!/ /   /            ヽ   !
..       ̄V   / / /    !  !    ヽ !
      / / /! /l ∧  ト、 lヽ、l l l   V
        ! /l l l/‐l/‐-ヽl ヽ!-―ヽ! ! l ヽ、
.      l/l ! ! l rf升ミ、   fr无ミl、 ! ! 厂
        !jハ∧! rtjノ      k.tjノ l ! / /
       j∧ ! ¨´   '   `¨  l l/j/   簡単に言うと、中小の諸侯が
         ヽ∧     ‐   /!./j/    緩やかに支配していたのが「封建国家」。
.          ヽ! >  __.. ィ´ j/
              「! ̄「 l ̄ ト、
.        _ ィ´ト --!├‐┤ ヽ、__
.       ∧ ! l l   | l  l  ! | ト、
       l  !人人ノ   l l  ヽ人人ノ !
       !     |   l !    |     l
.      l  l   l   l !    l   !/ l





































            __
         / ̄´   `\
        /          \
       /    ィヘ、       ヽ     ところが「宗教改革」などの影響で
      /   /:::::::::::ヾ       ヽ    市民層が発達し、従来の「封建制」は
     / |/(●)::::::::::::\      ヽ   崩れ始めたんだお。
     { 〈  (__人__)  >  /  イ
      ト ゝ_ ` ⌒´ イ_∠_ィ_イ´
      イミ ー ̄フ二 ̄´_〆゛ゝ
      ん_ = ー三 イ、__─\

































      / ̄ ̄\
     _ノ ヽ、_  \
     (●)(●)   |   そこで諸侯=貴族たちは地位を守るため、
     (__人_.)   |    国王に庇護を求めて集まったんだろ、
     |`⌒´    |    その結果が中央集権による「絶対王政」だろ、
     ヽ,_   _ノ __  歴史的に考えて……。
     /     ヽ | |
    __l i   __ i || |
   (jjニ |  (jjニ ノ| |
   | |⌒__i⌒_| ̄ ̄ |
   (⌒_)(⌒_)|____|










































__,, -‐'"                          \_
____________                  ~"'ー、_
::::::::::::::::::::::::::::::::/ l  |  |  ∧ヽ、_                    ~"'ー、_
:::::::::::::::::::::::::::::::|./l ∧ ヘ ̄|~"T.ト、\__                    ~
"'‐、::::::::::::::::::::::|.lヽ | l\ l/i ̄ヘ l ヽ lヽ`イ ̄lヘ,Tト-、_
   ~''-、:::::::::::::::` ヘl ` |ヽpノl `  ``  pノl /ヘ! ∧ T-、_  _,,,, -―‐'"
        ~''ー―''"~'| |  l __ ̄    ,    ̄〃l /| ヽl   ̄
            ヽlヽ_>'::::ヽ    __   ‐'!:::''<レ
                く"~:::::::::::::|、_   '  _//:::::::::::::::~>  つまり国王も、諸侯が増える分だけ領土も増えるので、
              ヽ:::::::::::::::ヽ!、T'ー-‐"|/l'/:::::::::::::::::/   効率的な支配のために彼らや有能な市民を
                  ヽ:::::::::::::::∀    ト/::::::::::::::/    官僚として登用し、統治に活用したわけ。
                __> -、_\  /_/::::::::ヒ'_
              /::::::::::::~"::::|:::::::::`l-‐r'":::::|:::-':::::::::::::'-、
            /   :::::::::::::::::::~"フ"/Tヘヘ''"~::::::::::::::::::  ヽ







































     ____       ヽ v /
   /⌒  ⌒\     -(m)-
  //・\ ./・\\       ≡
/::::::⌒(__人__)⌒:::::\
|      `ー'´     |  諸侯が頼るから権力が集中し、
/     ∩ノ ⊃  /   その分だけ官僚を必要とした、ってことだおね。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

































    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)   そう。そして財政基盤確保のため、
  |     (__人__)    国王は重商主義によって経済の発展を重視した。
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃   これが海外への植民地政策と、
   ヽ / /  '‐、ニ⊃   マニュファクチュアによる工場生産を
   ヽ、l    ´ヽ〉    発達させることになる。
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|












































      __
     /:::::::::::: ̄\
.    /::::::::::::::::::::::::::\
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    |::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::\            _, ヘ、
    |::::::::;:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\          ヽ     7
    |::/ .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           /    i′
    ´   !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄::::?..._ └1 ト、|
      |::::::::::::::::::;:-::::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::-| |_
      |:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__....:::::--‐┤ |‐`7
      |::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ム-ヘ´ヘ \:::::::::::::::| |:::/
      |/:::::::::::::::::::::::__::;: < ト、| \ ? | \::::::::::| |:/
.       /:::::::::::::::::::::;.ィく ト、 「`   r'J,!` ∨  .N::;.. -! !{
     /::::::::::::::;:ィ´ トゝ,.、 `     `´   | / l. | l.l
.    /:::::::::::/ヽ \ヾ.-'ノ       __.ム'|   ヽ__| |′
.     /:::::::/| 〉、 ヽ`      '`    }::::/ ヽ   ,.|_.」
   /::::/ ::::! ヽゝ ス        _. ィ´:::::|   ` ァ´    植民地政策はやがて「帝国主義」に、
   |::/:::::::::::j∧ト、ト、_ \ー─::<__/:::::::::| _..イ       マニュファクチュアはやがて「資本主義」に、
   |:{:::::::::::::::_;:.-冖‐、`¨`:::::::::::::;イ:rl、:::::::「「::::::|       それぞれ発展することになる。
     ̄ ̄r ´ ',    \:::::::::/||ヘ.ヽ`| |:::::ハ
       ∧  ヽ    / ̄ヘ.  |.」 トイ|';::/:::',      つまり「絶対王政」期の経済政策は、
       | \  >'´::|    ヘ.   ヽ| | V:::::::',      近代経済体制の基盤を築いたと言える。
      `ア ̄:::::::::::ノ      ヘ   | | 〉:::::::|
























































                   _ ,. '´ ̄ ̄ ̄ ̄ `  、
                     ̄              ヽ
              /    /"  ` ヽ    ヽ     \
             /    /      ヽ         \
             / /  , /         ヽ  ハ       ヽ
               / / ,  /               ノ !    ヽ   ゙
           / /  「 「 /        `ヽ、 l| i  1  |   |
            '   { __{_ノ__         ,__` ノ |  l   !    !
          | ! l ! 、 !.f;;;;;;゙i       .f:;;;;;;゙i  i、ト    |   i|
          レ| '"」  | ゞ- "       ゞ- " ノ ハ   !ヽ  !|   そしてその経済体制こそが、
            、 | i ―、              ,.― ―、   | !  .!
            ` ! !.―'    ヽ__人__ノ   ゙ー ―'    | ノ   |
      /´ ̄`ヽ    | ,ヘ      、    ヽ      i   /´ ̄`i .!    アナキズムや社会主義
      /     ヽ_ |  ヽ     ` 、__ノ        j ./    | .|   
      \   /:::::::::::|   i` 、_          /--, /     ./  l     を生むことになるにょろ!!
       \ ,/::::::::::::::!   レ´ ,.丶 _,    ´|  / /    /   !
        /:::::::::::::/|   |   ヾ::::::::::i 二二 /:::::「,ヘ      ∧   |
         /::::::::::::/ !   !     ヾ:::::::!??/:::::::L `、 _ /  ',  |
        ` 、 / .|   |     ヾ::::', /::::::::::/ヾ::::::::::::::::::::::ノ   !
.           ` \. |   |      `゙∨:::::::::/  ヾ::::::::_彡'     !




































     ____
   /      \
  /         \  あぁ……。
/           \
|     \   ,_   |  そういえば、本題はアナキズムだったおね……。
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /








































         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( へ)( へ)  |   ではアナキズム&社会主義前史として、引き続き
      .(__人__)      |   「絶対王政」から「近代」の成立までを
       l` ⌒´    .|   追ってみよう。
       {          .|
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄









































                        ,,r=''´::::::::::::::::::;;:''':::ヾヽ;;/ヽ;::::i,:::::::::::ヽ、
                       /''7/::::::/:::::::,ィ'´       ヽ::l、::::::::::::::`、
                        /i::::,,イ:::::::イ`~'''ヽ、      l::| .i;::::l::::ヾ゙ヽ、
         ,, -‐‐ ィ''¨''ー- -.、_    /:l::/ /l::::/:|     `、     ,;i}-キ::::l::::::l
      ,, ‐ ''::::;::ィ'´  Y     ヽ.  /::|/:/:::レ'::::|.,,ィr'=〒ェ、    '´,,_  l::::l|::::::|
      r'f.l::::::::::〈  、_,,≦、/ i  l   ヽ /::::::::l::::|:::::::|ヾ P:::::| `    "P''')ゞ |:::il|::::l
    .{::l l::::::::::::ヽ、.  __∠,,,ノ  j__,,::<゙ム;;;:::::l::::l::::::::|  loァリ_     b;;:/, /レ|::|∧
     ゝヾ、:::::::::::::.ヽ,,,,r''ヽ(,,ィ='゙テ‐--゙  ヽ!::::|::::::::|i    ̄.r- 、 _'_  ̄ /:::::|:::':::::ヽ
    ./ ヽ;;ヾ.、;;;::::::::::::::::::ィ/-、/   ::    `ヽl:::::::::ト、   l    ヽツ   ,/|::::::::l::::::::::::ヽ
   /   ,、_ヽ、,,-三三彡゙    ̄` .::::...    |::::::::::l:ィ\. ヽ、___/ /;;ィl:::::::::|::::::::::::::ヽ, ,-、_.. r-- ァ
/ ヽ、_  /  Z___   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|、::::::゙>、| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾ:::::::::::::::::∨  '‐┘ └─‐‐┐
\  >`フ        〉  .:|  ┌─────┐  |!.` /,f'ヾ ̄フ '''マ  ,/.:ト、:::::::::::/               |
  丶' /  ィ===-ァ  /~'' ー|  | | ̄ ̄ ̄ ̄ .||;|  ト, //ヾ::::ヾ`=、   ´>::::::::i \:::_`_、 /二コ  i二二二,,,,
   , 、_ ヽ,,/ |  .|/  /   |  | |  | ̄ |   |.i|   .|:ヾ.レ'| ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄\. }|__________|
  /   >  /   ヽ ー'    .|  |_|  └‐┘  | |!   |:::ヽ'└──‐┐ .┌‐ァ   ./V:::::::::r─┴────‐┐
 /  / /  x.  \.    |  |::!__r─.i_,,| .!  |::::::ヽ.    ヽi|   | く   .,イi;:::::.\ :::|  ┌┬──┐  |
/  ./,, '"  ./ ヽ  `ヽ、.  |  └────‐‐┘ ..|::::::::ヽ.   ..ノ|   | `Y''i.| ト;::::::...ヽ|  └‐┴‐─┘  |
`'' 、/ \_ /   ..ヽ、_/  |__r─────‐i__,,|:::::::::::ヽ, r',i ̄  ノ   .!.l ノ ヽ .::::i;:|__,r‐r─r─.i__,|
                     /::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:::::::::;r,,ニ彡'´. ̄i、  ..:::::l,ノ_,=ヾi:::::::li、::::l:::| |:::::i
                 /::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:l;::::::(/.::::::::::\   | `'':::::::r'゙:;:;:;:;:;:;:;l:::::::l l::::l`! l::::::l
                 /::::::::::::;:;:;:;:;:;:/.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:::::::::::::::::::::::::\ !   /,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l::::::l. l:::| ヽ,|;;_::|
                   /::::::::::::::;:;:;:;:;/.:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ト;::::::::::i、:::::::、;;:.\ ../.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l::::::ト,l:|  ヽ∧{
                /::::::::::::::::;:;:/.:::;r‐‐‐-- 、;:;:;|ilヽ;:::.ヾ`''、::ヽ、゙ヾX:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::l:;::|lヽ、 /::/ト、
                 /:::::::::::::::;/.:::::::;:;ヽ,    ,,rヘ|l  ヽ;:.\ \゙''-(;:;゙''ー-:;:;:;:;:;:;:;:;:|:::|:;:;|!イ,,X゙:://:::;〉
               /::::::::::::::/.::::::::;:;:;:;:;/_,,,=''´~ {,,f´`ヽ、 \::.\ >、丈;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::l゙:;:;:\ニ''-'':::,,へ
              /::::::::::::/::::::::::::;:;;r'' ̄  ./`>'´    \. ヽ;::ヾ、  `个-、:;:;:;:;:;:;:;jノ.;:;:;:;:;:;:`i-'''i゙ふ .,〉
            /:::::::::/.::::::::::::;;/ ,r-、_ //    i   ヽ;;ノ\ヽ  |ヽ、{;;;;;;_:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|.  `ー''゙
           /::::::/.::::::::::::/   /   ,/     ..::l.       \.  l.  \ `i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l




















            ,. -───- 、
             /'´       `ヽ、
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ   次回のテーマは
         〃 {_{`ヽ   ノ リ| l |、,i|
         レ!小l●    ● 从 | } i|    補足その7
         ヽ|l⊃ r─ォ   ⊂⊃jノ}j|    「アナキズム(続)」
     r‐‐-、__|ヘ  '、_ノ   /|  ! |
     { (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  ||   にょろ!
      "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ||
           ヽ< | |  ヾ∨_:/ // ハ||
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。