「やる夫と学ぶ教科書(略)」5つの補完ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





   / ̄ ̄\
 / ノ  ⌒ \
 |  (●)(●) |  「新左翼の歴史」
. |  (__人__)  |  補足その7 後篇だ。
  |   ` ⌒´  ノ      
.  |         }      
.  ヽ        }       
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \






















               / ̄ ̄\
             /   _ノ  \
             |    ( ●)(●)
.             |     (__人__)    新時代の幕開けは、
              |     ` ⌒´ノ    イギリス王国で始まることになった。
.              |    .    }
.              ヽ        }      (
               _ヽ     ノ`ヽ、_     )
                _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (
            _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
        , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁
     /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|
      /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |
      !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !
























         _,,r~、 ,,,,,,r´⌒,,、
    ,,,,,,,,r⌒            ⌒ヽ,
,,、ノ⌒         _,,,,、,,,,___,,,,r' ̄⌒'-,,,,,_
           /,,/゙゛ `゙゙゙'''ヽ     ゙ヘ
         , ",/       )  ,__  ´"ー--、ー、
            l゙ ,i´   ヽ、 l  ,リ  ,广) ケ      `;;;;;ヽ
           l゙ l゙  ,,,,,,__, `./'''i"    ゙‐'~        `~リ
        l゙ |   __,゙,l´ ┴_、             ,,r'
        | .|   _,,,,゙l,,,,,/i、  ̄`r     _,,,,,,,r-"      イギリスでは従来から毛織物工業が盛んだったけど、
        ゙l ゙l、  ̄  _,‐ ゙l `、Z´   / 「"         やがて「ジェントリ」と呼ばれる階層が台頭しました。
         ゚i、゙l,   ‐"  /  ,,,rl、   ゙'-,ヽ、
         `''r,,ー-、,,,,,,,,_,,,/ `゙レィ'ーt、 ` 、_t_        彼らは下級貴族出身の、農業経営者です。
           `゙"''''''''"゛        ヽ`!,,_ _,〕
                           r‐'" ̄
                         )'            富裕なジェントリやヨーマン(独立自営農民)は都市へ出て、
                       ノ             マニュファクチュアの経営者となりました。
                       )'
                      ノ'
                     ノ'
                    ノ'
                      )'































 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ   一方農民は、囲い込み(エンクロージャー)という生産手段により
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´   土地を失い、都市へ流出した。
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '    彼らはマニュファクチュアで、
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '      賃金労働者として働くことになる。
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、










































          ______                    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        /壱 / /万:/|                    / /" `ヽ ヽ  \
      _|≡≡|__|≡≡|  |_____         //, '/     ヽハ  、 ヽ
   / ̄//|≡≡|__|≡≡|/壱//万 :/|         〃 {_{`ヽ    ノリ| l │ i|     マニュファクチュアの経営者こそ、
  / ≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|         レ!小l¥    ¥ 从 |、i|     中産市民階級、つまり
  |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|          ヽ|l⊃ r‐‐v ⊂⊃ |ノ│ 
  |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|        /⌒ヽ__|ヘ  ヽ ノ   j /⌒i !     「 ブ ル ジ ョ ワ ジ ー 」
  |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|/      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.                                 /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |       にょろ!
                                `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |









































      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)
    |     (__人__)    この市民階級と王権との激突が、
    |     ` ⌒´ノ    新時代を切り開く契機となる。
    |         }
    ヽ       /
___イ.ヽヽ、___ _ノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ
    |  \/゙(__)\,|  i
    >   ヽ. ハ  |   |







































            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \
      : |    (__人__)    |:   ま、またキナ臭い
        \   ` ⌒´   /    嵐の予感がするお……。
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /
         |         /









































              __
     _,. -‐  ̄` '¨   <、
     フ¨⌒    Y      ヽ
    /     ,         ゙;、
   ノ/ /   / ,  }       ヽ
   'イ / .{ ,/| ,ハ ト、 ヽ.      rゝ
   { ! i | / {. ! } i ヽ. }     }
   i | { .ハiミ、ヽ! |ノr彡ヘ. i.  ,  !{
   }.∧ヽ! rァ=ヽ    ,rァ=、゙| ノ | 「`
   i八.ヽ! {泛リ゙    i泛リ i,/ |ノYヘ
     ,iハ! 〃  、  〃  、_ノ       我がイギリス王国では、
      \.    -    /Y         国教の信仰こそジャスティスなのだ!!
        `ーr―r-r ィf 、
       ,∠入\r介ヽ!「ヾ\
      ./ヽi.\\ヾ、!_ノ 八゙⌒^ト.       イギリス王国国王 チャールズ1世(在位:1625~1649)
     ノ  .| Fト、:辷{/FT!r=、ノ:〉
    〈 -、,/{ ヾ-'\\└'‐ド二リ
     } ∨‐''¨二エ二エ._ー,}
     `七T¨「 ̄} | 〈 「ニス.         ※イギリスfrom「ヘタリア」
      〈;;} .i兀,! ト、{ {兀! }
       ム=r===;r{ノヾ==.、_〉
       | ,!   /--}!   {
       ノ/  ,/   {i   i
      .レ'  /   〈 i   |
      ,〉―ソ     `ト-..┤
      /: : /       ゙}: : i
     ム: :/        i: : :{
    /_:_Y         Lr::ヘ,















































       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=- \  何かワガママそうな王様が出てきたお……。
  |      (__人__)  U  |  「国教」って、イギリスもキリスト教国じゃないのかお?
  \     ` ⌒´     /










































            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)   
 .         |     (__人__)  イギリスのキリスト教は1534年以来、
           |     ` ⌒´ノ   国王を首長とする「イギリス国教会」を創立し、
 .          |         }   カトリック教会と絶縁していた。
 .          ヽ        }
              ヽ     ノ
            _,/( `' 、 _゙T
        ノ.ヽ`ヽ. ヽ`ヽム `
    _.. -‐ ´  ヽ   \  l;;::ヽ
/´         ヽ   ハ/`ァヘヽ
. : .         ` ー/   ヽ|:. ヘ \、_
, : : . \        ヽ    ヽ:::. ' <. ヽ
l: : : : . ヽ: .       ヽ    ヘ:::. l ^l |
!: :     ヽ: : : :       ヽ   ヘ:: l  .! .|
´: : :     ': : :        \   ヘ:l  | |










































            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
       /:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.---ミ:メ:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.,:-:.:Y⌒:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
      .':.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:'.,
      |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
      l/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:{:.:.:.:.ヽ
     /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:' \:.|:.:l:.:.:.:.:l::.ヽ:.:.:.:.:.)
     /:.:.:/:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.|:./ , -ヽ}:.:|:.:.:.:.:!:.:.:.\:.:.' 
    ノ:.:.:/:.:.:|:.:.:l:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.|:.:|/イ ,ィ=:ァ'リ:.:.:|:.}:.:.:.:.:.:V  
    !:.:.:.:{:.:.:.j:.:.:|:.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:|:j;.:f  ∠マソ !:.://:.:.:.:.:.:.:!  
    |:.:.:.:.|:.:/:.:./:.:/:.:|:.:.:.:.:l:.:リ ヽ!       ノ∧!:.:.:.:.:.:.:.!    元々はどっかのスケベ国王が、
    >、:.V:.:.:/:.:.{:.:.:ハ:.:.:.:.!:.{       /イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ   クリスチャンには禁じられている離婚を巡って
    〈/¨/:.:.:.{:.:.:.:|:.:.:.:∧:.:|ヾ  l      ノ:.:.:.:.:.:.//   ローマ教皇と対立したことによるんだよ。
      /人:.:.:!:.:.:.:!:.:.:.| ヽ   ` '       /:.:./:.:/:〃  
     ´  \ト、:.:ハ:.:.ト、   ‐= =''   .イ:.:./:.:.ノ .'    おかげでこの国では、現在でも
          /ヘミ、|:.}`:! 、     / |:/:ノ'___ !    カトリックともプロテスタントとも違う、
          ヽ/ }ヘ/ソ  > - '    ∨// 〉ヘ    独自のキリスト教が信仰されてるのさ。
           ,-/\\        // /  〉   
       ,...ィ:::::f   \\     //   ゝ-' |ヘ,    
     ,....イ:::::::::::::::|     \\  //       /:::::::>.. _     







































          , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ   キリスト教には大きく分けて4つの教派があり、
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{     ・カトリック
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\     ・正教会
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/    ・プロテスタント
       r=<    V三|:::::::::| |/:/
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、     ・イギリス国教会
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ    となる。「正教会」はローマ帝国の東西分裂によりバチカンと分かれ、
       `、   ヽ \.>j    ハ│    11世紀に東ローマ帝国のコンスタンティノープルを
        {     ∨  `ヽ、_,/∧|    総主教庁として誕生した。ギリシャやロシアを中心に信仰されている。
        lヽ  勹'´      // l !    
        |∧ 〃     /Y」_│',
           } \    /}<ム>∧.ヘ
         {   ヽ、___/ l丁{{ |}}  〉ハ
           〉ヽ     /  ji |{i  !  ヽ








































              ´ ̄ ̄`ヽ、
           / /" `ヽ ヽ  \
    n    //, '/     ヽハ  、 ヽ
    | |.   〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|   ところがイギリスでは宗教改革以降、
   i「|^|^ト  レ!小l●    ● 从 |、i|   ジェントリたちの間でカルヴァン派が
   |: ::  ! }  ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   増加していたにょろ!
   ヽ  , \ \   ゝ._)   j /⌒i !
     ヘ   /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   前にも言った通り、イングランドでは彼らは
        ' /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |    「清教徒(ピューリタン)」と呼ばれたにょろ!
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |












































【審議中】
        _,,..,,,,_   _,,..,,,,_
     _,,..,,,_/ ・ω・ヽ/・ω・ ヽ,..,,,,_     もうこの国にいても、俺たちピューリタンの自由はないな。
    ./ ・ω_,,..,,,,_  l _,,..,,,,_/ω・ ヽ
   |   /   ・ヽ /・   ヽ    l    そうだ、いっそ新天地へ行こうぜ!
    `'ー--l      ll      l---‐´
       `'ー---‐´`'ー---‐´









































⊂⊃    ⌒丶         ./        〈              〈ヽヽ 甘         |
   ― ( ´∀`) ―    /          L            (*゚∀゚)ノ        ゙. ⊂⊃
      丶_,ノ        /           |            と ボ)          ゙l、
    / | \      /               ゙.                ┘ー-- .、、..,,__>         1620年
              /             ゙l、           ゙l、    |∧sd∧
              `゙゙"'''ー―-- .、、..,,__>'''ー―-- .、、..,,_>   (・∀・ ;)
  ∧∧    ⊂ ⊃            | |∧,,∧  ∧,,∧   | |      ┌(ж)と「ハ   ./ ̄>
 (゚Д゚,,).        ∧∧   夜勤 ! .(‐Д‐,,) ミ,,゚Д゚彡  ● ●    .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  _/
  \ `ー、_   (´∀`)ヽ(´Д`;)ノ (|切 |)  (ミ トミ)   (^_^;)   /|ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ| _フ
:     [匚 二_ ̄二二∪∪二二二二二二二二二二二二二二二二二二XXXXXXXXXXX |_/
     \. \_\__     |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili| ̄ ̄ ̄ ̄|
       \_ .\ \   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|┌====/ ⊂⊃
          \三三:============Welcome to NEW WORLD===========:┘  /
  .⊂⊃         \_______________________/












































       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                               |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::i                               i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
       i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                            |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|     12月21日
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i                              i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l
       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i                          i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                             |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i     ( ⌒ヽ
        ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::シ                            匕::::::::::::::::::::::::::::::::::::シ     (    )
      丿`  ̄ ゙ ~  ̄ ` ̄ ´i                              i ` ̄ ゙ ~  ̄ ` ̄ ´\     )   )
     r´            }                             {            `ヽ  ノ  ノノ
     ト-‐ '´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`' ‐イ ∠ノ ゞ゙´、
     `────────';.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.'────────´ ザッ
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:


















































                      十 十
______γ ̄ヽ,___ 、__ 干 Τ  _________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄';;;;;;;;;;;;;;;' ̄ ̄  `、'┴" ̄干}  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
 ̄ヽ       ;;;;;;;;;;;      ヽ,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ             /
'、~~    ....... .. ;;;;;;;  ..... ... ....~~~~~~~~~~ .., ..., ,... ... ... .. .../
 ^^^ ̄^^)     ''''                        /
,、      7                             ヽ_
 ~~~~~~~^                                ~7,,,,,,,,
.. ........, ......,.    ....... .......,  ,......  ,......  ,....  ........  ........   .... ~~~~~~~~~~~~~~~~
~~゙゙'''゙゙゙''゙゙゙'''''゙゙~~~'~~~''''~~゙''゙~~~~~゙''~~~~~'''~~~~゙~~゙''゙~~~~''゙~~~~''゙~~~゙''゙~~~゙''゙~~゙'゙''゙゙'゙''゙~
                    ヘ ̄}
                     ェ__ィ_ γ"ヽ
       ,,,     ,,,     ,,  /    | ュ_r     ,,,     ,,
      ( }   ( }_   {__} //|   |!|-、 └、   ( }   { } /
    、/  \,,/  \,,/ ヽを | , |て |   | ヽ,,ノ  i\,,/  ̄
      | |    | |     | l   | l | ∠二ヽ   | |   | |
        」ハ,〉   / |_    /ヘ  」 _ii_ |_ _」 〉   ,」ii/    」 _〉















































       |  
       | 
       | ̄"'、
       |ω` l  ここが……新天地……。
       ⊂  ;゙  
       |  /
       |U"










































        ┏┓                ┏┓         巛 ヽ.                     ┏┓      ┏┳┓
┏━━━┛┃┏┓        ┏━┛┗━┓  ┏┓ + 〒ー|    ┏┓    ┏┓┏━━┛┗┓┏┓┃┃┃
┗━┓┏━╋┛┗━┳┳┳╋━┓┏━╋━┛┗┳━|  |┳━┛┗┳━┛┗╋━┓  ┏┻┛┗┫┃┃
    ┃┃  ┗┓┏┓┃┃┃┣┓┃┃┏╋┓  +┻ +/ /┻┓  ┏┻┓  ┏┛  ┃┃┃┏━┓┃┃┃
    ┃┃    ┃┃┗╋┻┛┃┃┃┃┃┣┛ ∧_∧/ / .┏┛┃┃┏┛┃┃┏━┛┃┣╋━┛┣╋┫
    ┗/´》〉  ┗┛  ┗━━┻┛┗┛┗┻━(´∀`_/ /  ┗━┻┛┗━┻┛┗━━┻┛┗巛 ヽ┻┻┛
  * | 〒  /⌒ヽ | 〒  ||| ,.へ´_|_ヽ  ,-r、,r/」  f  |||  ∧ ∧,.へ,    〒 ! /⌒ヽ 〒 !
     |  |  ( ´∀`)  |   人l ァ'`・ω・)〉/_ュヘ〈|7  | *   (゚∀゚ `ァ ノ +   |  | ( 个  ) |  |
 +  |  {  |   .|   {  .(__)、   ○〈_}ノ :   |  +  O    /:-一;:、 / /. |    | ./ /*
    ヽ ヽ |   .|.ヽ ヽ (___)  、 〈   く/ ヽ__,」 +    )   ミ;;★:;:;:;ミ/ /   |    |/ /
     ヽ  ヽ,, ´∀`) ヽ  ヽ ´∀`)__ノ ヽ__) /  ,ヘ   | __,, '´ ̄`ヽ__ (・ω・´/ /  (・∀・ / /      さあ、俺たちの国を作ろう!!
 ,.へ ■ヽ ヽ     ー、 ヽ     ー、     /  / |.  | ★((ハヾヽ,.べ, ミ三彡 f  ,-     f+
 l ァ'^▽^) i     ,rュ ', i     rュ ', |||  (   〈  .|  .|  ハ^ω^*`ァノュヘ    |  / ュヘ    |
 ヽ    ○.|    /{_〉,.へ∧ ∧{_〉  << \ ヽ .|  .|   O☆゙ _ノ_,} )   | 〈_} )   |
  |  、 〈 |    〈   l ァ';・∀・)        \ノ |_,,|   ノ´ ̄ゞ⌒'ーァ    ! |||  /    ! |||
||| l__ノ ヽ__)|   ,ヘ. ヽ  ヽ    ○ヽ  +    |__ノ|  )  `7゙(´〈`ー''´     |   /  ,ヘ  |   ガタタタン!!!!













































      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶    無事に辿りつけて良かったけどお、
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ   そもそも彼らは誰なんだお?
  l    |r┬-|     l    どこに着いたんだお?
  \   `ー'´   /
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l












































            ,. ‐―――――‐ - 、
           /            \
          /                    \
       /    \         ノ      .',
        /     ,  ゞ.._,, ー "   、    ',
        l     l {::::::::} l  l {::::::::} l     l
      . l     ` ー ' '  ` ー ' '      l    彼らが乗り込んだ船は「メイフラワー号」。
        l      /    .!    ヽ       l
        l      ヽ__/ \__/.       l    この船に乗り込んだ102人を
        . l      〈        〉       l    「ピルグリム・ファーザーズ(Pilgrim Fathers)」といった。
       .l        `ー――― '         l    日本語では「巡礼始祖」となる。
        l                   l    
       . l                   l
         . l                    l     そして辿りついた場所は……、
        !                     !
        /!                    ,'^ヽ
       /{ |ヽ                 /| / \
     /  ∨| ヽ            / | /
   / ヽ  \  `ー――――― ´ ̄ ̄  /
 /\   \  \        /   _ /
"ヽ  . \  ヽ  ` ー──一'   /
  \  \  \        //
  ,  ‐┬─‐'フ⌒ヽ` ー── ´ /
/    ̄ ̄     }  \     /
  /  ̄`ヽ/ ̄ ヽ   \
 /     /     | ̄`ヽ ̄ ̄/
./     . /      |    | ̄ヽ
      /     |   |   }










































                                               ,、/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                             ,, ; '"''-i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                          ; '' '"   ‐~i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
     ,; ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ; , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,; '"      、!ヽ.:.:.:.:.:.:.:
     ,;                                            ,`っ´!,.:.:.:.:.:.:.:
    ,;                                            _,,,,,}`/.:.:.:.:.:
    ,;                                           ヽ,~.:.:.:.:.:.:
   ,;                                          ,r-‐´.:.:.:.:.:
   ,;                                          ヽ,.:.:.:.:.:.:.:         
  ,;                                   ボストン ◎,´~,,、.:.:.:.:.:.:
  ,;                                           `‐-`~ヽ,,.:.:.:.:.:.:
 ,;                                                ,ゝ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
. ,;                                                ~`ヽ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,,,,、.:.:.:.:.:.:.:.:.:
 " ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ; ,; , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,     , , , ,            ,,}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ,´`,ヽ.:.:.:.:.:
                                " " " "   ;            ヽ,_,_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| !,.:.:.:.:.:.:.:
                                          ;,,      プリマス ◎}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!´{ !,.:.:.:.:.:.:
                                        ;                   }、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:} !.:.:.:.:.:.:
                                        "',  ,;       , ,、 ヽ,,__.:.:.:,--‐‐´,i-|.:.:.:.:.:.:.:
                                         ";','         i、`´}     ´‐‐   _,,、 }.:.:.:.:.:.:
                                           ";   ,i‐--`.:.:.:{   ,,-,,-‐-‐‐´~~.:.:{ノ.:.:.:.:.:
                                           ;, , ,ゝ ".:.:.:.:,} ,--i-´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!!.:.:.:.:
                                          ,-´`´~.:.:.:.:_, =´‐´、,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                          .:.:.:.:.:.:.: ・= ~´ /´~ {,,、.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                         .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,/_,-‐-‐‐´.:.:.:.:.:









































        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:、:.:.:.:.:.:.:ヽ、
       /:.:.:.:./.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ:.、:.:.:.ヽ:.\
      /,:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:./:.:.!:.:.:.!:.:.:.l:.:.l:.ヽヽ:.:.:.:.:ヽ:.ヽ
.    //:.:.:.,':./:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:|:.:.:.|:.:.|:.:.l:.:.!:.:.、:ヽ:.ト. ',
.    /」:|:.:.:.|:.|:.:.:.:.:,.イ:.:./|:.:.:.:,!:.:./:.:.l:.:.:|:.:.|:.:.:!:.:.l:.:.! 1
   ノ'´|:.|:.:.:l:.:|:.-rーァx...」:_:.ノ!:.:.ハ:.A ォ-:!:.:.:.|:.:}:.:.| !
      |:.|:.:.:|:.l:|V|;ォf==レ ´ル'  /ィ-ヘ|:./:.:.,!:./|:./
     1l、:.l:.ハl:.:.|` {゚: ::|      {゚: ::ル',!:.:.ィ:/ ,リ
      ゙ ',:.トl、!:.:.|  ゙-┘   、 `ー' /:イ,シ /   マサチューセッツ州プリマス。
.      ヽヽヽ:.l、     _ _    /:.:.!
        ` lハ:lヽ、       ,.-1:./       この地から、アメリカ合衆国の歴史が始まる……。
          ヽN |` ‐ 、__,. ィw  '/
           ,r'^,!       「ヽ、'´
        _,.-'  |       ヽl ヽ、.._
    _,. r ´     |   _...._  |   l. `ヽ.._
   r{. l. |        |-‐ ´ _...._` -|   |   l. ト、
  / ヽヽヽ      |-‐ ´ ,.- 、`ー|   |   | l ヽ





































          , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        /:::::/" `ヽ ヽ:::::::\ 
       /:::::::::/     ヽ ヽ:::::::::ヽ
       l:::::::{:::l ,    ー-j从:ヽ::::.ヽ
       | ::i::ル{レ'     ●` li!: ト、:::.',   ,へ/)     この続きは次回にして、
       ヽ:i: i "●    .⊂⊃: |ノ::::.l /\  `>     再びイギリスのピューリタンを追うにょろ!
        .yi ヘ⊃   ,__,   l|:: |:::::::/    `Y
     /7`'、|::|l:ゝ、_ `´   ィ<|:: |_:::l  __,,..-‐'  ) )
     (| ト  .|::|l:::: i "Tーイ'^ァレ ヘチマ、  ___ ̄
     ヽ、___|::|l:::: l |7く、_/O \__/ i__/ `"''‐--r、
   ( (  r |::|/ \ハ  i     Y、     ./ |つ
    ``  rく___  /`l.  O     | `"'-、__L/
        >、______7 ,く____ハ     〉
        `ー‐' //  i `"''‐'"´ハ
          rく /        /」
          >、>、   i     i_〉
         (ヽ、,.へ、___|________,./
            ̄     i____,/









































  王様、信仰の自由を認めてくれ!
   ∨     __,,..,,,,_  /大体あいつフランスかぶれなんだよ。ルイ13世の妹と結婚するし、絶対王政好きだし……。
  _,,..,,,,_     ./ ・ω・ヽ ̄     _,,..,,,,_ / 自分はカトリックと結婚するくせに、プロテスタントはダメって何だよ!
 /・ω・ ヽ   l      l     ./・ω・ ヽ ̄  __,,..,,,,_
 l      l   `'ー---‐´     l      l   /ω・  ヽ< あ、あと税金高すぎだろ!
 `'ー---‐'′              `'ー---‐'′  l      l  
                             `'ー---‐´













































      ,、     ,.xr::::::::::::::....、
  , ‐-l^冫======ミ____,.====ミ:::ヾx-、
 /´__,フy~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.ヾ、(  ミヽ.
 }‐/7ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾi liヽヽ
.イ"rヒ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,.、 -、-、‐- .;;;;;;;;;;;;;ll|| l) ハ
.'^(/, >、;;;;;;;;;;;;;;;/ |丶 |\lン `ヾ;;;;;《ハ)ヽ ヽ
  >∥llハ\;;;;;;;, 人 ハ |彡__\ヽ ヾヽリ| l| |リ
   ^ソ ヽ ヾ l トミミ、ヽ´' ヒア Vハゝノ ノ ノ ノ     絶対王政万歳! 贅沢こそ我が命!!
         | 从r弋)`  〃〃 /ir'  '`レソ
        ノ リヽゝ〃 '  ノ 「 ̄¨>          
             ゙ゝ、 `  /レ彡/ス二¨^ヽ、
             __7:ヾ/<彡゙/.|  メ ̄`ヽ    国王の権利は神が保証したんだよ!!
          rvlニ"《_::::::〉rヘ::/ ・/ /    ヽ  
         / l /   /|〈 ハ \ソ / ―、    〉   プロテスタント? 知るかそんな邪教!!
         | l   / | | ヽ ,>〈∠二__ 丿
         ノ ハ|  r  ! L_,ノヘ f      /
         人丶l|  フ-^ー'Y ,、ノノ/ノ   /
       <  ヽ 、i (_ !リ _ソイ <_,..-―-、 アl
      / `  >{  `i^-'||=.レ'z \ー‐、 ノll
      >   ー‐1   ||::::r"       〈 |
     f´ ,.-――Yt,.<  Y´ 、ヽ     ∠ll >
    < /二二X´::::::ヽ  ヽ  ̄   >´ |リ ヽ
     j//::::::r"ヽ、:::::::::ヽ ヽ 冫   ノゝ 彡  ヽ
    / /:::::r-┴ヽ ヽ::::::::::x  V__/、  / 《   ヽ
   〈 レ--"f__彡 ヽ ^゙´_,...>  | ヽ oヽ    ヾ  丶
   r"/,   f_, Z >  <:::::::::i l ヽ oヽ    ヾ  ヽ
   {_l / ,ィ   ィ___/ハ  ヽ:::::::i 〉 丶 ヽ    ヽ  i





































     __,,..,,,,_         _,,..,,,,_ /逆に回ってみたところ、信仰の自由はなかった。
    ./ ・ω・ヽ     ./    ヽ ̄  __,,..,,,,_
     l      l       l      l   /ω・  ヽ<よってピューリタンは
     `'ー---‐´     `'ー---‐'′  l      l  弾圧をされていると言える。
      ∧                `'ー---‐´
 そんなことはどうでもいいから税金は?








































                  ノ
           ,/⌒¨  ̄ ‐ 、
        、_,ノ_,   i  ,    ヽ.
        __//  i ハ  !  ヽ.ヽ.\
     /ニ¨゙y } _三ミ/ ! .i彡、.i ヘ. ゙!`ヽ
    {⌒ヽ}_人'{ ! .i.`_ }ノ _ヽ! }.トゝ     いや~、贅沢代が足りないんで
   / ゙ーイ `ーィヘ.ヽ{r=ゝ,  ' ̄`iハ!^!      増税するわ。
  ノ   ノ  人,∧i 〃 ヽ__"u 、_ノ
 /    r-‐' ,r‐、/:ヘ  ヾ  ノ /`ーr- ._
     i  /  /: ∧` - .__/ { /i: : : !ヽ、
     {/⌒  {: : i\\___, //}: : ::i  ヘ
     ! ̄ヽ i .i: : :i  ヽ---‐ "  !: : :!   {
     ハ ヽ ヘ!: : :゙ー ._     /: : :;レ
    { i   {: : : : : : : : : : ̄: ̄_ :ノ⌒ヽ
     ! !  ri: : : : : ;:.-――,ム r、 \`ヽ.
     i i / 〉: : / / ( __゙ー'  `ーヘ、 }
 __/  /,r-i: : (  {  〃6ω6゙ヾ  〉 )
  、  / ヾ; ::}: : \ ヽ. ゙ー---‐''  '/





































        _,,..,,,,_   _,,..,,,,_
     _,,..,,,_/ ・ω・ヽ/・ω・ ヽ,..,,,,_
    ./ ・ω_,,..,,,,_  l _,,..,,,,_/ω・  ヽ     【審議中】
   |   /   ・ヽ /・   ヽ    l
    `'ー--l      ll      l---‐´
       `'ー---‐´`'ー---‐´







































         _,,..,,,,_   _,,..,,,,_  
     _,,..,,,_/ ‐゙ω'‐ヽ/‐゙ω'‐ ヽ,..,,,,_
    / ‐゙ω'‐_,,..,,,,  l _,,..,,,,_/‐゙ω'‐ヽ     【否 決】
   |   /‐゙ω'‐ヽ /‐゙ω'‐ ヽ    l
    `'ー--l      ll       l---‐´
       `'ー---‐´`'ー---‐´















































                   ( ヽ、
                __\ \
                <__ \ \
             /<__ \ \ ヘ /⌒/
            ./  └--ミ ヽ、\ - \ |
.          , '′ ⌒ヽ,__ノ丶  -     〉
          /  ( ● >、  、( \        !     宗教と経済の両面による対立により、
        /   , `'''"   _, \_ヽ     {     1628年に議会は国王に対し
       ./    {   ,   ( \)、ヘ      > 、   「権利の請願」を提出した。
       |    ゝ-イ    `''" ./ \   ∠/ヽヘ
     ,.-/|     ゞニ>一′  ./    \(⌒)   ノ \
   / | \ヽ          ./       .ヾ、 /    \
 ̄<   !  `\      /___    \/ \(
_ \   !    > ー-- イ  \_    ̄ ̄\_\
!  ̄ ̄ ヽ /{  )\ |   ∠       ノ)ヽ、
       \ /⌒\ 〉   ̄ /       / >\
         \ い /     /       //ノ
          \ /     /       / / ̄












































      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |    「権利の請願」?
. |   (__ノ ̄    /    何の権利をお願いするんだお?
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ





































          ,, r一-- 、 ,,
        /´         ``ヽ、
      /'               \
     ,;'                  ヽ
.    ノ ,  i      /    ,,   / |ヽ ゙ヽ
    イ i  |   i ,'`メ //  /i  .ト ヽ ヽ
    レ| {   i   |//'´ `メ / / /|  } ト 1
     ',イ   i   r+テ=ミメイ   //'"|´/ / ハ|
      `、ヽ r'メ,  {。;;;;'ソ `   ' ,rz;,y'ノi〃イ .'
       `ハヾ ヘ   i'ー''-    /。シ゚ク /'"    「権利の請願」は全部で11条あり、
         レ',`'';  i     , `'' / /
          ' i∧ト i,   -   ,イ{ ./      「何人も、議会の承認なしに租税できず、
.          ,y}`ヽ |ゝ, _, r '´ リ |/        それを拒絶しても危害を蒙ることはない」
         ,ノ.:.:.ヽ `', {;;ヽ、.   |i        「自由人は、理由なしに逮捕・投獄されることはない」
       ,;<、.:.:.:.:.:.:.`v'" ^,ヽミ、,           「兵士は承諾なしに民家に宿泊することはできない」
.      /,ニヾ`ヽ.:.:.:.:.:.`彡=ヾ}:||i、         「平時に戒厳令を布くことはできない」
..     //  ` `\\.:.:.:.ヘ  i|:||i丶 
     ,' f     ヽ \\:.:.:i  i|.||i '        といった内容が知られている。
    イ i      /' \ヽ.:i_,,_|:ii .{     _ ,,r'''i ┐
.    ,' ヘ      、   ハヾ',|ソ,'/i ヽ ノ,ゝ;;=、ミヾ、 i;;|
    '' ̄',      ',   i ヾ`,〃 》 ,イ、  ̄`ヽミヽヽ,i;;|
       ',  \  ',  :i _,,∨,,,_∠、 ヽ   r- ' ヾ、;;;|
       ',    ヽ、', ,ゝr'     ヽ :} 」´,n`ヽメ'ト、>





































             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{\    /リ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  これらの要求は、全て王権を制限し
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !  議会=中産市民の権利を守るためのものにょろ!
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| |\ス 、/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  \モ\/ヾ::彡' |
          | |  <.\チ\ .|   |
          | jヽ、__\党\.  |
          レV、. /   l  l .\ヾ!
          く  /    .l  l _>
           ヽイ`丶_ ィ´ Y´
             |  | l  |
             |__| .l__|
             }__j  !__!
            └-┘ └-┘








































  /        |  /   l   八 .ト    ヽ\
.  '   /    ,' l ./    |  /l! l!ヽ!l!ヽ ヽ ヽ ゝ
. '  ./    i .レ'      l ,:'ミミミミl!、', i ! .!
 l   ,'      !         ハ !ミミミミミ ヽ | | l
 l  ,'     /:| .! l   | .!. リ l!_l!_l!_`  / .! レ'   
 | i   l  / : | ハ !   l! | l!彳 ̄ ̄`l!〈ハノ    
 l: :l . :| ./´ `リヽ! l  .ハ! l! 三三三.l!. \   
ヽ!: :!. : :レ'{ (  _ヽ ,'     l!       \ 
: : : :!: : : : ヽ ゝ ヽ ハノ            / 
: : : :| : : : : : ヽ                   〈   
: : : : : : : : : : :/` ー 、     /`ニ‐-┐ ,´     こ、こいつら国王を何だと思ってんだ……。 
lハ: : : : : : :ハl:::::::::::::::..    └──‐┘ !  
.  ヽ : : : :/:::::::::::::::::::::::::..           ,'   
   ヽハ/::::::::::::::::::::::::::::::::::..      _ /     しょうがねぇから、一旦引いてやるけど……。 
.     /      .:::::::::::::::::┌  ̄ ̄      
   _/___      .::::::::::::::::!          
- ‐´-- _  ` ‐ - 、 .::::::::::l          
  __     ` 、     ヽ .::└ 、        
´   ` ‐ 、   ヽ  ` 、 ̄ `__‐ 、     
        ヽ   ヽ   ヽ   ` l__     
         ヽ   ヽ   ` ー -   ヽ     
   /       ヽ  \       〈.      
  /          ヽ           ヽ      
. /            \             ヽ     
/                \          ヽ  




































       ___
     / ⌒  ⌒\
    / (○)  (○) \    おぉ、ワガママそうな王様だけど
  /   ///(__人__)/// \  ちゃんと請願を認めてくれたのかお!
  |   u.   `Y⌒y'´    |
   \      ゛ー ′   ,/
    /      ー‐    ィ








































                      / ̄ ̄\
                    /  ヽ_  .\  
                  + ( ●)( ●)  |  「権利の請願」は、それまで「王権神授説」などで
                   (__人__)      |   絶対視されていた王権が揺らぎ、変わって
                 +  l` ⌒´    |   「法の支配」の時代を迎えたことを示していた。
                         {       |
                __,..-{         /
             _,.r'´ ̄  ヽ、ヽ     ノ`ヽ____._
         _,..r'´,,....  _   ヽ `ヽ、_,..-‐´       `ヽ、
        ,'´    _,r'´   ⌒ヽ< /_∠、_   〃′ __  `ヽ、
        i    ,r'´ `      `/    ⌒ ⌒ヽ' ̄  `ヽ   `)、
         !_  ⌒/        ,r'´ ̄    _ ,  ;;,,,        ヽ.
       ,r'   ,′      /         ヽ、           i
      /    !        ,′          ′             !
     ,i     !、      i            入. _,、_   ,.    !
     !/     ト、_,.-‐´  `、          ノ / `´  `Y'´    Y
    ,イ  ⌒ヽ、 ,!、       ` ‐ 、.     ′,′          `i
   _ノ、      Y、i、 _,..-―-.、_   ` ヽ 、_,.-l,i .l          !
  ./ .!、 `ト、_   \!'      `ヽ、_ ,;     イ il ,    i   __、 )
 〈   ヽ `ヽ、_.    `ヽ、        、   、_人 Y    〉  '  V
  `、       ヽ、    ヽ、>ー--  !^     ,l、|_,    !    !
    `;、       `      \__,..--..、  ヽ ',r'´    〈.     !
     ヽヽ、         ,r'´ ̄ ヽ ̄`、 ヽ-‐'´ ̄      )    !
      `ー-、.._  ,-.、_,-v'´    _ヽ _ヽ -`;ー!    `ニ=┬'     !
          `>、__  ̄⌒``ヽ  i  i  |`´  一' ̄´_,r'´    〈
          / ー<>      lニ!ニ!.ニ'       ̄´    、  !
          ヽ_  '´            _,..          ` ノ










































  _∩
 / 〉〉〉
 {  ⊂〉     ____
  |   |    /⌒  ⌒ \
  |   |  /(●)  (● ) \   「法の支配」ってのは何だお?
  |   |/:::⌒(__人__.)⌒:::  \  法律が俺に勝つのかお?
  ヽ   |     |,┬‐ |       |
   \.\   `ー ´     /
     \       __ ヽ
      ヽ      (____/







































   / ̄ ̄\
  /ノ  ヽ、_  \
. ( ●)( ●)   |
 |(人__)       |  「法の支配」とは、権力は法で拘束されるという考え方で、
  | ⌒ ´      |  専制的な権力支配を否定したものだ。
.  |        |
.  ヽ      /   元々、古代ギリシャで生まれたと言われる。
   ヽ     /
   .>    < 
   |     |   ちなみにやる夫が言ってるのは「I FOUGHT THE LAW」って歌な。THE CLASHで有名な。
    |     |









































        _ - ───----- ,フ
      / r: : : : : : : : : : : : : . \
     ,.-′´`: : : : : : : : 、: :ヽ  . :ヽ
     /: :/: : : : : :./:   . .ヽ. :ヽ: : ヽ:ヽ
   /: : .l. . . . ..!./: :.l!: :l、: : l、: :ト:ヽ: ト. |
    j:l: : :|: l: : |:l/: :/ !: ハ: .ハ孑、ト. :!ヽ  1606年、エドワード・コークは
  /:_!: : :t: l: : !l: :./-∀‐ レ  ,ィホT、!|    時のジェームズ1世に対し
  .'´ .! l: : ヘ!: :l:ト/,夂〒`ヽr-{ ヒツlノ:ト    
.     〉!ハ: {ヽ: T-弌ニツ ノ 、 ーj´:/    「王権も法の下にある」
    '´ ヽ!=ヘ ヘ   ` ´´  - .イ /
         ヽ:`T - .. _ / レ      と述べ、「法の支配」の原理を確立した。
         j \‐ - 、_!、__        「権利の請願」は、彼の起草による。
         /      ヽ.jヽ     , 、
           l    _r ニ=、、 ヘ.',  __/  `ヽ、
           |  , 〃/ ̄`ヾミ.トr´r '       >- ' ¨ ´ `>、
.           ト, // /:::::::::::::::::ヽ::::Y     /      / /
        ∨/./::::::::::::::::::::::::l:::::l    /      / /
         ト、/!::::::::::::::::::::::::::l:::::ト、、/   _/、  ソ
            !::::::l::::::::::::::::::::::::::l:::::|  Y--ヘ´/::::::::}- ′






































             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ   
         〃 {_{⌒    ⌒リ| l │ i|  イングランドには従来、「コモン・ロー」の原則があり、
         レ!小l●    ● 从 |、i|   「法の支配」はこれを発展させたものにょろ。
   ぶ     ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  
     ん/⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j. /⌒i ! ぶ
.  ((  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│ ん
.      l||l/:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、_ /l||l  ))
     ( ̄`ヽ< | |  ヾ∨:::ヾ:::  ̄ ̄)







































      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\   つまりこれが、絶対王政に続く
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\  新しい権力の形だおね!
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /











































      _ _____
    , ´        `ヽ
   /            ヽ
.   |    ,             l
  |__ノ ,  ヽ、_      |
  l( ● )  ( ● )   |   そういうこった。
.   |                l   
   l (__人 ___ )     }   封建社会以来、或いは人類社会の誕生以来、
   |  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i    |    一部の階級に独占されてきた「権力」は、
   |  l'⌒ ^⌒`ヽj    |    「法の支配」によってその専制性を失うことになった。
.   丶 ヾ-======'.    /┐
    ヽ ` ⌒ ´    ノ.├ー─ヽ
  /√ヽ──-´ / ノ \
  \> ▼ < ̄/ ┌─┐
     ▲   ┌─-|_ []|
     ■   │  人   |
     ■   │┌──┐|
         └ |__ |
          (     |
          ├── |
           |__ノ












































       __,,..,,,,_
      ./  ・ωヽ  それはつまり、議会=中産市民が政治の主役という、
      l      l              _,,..,,,,_
       `'ー---‐´     _,,..,,,,_       ./ -ω-ヽ < 今に続く「国民主権」の始まりでもあるのさ!
                 /・ω・ ヽ     l      l 
                l      l     `'ー---‐´
              `'ー---‐'′まぁあいにく、うちの王様そんな素直な人じゃなかったけど。












































               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\  「権利の請願」後のイギリスは
             |  (●)(●) |  波乱万丈の歴史を辿ることになるが、
             / ̄ ̄ ̄ 丶人__).  |  長くなるのでダイジェストで送ることにする。
         /        \ ._|_____
       , --'、             /         `〉
        / ⌒ )        /         /
       ,′  ノ          /           /
       l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
         `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ










































       ____
     /_ノ  ヽ、_\
    /( ─)/)(─)\   そもそも世界史のブログじゃ
  /::::::⌒///)⌒::::: \  ねーってんだお……。
  |   /,.=゙''"/      | 
  \. i f ,.r='"-‐'つ   /
  / i    _,.-‐'~    \
    i   ,二ニ⊃










































               _ノ
        _,、─'"゙ ̄"゙∠
      /   ⌒´     `ヽ
    -‐フ       、   〟ヽ
    ノ´     彳 ∧ λ      ゙、
    / 〃'   /| / i | \ l  ゙ 、 ヽ .
    | .|   /ミi/  | /彡ヾヽ  | .i
    i リ ヾ≠ミミ、 レ゛彳≡ミヽ.卜、lヽ  「権利の請願」は認めざるを得なかったけど、
    iイハ ´,rテ    イ辷ノ ゙、i .)    俺の生活を維持するためには増税が必須なわけ。
     ノ 从 i ヒ.ノ  '  ゙="〃レ'
      ヽ ヾ〃〃 _   イ  Γ丶、       で、トン税とかポンド税とか作ってみたり、
       フ ヘ、   `  ´ イ|::::`ヾ ゝ<三ミヽ  1629年には請願を廃止して議会解散したり、
      ./   ゛`_ニν<´__ ノ::::::::::::::/::/::::::::::/   徹底抗戦に及んだんだね。
      レイ゛〆  ハイヾ、ノ∟、:::::::/::/::::::::::/
      ./    >´ ハ_ヽ  (゛゛)── ゙
      l    ∥ヽ./ l o `゙Υ`==彳ゞ
    __/ 人彡彳 l ゚ ヽ、  γ卜__ノ.::::\
  /´ ノ´个ヽ、l i o  `σ゙ ヽ  ノ::::::::::ヽ
.∠ /::::::::::し:::: i ゙、    │  i:::::::::::::::::::::::::ゝ
  lノ::::::::::::::::::::::/  l  _ ヽ  .ノ::::::::::::::::Γ´
  \:::::::::::::::::::::ヽイ ̄Τ:::::Τ ̄l:::::::::::::::彡゙
   ヾ=ミヽ::::::::::l  l::::::::::l   l彡⌒`´
       `ヾミ_人 ノ==i  ノ
           ∟ヽ.  .∟亅
           ヾ彡  (ミ∥
                . ̄









































           ___
        /     \
      / \ カ / \     |`ヽ、
     /   (●)  (●)  \   |::::ヽl
     |     __´___     . |   |:::::i |  その後11年も議会が開かれなかったので、
     \      `ー'´   /   .|:::::i |  1639年にはスコットランドでカルヴァン派が
     /           \ .  |:::::l |  反乱を起こすと……、
.    /          ヽ !l. `r-|:「 ̄
.    /              ヽU(ニ 、)ヽ
   /              人(_(ニ、ノノ
















































             ==  /
         _ ,r‐-、   |
      /  ,r  、  ヽ._|  戦費調達のため1640年に議会を開くけど、
    _,.〃   /    ヽ.  <.|   議会が課税を拒否したのですぐに解散。
    ⌒!   ハ ト、ト、 } i ! ゙|   これを「短期議会」というんだ。
     ノィ i } V 彡"ヽ.i i⌒| 
      ! .Y彡!、 r __ ヽ' i 人   ところが同年秋に敗戦の賠償のため
 〈〈    }ハトゝ =' }  ̄ u.ハkヾミ\   再度「長期議会」を招集すると……、
      .ノ \  `rク / / .}: :||':: ̄ ̄ ̄ヾ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄
       !⌒ ̄7;r‐'\/⌒i: : i !ヽ、\: : : :\
      r': : {: : :{ ハメニ!⌒iヘ!: : :ヾ.、::ヘ,: ::ヽ; : : :  ̄}
   ,r‐<: ::ノi: : : i !: ::\ト-'V::r===┘!::ヽ、::ヾ: : : :r'
../⌒  _,X__,i: : ::{└' /ヽ/: : 〉〉: :_\_::\::_: /
..{  ...:::: ): : :ヽ; : : ̄<ヾ、: ;!: //i ̄。: :!: :  ̄7゙
 〉--、_ノ: : : : : ヽi ̄。 ̄!,イ゙ー": ト-r‐r!: : : :/
./: : _⌒ヽ、/^!ヾr‐ri:〈 i: : : : {: ::!::i::!: : 、{
.ヽ.': : ::`: : ⌒{  `}:: ̄: ヽ{: : : :  ̄: : : :ノ: :〉

















































     __,,..,,,,_         _,,..,,,,_ /逆に回ってみたところ、王は邪魔だった。
    ./ ・ω・ヽ     ./    ヽ ̄  __,,..,,,,_
     l      l       l      l   /ω・  ヽ<よって1641年、議会は
     `'ー---‐´     `'ー---‐'′  l      l  王権を制限すると言える。
      ∧                `'ー---‐´
   ここで決議された政治改革の要求文書を「大諌奏」というんだよ。


















































     │        イ          丶  川 川巛巛《
     │      //            丶  ノ《《川川《
     │       /     /i         ゞ  川 川《《
     │      / /  /i / i 从 /l  i   l     川《《《
     │      i/│ /.:.:i/.:.:.:.:/.:.:v l    lヽ   川巛川
     │   __八i/ミ三.:.:.:.:.: 三彡l  /` l    ノ乍川   1642年、我が王党派は議会派を武力で制圧する!
     │/:.:.:.:.:.:.:.:.:.从´_.:.:.:.:.:.:.:_` ノl /  ) ノノ/ 卅《《《   
     │.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  l ≡;:;:;:;:;:;:;:≡.:.:. i/. ノ        巛   おまえら皆殺しだ!!
     │.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i 丶   _    / l.:.: ̄丶        
     │.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i   丶 `  イ .イ  l.:.:.:.:.:.:.:.:丶      
     │.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:│  \` ´   /  l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶   
     │.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:へ/.:.:丶  / 厂.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ










































            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \   王権と議会の対立は、
      : |    (__人__)    |:  遂に内乱に至ったんですお。
        \   ` ⌒´   /
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /
         |         /


















































               / ̄ ̄\
  i'⌒i            /   _ノ  \
  | |廿        |    ( ●)(●)
  | |          |      (__人__)  正に歴史の転換期だからな。
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .  |      ` ⌒´ノ
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|∩  |      ∩ ノ ⊃  当初は王党派が優勢だったが、
|    ◎   | | | /     ./ _ノ   「鉄騎隊」と呼ばれる精鋭を率いて
|    []   | | |(.  \ / ./_ノ│  議会派を勝利に導いたのが……、
|         | | | \  “ ./__| |
|         | | |  |\/___/
|         | | |  l     └── 、 、
[ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄◎] |   ゝ_____   l l
 i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄◎i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::))  l l
  i  ,. '"   i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i|  | |
  i      . i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/│  | |
  i       .i         /   |   |_|
  i_____i______i    (__`ヽ`ヽ























































             /レl/{_
         __jV::::::::::::::::::∠_
         >::::::::そ:::::::::::::::::<
       , / ::::::::/ ヽ::::::::::::::::::::>
     //:.:.:.:.:., '    ヽ.:.:.:.:.:.:.〈
      ,.':::::::::::/ ¨’  ¬ハ:::::::::::::::',
     ノ}::::::::/厂¨Y¨¨¨尤¨}:::::::::::::::}
      { |:::::/::::::::: ノ /イ示Y:::::::::::::::{
       }:::lメ、:::/   辷ジ}::l:::::::::N
       /}:ハ    ′   ノ }ム{::ハ{      オリバー・クロムウェル
      リ ト   -;‐_、_   , '::小{         (1599~1658)
        从へ、   ィ´ル′
        〈 く |`¨´   !ノ 〉
     _,. ィ¨´「 ` ¬ '"´/ {
    | ! r┘ヘ   // \
     j | /0   7⌒く     ヽ
     ! /    /   ∨    '
    |l 0      0 /  / /
    |{   ハ   0 /{ /    }     ※「クローム」髑髏from「家庭教師ヒットマンREBORN!」
      | ハ      /  } /   /
     !  Y      ヘ  !/  /{










































             _  _
        _...-ヒ"   \  ゝ
    ー、―七  ヽ           メ
       `> \              \_
    `爻彳                 \⌒乂
   ∠ ノ                    卜\
  イ X メ  ソノ 爪               人
   / ノ  ハ八ノ人乂              \
    人 ル  ハ丿ル从\     |       〕ヽ
   〈 ノイ 从|ト、ノ/\八从 !|\ソ |  \     ゝ
   イ./| ノ≡リミツミ / y.!全|彡彳イト 、  \   \   1645年、我が王党派は
    イ/ソゝ.天⌒ヽ、  彳ー  !`リ、 .卜    又     ネーズビーの戦いでクロムウェルに敗れ、
    /ヾ|!) r=cミf"   r〒O刊  ソ\| \ 弋     俺は遂に逮捕されてしまったのだ……。
     レ 仆、  ヒ'_ノ     _ヒ'_ノ リ  レ /メ ハ\
     ( |l  ==     ==   V^2 !
      ヽ( lllllr `       υ , ヘ_ ノ⌒ ~ 、
        \    ^  ______/illlll||||||||||||||||||||||li,,)
          `   、 _,_Villllllllllllllll||||||||||||||||||li,,(
              /^卜ヘll!!ll|||||||||||||||||||||||||||li,,\
              )―-<⌒ヽl||||||||||||||||||||||||||||||||( 
         y⌒ヽ(il||||||||||||||||\'!l||||||||||||||||||||||||||li.!)
        (,、   /⌒ヽー、!||||||レ`ー―――一´⌒^´\
         r ^^^h| iill|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||li \     )))
         行〒/ il||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||li \
         |  〉il|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||li \
         ヽ il|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||li \











































                         //
                         //
                   //
                  //
             ,. -==く./
                /:,.、:__:::::::::!
             |::{,.:'´}j:r、:::}
            y':rン':::ゝ':/
           ,:'::r,:'--‐ '´
         ,.-y':::r/      ´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄く
      __ /゙y'::rlV⌒! :.:.: : : : : : : : : : : : : : : : :\
    / V:::../:::rlV ゙ー'!  .: : : : : : : : : : : :     . . .\
.   /  / ::/-、lV::::::::// . . . . . ..     . . . . : : ! : : : : ヽ
  〈 Y:::.. lf^i l/   /ヽ_ : : :/ : : : : : : : : : : : \l: : : : : : :ヽ
   |ヽ| ::::lゝ'/:::..../ /゙l..: /. :/ : : ヽ、: : : `ヽ : !: :l: : : : : ヽ、
   |`ソ l `'´:  /:. / /.: :l :∧: :ト、: lヽ、: : : :ヽ!: :l: :l: : : l  ̄   ところが、ヘゲモニーを巡って今度は議会派が
   | {:.. l: / l::.,:' ::: }: :/l/‐-ヽ! ヽ !  _ヽ-―!‐ !: :l: : : !
   |  : :  ::} '.: .:: /l : ! rfチミ、  ヽ´ fr旡ミ! : ト、l : : ′    ・長老派:立憲君主制を支持する穏健派
  _∧  .: / / /  , 'ヘ:i: :l  rっソ     匕り !: : !丿/j/
// ヽ.:_/ / '´,ィ'´':.j∧ :ト、 `¨   .      l l :l j/       ・独立派:議会主権を確立しようとする急進派
l /   .:  :::: '´ jヽ.__ノ:.V: :lヽ、   _     /j/!/
| !  .::  ::::::::.::/|: : ヽ: : ヽ: ! >   __.. ィ !//           に分裂する。
| |  .:::  :::/:::| ! : : ヽ: : : : : : :ヽ      .!/|ハヽ―-、










































      -‐ '´ ̄ ̄-‐ '´ ̄ ̄-‐ '´ ̄ ̄-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
    / /" ` / /" / /" `/ /" `ヽ ヽ  \
   //, '/   //, '/  //, '/  //, '/     ヽハ  、 ヽ
   〃 {_{ノ  〃 {_{ノ  〃 {_{ノ 〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|   さらに独立派からは
   レ!小l● レ!小l● レ!小l● レ!小l●    ● 从 |、i|
    ヽ|l⊃ 、_ヽ|l⊃ 、_ヽ|l⊃ 、_ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   ・水平派普通選挙や共和政を主張するさらなる急進派
/⌒ヽ__|ヘ/⌒ヽ__|ヘ/⌒ヽ__|ヘ/⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
\ /:::::| l\ /:::::| l\ /:::::| l\ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│  が分裂、三つ巴の争いが勃発するにょろ!
  /:::::/| | /:::::/| |  /:::::/| | /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
 `ヽ< | | `ヽ< | | `ヽ< | | `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |






































                   ,
                   lViv
              、_〉、! 八
              ≧_`  ≫=… 、_
              ー彡'      ー―ミx、
              / c         `ーミx、
                ,     て_)        》、\
            /       O       ,  /  ヽ ':,
              i{{             イ  jc/   _} i
           从j |        ,刈-x'}/ x<ハ i
              八 川 i      〃j|| ル Y´ 芯v ! l !
             `ぃi、l、i、 l /∧_i||{_ノ , iり》 i jノ
                   )バヽ从{  i゙lリ   {〉¨川j
                ´∨`^\`        〈ル゙j/   私自身は独立派だったが、
                   _ム_   丶、⌒ ` /i/ ´   王と長老派からの批判が激しいんだ……。
               r┴‐ ミ 、_/   ー ´
               |― 、_ ` ヽ       王なんか一度、再起を図ろうと脱出するし。
                 ノ         、\
             _/          ,二\
            f        /    Y
            |         ∧     |
            ∨       {     人
              》      {     /  \















































        ,r‐ - 、 _      
    ,..‐ '"        `ヽ._  
 _,∠〃  r  ,       .\⌒ 
  / ,  / ./i  /       \  
 ./,ィ / 〃/ ! /\    ヽ.  r-ア  
 iノ// /ミ≦  i/ _ ヽ    !  }弋 
 .彳!./,ィ=ミ    三、.}  / i/ .i トゝ
  iハ{ { ;|`   'アミr- ! ハ/⌒〈ノ  けど俺は間もなく再逮捕。
  .〈 〃 ̄ ,!  └-'  i/ ' ) i   
   ヽ.   、  〃〃  ィ ヾ / 
    丶i ̄ ̄ヽ/⌒<ヽ- '    クロムウェルは1648年に水平派と組んで、
      |   __ | r "  ̄¨ヽ.    俺との融和を試みた長老派を撃破し……、
      {  辷.`Y.}\>  ト、
      Y⌒{ー / /  \  /
        ⌒ ′    {



















































                 ━━━┓
                  || .   ┃     1649年1月30日
                 ●)   ┃
                    /┃   ┃
   ヽ_○ノ ヽ_○ノ      ┃   ┃    チャールズ1世処刑
      ||      || .       人  ┃      
      ||      ||               ┃      
     人.    人     ━━━━┻━━ 











































  |  ||              、  ヽ
  |  ||           、_、__ )い. !:ヽ , ‐:=‐
  |  ||         ≧=ミ、:ヽ`: : :゙}: :レ': ≦彡'
  |  ||        、__≫: : : : : :r≦: : : : : :二:ヽ、
  |  ||         ` ァ: : : : : : :-=ニ: : : : : : : : 丶、
  |  ||         /: : : : : : : : ;r<´: : : : : : : : : : : ヽ
  |  || .       , ゙:/レlノィ: : : : ,:' 丶: : : : : :、vWへlへ
  |  ||       /: //  レv : /   `、: :、:lVヽいハトlハ
  |  ||.     /: /':ヘ/lヘ/: /     ヽ: 、ヽヘlV : : : : い
  |  ||    /:/: : : : : : :/ 〃       ヽヽ : : : : : : : : 、゙、
  |  |l    /:/: : : : : : : : //‐-    ‐‐zァキ、: : : : : : : : い
  |  || .   l/l:l l: : : : : : |:l/―- 、_,、-‐''´__、゙、 : : : : : : : トミ
  |  ||   丿 !l |l |: : : : :|:|介ぃ::::「   フ瓦{__jkぃ: : : : : :|:i:|
  |  |l. ´   リ !!:| : :|Ⅳ)(ロ}::/ ,   弋_rfツノ ト: : : i: |:l:|
  |  ||.    川:ぃ: : :l: |:::出ン:/ {}   ゞー =彡 小: :、ト !:リ    続けて水平派も弾圧、遂に
  |  ||      lハ从:l: |ー一'′      "  ': !: !l、ヽlノ    共和政(コモンウェルス)を樹立した。
  |  ||.       ハ ぃj 、     ‐-       /川从い
  |  ||            { }:\  ーtこ=-    / 从{  ヽ
  |  ||           _」川i丶  ̄`   ´!//'ー┐       これを「ピューリタン(清教徒)革命」という。
  |  ||          //j' j:|l   - ´ _jハ!ユ 丿
  |  ||   _____>、 ̄]「二二ア⌒ ヽ、   {     /
  |  ||  ハ      r┤ /,  /   / \/ Z_,. /
  |  || '  ′  、ー 、 , 〃/   / ,. / ヽ.// ̄`>x.__
  |  ||/   { ‘,いヽV ///     / // ,    ヘ  /   /l
  |  ||   ‘ ! } } (| l//    /// / / /〈   / !
_|  || ̄` 丶 、〉 { { j Ⅳ  _ // / /,  ´,  ヘ\/   /










































      / ̄ ̄ ̄ \
    //     \\    多くの血は流れましたがお、
   /  ( ≡)   ( ≡) \  遂に「絶対王政」に代わる政体が確立したんだおね。
   | ///  (__人__) /// |
    \__ `ー ' ___/   これで平和になるなら、何よりだお。
   /    ヾ、 //  \ ヽフ
   ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)
  i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄
  |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |
  ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ
    ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
       (__ノ












































           ___
       ,. -'"´     `¨ー 、
     /          ヾ  ヽ、
    /             };  ヽゝ. 
   /      r´   __, ..イ ト┬-、i
   ,'       L._∠,´.!___,.ノ ヾ, ̄ ヽ,     「ピューリタン革命」は王政を排除し、
   i                 }    }    共和政を確立した革命だ。
   |          ヽ ,___,,ノ`ー-'ヽ,
   i                ̄ "'''"´  }
   :                    ./    これは主権が国民に移行したことを示し、
   i                    ,!     「市民革命」の先駆けであること、つまり
   i                   !    「近代」の前触れとなる歴史的事件だった。
    ',                   {
    i                   !
    .}    !               }
    i     ヽ、          i  ,'
    l      ヽ、         |. /
    /        ヽ..,,____,,..ノノ
  ノ                  {













































__________/ ̄!
――――――‐l   `TY^`¬‐ァ‐ァ‐ァ‐ァ‐ァ‐ァ‐ァ7⌒ヽ
ニニニニ二二二二|   ,┴{ r/厂 ̄〕冖冖冖冖冖弌,__ソ
          \_!   Ⅳ.:/: : : \
                  `v'.: : : : : : \--- ._
                 ∨/,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
                 〉'´ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ     ところが、イギリスの波乱はまだまだ続く。
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヘ
                ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:. : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヽ:.:.:',:.:.:ヽ:.:.:.:.:.: \   クロムウェルはアイルランド、スコットランドを制圧し、
                  /:./:.:.:.:.:.:.:.:.: !:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:i:.:.: ハ:.:.:.:.:.ト-ゝ  アイルランドを植民地化。
              |:.:':.:.:.:.:.:.: i:.:.:l:.:.:.:.:. l:.:.:.:i.、:.:.:|',. |.::.:.:.:i:.: : :!|` 、ヽ 
              l:.:l:.:.:.:|:.:.: |:.:∧.:.:. : |:.:. :l \! ',:l:.:.:.:.:|:.:.:.:八  \\
             ノイ|.:.:. ∨: Ⅳz弌 :.:.lヾ:.:| x=弌、.!:.:.:.:.|:.:j/       ヽ ヽ     そんなクロムウェルの強引な手腕は
                 从: :.:.\ト xテ坏、| ヽ,ィ芹沁 }:.:.:.:.レ'く          \\   多くの反発を招くことになる……。
                   ヽN.:.:}ハ,廴ソ     廴,ソノ/: :;ク′ \_       ヽ ヽ、
                  l∧: : ト、   、     イ.:./    / 入_-―――┘ ,>
                       \| |.> 、 ‐‐  .ィ/|l:/   //: :./`'<´  ̄ ̄´
                      { | l   |辷並彡′j/  //.:. : ; : : : ,.:〉┐
                      ト,\\|====ァ′   ,/イ: : :_,∠: :.=彡: :,ハ












































             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{. -‐'' `‐- リ| l.│ i|  ちなみにアイルランドの植民地化は、
         レ!小l.-- ,  ,.-‐‐,从 |、i|  イギリスとの間で宗教問題を含めた
          ヽ|l`‐-‐'  `‐-‐'.| .|ノ│  めがっさ深刻な対立を生じ、現在に至る
            |ヘ.  r‐-、 |||! j  | , |  緊張関係の始まりとなったにょろ。
          | /⌒l`ニ`, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |











































  なぜクロムウェルは強引なのだろうか?
   ∨     __,,..,,,,_  /簡単に見えて、奥の深い問題だ。
  _,,..,,,,_     ./ ・ω・ヽ ̄     _,,..,,,,_ / 強いから無茶なのだ。
 /・ω・ ヽ   l      l     ./・ω・ ヽ ̄  __,,..,,,,_
 l      l   `'ー---‐´     l      l   /ω・  ヽ< それを許すことは思考停止に他ならず、
 `'ー---‐'′              `'ー---‐'′  l      l  知性の敗北以外なにものでもない!
                             `'ー---‐´



























































               /       !   \\     ー-  __、__厂
           /      |    , \\          厶
人      /(__/      l |、   《`ー ≫ ミx. _` ー==|
  ` ー‐一 '´   /  /    !j |ハ    //_.x==ミx、二二|   1653年、
         i  ,′    iXl い /  斤´f⌒tぃ ㍉t  !   うっとうしいので議会は解散! 
         /     !》ハVⅩ      ゙ぅこハ  j「 ノ
          l∧ |      |´ ̄`ヽ\    弋んソ, ィ彡厶
 私は終身の |! ‘ !l   ||::::::::::::::::ぃ\    ー=彡′i  乙
          |  !|| 、 ! {:::::::::::::::::V  ` ー       し ∠ィ  __
 「護国卿」   ∨ !ぃ ト iい:::::::::::::::∧             / イ从ト ぃW
         |/゙l ヽ!、 、'、__/   _  ⌒>、       /i′ ヽ ∨
ヽ となる!  (_    ヽ\ヽ\  -rこ.-~ ^´ ヽ     ,       /
 )     ,、∧「      \\ヽ`ー \   , -―l    /    /
 7/ ̄\(              ヽ\   Y_ry'    ノ   /    /





















































                                            _, -‐
                                       _, -‐  ̄ ‐=ニ=-
              / ̄ ̄ ̄\           _, -‐  ̄‐=ニ二ニ=- _, -‐  ̄
             /         ヽ        ,~'_, -‐  ̄`ー-----― '
            /         丶    _,~'_ッ'-
            |     _ノ  ( ●)  .厂
            i     ( ●)  !  .⊃
             |       (__人_) /〉    クロムウェルは敬虔なピューリタンで、
           /∧     ,.<))/´二//⊃   議会を解散した後は強権的な軍事独裁政治によって
         / : | ヽ  / /  '‐、二ニ⊃`   禁欲生活を強いたため、国民の不満を買う。
     , -‐'´: : : : :l   丶l    ´ヽ〉: : : : \
    /: : : : : : : : :|  /_/    __人〉|: : : : :|  彼は1658年に死亡し……、
   「ヾ: : : : : : : : : :l_/:_/ヽ.   /´     | : : : : :|
  〈\ : : : : : : : :,、: :/´∨/`ー'〉 |_| |: : : : :|
   !: : :ミヽ: : :/ `y′.: ',ゝ、_/     l: : : : : :|
   ! ⌒ヽ: : : :.ヾ/: ://: : : :|      l: : : : : :|























































      ,、     ,.xr::::::::::::::....、
  , ‐-l^冫======ミ____,.====ミ:::ヾx-、
 /´__,フy~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.ヾ、(  ミヽ.
 }‐/7ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾi liヽヽ
.イ"rヒ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,.、 -、-、‐- .;;;;;;;;;;;;;ll|| l) ハ      1660年、長老派と王党派の妥協によって
.'^(/, >、;;;;;;;;;;;;;;;/ |丶 |\lン `ヾ;;;;;《ハ)ヽ ヽ     「王政復古」が実現する!
  >∥llハ\;;;;;;;, 人 ハ |彡__\ヽ ヾヽリ| l| |リ
   ^ソ ヽ ヾ l トミミ、ヽ´' ヒア Vハゝノ ノ ノ ノ    フランスに亡命していた、私が即位したんだ。
         | 从r弋)`  〃〃 /ir'  '`レソ     
        ノ リヽゝ〃 '  ノ 「 ̄¨>
             ゙ゝ、 `  /レ彡/ス二¨^ヽ、      誇り高き大英帝国には、
             __7:ヾ/<彡゙/.|  メ ̄`ヽ    共和政なんか向いてねぇんだよ!
          rvlニ"《_::::::〉rヘ::/ ・/ /    ヽ
         / l /   /|〈 ハ \ソ / ―、    〉
         | l   / | | ヽ ,>〈∠二__ 丿
         ノ ハ|  r  ! L_,ノヘ f      /
         人丶l|  フ-^ー'Y ,、ノノ/ノ   /     イギリス王国国王 チャールズ2世(在位:1660~1685)
       <  ヽ 、i (_ !リ _ソイ <_,..-―-、 アl     
      / `  >{  `i^-'||=.レ'z \ー‐、 ノll      ※チャールズ1世の子
      >   ー‐1   ||::::r"       〈 |
     f´ ,.-――Yt,.<  Y´ 、ヽ     ∠ll >
    < /二二X´::::::ヽ  ヽ  ̄   >´ |リ ヽ
     j//::::::r"ヽ、:::::::::ヽ ヽ 冫   ノゝ 彡  ヽ
    / /:::::r-┴ヽ ヽ::::::::::x  V__/、  / 《   ヽ
   〈 レ--"f__彡 ヽ ^゙´_,...>  | ヽ oヽ    ヾ  丶
   r"/,   f_, Z >  <:::::::::i l ヽ oヽ    ヾ  ヽ
   {_l / ,ィ   ィ___/ハ  ヽ:::::::i 〉 丶 ヽ    ヽ  i





























































     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/  また王政ってことは結局、
|       (__人__) l;;,´|   元の木阿弥ですかお。
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /
























































        / ̄ ̄\
      /      \.........:::::::::::...
      |::::::: :      | .... .........::::::::::...r‐ ' ノ.
     . |:::::::::::::     | .... .........::::::::_ ) (_
       |:::::::::::::      |.. ..... ......:::(⊂ニニ⊃)
     .  |:::::::::::::::     }  ..... ......: ::::`二⊃ノ.
     .  ヽ____    }  ..... ......: :::: ((  ̄ 
        r'ニニヽ._\. ノ.. ..... ......: ::::::  ;;.     ところが政局の混乱はまだまだ続く。
      r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ    チャールズ2世は当初、
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ   議会を支持していたが……、
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
 .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉







































;;;;;:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;|   |:;;;|     :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;::::::::::::::;;;;;;;;;;;;ゝ  |:;;;l—l   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
>;;;;;;_----———====∠_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;:::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;—_;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;     1670年
—_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>—-
;|: :;;;;;;—_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;,,,
:|: ;: ;;|;;: ';;;;;;;;「<——----____/;;;,,,,'''';;;;;ミ    
.'| ;;,;;;| ;, '';;;;;|ヽゝ_,' ;;;,' ,' ; ;;;;;y;| ~—_;;;;;\;,,,''''';
ヽ|;\;| ;;| ;;;;;| |;;;;|\,'\ ,'..'';;;|||f^|;;;;;|´—_;\;;;;
..ヽ: ;| | ;\;;|'';;~;;;´ ;\\;;;,,';;| \_ /;; —=
 ヽ; ヽ | ;;;;;||::: "  .::::  \\;;;\'';;;;;;;;''''    ヽ
  \ヽ | ;;;|;|::::. .::::'    `\;;ヽ
  / \ .| ;;|;;|;|:::/:;'        ヽ/|          チャールズ2世陛下、貴下は
/  ,   |;|;;;;|;;||:::_.. ....:::..._—‾;;;;/             親仏感情が強いお方。
:: :  :\ ::|;| ;;;;|\;''::::::...‾——´      /       ここは一つ、仲よくやりましょうよ……。
:::|:::|::\..\\\ \,,\:'''^ニ二>-~    /;;;;;
  | | \ \  \   \:;;::::::"    /::::::
_——〆-__—_\ ::.\_,,_—‾;;;;          ルイ14世
 —__,,,_   ,,''\;;;;;,,,, \   \ ..\ \_
_  `—-二\  \;;;;;;\_;;ヘ     '''''':::::::
  \    \.\..<..);;;;;;;;\   \
















































    _|_
      |       /|  _ , .メ
            //" ̄  ‐― - 、
          .,-/ "  /―‐ノ)   ゝ、 _
         / 、 ヾ//≦_'"  中 .\.
         ゝ" ミ` `  "≠_ ヘ  ヾ` r‐ 、
         / 彡     、_, 彡  ` 、,.リ  `‐' ,)
         | ,|三ミ  ゙彡"  .ミミ、 ヾミ`―‐ "
         .||ヾ|  `    .,,  .|_ソ'"ヽゝ、       もちろん!
           |人 , ,,   "゙´.,シ 彡z .人        「信教自由宣言」を発して、
            `,"゙ l   ヾ  ',-''、リ        我が国にカトリックを認めますよ!
             '"' .` _ ,.,ノ  丿ソ|
             '、.     /  ,.|lヘ-、_
               >- .'" /   〉:::::::〉‐、
             /ヘ   | /、   ./:::::::/:::ヾ、:`'.、     我々のこの秘密条約を
           /::::/:::ゝ、 リ ,..ヘ /::::::::::/:::::::::::::::`:、`;、    「ドーヴァーの密約」という。
         r"::::::::::/:::::|;;;;;;|/;;;;;;〉/:::::::::::|:::::::::::::/:::::::`l
        /|::::::::::/::::::::〉´;;;;;`〉"./::::::::::::::|::::::::/::::::::::::::〉
        /:::|:::::::/:::::::::| |;;;;;;;/  |:::`'::::::、_|::::::/:::::::::/:ζ
       ./::::::|:::::/:::::/| 「;;;;;;フ .|::::::::::/::i:::/:::::/:::::::::〉
      ./::::::::::|:::'-,,':::::::| .|;;;;;;;;|  |:::::/:::::::|/:/:::::::::::::::|
     ,┘::::::::::|::::〈:::::::::| .|;;;;;;;;;| |::;/:::::::::/:::::::::::::::::::::::|   |
 l    .)::::::::::::::(::::::`,-┴┴─┴└---:、(-―‐-:、::::::::::| ―|―
-|-   ( ̄".\:┌┤:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\―-:::::::|   |
 |   /:>   "| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::|
   l"゙      | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::〈  l
   .`(      | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ./\__
    (___/─|::::::::::::::::::::::,::--―-----―""`". .‐、 ,."
             ̄ ̄ ̄ ̄               |


















































         _,,..,,,,_   _,,..,,,,_  
     _,,..,,,_/ ‐゙ω'‐ヽ/‐゙ω'‐ ヽ,..,,,,_      【否 決】
    / ‐゙ω'‐_,,..,,,,  l _,,..,,,,_/‐゙ω'‐ヽ    
   |   /‐゙ω'‐ヽ /‐゙ω'‐ ヽ    l   
    `'ー--l      ll       l---‐´   そもそもイギリス国教会って、あんたらが作ったんでしょうが……。
       `'ー---‐´`'ー---‐´


















































         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    
         /::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::\::::\ 
        /::::::/:!:::::::::、:::::::::\:::::ヽ:::::::::::ヽ:::::::\_::ヽ 
      /:::::::/:::l:::::::::::ヽ、:::::::::\:::ヽ::::::::::::ヽ::::::::\゙`  °
.     /:::::::::l:::::lヽ:::::、:::\`ーニ _=ヽVl:::::::::::l:::::::::::::ト._
    /::::::::::::lヘ::l ヽ::l:\:::::x '´   _.⊥_:::::l::l_::::::::i::|
   ,':::::::::::::::l ヾ!  \、 ``ヾ ,r'´::::::ヤ;::::l::ト }::::|リ      議会は再び王との対立を深め、
   l:l::::ヽ::ヽ:l ,x‐  ヽ    ' ゙'r,:::_;ィl::;:::!::l'/ll:/      「審査法」や「人身保護法」を制定して
    !ト、:::\:Xヽ _,...-、        `   l !::l::l´::l′     カトリックと王権の制限に動いた。
    ヾ \:::`゙ミ ,ハr、::::〉        / l::l/:::トl.
     \ ヾ::ヾヽ `"   '   _    /リヘハ!     
        ヾ::ヾ:\     ´     //'ハ!\       
         l::l \::丶.、.__  __,ィ'  /  l  `丶、_
   r 、fヘ、   l::l  ヽミ、\ ヾ「イl ____.〉      /:7ュ_
    ヽヽ 丶    l::l  ヾヽヾ / /´ ___/      /:/ /
  (⌒ヽ、i  \  l:l   ヽ. / / /___/      /:/ / /
  \=こ、  ヽ ′  _イ  |´/    /      /:/ / /
  ( _-ヘ、    l  _rT:|  ___.!___....__ /      /:/ / /
   〉 _ -ヘ、  l /|_l⊥‐´/       ゙ヽ、  /// ⊥















































      ,、     ,.xr::::::::::::::....、
  , ‐-l^冫======ミ____,.====ミ:::ヾx-、
 /´__,フy~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.ヾ、(  ミヽ.
 }‐/7ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾi liヽヽ
.イ"rヒ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,.、 -、-、‐- .;;;;;;;;;;;;;ll|| l) ハ
.'^(/, >、;;;;;;;;;;;;;;;/ |丶 |\lン `ヾ;;;;;《ハ)ヽ ヽ 
  >∥llハ\;;;;;;;, 人 ハ |彡__\ヽ ヾヽリ| l| |リ       兄貴の死後、王位を継いだのは
   ^ソ ヽ ヾ l トミミ、ヽ´' ヒア Vハゝノ ノ ノ ノ       弟の俺、ジェームズ2世。
         | 从r弋)`  〃〃 /ir'  '`レソ
        ノ リヽゝ〃 '  ノ 「 ̄¨>
             ゙ゝ、 `  /レ彡/ス二¨^ヽ、
             __7:ヾ/<彡゙/.|  メ ̄`ヽ       AAがみんな同じだと? いいえ、ケフィアです。
          rvlニ"《_::::::〉rヘ::/ ・/ /    ヽ
         / l /   /|〈 ハ \ソ / ―、    〉
         | l   / | | ヽ ,>〈∠二__ 丿
         ノ ハ|  r  ! L_,ノヘ f      /
         人丶l|  フ-^ー'Y ,、ノノ/ノ   /
       <  ヽ 、i (_ !リ _ソイ <_,..-―-、 アl   
      / `  >{  `i^-'||=.レ'z \ー‐、 ノll      ジェームズ2世(在位:1685~1688)
      >   ー‐1   ||::::r"       〈 |
     f´ ,.-――Yt,.<  Y´ 、ヽ     ∠ll >
    < /二二X´::::::ヽ  ヽ  ̄   >´ |リ ヽ
     j//::::::r"ヽ、:::::::::ヽ ヽ 冫   ノゝ 彡  ヽ
    / /:::::r-┴ヽ ヽ::::::::::x  V__/、  / 《   ヽ
   〈 レ--"f__彡 ヽ ^゙´_,...>  | ヽ oヽ    ヾ  丶
   r"/,   f_, Z >  <:::::::::i l ヽ oヽ    ヾ  ヽ
   {_l / ,ィ   ィ___/ハ  ヽ:::::::i 〉 丶 ヽ    ヽ  i




















































             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{'´     ヽリ| l.│ i|   チャールズ2世は死の床で
         レ!小l●    ● 从 |、i|   カトリックに改宗したにょろ。
          ヽ|l⊃    ⊂⊃| .|ノ│  
            |ヘ.  r‐-、   j  | , |   そしてジェームズ2世も、
          | /⌒l`ニ`, イァト |/ |   敬虔なカトリック教徒だったにょろ。
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,


























































        _,,..,,,,_   _,,..,,,,_        我々貴族や保守派地主は、
     _,,..,,,_/ ・ω・ヽ/・ω・ ヽ,..,,,,_    ピューリタンは認めないがカトリックはおk。
    ./ ・ω_,,..,,,,_  l _,,..,,,,_/ω・  ヽ    
   |   /   ・ヽ /・   ヽ    l   国王の即位にも賛成だな。
    `'ー--l      ll      l---‐´
       `'ー---‐´`'ー---‐´







































         _,,..,,,,_   _,,..,,,,_     
     _,,..,,,_/ ‐゙ω'‐ヽ/‐゙ω'‐ ヽ,..,,,,_    我々ブルジョワ市民層は、
    / ‐゙ω'‐_,,..,,,,  l _,,..,,,,_/‐゙ω'‐ヽ   議会主義命! 新教徒命!
   |   /‐゙ω'‐ヽ /‐゙ω'‐ ヽ    l
    `'ー--l      ll       l---‐´   カトリックの王など認めない!!
       `'ー---‐´`'ー---‐´





















































              ./ ̄ ̄\
             _ノ  ヽ,_ . \
            (●)(● )   |   この両派は互いに互いを罵り合い、
            (__人__)     |   国王承認派はアイルランド語で「盗賊」を意味する「トーリー(Tory)」、
            ヽ`⌒ ´  .   |   国王否認派はスコットランド語で「馬泥棒」を意味する「ホイッグ(Whig)」、
             {       .  i   と名づけられた。
             ヽ      ノ
                 >ー,-- ':;\
               /:;:/レ'/;:;:;:;;:;:;:\
                 {:;:〈/:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;\
               ∧:;:;:;:;:;:;;:;:;:;\:;:;:;:;:;:;:;}
             /:;:;:;〉:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;〉:;:;::;:;/
            /:;:;:;:;:/:;:;:;:;;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;/
_______<:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;::;:;:;/:;:;:;:;:;:;:/___________
          {~ >/:;:;:;;:;:;:;:;:;:> 、:;:;:;/
'T''''T T''''T T'''''T/:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:{   厂┐  ┬─┐   ┬─┐   ┬‐
| | | | | /:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:: ̄~7|  |  |  |   |  |   |


























































          ,, r一-- 、 ,,
        /´         ``ヽ、
      /'               \
     ,;'                  ヽ
.    ノ ,  i      /    ,,   / |ヽ ゙ヽ
    イ i  |   i ,'`メ //  /i  .ト ヽ ヽ
    レ| {   i   |//'´ `メ / / /|  } ト 1
     ',イ   i   r+テ=ミメイ   //'"|´/ / ハ|
      `、ヽ r'メ,  {。;;;;'ソ `   ' ,rz;,y'ノi〃イ .'
       `ハヾ ヘ   i'ー''-    /。シ゚ク /'"
         レ',`'';  i     , `'' / /     トーリー党は1840年代に「保守党」、
          ' i∧ト i,   -   ,イ{ ./     ホイッグ党は1830年代、「自由党」となった。
.          ,y}`ヽ |ゝ, _, r '´ リ |/   
         ,ノ.:.:.ヽ `', {;;ヽ、.   |i       「自由党」は1988年、社会民主党と合併した後に
       ,;<、.:.:.:.:.:.:.`v'" ^,ヽミ、,         「自由民主党」となって現在に至っている。
.      /,ニヾ`ヽ.:.:.:.:.:.`彡=ヾ}:||i、
..     //  ` `\\.:.:.:.ヘ  i|:||i丶
     ,' f     ヽ \\:.:.:i  i|.||i ',
    イ i      /' \ヽ.:i_,,_|:ii .{     _ ,,r'''i ┐
.    ,' ヘ      、   ハヾ',|ソ,'/i ヽ ノ,ゝ;;=、ミヾ、 i;;|
    '' ̄',      ',   i ヾ`,〃 》 ,イ、  ̄`ヽミヽヽ,i;;|
       ',  \  ',  :i _,,∨,,,_∠、 ヽ   r- ' ヾ、;;;|
       ',    ヽ、', ,ゝr'     ヽ :} 」´,n`ヽメ'ト、>





























































      , -‐  ̄ ̄`' ‐-,,          , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
    /::::::: /´ ゛ヽ::::::::::\       /:::::/" `ヽ ヽ:::::::\
   /'::::::/ /      ヽ::: i:::ヽ     /:::::::::/     ヽ ヽ:::::::ヽ
  /.::::,r':从j -ー     l::: }::::: l     l:::::::{:::l ,    ー-j从:ヽ:::. ヽ   つまりトーリー党とホイッグ党は、
 ,'.:::、イ :!il ´●     ヽレルi:::: |     .| ::i::ル{レ'     ●`li!: ト、::::.',   現在まで続くイギリスの
 l .::::!、| :⊂⊃    ●゛i(⌒\   /⌒)i"●    ⊂⊃: |ノ::::. l   
 l.:::::::::| ::|l   ,__,   ⊂ヘ iy   ゙i /   yi ヘ⊃   ,__,   l|:: |:::::::::.l   「二大政党制の元祖」
 l.:::::::_| ::|>ィ   `´ _、ゝ,、ス\  )(  /ス、,ゝ、_ `´   ィ<|:: |_:::::::.l 
 l.::::::_l'、.|ァ^'イーT゛ i ::::l| \>'  '</ |l:::: i "Tーイ'^ァレ'l_::::::.l   と言われているにょろ!
 i' ,.,r' ゙il\゙i::゙i三|::ッ'l ::::l|t,,/    \,,t|l:::: l'ヾ::|三/:://l/ ヽ、'i
 ij: | ,ミ_::::ヒi:::∨ッ  l ::::l|::|        |::|l:::: l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, | :ji





















































               ____
    , ヘー‐- 、    /ヽ  / \
  -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ   現代まで続く政治の礎ってことは、
 ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ  ここで議会政治が確立されたんだおね!
  //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /
/    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、
\___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \










































               / ̄ ̄\
             /  \    \
            .(●)(● )  u. |
            (__人__)  u   |   ……ところが、波乱の歴史は
            .(`⌒ ´     |   なおも続く。
             {         |
             {      u. /
.             __\     /リ 厂`'‐- .._
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |





















































       、__ -‐-、
        .>    __¨ ̄`ヽ、
      /   ,  , '⌒     \
     ∠ィ'  ,.イ /!  ,       ヽ
     //  / ! / i { .ト、      ヾゝ
     i i  {三ミi′ヽハ{ ヽ,      ヽ
     i ,ハ. !_、`  .三彡ヘ,   ,   i
    ノ } ハ i.'ア_;}`   ィァ=、i   ハ  ,ィ{
     iハi ◯゙ー' ,   辷リ !i /⌒Y⌒
       ゙、    ー‐ァ ◯ iハノ乙 ノ     王位さえ手に入れれば、
        ` - _ r、__, -、__/      権力は俺のもの!
         r<_入///\
        ,ノ { |io o 〈〈  /        トーリーもホイッグも、カトリック以外禁止ね!!
        f ̄厂`<_) ヽX
        `ートr-、__/ }
        〈フ ! i  r-、 ス.
        /! |〈  \> ヽ、
       /   ヽヽ.  ,r―‐ァ'
       `ヾ.ー―ヽ V¨/厂
         ! ̄`i⌒〈: : ::〉
         {: : : :!  }: : : i
         i: : : :{  {: : ::{
         ヽr-:〈. ├ : ;ス
          厂¨}  7二. }
          〈二ノ   `ー‐'













































【仲直り中】

        ∧,,∧ ∧,,∧
   ∧,,∧ (´・ω・)(・ω・`)∧,,∧  おいおい、あいつ前王より酷いじゃねーか!
  ( ´・ω)(∧,,∧) (∧,,∧(ω・` )  トーリー党もホイッグ党も、ここはケンカしてる場合じゃないな。
   l U l (  ´・) (・`  )l と ノ
   .u-u (   l). (l   ) u-u'  とりあえず一致団結して、王を倒そう!
        `u-u'   `u-u'


















































                   ,r――――――-. . 、
                /: : : : / : : : : : : : : : : : \
               ,r=ク: : : : ://: :/: : : ,イ: : : :ヽ: : : :\
           /: :/: : : :/://: :/ : : / || : : : : | : : : : : \       1688年6月30日
.           /: : : :|: : : :/: :/l_:_:_」__|| : : : : ト、 : : : ||: :\
          /: : : : :| : : : || l: イリ―┘└―‐x」 |: : : : :||): :ハ
         {: : : : : | : : : |xく/ __-      └x : : ||): ||:│
         : : : : | : : : |   rf⌒)「`ヽ    _  ヽ\」: : ||:│
        /::| : | : : : |ー=个しろ       r=x   }∧ : : トx」
          │::| : : :│ 入crイ      /^)「} / 亅: :
          │::| :::|            じ// : : :.     そこで皆、ジェームズ2世の王女で新教徒の
          │::| ::          └' 个'ノ : : : :     メアリの夫、私のとこに来たわけ。
          │::| :::     ーf^}     「: ||: : : : :
          └‐L_| :::  、     |  _人 ||: : : : :     ちなみに私、前に出てきた同名の
              L:」| : :   \__」r≦:_:」┴‐: : :| :/     ネーデルラント連邦共和国初代君主、
             L:」| : :     r‐┘ \: : :「|ヽ :| : |/      「沈黙公」ウィリアムの曾孫ね。
           _xrく⌒^L_ : 亅  _に二  \」:|  ∨: :|/      
         /7^\\: : :\」\/ {にミx   `\厶イ
           /:/    \\: : : : : :\`ー┘ \     `^}      オレンジ公ウィリアム
        /: {      \\: : : : : :\  |: :>┐   Ⅵハ
.       / : :入        }>xー―x: : \」:/ :/   Ⅵノ




















































     /‾/ | /‾‾\
    /ヽ/ヽ//  ,-‐_-、 \
   /| (  | /  /;;;;;;| |;;;|  ヽ
   ( | 〉  ヽ  |;;;;⊂/;;;|     |
   〉  /   |/‾‾‾‾\  |
   ヽ    /_,-───-、__ゝ |
    |    /フ;;;;;,-、;;;;;;;;/|;;;;;;;;;|ノ     ネーデルラントが狙ってるって?
    く__ノ;;;;;;;;>,-─-、<;;;;;;/:|─、
     |: :::::::::|,‐-|    )/、:/  |    奴らは我が国にとっても宿敵、
     ヽ ::::::|^ヽ\__ノ/| |   ノ    ぜひ援軍を送ってやろうじゃないか!
      ヽ:::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ/─'
       | :::::\─‐^ヽ─'´         /|
       ヽ:::::::::::\   /       _∠__|
        ゝ:::::::::く‾‾\-、___ノ‾    ) /
       \\/::::\_/ヽ::::::::::::::::::ヽ  _ノ /
         ゝ/::::::::::::,-、:::::::|ヽ::::::::::::::::|   _/
         |:::::::::::::(  ):::::ヽ/──/──'´
         |::::::::::::::ヽノ::::::::::::|
           |::::::::::::::::::::::::::::::_|
         ヽニニニニl二lニ|
          |:::::::::::::::::::::ノ::::::::\
          ゝー──'´:::::::::::::::ヽ
         ,-'─::::::::::::|ヽ::::::::::::::::ヽ
        (::::::::::::::::::::::/ \:::::::::::::ノ
         \:::::::::::::/   ‾‾‾
          \_/



























































     │        イ          丶  川 川巛巛《
     │      //            丶  ノ《《川川《
     │       /     /i         ゞ  川 川《《
     │      / /  /i / i 从 /l  i   l     川《《《
     │      i/│ /.:.:i/.:.:.:.:/.:.:v l    lヽ   川巛川
     │   __八i/ミ三.:.:.:.:.: 三彡l  /` l    ノ乍川
     │/:.:.:.:.:.:.:.:.:.从´_.:.:.:.:.:.:.:_` ノl /  ) ノノ/
     │.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  l ≡;:;:;:;:;:;:;:≡.:.:. i/. ノ       あんたこそ、イングランドを狙ってるくせに……。
     │.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i 丶   _    / l.:.: ̄丶
     │.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i   丶 `  イ .イ  l.:.:.:.:.:.:.:.:丶   いいよ、自前の兵隊で戦いますから!
     │.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:│  \` ´   /  l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶
     │.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:へ/.:.:丶  / 厂.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ





















































;;;;;:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;|   |:;;;|     :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;::::::::::::::;;;;;;;;;;;;ゝ  |:;;;l—l   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
>;;;;;;_----———====∠_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;:::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;—_;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;
—_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>—-
;|: :;;;;;;—_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;,,,
:|: ;: ;;|;;: ';;;;;;;;「<——----____/;;;,,,,'''';;;;;ミ
.'| ;;,;;;| ;, '';;;;;|ヽゝ_,' ;;;,' ,' ; ;;;;;y;| ~—_;;;;;\;,,,''''';
ヽ|;\;| ;;| ;;;;;| |;;;;|\,'\ ,'..'';;;|||f^|;;;;;|´—_;\;;;;
..ヽ: ;| | ;\;;|'';;~;;;´ ;\\;;;,,';;| \_ /;; —=
 ヽ; ヽ | ;;;;;||::: "  .::::  \\;;;\'';;;;;;;;''''    ヽ
  \ヽ | ;;;|;|::::. .::::'    `\;;ヽ
  / \ .| ;;|;;|;|:::/:;'        ヽ/|            ……チッ。
/  ,   |;|;;;;|;;||:::_.. ....:::..._—‾;;;;/
:: :  :\ ::|;| ;;;;|\;''::::::...‾——´      /
:::|:::|::\..\\\ \,,\:'''^ニ二>-~    /;;;;;
  | | \ \  \   \:;;::::::"    /::::::      どうなっても知らんぞ……。
_——〆-__—_\ ::.\_,,_—‾;;;;
 —__,,,_   ,,''\;;;;;,,,, \   \ ..\ \_
_  `—-二\  \;;;;;;\_;;ヘ     '''''':::::::
  \    \.\..<..);;;;;;;;\   \



















































       、__ -‐-、
        .>    __¨ ̄`ヽ、
      /   ,  , '⌒     \
     ∠ィ'  ,.イ /!  ,       ヽ
     //  / ! / i { .ト、      ヾゝ
     i i  {三ミi′ヽハ{ ヽ,      ヽ
     i ,ハ. !_、`  .三彡ヘ,   ,   i
    ノ } ハ i.'ア_;}`   ィァ=、i   ハ  ,ィ{
     iハi ◯゙ー' ,   辷リ !i /⌒Y⌒
       ゙、    ー‐ァ ◯ iハノ乙 ノ     お~い誇り高き我が近衛兵よ、
        ` - _ r、__, -、__/        全員集まれ!!
         r<_入///\
        ,ノ { |io o 〈〈  /
        f ̄厂`<_) ヽX
        `ートr-、__/ }
        〈フ ! i  r-、 ス.
        /! |〈  \> ヽ、
       /   ヽヽ.  ,r―‐ァ'
       `ヾ.ー―ヽ V¨/厂
         ! ̄`i⌒〈: : ::〉
         {: : : :!  }: : : i
         i: : : :{  {: : ::{
         ヽr-:〈. ├ : ;ス
          厂¨}  7二. }
          〈二ノ   `ー‐'





















































       \                  /
         \               /
          \            /
            \         /
             \∧∧∧∧/
             <    だ >
             < 予 れ  >
             <    も >
─────────< 感 い >──────────
             <   な >
             <  !!! い >
             /∨∨∨∨\
            /          \
          /            \
         /                 \
       /                   \


























































  /        |  /   l   八 .ト    ヽ\
.  '   /    ,' l ./    |  /l! l!ヽ!l!ヽ ヽ ヽ ゝ
. '  ./    i .レ'      l ,:'ミミミミl!、', i ! .!
 l   ,'      !         ハ !ミミミミミ ヽ | | l
 l  ,'     /:| .! l   | .!. リ l!_l!_l!_`  / .! レ'   
 | i   l  / : | ハ !   l! | l!彳 ̄ ̄`l!〈ハノ      
 l: :l . :| ./´ `リヽ! l  .ハ! l! 三三三.l!. \    
ヽ!: :!. : :レ'{ (  _ヽ ,'     l!       \    
: : : :!: : : : ヽ ゝ ヽ ハノ            /     
: : : :| : : : : : ヽ                   〈      
: : : : : : : : : : :/` ー 、     /`ニ‐-┐ ,´     そ、そんな……。  
lハ: : : : : : :ハl:::::::::::::::..    └──‐┘ !      
.  ヽ : : : :/:::::::::::::::::::::::::..           ,'      俺って、ここまで人気なかったのかよ……。
   ヽハ/::::::::::::::::::::::::::::::::::..      _ /       
.     /      .:::::::::::::::::┌  ̄ ̄        
   _/___      .::::::::::::::::!       
- ‐´-- _  ` ‐ - 、 .::::::::::l              
  __     ` 、     ヽ .::└ 、           
´   ` ‐ 、   ヽ  ` 、 ̄ `__‐ 、         
        ヽ   ヽ   ヽ   ` l__     
         ヽ   ヽ   ` ー -   ヽ    
   /       ヽ  \       〈.     
  /          ヽ           ヽ      
. /            \             ヽ     
/                \          ヽ    





















































     /               \
.   /     / ./ / |l ヽ. ヽ\ \
  /       l | | _レ|'  ハ_ハ ヽ. ヽ
.  '      l斗イ  _      `'トハ  ヽ      11月6日
  |.       |   .ィ斤ト    テx  | : ト`
  |     |   | _/ |::::。l      トh\ll: :|
  |     |   |.   V゚:ツ    ,ヒ:l  { : | 
  | l l   |   |  xxxxx      xx V |
  | l l   |   |      / ̄ フ   ノ |
  | l l   |   |       {: : :/  . イ.: :|     5万人の軍勢で、
  | l l l |   | >       .イ: : l: : |     イングランドに上陸します!
  \レ‐く.  |_|   / 二壬: |: : :|: l |
  /二, ̄\_|    // __ ヽ\|: l |
  lニニ、   ヽー-//./    |   ̄
  }ニニ´    V_/: : V     l/
  ヘニ.-、_   \: :/__   |
  |___\ \.  \ /  \ /
  /  /  ,へ,  /    /′
. / /   / : : \    /:.|










































                  /    ,   /  |     .|   、 \  \   ヽ
               /    /   ,'   ,ハ    |  、 ヽ. \  ヽ.   i─- 、
           ,. -─}    ,′ ;′ .,' | |   ト、 ト、  ヽ.  ヽ. :.ヽ : |    \
         /  i  ,′   |   |   {  | i   ; ヽ| \. !   ', ::. ヾ{
        /   { /./   |   |、   |_ ヽ:、 /三三ニーヽ|:   | !: : ト ゝ
     / ̄    ∨/{     |   |_ヽ |彡  }/  ̄ ̄ ̄ ̄_ヽ  ト、|\|
 / ̄ ヾ::.. ____ノ′ヽ  :. {:.  |三∨彡    ┌‐〒¬心│i、|  〉 }      , .
┴─-v─┴ 、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| :i、 、 | ィr=〒ヾ      {ヒーソ |从,|_ソ /、:.   /.: :
    {  (] }、 ___ /.⌒|):} \\{ ヽ.ーう}       ̄///  |__/  ヾ:. /.: : :
  ,ィ´ ̄ ̄ ̄ヽ.   r──-‐Ⅳ  〈\\   ̄  }         /   _,. ‐┴- _
/ {     (] }こ´____|     \`ーゝ///  ヽ        , ' /  ̄ /
   〉───rイ.         |____´\       __.  ‐‐  ∠_/ / ̄  ,
  {    _ン         |        丶. _       / _ノ /   r‐イ  .,
   丁 ̄.(」ヽ.          |            ー- -  ´  /)._ノ   / /   /  ,
__廴__.ノ          j ここで一戦交えてもな……。`ー〈ー'__/ 〈__〈  ー'
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  フランスに亡命するわ……。    ̄






















































             ∧_∧
            ((´∀` /^)
            /⌒   ノ     新国王万歳!
         γ (,_,丿ソ′
         i,_,ノ  |||                  無血開城万歳!!
バンザイ  バンザイ        ヤッター  オメデトー
   ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧      
 (^(,, ´∀`)) ・∀・)(ヽ    )')((・∀・ /')
  ヽ    /ヽ    ノ ヽ    ノ  ノ   ノ
   ノ  r ヽ /    | /  O | ( -、 ヽ
  (_,ハ_,),_,/´i,_,ノ (,_,/´i,_,ノ  し' ヽ,_,)




















































            ヽ.
            .〉 __  _
      , ' ´:Y^´:.:.`ヽ`ヽ`ヽ.
      /.:.::: : .:i .:.::、:.  :.  :.  ヽ
.   / ,'.:.:.: . .:.:i .:.::::i:. i:. :i:. : :: :.:ヘ
  / /.:.; ,':.,':. :.!、:.:.::ハ:ハ:.:i:.:.i:.:::.:. ..:.:、
   /.:./ .{.:.!.:.:.i{ ヽ:.::i、i__ハ:ノi:.!:. :.::.;:ヽ
    j /.:.:.:i.::!ハ人  )' >"_`ヽj:!:.: :. ト:.:}   こうして1689年2月13日、
  ノ/i .: .:ミメ,ニニミr={{ `''⌒゚`} !:.: ::. !从   オレンジ公ウィリアムは即位して
   ! )人.::Y ,ィT) i 、 ー‐‐ " ノ:ノ:.:::!    イングランド王ウィリアム3世となった。
        ).ト゚-‐."/i^i\~゙゙ ,.'::,イ:ノ
.        从`゙゙/  | .!  \ノイノ      妻のメアリも同時に、メアリ2世として即位した。
        /   | :!   \′      
      ___| :.:. :.:./V´}  i::::.::| ____
     ,.'´::ヽ:| ::.:.::/ / /、  i:.:.:.:|´.:.:.:://`ヽ
    /.::.::::::::::!,,彡i .′'r ):ミト、:::i.:.:.:.://:::::::::i


















































             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
             /:::/ ̄`ヽ::::::::::::::\
         ////      ∨::、::::::::::::、    この事件は、一滴の流血も見ずに
         ,'/:l、{\    / |::|:::::|:::::::::l    革命が成功したしたとして、
         レ|、l ●   ● ハl::::::|::::|::::|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃::|::::|::::|    「 名 誉 革 命 」 
      /⌒ヽ__|ヽ   ヽ._)  |:::::|::::|/⌒ヽ
      \ /:::::|::::l>,、___,. イ:::::|/   /  と呼ばれるにょろ!
.        /:::::/|::::| 〈::l三/::::/ |::::::ト、_∠
       `ヽ{.|::| ヽ∨:/ .|::::::|::::::::::ノ































































               / ̄ ̄ ̄ ̄\
            ,'          \
               i     ヽ,_      !、
             !,_ノ、 (●)   、i′ i   そして王の即位に当り、
             (●)         i ' ,!   議会が承認させた「権利の宣言」が翌年、
             ! (__人__)      ::r'i   
               ', -‐'.、│     ! !    「 権 利 の 章 典 」
           , ‐ 、,.:'、:_::゙::::}´  : / .|、
       /ヽヽ-'.; ' ,.'‐<    /   / ヽ   として公布された。
      /_ヽ. ヽ レ' ,′ `「 ´  /   ,'::::`、-.... ,,_
     レ⌒ヽ' -'′/    ,.| ,〉:-;〈    ,':::::::::::゙:、:::::::::: ̄::7:、
    ,イ;ィ'ヾ´ :i′ :/..-‐'";':::|/:.:.:.:.r 、  /:i:::::::::::/:::::::::::::::;:'::::::゙,
    i' ´ ! |:.:.:! .:/::::::::::::;ゝ:::|'|:.:.:/  〉:::::!::::::;:::\::::::::::::;:'::::::::::::',
    i!  l_.l ̄l _,':::::::::::::;'::::::::| |ダi  /::::::;'::::::@::::/::::::::::,':::::::分::イ!
    |  .| .1 「 ,!:::::::::::::;'::::::::::レ;.:、:'y':::::::/::::::::::::: /::::::::::::|:::::::::貝:::E',
   |  ∧ |. |:'::|::::::::::::i谷欠:|:xX/::::::::;'::::::::::::: /:::::::::::::::|::::::::::ィ:::::ィ',
    |  !::::',|. |::::!::::::::::::l::::::::::::|:':,/::::::::/:::::::::::: /::::::::::::::::::|::::::::::え::::え',



















































  厶イ  ′ / // イ  ′ / l  | 、 \   トノ
    / /  .゙ //__/_! /:i /V ./__! l  、 〉|
.   / /.オ :! .ィ1 / j/ l ' | ./ │∧ i  ハ!    「権利の章典」の主な内容は以下の通り。
  厶イ/ |  レリ l/-=ミ. |/  |/ .ォ=j/ li :| ヘ
   /:|  |i {  lfイi::::::ト       イi::::j7'リ :!  <ヽ    「議会の承認なしに、国王が法律を停止することはできない」
.  / | . イヽ '. バぃ:シ      ヒ:.ソ /} ト、iヽ\    「議会の承認なしに、国王の使用のために課税することはできない」
    レ | ハ '. ∧     ′    /仆:.|   \ 、  「平時において、議会の承認なしに国内で常備軍を編成することはできない」
       "y⌒i ゝ∧    n    .イy′l|    ヾ  「国会議員の選挙は、自由でなければならない」
       |  |ヘ\≧. ___ . イ、:/  リ___ _   「議会における言論の自由は、議会以外のいかなる場所でも非難できない」
       |  |   ヾソ フ′   トx” ̄ ̄ :i | |  ヽ
      _j  V´ ̄ ./  __ ´|       | | |     ーx
    i´    !  __j_ /r─二|       | | |  /    \
   rf  ヽ \ `´ .イ / ̄ヽ.|       l l ′ |
.  ハ 、__ト .ノ .イ  レ′   j    .// /  !   \   また王族であっても、カトリック信者の王位継承権は否定された。
  // 厂 ー‐一 |   |      |    // /     l!      ヽ
. //ノ          〉  ゝ.     |   .// /    /lー-









































           ,-=;,    +
          {__7!       +      +
          〔_ラレ     +  ,、_,-‐ -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
           `y"l       rヲレ / /" `ヽ ヽ  \
           iト-ヘ、      (_;フ.., '/     ヽハ  、 ヽ.;_/iレソ
            l  'ヽ      ル |.{_{ノ    `ヽリ| l │ i|し ン′
              ヽ   ヽ     レ' .小l●    ● 从 |、i|.._フ
             V  ヽ,    | ..ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ /    これらの条項は、国王の存在自体は認めながらも
              ヽ   ヽ,  ト = }|ヘ   ゝ._)   j / ! /     市民の自由と議会主義を再確認し、
               `i 、,  ヽ, }- ルハヽ、  _  イr' シ´      
                V   `;|   i∨  ̄~7  ン〈___/       「君臨すれども統治せず」 
               V丶  |   リ >,    ( _/ ,_
                 ヾ  {   ソ レ  ン ;_ン'" ,r" rn ゞミヽ   の「 立 憲 君 主 制 」が確立したことを示すにょろ!
                  ゝ、ゝ = 〃ソノ__/   / y'"J | \` ヽ
   rn,              rfレ`ー-=-‐''~ ̄   /`7  `、|  ヽ-'ヽ
  rJllル7       rnh;   l´ ´'リ  ,rn     / r'ン==ト、!__  V ヽ
  〉__ソ       ヾヽ``ij'l 〉 /、,ハjjj し'l mhレ'   /f, |リ<レ7,,m〉  |  |
  |  {   rfjn   ,;'V _ン',/ //〉r>,、__//リリ ト  〈 }'=‐' ソ 〉トii,_/  j






















































          ,. -‐' ¨ ̄ ̄ ¨' - 、
          /             \
        /     / // \ \\ ヽ
.        /      / .' '  .lハ. lヽ ヽ ',
      /      |  | l_ | |  | | |.|ニl
     '        |/| l   ┴'   ̄!ヽ|ニ|    王国はその後、メアリの妹
     l       l /|  ,ィテオ     ィt、 | |    アンの時代(在位:1702~1714)に、
     l      l  :| _/ん::::|    l::l l_/! |   イングランドとスコットランドの正式合併で
      | |  l   l:  |  弋::ソ    ヒj f |: |   「大ブリテン(グレート・ブリテン)王国」となります。
      | |  l   l   |  xx    '   {: |: |
     L|  l   l  |     (_7  ノ: :| l |   アンには後継者がなく、ステュアート朝は断絶。
      \:|   |  |. > 、 _,. <: : : | l |   ハノーヴァー選帝侯ジョージ1世が即位し、
        \ :|  |  /__     `ー| l |   「ハノーヴァー朝」(1714~1901)を創設しました。
         / \ |  |\ \     |/    これは現在の「ウィンザー朝」の祖となります。
        /     \!/二\ \




















































                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |   「議会政治」と「立憲君主制」、
  \     ` ー'´     /   これが「絶対王政」に代わる
  /          \    新しい政体だおね!!
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ













































            / ̄ ̄\
          /  ノ ヽ、\
         . |   (●)(●)|
         . |   (_人_)│  そういうことだ。
          |     ` ⌒´  |   ヨーロッパは当時、「絶対王政」の全盛期。
           |           |
         .  ヽ      /    そんな中、イギリスはいち早く
            ∧...__   ヽ//>  国王の権限を抑制することに成功したんだ。
         /  、i i!「Tiァ¬ト、__
        /|  〉 ̄¨¨テァヘ \`.¨ 、
     , ィ´、ー┴一' '.ヽ f'´,,ィ'ヘー` ´|一' .
   /  '. \     '. ヽ!'´ ,,ィ'ヘ  .!   \
   l     '.   \    '. ヾ'´ ,,ィ'. |    .i
  ,'       V   \   '.、 ヾ'´ } '. |i!    i
  l      !     | \   '.` 、Y/! | |    |
  .,'      ,'     !  \ '.  {f:) |j  |    |
  l      ,'     !   r'ヽ}  !  '{´ |    |

























































            ,.  -‐ ‐- 、
        / , / ,  、 \
       ' /./_/_ハ  jヽィ!ヘ    17世紀のイギリス史を簡単にまとめとくと下の通り。
        ! ,ィ'´      ̄` j´ !   
.        ,' j  _,..   ‐-、/  i
      / ハ´' '' __, '' '/ :! i|   ・絶対王政:スチュアート朝ジェームズ1世(1603~1625)
       〈,' /‐ヘ、 、_,! '  j,ノ        ↓
       ∨,.-‐ 、>r_イ{_,/、   ・権利の請願(1621)~内乱
          { `vヘ !'´/´,ヽ} }        ↓
         !__,! \/ ,ノ ,ノ、|   ・ピューリタン革命(1649)
         {二_」 / /| :!ヽ}        ↓
        `「 /´ / ! :!y′  ・護国卿政:オリバー・クロムウェル(1653~1660)
          ヽ  / │ リ         ↓
        / `´,ゝ/ ゝィ′   ・王政復古(1660):チャールズ2世
       /ヘ  /ヽ    ,ヽ         ↓
        /.:.:.:∨.:.:.:.:.\/.:.ヘ    ・名誉革命(1689):ウィリアム3世
      /;.:.:.:;'.:.:.:.:.;:.:.:.:.:.;:.:.:.:.:.i         ↓
    `Y.:.:.:,'.:.:.:.:.:;.:.:.:.:.:.;:.:.:.:.i:|    ・権利の章典(1690)
       `ヽ:、:.:.:.::,:.:.:.:.:.:.;:.:_;/





















































       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ⌒)  (⌒)\  何ともかんとも波乱の歴史ですお。
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i  けど、新時代を迎えて良かったですお。
   ヽ、    `ー '   /
     /     ┌─┐
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ









































         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)   中世以前の封建制に始まり、
      . |     (__人__)   絶対王政を経て立憲君主制。
        |     ` ⌒´ノ
      .  |         }    ここから「近代」が始まるわけだ。
      .  ヽ        }
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ






























































       ____
    //   \\
   /( ●)  (●) \   しかしまぁ、よくもコロコロ
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \  政体が変わるもんですお。
 |     'ー三-'     |
 \              /
















































    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)    なぁやる夫、こうした変化は一体、
   |     `⌒´ノ    どうして起こるんだと思う?
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|












































       ____
     /      \
   / ─    ─ \    ど、どうしてと言われても……。
  / -=・=-   -=・=- \  そりゃ時間が経てば、自然と変わるでしょうお。
  |      (__人__)  U  |  飽きたとか疲れたとかで……。
  \     ` ⌒´     /

















































             / ̄ ̄\
           / _ノ  ⌒ \
           | ( ●) (●) |   自然には変わらんさ。
          . |   (__人__)  |
            |   ` ⌒´  |   人が「自由」を求めるから、
          .  |         }   歴史は動き出すんだよ。
          .  ヽ        }
               ,、ヽ     ノ-、
             /;;;i/      '、!\
         _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
    ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
.   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
.   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
  /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|











































     ____
   /      \
  /  ─    ─\     「じゆう」……
/   (=・=)  (=・=)\
|       (__人__)    |    ……ですか、お……。
\      ` ⌒´   /















































 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ   古代社会の誕生と共に、
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´   人には「身分」が生まれた……。
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '    それは狩猟生活など、集団行動維持のために
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '      指導者を必要とした、歴史の要請でもあった……。
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、


















































                        ガツガツガツガツ
                     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                  / /" `ヽ ヽ
                  //, '/     ヽハ  、 ヽ
                 〃 {_ ⌒    ⌒リ| l │ i| 
                 レ!小l●    ● 从 |、i   やがて平和と繁栄を手にすると、
          .バクバクバクバクl//。、_,、_, o////  |ノ│  「何でおまえに指図されなきゃいけねえんだよ」
 _________/⌒ヽ__|ヘ /⌒l__) 。O j /⌒i |   と不満が生まれ、「自由」を求める人が現われるにょろ。
 |\            \ /:::::| /  /__, イァ/  /
 |  \    ス.       从 l||l ///ヾ:::|三/.l||l人.∧ |
 |    \          ( ⌒ ) |  ヾ∨:::/( ⌒ )  |    
 \    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\~"| .. , . , .
   \  |    チーズ   ̄ \。  .。
     \|_________|  。 ..















































           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)   より多くの人にとっての、
           |,      ` ⌒´ノ   より完全な自由。
          │         }
           ヽ、      ソ     それを求める試行錯誤の過程の象徴が、
          イ斗┴r┐` .;      この時代のイギリス史だと言える。
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}
















































     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/   (=・=)  (=・=)\  な、なるほどだお……。
|       (__人__)    |  分かったような分からんような……。
\      ` ⌒´   /























































       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ●)(●)
.     |     (__人__)   「自由を求める戦い=階級闘争」と、
      |     ` ⌒´ノ   それが「社会発展の原動力」となる思想。
      |         }
   _./:l ヽ        }   「共産党宣言」に書かれた「階級闘争史観」てヤツだ。
‐''"´:/::::::|_ ヽ_  __ノ::、    先に触れた「封建主義を批判的に語る」勢力てのは、
::::::::: !::::::::l′     \ ,イ\    彼らマルクス主義者のこと。
::::::::::l::::::::::l         /:`:::l:::::\
::::::::::|:::::::::::\     /:::::::::::l:::::::::\
::::::::::|::::::/\ヽ   l::ヘ::::::::l::::::::::::ハ
::::::::::l/:::::::::::o:ト .」::-:::::\::!::::::/::::l
:::::::::::::::::::::::::::::: l`ー'l:::::::::::::::::`::/::::::::l















































     ____
   /      \
  /         \
/           \  何だお……。
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/  黙って聞いてたらマルクスかお……。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /






















































        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)  最初から言ってるように 
.      |     (__人__)  ここの作者は左翼じゃないから、
       |     ` ⌒´ノ  こうした史観を全肯定する気はない。
.        |         }    
.       ヽ        }    
     /ノヘヽ     ノミヽ  丿 (
    片、 i | ヽ/ヽrフ |´ l/.| / _ノ
    }: `l   ト^ー┘ハj .丿 |,ッ´
.    ハ      ヽ   〉  r-//
   /.: ヽ iミヽ   ハ  {二. ヽ
   人-、 ∧::.     |.   ト- /iァ
.  〈_ン>_ }〈:::     く  介、_ノ!
  }:./-ィ.V ‐'     /   弋_ン
  ヽ:./、::. \へ  `ー子‐′〈
   `ーへ:. ヽ ヾ=┐ 〉    〉
    / :トl::.  〉\V  ハー、 ゝ
     ヽ 幺彡^i::.    |:.′  |



















































         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \  そりゃそうだお。
     | ∪    (__人__)  J |  今時そんな……。
    \  u   `⌒´   /

























































               / ̄ ̄\
             /       \
             | _ノ  ヽ、   |
             | (ー)(ー)  |   だがマルクスたちは、こうした時代の観察を経て、
             |  (__人__)   |   ああした史観に辿り着いた。
.             l  `⌒ ´   }
              ヽ      ./    そしてさらに、極点まで自由を求める思想も生まれる。
             /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、   それが「アナキズム」だ。
         ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.
          //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.
       ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i
      /:::: /::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,
      |:::::|::/::,ィ '";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、::::::::::::::::/::::、
      l:::::;/:/:  :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::l::::::゙,
      i::::/,': :  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l゙,::::::::::::::::ト::::::}





























































         ____
       /      \
      /         \     ここで本題ですかお!
    /              \    いやぁこいつはビックリだお!!
    |       (__人__)    |
     \     ` ⌒´   /























































         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( ●)( ●)  |  ある程度の自由を手にしたら、
      .(__人__)      |  それをもっともっとと、究極まで
       l` ⌒´    .|  求めたとしても、おかしくはないだろ?
       {          .|
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





















































          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\   それは確かにそうですがお、
    / ∪  (__人__)  \  それを言うためにここまで延々と語ったのかお……。
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /
























































    / ̄ ̄ ̄\
  /         \
  /ノ  ヽ、_      ヽ
 ( ●)( ●)      |  まぁ歴史的経緯を辿ることで、
  | { .!  )        |.  「アナキズム」という極端な思想が生まれる
  |. ¨´ `¨´      l.  必然性を実感してほしかったんだが……。
.  |          /.
  |          /   後はまぁ、自由の価値を知ってほしいてのもあるわけだ。
   \__      (
     _)_ ===\
    /          \
   /            ヽ
   |    ,        i
   |     |        l.|
   |     l         | |
























































            ,,  - ―─  - 、
         - ¨            ` 、
      /'   ,       \   、 、 ヽ
     〆/  '  / l  \     ヽ ' , 、 l  ',
    / / ′ .!  l  ヽヽ  ヽ l   l l |  、 ',
   / ,! l  , l  ∧  ヽヽ  ', |  | .! .! l | .!
   .! ,'| .l ./, ! .,A-ヤー-、l   l    l l .! | .!, l
   !./ l| ,!. ! ', |イ,;;斗去=ァ‐l   ト、 ,! .! ' .! |' ,!
   ,' |,! .,l t|'、〉l "゙i::rl   !゙ヽ|   | .,' / /!' ,' l ,! ヽ
    ゙ ',.! i ゛ノ `  、ツ- ´ /}  l シ ,! / ,! ,! l/
      '  ∧       /,l  ,!i  ; / ///"   言論の自由や信仰の自由など諸々の自由は、
       //;ヽ _    /'.!  /!'i l ./ /´ ツ    長い歴史の中で少しずつ培われてきたもの……。
.      // リヽ ,、   _.オ ./ .! |リ,' /
.     ヽ'   `、l ゝt ヾ  |/    トV`ヽ      その過程では、多くの血も流れている……。
           `,゛-'ー} ´   ,..=彡゙゙フヽ、    それは日本においても同じこと。
         rイフ  √,!   / /´,<〆⌒゙ヽ     それも、そう遠くない過去でも……。
        ノ l l   /ヽ. , ‐ ゙/ / ,  ,!    `ヽ
       / .!_l_l__./'三ヽ==゙=ヲ{  ,'       ヽ
       / ,,ノ-―''''''¨¨¨ ̄ ̄l |  }        lヽ
      ノ/ |       _   l |/ヽ       、ヽ
     / /  |  _ ,,, - '''¨  `ヽl | ⌒ヾ、      '、ヽ、




















































             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小==   ===从 |、 i|  現在では当然と思われる権利も、
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  かつては認められていなかったにょろ。
           /⌒ヽ  _U  /⌒i   .!
         ( ヽ> 、 __, /   ) ..|   そうした不自由を想像しながら、
          |``  ヾ:::|三/:   ヽ│   歴史を学んでほしいにょろ。
          ゝ ノ ヾ∨::: ヽ  ノ..│
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






















































             / ̄ ̄\
            / ノ     ヽ
            |  (●)(●) |   というわけで、イギリスに始まる「自由の戦い」は、
            |  (__人__) |  やがて大爆発を迎えることになる。
            |   ` ⌒´   |
            ヽ        }    そのことが、「アナキズム」の確立に
          __,, -ヽ     ノ -、  大きな影響を与えるんだ。
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"

























































      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶  また歴史的な大事件かお!
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
  l    |r┬-|     l  一体、どんな爆発だお!?
  \   `ー'´   /
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l












































            / ̄ ̄\
           / ヽ、. _ノ \
           |  (●)(●) |   それが「市民革命」だ。
             .|   (__人__)  |
            .|   ` ⌒´  |    ただし詳しくは次回な。
    _        ヽ         /
    l !        ゝ     イ_
    | !       ,/i「`TT ´_.. -┴- 、
  _ノ ┴、__     フ⊆ノ |/   -‐`ー!、
  | `二l. )   / 〃 /,-、〔__)、__    ヽ
.  |  r'_,「l  /|||   ト⊂二)}ヽ\  |
   |   )ノ  _/ | ||   ヽ.)-‐'')} } | 〉 〉
  rL -┴i. / `「 ||    l`で´ノノ / /




























































                        ,,r=''´::::::::::::::::::;;:''':::ヾヽ;;/ヽ;::::i,:::::::::::ヽ、
                       /''7/::::::/:::::::,ィ'´       ヽ::l、::::::::::::::`、
                        /i::::,,イ:::::::イ`~'''ヽ、      l::| .i;::::l::::ヾ゙ヽ、
         ,, -‐‐ ィ''¨''ー- -.、_    /:l::/ /l::::/:|     `、     ,;i}-キ::::l::::::l
      ,, ‐ ''::::;::ィ'´  Y     ヽ.  /::|/:/:::レ'::::|.,,ィr'=〒ェ、    '´,,_  l::::l|::::::|
      r'f.l::::::::::〈  、_,,≦、/ i  l   ヽ /::::::::l::::|:::::::|ヾ P:::::| `    "P''')ゞ |:::il|::::l
    .{::l l::::::::::::ヽ、.  __∠,,,ノ  j__,,::<゙ム;;;:::::l::::l::::::::|  loァリ_     b;;:/, /レ|::|∧
     ゝヾ、:::::::::::::.ヽ,,,,r''ヽ(,,ィ='゙テ‐--゙  ヽ!::::|::::::::|i    ̄.r- 、 _'_  ̄ /:::::|:::':::::ヽ
    ./ ヽ;;ヾ.、;;;::::::::::::::::::ィ/-、/   ::    `ヽl:::::::::ト、   l    ヽツ   ,/|::::::::l::::::::::::ヽ
   /   ,、_ヽ、,,-三三彡゙    ̄` .::::...    |::::::::::l:ィ\. ヽ、___/ /;;ィl:::::::::|::::::::::::::ヽ, ,-、_.. r-- ァ
/ ヽ、_  /  Z___   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|、::::::゙>、| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾ:::::::::::::::::∨  '‐┘ └─‐‐┐
\  >`フ        〉  .:|  ┌─────┐  |!.` /,f'ヾ ̄フ '''マ  ,/.:ト、:::::::::::/               |
  丶' /  ィ===-ァ  /~'' ー|  | | ̄ ̄ ̄ ̄ .||;|  ト, //ヾ::::ヾ`=、   ´>::::::::i \:::_`_、 /二コ  i二二二,,,,
   , 、_ ヽ,,/ |  .|/  /   |  | |  | ̄ |   |.i|   .|:ヾ.レ'| ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄\. }|__________|
  /   >  /   ヽ ー'    .|  |_|  └‐┘  | |!   |:::ヽ'└──‐┐ .┌‐ァ   ./V:::::::::r─┴────‐┐
 /  / /  x.  \.    |  |::!__r─.i_,,| .!  |::::::ヽ.    ヽi|   | く   .,イi;:::::.\ :::|  ┌┬──┐  |
/  ./,, '"  ./ ヽ  `ヽ、.  |  └────‐‐┘ ..|::::::::ヽ.   ..ノ|   | `Y''i.| ト;::::::...ヽ|  └‐┴‐─┘  |
`'' 、/ \_ /   ..ヽ、_/  |__r─────‐i__,,|:::::::::::ヽ, r',i ̄  ノ   .!.l ノ ヽ .::::i;:|__,r‐r─r─.i__,|
                     /::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:::::::::;r,,ニ彡'´. ̄i、  ..:::::l,ノ_,=ヾi:::::::li、::::l:::| |:::::i
                 /::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:l;::::::(/.::::::::::\   | `'':::::::r'゙:;:;:;:;:;:;:;l:::::::l l::::l`! l::::::l
                 /::::::::::::;:;:;:;:;:;:/.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:::::::::::::::::::::::::\ !   /,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l::::::l. l:::| ヽ,|;;_::|
                   /::::::::::::::;:;:;:;:;/.:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ト;::::::::::i、:::::::、;;:.\ ../.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l::::::ト,l:|  ヽ∧{
                /::::::::::::::::;:;:/.:::;r‐‐‐-- 、;:;:;|ilヽ;:::.ヾ`''、::ヽ、゙ヾX:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::l:;::|lヽ、 /::/ト、
                 /:::::::::::::::;/.:::::::;:;ヽ,    ,,rヘ|l  ヽ;:.\ \゙''-(;:;゙''ー-:;:;:;:;:;:;:;:;:|:::|:;:;|!イ,,X゙:://:::;〉
               /::::::::::::::/.::::::::;:;:;:;:;/_,,,=''´~ {,,f´`ヽ、 \::.\ >、丈;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::l゙:;:;:\ニ''-'':::,,へ
              /::::::::::::/::::::::::::;:;;r'' ̄  ./`>'´    \. ヽ;::ヾ、  `个-、:;:;:;:;:;:;:;jノ.;:;:;:;:;:;:`i-'''i゙ふ .,〉
            /:::::::::/.::::::::::::;;/ ,r-、_ //    i   ヽ;;ノ\ヽ  |ヽ、{;;;;;;_:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|.  `ー''゙
           /::::::/.::::::::::::/   /   ,/     ..::l.       \.  l.  \ `i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l





























































       +
          .|ヽ, '´ ̄ ̄` ー-、
          .| ヽ  〃" `ヽ、 \
    __  / |  | ハ/    \ハヘ      次回のテーマは
         |i│  | |リ      }_}ハ   
         |i|  | | ○   ○l小N     「アナキズム(続々)」
  __    |i|| ̄⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ
         | i⌒ヽ j   |_./   ノi|__/⌒)      にょろ!
         | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.
    __  | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ        今後の展開にゾクゾクするにょろ!!
         | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。